イタリア・トスカーナ専門コーディネイターのトスカーナ田舎暮らし

日常生活から仕事、イタリアの笑えない話など、人口1800人のド田舎から日々の生活を綴ります。

コルトーナは、坂と階段の町

モンタルチーノのワイナリー訪問、そしてランチの後、
Mさん奥様リクエストのコルトーナへ。

イタリアの小さな村の多くは、こんな風に高い場所にあります。
くねくねの坂道をのぼって、旧市街へ。

IMG_8660

コルトーナといえば、やっぱりこの広場ですよね。

実際に歩いて頂くと分かりますが、アップダウンの激しい町です。
旧市街に到着するロータリーからこの広場に行く道はほぼ平坦ですが、
そこから左右に出ている道は、こんな感じ。

IMG_8690

結構スゴイ勾配!
見てるだけなら、素敵だなー💛となりますが
ここを毎日上り下り、となると、なかなか大変だと思います。

IMG_8676

こちらの坂では、お父さんと幼稚園の娘さんが滑らないようにソロソロと下っていて
ご当人は大変だな、と思いながらも見ている私たちはほのぼの。

くるりと散策をして元の広場に帰ろうとしたら、この坂!

IMG_8679

Mさんご主人、どうやって降りようか?しばし固まってます(笑)

IMG_8680

下から見たら、こんな感じ。
坂部分と、なだらかな階段部分と半分づつになっていて、
階段側には細い鉄の手すりもついています。

IMG_8684

そして無事に広場に戻ってきました~。
広場手前にあるテラスで記念撮影。

短い時間のさらっと散策でしがたが、絵になる一角はカメラに収めて。

IMG_20170919_155732

IMG_8658

広場向こう側の道や、「受胎告知」鑑賞は次回のお楽しみ。

IMG_8686

私自身、コルトーナは2回目ですが、もっともっとゆっくりしてみたい町。
Mさん奥様もおっしゃってましたが、宿泊して夜の雰囲気も楽しみたい・・・

IMG_20170919_153010

名残惜しみながら、端のテラスからキアーナ渓谷の絶景を。

IMG_20170919_161348

ここの写真にはないですが、ドゥオモにも入りました。
それ以外は散策で、おおよそ45分。
こんな感じでささっとであれば小一時間、路地にもあちこち入って、
司教区美術館にも入って、お茶もして・・・となると2~3時間は滞在したいですね。

あるいは近郊の町と組み合わせて、数泊しての田舎の町巡りも楽しいですよ。

セルフマガジンが完成しました!
selfmagazine
送付依頼は、こちらのお問合せフォームより
題名      ⇒ セルフマガジン送付依頼
メッセージ本文 ⇒ 送付先、依頼部数など
をご記入のうえ、送信ください。
(FBやブログへのコメントやメールではなく、
お問合せフォームでお願いします


 
トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳なら

ロゴ最終





【レポ】モンタルチーノ・ブルネッロのワイナリー訪問

先日、リピーターのお客様とモンタルチーノへ行ってきました!

IMG_8572

とはいえ、前回ご一緒した時にモンタルチーノの町は行ってるので
今回は郊外のブルネッロのワイナリー訪問が目的です。

予約した時、オーナーのリッカルドに
「ちょうど収穫してる時だね」
て言われたので、収穫の様子が見れる!と楽しみにしてたのですが
お、終わってた~収穫はタイミングが大事なので仕方ないけど、残念!!

と、まずはブドウがないブドウ畑から、説明を開始。
ブドウは見られなかったけど、収穫直後だかれこそ!の機械が見られました。

IMG_8586

この段階で、粒のセレクトも全て手で行うそうです。

そしてこれも、収穫直後だから見られたもの

IMG_8592

ピストンを使って中を混ぜ、一次発酵するステンレスタンク。
ちょうど皮が上に浮いている状態です。

それから地下へ・・・

IMG_8598

ここにある樽で、2014、2015、2016年のブルネッロが熟成中・・・
温度調整は行わず、部屋の端にある石からしたたる雨で湿度を与えています。

IMG_8573

さ、続いては、待ちに待ったテイスティグタイム💛

2011年からできた新しいテイスティングルームには、
何十年前ものお宝ブルネッロも・・・ワイン好きにはヤバい空間です。

IMG_8578

今回のテイスティングはここで生産されている5種のワインより3種。

ロッソ・ディ・モンタルチーノ、
ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ、
IGT(地域特性表示ワイン)のトレフォーロ


リセルヴァは毎年作ってるわけではないので、今回のテイスティングではなし、
その代わり、今まで売り切れで飲んだことなかったIGTが!

IMG_8612

オリーブオイルの試飲も。
今年のブドウはこれだけ暑く雨が降らなかった割にはまずまず、
ただし量は例年より少ないそう。
オリーブの方がやや深刻で、質は悪くなさそうだけど、
かなり量が減る予想だそうです。

私はワインははっきり言ってそんなに詳しくないし、
どのブルネッロを飲んでも、ロッソと比べて芳香が違うな!やっぱ美味しいな!
くらいの感想だったのですが、今回頂いた2012年のはすごい好みでした。
熟成期間が長いブルネッロはどっしりと重く(あくまで私のイメージ)
あまり飲めないのですが、今回のはほのかな甘みがあり、とてもまろやか。

そして、私はどこのIGTワインもあまり好きになることはないのですが
他で飲むIGTよりクセが少なく飲みやすかったです。

IMG_8577

ブルネッロがやはり格別だった、とお客様もかなり気に入って頂き、
がっつり大人買いして日本に送ることに・・・こちらでも高いワインですが
日本ではブルネッロはやはり、とて~もとても高級らしいです。

生産者の元を訪れると、直接ワインを購入できるだけでなく
ワインの裏側にある生産の過程や、ワイナリーの歴史を知ることもできます。
そして何より、生産したその環境でワインを味わえること、
そして日本に帰ってからも、そのワインを飲むたびに
モンタルチーノの大地、ブドウ畑、生産者の顔が思い浮かんだり、
訪問した日のことがよみがえり、思い出にどっぷり浸る・・・
ただただお店で購入したのとは、全然違う味、全然違う楽しみ方になりますよ。

IMG_8614

そして、こんな絶景を見ながら次の場所へ移動です。


セルフマガジンが完成しました!
selfmagazine
送付依頼は、こちらのお問合せフォームより
題名      ⇒ セルフマガジン送付依頼
メッセージ本文 ⇒ 送付先、依頼部数など
をご記入のうえ、送信ください。
(FBやブログへのコメントやメールではなく、
お問合せフォームでお願いします


 
トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳なら

ロゴ最終




私、もうすぐ「ツィア」になります💛

突然ですが、私・・・ツィアになります!!
ツィア=(親戚の)おばさん
日本ではすでに姪っ子甥っ子がいますが、イタリアでは初めて!

20170812_151410
こんなにちっちゃかったっけ!?と驚いてしまうほど
ちっちゃなちっちゃな服・・・うちの子たちもこんな小さかったっけ??

そう、今月末、義妹が出産します。
しかも、うちと一緒で、また男の子!!

ダンナと義妹は13才差、私が初めて会った時はなんと高校生。
ああ、おっきくなったなぁ~義妹よ(笑)

20170812_160022

私たちが甥っ子に会うのは、10月半ばのお祭りで行く時。
ああ~ちっちゃくってぷよぷよで・・・考えただけで
おばちゃん、いや、ツィアは嬉しくて鼻血でそう。
まずは、祈!安産!!

セルフマガジンが完成しました!
selfmagazine
送付依頼は、こちらのお問合せフォームより
題名      ⇒ セルフマガジン送付依頼
メッセージ本文 ⇒ 送付先、依頼部数など
をご記入のうえ、送信ください。
(FBやブログへのコメントやメールではなく、
お問合せフォームでお願いします


 
トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳なら

ロゴ最終





初めての「我が家のブドウ」

日本から帰ってきてからは、暑すぎて&蚊がいっぱいで
ほっとんど裏庭には出てなかったのですが、
昨日ひさしぶりに出てみたら、こんなものが!

IMG_20170917_154120

一粒食べてみたら、甘いっ!!

IMG_20170917_154244 (1)

なので、収穫してみました。
アリちゃんがいっぱい出てきたので、水洗いして、
明日以降の食後に頂きます♪

この家に引っ越して12年、前住人が植えたオリーブや果物は
彼らもかなり放置していたようで、ほとんど実がならなかったのですが  
・・・そして私たちも放ったらかしなのですが(爆)
年に1回、剪定してやるだけで、こうやって恵を与えてくれるのだなーと。
だったら、もっとお世話したら、もっと応えてくれるかな?
やっと涼しくなったし、ちょっと裏庭の整備をしないとな💦


セルフマガジンが完成しました!
selfmagazine
送付依頼は、こちらのお問合せフォームより
題名      ⇒ セルフマガジン送付依頼
メッセージ本文 ⇒ 送付先、依頼部数など
をご記入のうえ、送信ください。
(FBやブログへのコメントやメールではなく、
お問合せフォームでお願いします


 
トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳なら

ロゴ最終




パルマリア島の保養所は、愛と友情が生まれる場所だった!

パルマリア島のバカンス話、最後の更新です。

この保養所の7割がたはリピーターのお年寄り夫婦で、
30年以上の友人関係。

それでも彼らだけで固まるわけではなく、

私たちのような新顔の比較的若い家族を見て、

「平均年齢が下がったぞ!」と皆で笑いあう、和気あいあいな雰囲気。

IMG_8064


ここは、良くも悪くも保養所以外は何もないうえテント生活なので、

公共の場であるTVルームとバール、テラスで一緒に過ごす時間が多く、

そこでおしゃべりしながらだんだんと仲良くなりました。


ティーナは息子さんが7才だった35年前に来て、それ以来の友人達。

当時は高いお金をかけて電話し合ったり、絵葉書を送ったり、

今ではそれはチャットもスカイプとなり、「いい時代になったわよね~」と笑う。


名前は分からず仕舞いだったけど、採石場まで散歩に行った時にしゃべったおじさんは

「採石場は恋に落ちる場所なんだよ」と教えてくれた。

IMG_8100

友人関係を築いた家族の子供たちは、毎年、あるいは隔年ここで会ううちに

恋愛関係になることもあるそうで、このおじさんの娘さんも、

ここで知り合った家族の息子さんと再婚したのだそう。

そしてこれらのカップルが今度はまた子供たちを連れてやってきて、

また違う友情や愛情が生まれる・・・なんてロマンチックなんや!!


IMG_8243


いろんな家族ごちゃまぜで、ボッチェに、

IMG_20170902_105104

テーブルサッカーゲームに。
誰が誰の子なのか?孫なのか?分からない構図ばかり
(笑)

IMG_8249

こうして長年のいろんな家族の「歴史」が綴られた島、

ここで彼らと仲良くなれて、なんだかとってもほっこりしました。

正直、ここでの10日間は暇を持て余すこともあり、毎年来るのはキツイと思うけど

また彼らに再会しに、数年後にはまた戻ってきたいな。



セルフマガジンが完成しました!
selfmagazine
送付依頼は、こちらのお問合せフォームより
題名      ⇒ セルフマガジン送付依頼
メッセージ本文 ⇒ 送付先、依頼部数など
をご記入のうえ、送信ください。
(FBやブログへのコメントやメールではなく、
お問合せフォームでお願いします


 
トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳なら

ロゴ最終




Profilo
Blogはリンクフリーですが、掲載記事・写真の無断コピー・転載・加工はお断りいたします。
トスカーナ自由自在

Facebookページも宣伝 にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
Commenti
記事検索
アクセスカウンター

  • ライブドアブログ