イタリア・トスカーナ専門コーディネイターのトスカーナ田舎暮らし

日常生活から仕事、イタリアの笑えない話など、人口1800人のド田舎から日々の生活を綴ります。

イタリアの老舗テーマパーク「イタリア・イン・ミニアトゥーラ」

今回の1泊旅行の発端は、昨年学校の遠足で行ったテーマパークに
長男が「また行きたい」と頻繁に言っていたから。
そのテーマパークは・・・「イタリア・イン・ミニアトゥーラ=ミニチュア版イタリア

IMG_4642

これはモノレールから撮った写真ですが、こんな風にホントにブーツの半島になっていて
イタリア各地の有名モニュメントや自然などが再現されています。
シチリアやサルデニアもちゃんと島になっています。

なぜ長男が遠足に行ったかと言うと、小学3年生から地理の授業があり、
イタリア各州の人口だとか自然だとか産業について学ぶからなんですね。
私もイタリア各地かなり旅行している方ですが、特に南はまだ未踏の地が多く、

IMG_4600

おおお!!と、カラブリアの町にめちゃ魅かれたり

IMG_4604

やっぱりアルベルベッロは行きたいなー、とか将来の旅に思いを馳せる私。

IMG_4602

何気に一番大はしゃぎしていたのがダンナ(爆)

IMG_4610

フィレンツェはやっぱり外せない!

こういうモニュメントもなかなか精巧で面白いけど、私のツボは人とか車の可愛さ。

IMG_4614

ご当地・リミニのビーチとか

IMG_4618

ヴェローナのアレーナの観客やオーケストラもこの通り。

IMG_4607

あ、この猫は本物だった(笑)。

イタリアだけでなく、ちょろっとだけミニチュアヨーロッパや

IMG_4626

ヴェネツィアだけ特別に別コーナーがあり、ボートでどんどこ運河を行きます。

IMG_4630

ホントにヴェネツィアにあるようにドゥカーレ宮殿近くで陸地に戻り

IMG_4632

サンマルコ広場!

で、私の率直な感想なのですが・・・
イタリア本土のミニチュアはなかなか完成度も高く楽しめるものの、
日本のテーマパークと比べるとかなり残念なところが多い💦

IMG_4637

ヴェネツィアゾーンの裏側、パネルがバレバレやし・・・
探偵ナイトスクープの「パラダイス」に投稿してもエエんちゃう?爆

とはいえ、家族連れから若いカップル、修道女さんのグループまで結構な人気。
1970年に設立された、おそらくイタリアではテーマパークの先駆け的な存在で
3月~11月の開場期間は50万人の人が訪れるそうです。
同じ経営会社が隣町でアクア・ファンオルトレ・マーレというプールや海のテーマパークを運営し
そのまた隣町の水族館も合わせて共通チケットを販売したり、
とにかくロマーニャはいろんな意味で観光とかイベントの集客強いなーって思いました。

日本から来てここへどうぞ!とはなかなかおススメできるほどのものではないけど💦
ここでイタリア周遊を味わえることは間違いなしです!


セルフマガジンが完成しました!

selfmagazine
送付依頼は、こちらのお問合せフォームより
題名      ⇒ セルフマガジン送付依頼
メッセージ本文 ⇒ 送付先、依頼部数など
をご記入のうえ、送信ください。
(FBやブログへのコメントやメールではなく、
お問合せフォームでお願いします


 

トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳なら

イタリア情報ブログランキング   


リミニの大当たりだったレストラン「LUNA ROSSA」

さて、リミニでの食事。
実は5月3日が結婚記念日だったのですが、私の仕事や体調不良で
毎年恒例のお祝い外食ができず・・・この旅行の外食でお祝いしよう!と
調べた末に行ってみたのが、ここ、LUNA ROSSA
リミニ中心街から南へ2キロほど行った Bellarivaゾーン、ビーチの家100番の中にあります。

オーダー後、サービスの「突き出し」が出てきました。

IMG_4565

エスプレッソカップに入った、ひよこ豆のスープにムール貝のフライ。
濃厚で、この時点でついついワインをググッと飲んでしまいました(笑)

IMG_4568

前菜好きな我が家族、長男は「前菜の盛り合わせ」、
ダンナと次男は「ムール貝とボンゴレのワイン蒸し」、私は「イワシのマリネ」
どれもこれも薄味だけど絶妙は味付けで、美味しい~♥

IMG_4570

貝好きの子供たちは、ムール貝を競争のようにガツガツ食べ・・・💦

が、久々に外食で頼んだこのパスタが、絶品中の絶品だったんです!

IMG_4575

ストㇿッツァプレーティというウンブリア、マルケ、ロマーニャなど中部のパスタ。
親指の長さくらいでちょっとねじってありますが、
これがモッチモチで、エビ&ボンゴレの出汁が絡んでいて・・・
これぞ手打ちパスタの醍醐味!というほど、感動ものの美味しさ。
フリットもサクサクでグ~♥

そしておススメのデザートを聞いたら、「ティラミ・スシ!!」と言うので
せっかくだから頼んでみました。

IMG_4589

元祖ティラミスとは全く関係なく、見た目を巻きずし風にしたロールケーキで
ちゃんと?お箸まで添えて出てきました。
中がダークチョコクリーム&オレンジソースと
中がココナッツクリーム&チョコソースのを1つづつ頼みましたが、どちらも美味しい。
ちなみに、日本好きのオーナー?の奥さんの手作りだそうです。

ここはホント、お料理もドルチェもデリケートな味でいくらでも食べれそう(笑)
見た目のポーションはそれほど多くないですが、前菜3、プリモ1、セコンド1、
デザート2、水とワイン2杯を4人でシェアして、結構お腹いっぱいになりました。
お値段も88.50ユーロ、家族4人のお祝いディナーでこの満足度!スバラシイ!!

旧市街からも離れているし、日本から来られる観光客の方にはなかなか行かない場所ですが
ロマーニャ在住の方、イタリア在住でリミニにバカンスに来る方、ぜひ行ってみてくださいね。
人気店のようで、この日も半分が予約で埋まっており、20時過ぎには満席だったので
これからのシーズンは予約がベターかと思います!


セルフマガジンが完成しました!

selfmagazine
送付依頼は、こちらのお問合せフォームより
題名      ⇒ セルフマガジン送付依頼
メッセージ本文 ⇒ 送付先、依頼部数など
をご記入のうえ、送信ください。
(FBやブログへのコメントやメールではなく、
お問合せフォームでお願いします


 

トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳なら

イタリア情報ブログランキング   




海が恋しい季節になってきました

山に囲まれたところに住んでいるので、5月にもなると海が恋しくなります。
今回の1泊旅行の目的地に近かった&ホテルが安かったのもあり、宿泊はリミニで。
夏は人で溢れかえる超ポピュラーなビーチなので、海岸沿いはホテルだらけ。
シーズンオフなので、1泊36ユーロのホテルを発見し、
サンマリーノ観光後にチェックインし、夕食前に海岸を散歩しました。
何気に昨年の9月から8か月ぶりの海。

IMG_4547

海岸沿いにならぶBAGNO(ビーチにある海の家)からビーチへ。
まだ営業してないので、パラソルもほとんどが未設置。

IMG_4551

そこからは、何をするわけでもなく(笑)ひたすらレストランの方向へ歩く。

18580423_1887808794809462_2477451605801172992_n

子供たちは貝を拾ったり、私は必死に4人がダブらないように写真を撮ったり。

天気はイマイチだったものの海好きのイタリア人たちがけっこう来ていて

IMG_4555

若者はボールで遊んだり、犬の散歩したり、同じように散策する家族やカップルも。

IMG_4557

この辺で一回外へ出てみようか~?は、ヨットスクール。

この道沿いにレストランがあるはず、何番地かな~?と見渡すと、
まさにそこがドンピシャでレストランだっという快挙!(?)

IMG_4560

年々イタリア人化してるのか?
ただ散策するだけでも、ホントに海は気持ちいい♥
8月のバカンスが今から待ち遠しいです。


セルフマガジンが完成しました!

selfmagazine
送付依頼は、こちらのお問合せフォームより
題名      ⇒ セルフマガジン送付依頼
メッセージ本文 ⇒ 送付先、依頼部数など
をご記入のうえ、送信ください。
(FBやブログへのコメントやメールではなく、
お問合せフォームでお願いします


 

トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳なら

イタリア情報ブログランキング   


サンマリーノ共和国の「3つの塔」

サンマリーノ共和国は、予想以上に観光地でした(笑)
町はキレイで散策も楽しいですが、お土産屋さんとファストフード的なお店がいっぱい。
そういう場所はあまり好きではない私ですが、これらがあるから、良いのです・・・それは!

IMG_4456

要塞!!
・・・しつこいくらい書いてますが、要塞フェチなんです、私。
ここサンマリーノは旧市街が城壁に囲まれているだけでなく、
なんと3つも!3つも!!要塞があり、要塞好きにはたまらない国です(笑)

IMG_4461

まずは、「第一の塔」と呼ばれる要塞へ・・・一番古く、11世紀の建設です。

IMG_4465

外周をまず周りますが、霧が濃くて真っ白・・・絶景パノラマは見えず💦

それでも塔の上にとりあえず上ってみる。

IMG_4474

一番最初の階段が急で最後はハシゴ状態。
あとが心配になりましたが、その後はなだらかな普通の木製の階段でした。

IMG_4477

IMG_4479

霧がありつつも、それが逆に神秘的な感じ!

IMG_4501

その次は、「魔女の細道」という散策路で「第二の塔」へ。
(写真は後ろを振り返り、第一の塔を見たところ)

IMG_4504

第二の塔は旧市街のあるティターノ山の頂上750mにあり、13世紀の建設。

IMG_4509

そこからまた、今度は森の中の散策路を行き、第三の塔へ。

IMG_4512

第一・ニの塔は要塞になっていたけれど、これはホントに塔だけで外部からしか見られません。
元々の建設は1320年ですが、1930年に一部再建されています。

IMG_4516

それからテクテク来た道を戻り、第二の塔からは城壁沿いを歩いて旧市街へ戻りました。

第一・ニの塔は入場でき、それぞれ4.5ユーロの単独チケットか、
2つの塔とその他3つのミュージアム5つの共通入場券10.50ユーロがあります。
私たちはミュージアムには入らないので、入場は第一の塔だけにしました。

ここで要注意!は、チケットはプラスチックの電磁式で、使用後に返却すると
1枚1.5ユーロ返金されます・・・が!窓口では購入時に案内がありませんでした。
たまたま帰り際聞いたら、「記念に持って帰ってもいいわよ?」と言わましたが、
返金のことは言わず!いらないから返したら、お金が戻ってきたという💦
当たった人が悪かったとはいえ、なんでそういうセコイことするかなー(;^ω^)

それはさておき、その他サンマリーノ共和国の観光案内はこちら
リミニからバスが出ているので、割合簡単に行けそうですよ。


セルフマガジンが完成しました!

selfmagazine
送付依頼は、こちらのお問合せフォームより
題名      ⇒ セルフマガジン送付依頼
メッセージ本文 ⇒ 送付先、依頼部数など
をご記入のうえ、送信ください。
(FBやブログへのコメントやメールではなく、
お問合せフォームでお願いします


 

トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳なら

イタリア情報ブログランキング  




イタリアの中にある外国・「サンマリーノ共和国」はホントに外国なのか?

この週末は、家族で1泊「外国へ」旅行。
1泊でどこの外国へ?というと・・・

IMG_4543

サンマリーノ共和国!
エミリア・ロマーニャ州の海側、リミニ近郊にありますが、立派な独立国です。

実際、地元民の車のナンバープレートが違います!

IMG_4435

ですが、気にしないと国境通過も分からないし、言葉はもちろんイタリア語、
通貨もユーロなので、はっきり言ってイタリアと一緒(笑)
もちろんパスポートチェックもありませんが、記念としてスタンプが欲しければ
観光案内書で5ユーロで押してもらえるそうです!

「政治的にはどうなんやろな?首相とかいてるんかな?」と帰り際に話していると

IMG_4531

Segreteria di Stato=国の事務局、という建物が続々と。
普通は、Ministero=省であるところが事務局であるとはいえ、ちゃんと国として
省庁のような役割のある事務局があるんですね。
上の写真は、「教育・文化・情報・スポーツ事務局」

IMG_4534

これは、「領土・環境事務局」
ま、こんなのは市役所の部署と同じようなもんかなーと思いますが、
まさに国!と思ったのは

IMG_4533

「外交事務局」!!これは市役所にはない(笑)

そして、帰りの車では国境も注意してみたら、

IMG_4546

他の地続きの外国と同じような国境の標識がありました!

私は勝手に丘の上にある旧市街だけがテリトリーなのかと思ってたら、
国の領土は結構大きくて、約62平方キロメートル、人口は約3万2千人、
カステッロと呼ばれる市のような行政地区も9つと、なかなかの体裁をしていましたよ。
ちなみに、世界で5番目に小さい国家だそうです。


セルフマガジンが完成しました!

selfmagazine
送付依頼は、こちらのお問合せフォームより
題名      ⇒ セルフマガジン送付依頼
メッセージ本文 ⇒ 送付先、依頼部数など
をご記入のうえ、送信ください。
(FBやブログへのコメントやメールではなく、
お問合せフォームでお願いします


 

トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳なら

イタリア情報ブログランキング   


Profilo
Blogはリンクフリーですが、掲載記事・写真の無断コピー・転載・加工はお断りいたします。
トスカーナ自由自在

Facebookページも宣伝 にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
Commenti
記事検索
アクセスカウンター

  • ライブドアブログ