イタリア・トスカーナ専門コーディネイターのトスカーナ田舎暮らし

日常生活から仕事、イタリアの笑えない話など、人口1800人のド田舎から日々の生活を綴ります。

イブ恒例のフィアッコレ

24日から子供たちはクリスマス休暇で16連休、そして一日早く特休をとり、有休もくっつけたダンナも13連休 \(◎o◎)/ に突入~! 長すぎるやろ~ .毎年恒例で、クリスマスはオルチャ渓谷の村に住むばーちゃん家で滞在するため、24日の朝に出発、着いてからはまったりしつつ、早めの夕食を済ませてから、これまた恒例の隣町のお祭り行きました。昨年はばーちゃんが大腿骨骨折後にフィレンツェのマンマの家で療養していたので、2年ぶりのフィアッコレ。

ばーちゃん村から車で10分ほどの、アッバディーア・サン・サルヴァトーレはアミアータ山にある町の中でも1.2を争う大きさで、夏は避暑、冬はスキー客で賑わいます。大きなコープもあるし、ばーちゃん家にいる時に私たちも買い物に、ちょっと散歩に行く大好きな町。そしてクリスマスイブにあるこのイベントは、近辺では有名で大いに盛り上がります。私たちが子供が眠くなるので、早めの20時半に出発、まだやぐらに火がついたばかりで、人もそれほど多くありません。

まずはメイン通りへ、市役所前には大きなクリスマスツリーとイルミネーション、そしてひときわ大きなフィアッコレ。

CIMG0152

こんな風に、町の広場や角に大小のやぐらが設置されています。

fiaccole1

こうしてイブの夜、体と心を温めてキリストの誕生を迎えます。しかし、いつもはキーンと寒いのに、今年は暖かくてフィアッコレの近くに行くと暑いくらい!おかげで、いつも体を温めるために飲むホットワインも気分じゃなく・・・
メインストリートを歩いた後は、旧市街のお散歩。

fiaccole2

車の中で10分だけ寝て、起こされて機嫌悪かった次男もイルミネーション&フィアッコレでテンションがあがってくれました やれやれ 旧市街も派手さはないけれど、素朴なデコレーションやツリーが飾られていて可愛さアップ!
そして旧市街を歩く時のお楽しみは・・・

CIMG0203

歩く人が立ち止まって覗いているものは・・・各家や店先に飾られたプレゼーぺ。

fiaccole3

プレゼーぺはキリスト誕生の瞬間をミニチュアで再現したものですが、場所がこの町の設定になっていたり(写真左上)、ジグザグの坂だったり洞穴だったり、いろんなパターンが楽しめます。
そして教会のある広場では、教会の壁を使ってキリストの映画が上映されていました。

CIMG0197

やはり地元民がほとんどなので、知り合いに会うごとにハグとキスを交し、 “BUON NATALE(メリークリスマス)” や “AUGURI(おめでとう)” とクリスマスの挨拶をしている場面をあちこちで見かけ、ああ~イタリアのクリスマスやなぁ~としみじみ。日本だったらクリスマスはお祭りって感じだけど、こちらはやっぱりカトリックの国、お祝の仕方も派手さはなく、厳かさを感じます。イブは日本の大みそか、クリスマスは日本のお正月って感じかな。

CIMG0217

町のメインの教会。昔はここの23時半から日付が変わるミサにも何回か行っていましたが、子連れでは無理・・・この日も子供たちが限界で教会の中には入らずに、この美しい姿だけを見届けて帰りました。
毎年一緒でも、なんかやっぱりこの町の、このイベントはいつ来てもエエもんです。




師走はホンマに忙しない

バッタバタのうちに、もう明日はクリスマス・イヴです・・・(苦笑)
なんとかアマゾンさまさまでオーダーした商品も届きました。今年の子供へのメインプレゼントは、長男がもう2年くらい前から欲しがっていたWII・・・でもUとか言う最新版でなく、日本未発売のミニ。

wii-mini

ネット接続などできず、ディスクを入れてそのゲームを楽しむだけの必要最低限バージョン これで十分!! マリオカート付。こちらでは、両親のサンタ、おばあちゃんのサンタ、おばさんのサンタ・・・といっぱいいるので、この他に2つちょっとしたものも 子供はいっぱい買ってもらえてええのぉ 。大人はそれぞれリクエスト制ですが、うちの家族は皆物欲がないのか、実用性のある質素なものが多くて助かります。

子供たちのクリスマス前イベントも目白押し。日本語学校でもちょっとしたパーティや発表会がありました。次男は相変わらず、歌も振りも完全無視(--〆) ・・・しかし、食べる時とプレゼントもらう時だけ大喜び 母は恥ずかしいわっ
 
CIMG0040-JO

CIMG0087 YURI

一方長男は、“お手紙”のカンぺ付のセリフ朗読と、“スイミー”&“どうぶつ園のじゅうい”の作品発表。みんな、上手にできました!
フィレンツェもクリスマス気分いっぱい。ツリーもあちこちに立てられてますが、まずはお馴染 毎年一緒とも言う のドゥオモ前のツリー、飾りは市章であるジッリオ(ユリ)。

CIMG0071

駅の構内にも、メッセージやイラストがついたツリー。

albero-sta

でも何気によかったのが、ヴェッキオ宮殿内にあったツリー。 

vecchio

昨年 も素敵だったけど、今年ツリーの下にあったフィレンツェの切り絵は、ドゥオモ、ヴェッキオ橋、サンタマリアノヴェッラ教会、ヴェッキオ宮殿。

一方おらが村では、恒例となりつつある Presepe Vivente が21日に行われました。プレゼーぺとは、キリスト誕生のシーンを人形や小物で再現するものなんですが、Presepe Vivente=生きたプレゼーぺ、は、そのシーンを人が演じるもの。毎年、今までの経験やその時の諸事情によって場所が変わり、昨年は広場でやった為に見られない人が多かったから?今年は両サイドの道と橋から見ることのできる、川のたもとにて。もちろん、登場人物は皆、町の有志です。

CIMG0094

マリアとジュゼッペが、キリストを出産する場所を探しているシーン。そして、小屋にたどり着き、キリストを出産。輝く光に吸い寄せられるように、羊飼いや農民が小屋に集まってきます。

presepe vivente

東方三賢士も貢物を持ってやってきました。そして、キリストを亡き者にするため、ベツレヘムの全ての新生児の殺害を企て、ユダヤの王ヘロデが同地へ放った兵士から逃れるために、聖ヨセフと聖母マリア、幼児キリストがエジプトへ逃避するところで終了。1時間もない短い寸劇ですが、学校や教会でキリストのストーリーを勉強した長男はへばりついて見ていたのに対し、次男は半分あたりから、寒い、疲れた、お腹すいたを連呼・・・泣。何とか最後まで見届けてすぐ帰宅。

そして22日、クリスマス前の最後の行事が小学校の発表会、おらが村の映画館で行われました。小さい学校なので、1年生~5年生まで皆一緒の劇・“MAGICO NATALE(魔法のかかったクリスマス)”。いや~毎回思いますが、出し物の完成度はかなり低い(爆)

たとえばオープニングは全生徒による歌なんだけど、段もな~んにもないので後(多分全部で3~4列にぐちゃぐちゃになってる)の子は全く見えず~!うちの子は2列目にいたけれど、写真には全く写らなかった・・・

CIMG0115

そして場面が代わったり人が入れ替わったりするときも、カーテンを閉めたり閉めなかったり、そしてマイクを切らないので、舞台裏の声もぜーんぶ聞こえてるし。セリフ間違い、超早口、完全にド忘れ、まぁこれは子供なのでご愛敬だけど~♡ そういう時、近くの子供や先生が思いっきり教えてあげてるのも、またご愛敬~・・・ってことで。でも、そういう時に観客の親たちのナイスリアクション、やっと言えた時には、“ブラーボ~!”と拍手喝采、さすがイタリアって感じです。

CIMG0120

そして、地声でなくセリフ言う子にたった一本のマイクを回しまくり。劇と言うか、ただ読んでるだけ?って言うか・・・苦笑。
お話は、クリスマス前だけいい子ぶる子供、戦争や争いごとばかりの大人に憤慨したサンタさんがストライキして、世界は大騒ぎ・・・、で、長男の役は、ニュース中の“北極特派員”(笑)。ともあれ、小一時間の劇は、笑いあり、無事に終了~!

さ、今日は子供たちも半日で帰ってくるし、明日からクリスマスを過ごしにばーちゃん家に行くので、その荷造りです。
皆さんも、良いクリスマスをお過ごしください~ BUON NATALE!!

クリスマスシーズン突入

長い出張が終わったら、遅れ気味になっているクリスマス準備!なんだか毎年早くなっているような?町のイルミネーションだったり、お店のウィンドウだったり、スーパーの特設売り場だったりで、1カ月以上前からクリスマスムードがだんだん押し寄せてくるようです。
とはいえ、本来は12月8日の聖母被昇天祭(インマコラータ・マリアが母・アンナの胎内に宿った日)からクリスマスツリーやイルミネーションを飾り、それが1月6日の公現祭(エピファーニア・東方三賢士がキリストに貢物を届けた日)まで続きます。今年は12月8日が月曜日だったので3連休♪・・・しかし出張の疲れもあり、荷物の解体や家の掃除、毎度の日本語学校やサッカーの試合もあったのでどこにもお出かけはせず、8日は 慌てて 伝統に従ってツリーを飾りました。

8 blog-2

結構おしゃれに色を統一したりするご家庭もありますが、うちは子供たちが毎年幼稚園や学校で作ってくる飾りやカードがてんこ盛りで、特にこだわりはありません(爆)唯一可愛い!と言われるのが、よくある★の飾りの代わり先っぽに君臨するスノーマンくらいでしょうか。

おらが村にとっては8日はW祝日、というのもおらが村の聖人の日でもあります(イタリア各町には聖人がおり、その町だけの祝日になります)。中心の広場でいろいろイベントがあったので、夕方から出かけると・・・おらが村中の人でなかなかの盛り上がり。まずはツリーを飾った後に書いた、サンタさんへの手紙を特設サンタ郵便局へ出しに。

8 blog

サンタさんは某お父さん・・・ま、これは髭や衣装で分からないとしても、エルフは長男の1つ上の女の子 Aちゃん ・・・バレバレちゃうの~!? ま、ともあれミッションを終了したところで、広場へ・・・住民の大半がきてるんちゃうかっ!?ていうくらい結構な盛り上がり。私たちも、広場の屋台でおやつ、小腹がすいたら焼き立てサルシッチャのパニーノや、そしてホットワインなんかも飲んじゃいますよ~。

8

屋台は資金集めを兼ねた各地区やイベント企画チームの町の有志たち。大人はいつもと同じメンバーで立ちしゃべり、子供たちも年代を越えて一緒に走り回って遊んでいます。

NYのロックフェラーセンターばりに(爆)、17時すぎにはツリーの点灯、皆で拍手~!何だか年をとったせいなのか、田舎生活にすっかり馴染んでしまったからなのか、日本の都会のまぶしいほどのイルミネーションより、こんな素朴なツリーのほうが心がなごみます。そして18時には々広場にある教会にてゴスペルコンサート。もちろん無料♪

CIMG0030

うちは子供たちが飽きちゃって というかまだまだ広場で友達と勝手に遊んでたかった 半分くらいで外に出て、家路につきました。そして子供たちが寝静まってから、アマゾンでリクエストの品を検索&購入・・・8歳になった長男でもまだサンタさんを信じているようなので、くれぐれも子供たちにはバレないように!!


CIMG0029

・・・こうやってみると、おらが村もなかなか素敵でしょう?(笑)

イタリア縦断出張、北から南へ

milano

そして、ミラノ・・・年4回の出張のうち2回はミラノ(展示会)なので、本当に嫌っちゅうほど来てます。これがローマだったら嬉しいけど、正直、ミラノは私的にはもう見るところないし、町並みも素敵!と思うところがほとんどありません ミラノ好きの方、すいません! さすがに日曜はアポを受けてくれる会社が1社しかなかったので、朝2時間はフリータイム・・・何したかって?子供たちのボロボロのズボンと靴下の買い出し(笑)自分の茶のロングブーツも欲しいけど、小市民は私は、ついつい“バーゲンまで待とう”と思ってしまい・・・で結局、いつものように子供のものしか買えず、でした。

それから一路東へ・・・ヴェネツィア近郊のミラーノという町、本当に小さいんだけどいい町です。しかもレストランなどのレベルがマジ高し!今回はホテルに教えてもらったレストランが見つからなかったので中心の広場近辺をうろうろして、たまたま見つけたところに入ったらのに、雰囲気もおっしゃれ&カメリエーレの物腰も柔らかく、お料理は盛り付けも味も繊細・・・

mirano-blog

最初はメイン一品頼むはずが、お待ちの時間に前菜はいかがですか?と勧められと頼んだタコのサラダ、定番の組みわせであるジャガイモをはじめ、生のセロリ&トレヴィーゾの赤チコリが入っていました。柔らかいタコ&ジャガイモと、セロリと赤チコリのシャキシャキ感が絶妙。この前にもサービスで豆のスープも出してくれましたが、これも美味しかったです。そして、私が選んだメインは牛のホホ肉のワイン煮込み、これがも~うホロホロ溶けるような口当たり!付け合わせはまたしても赤チコリ、というのもイタリアではその地方にしか食べられないものも多いので、地元に来たら地元のものを食べる!が私のルール・・・ていうか、この赤チコリ、大好物なんですけどトスカーナではあまり見つからない&見つかっても高いんですよね~。
昨年ランチした違うレストランもよかったですが、ここも大・大・大満足。次回はどっちに行くか?悩むところです。

そしてまた南下、パドヴァ、フォルリの会社の後、フィレンツェで夕食会・・・のはずが、フォルリの会社に向かう途中から胸がムカムカして気持ち悪い・・・嘔吐するほどではないけど気分悪く、座ったまま通訳し、移動の車でも寝させてもらったけど夕食なんてとんでもない&とにかく横になって寝たい!という状況で、夕食会は辞退させてもらいました・・・幸いうちのボスとイタリアメーカーの社長は30年来の親友で、お互い片言の日本語とイタリア語は話せるので、逆に男同士の会話でも盛り上がったようです(笑)残念なのはフィレンツェのイルミネーション見ようと思ってたのに、何も食べずに21時から朝まで汗かきながら爆睡でした ちょっと熱あったんかなぁ~

翌日はややマシになったものの朝はカモミールティーにフルーツ、昼夜は中華でご飯とスープのみ。その翌日少しマシになったのと、 先日コルトーナに行った時 に気になってた町に宿泊だったので朝散歩はしてきました。

cs-blog

小さいからすぐだよ!とホテルの人が言ってたけど、勾配あり、それなりに大きいので40分しか時間のなかった私は、ホテルのある国道から入った側の町の半分しか
見られず・・・ま、次回のお楽しみってことにしておこう!

最終日はマルケ州&アブルッツォ州 しかし、殺人的なスケジュール ・・・この出張中、ほとんどが雨か曇り&霧ばかりでしたが・・・

marche

マルケ州を横断中、太陽が出てきたっ!!と思ったのもつかの間でしたが、気持ちいいのどかな風景を見て、なんとか2アポを終え、全27アポを無事に終了(感涙)、そして、またローマへ戻ってきました。

今度のホテルはヴァチカン近く。狙いは夜のこのスポット・・・

CIMG0006

ローマはどこもかしかも大好きですが、一番は?と聞かれたら、ここ、サンタンジェロ城。実は私、昔は世界史オタク→イタリア史好きからイタリア好きになったんです。そう言うと皆さん、じゃあ美術に詳しいんだよね?とおっしゃるのですが、美術は嫌いでないにせよ、私はやっぱり人物だったり事件だったりが好きなので、教会や美術館よりも政治の場や事件があった場所に来るとぞわぞわ~と興奮じてしまいます。ここサンタンジェロ城は見た目でも分かるように、監獄でもあり、また教皇の身が危なくなった時の籠城の場であり、幽閉の場でもあったというドロドロとした歴史がたまらない・・・そして、ここからの眺めも最高です!

もちろんホテルに帰る道すがら、他の場所でも写真撮影。最高裁判所に、サンピエトロ広場に・・・広場にはクリスマスツリーが立てられていました。

roma-blog2

12月の夜なのに全然寒くなく、歩いていると暖かいくらいだったので、そこで、ピーン!!ちょうど差し掛かったリソルジメント広場にある有名なジェラテリア、昔ローマの友人に連れてきてもらい、この夏に姪っ子と観光してた時にも行こうとしたのですが、長蛇の列で断念したんです。開いていれば・・・と祈りながら行くと・・・開いてた~(喜)これでも一番小さいコーン・2ユーロ。フィレンツェだと有料ですが、ローマではサービスで生クリームを乗せてくれる!ただここのは甘くなく、ジェラートを一緒に食べると美味しんです~ちなみにフレーバーはリコッタチーズ&ピスタキオとオレンジ。0時過ぎてるのにこんなものを食べてしまった…とはっと我に帰ったけど、ま、これも自分へのお疲れ様ってことで。

というわけで、無事に2週間の出張も終了~!家に帰ったら、ゆっくり休んで、今度は荒れた家の片付けに、そしてクリスマス準備に忙しくなるんやろな・・・\(゜ロ\)(/ロ゜)/

イタリア縦断出張、南から北へ

ここ3年、日伊のファッション関係の双方通訳・翻訳をやっています。2カ月半おきに出張があり、今回は長い方のパターンで約2週間、イタリアを縦断しながら各社訪問・・・スケジュールもカッチカチで、週末ももれなくアポが入ってます(悲)唯一の気晴らしは、各地で朝食前か夕食後 それ以外はボスやクライアントさんとべったり の周辺お散歩。

今回はナポリ夜入り、最近よく使うスカッパナポリ(下町地区)になるモダンなホテルに宿泊だったので、翌朝に早速お散歩。まだ7時過ぎだったのに、学校が近くに多くあるからか、すでに通勤やら通学の人で結構活気あり!

napoli-blog

日本から旅行で来た15年以上前から、ナポリは大好きな町・・・でも旅行ででは両親と来た11年前が最後で、何回も来てるのにあとは仕事のみ。だいたいの場所は行ったけれど、サンタキアーラ教会の中庭と、地下ツアーはいつか絶対プライベートでリベンジしたいなぁ。

そしてローマ入り・・・と言っても訪問企業があるわけでなく、ここからレンタカー使用(=ナポリではハイヤー)、翌朝早いので、着いた晩にホテル近くを少しだけ散歩。

roma-blog

やっぱり、たったこんだけの散歩でもローマはええわぁ~♡と思わせてくれます!
ローマ出発の日は、都合で急きょアポを入れざるを得なかったマルケ州の鞄メーカーとトスカーナ州の帽子メーカー、移動距離700キロ\(゜ロ\)(/ロ゜)/・・・20時半に打ち合わせ終了+夕食後、翌日アポのあるヴィンチのホテルにすぐ移動、もちろんその日は即行爆睡。で、朝散歩しようと思ったら・・・
vinci

無情の雨、朝散歩はできませんでしたー泣。この日は全部周辺でのアポだったので比較的余裕を持って、翌日のアポ地・ボローニャ入りし、夕食後、1時間ほどたっぷり散歩を楽しみました。ボローニャも観光に来たのはここに住む友人と半日ほど子連れで観光したっきり。あとは全部仕事なのでゆっくり来たい町の1つ。クラッシックな情緒の漂う上品な町、そしてオシャレなお店やバールも多い!

bologna-blog

まだ11月末でしかも全然寒くないのに、クリスマスイルミネーションもすでに点灯していました。 なんかまだ実感わかんなぁ~

翌日はボローニャアポ2件の後、今回の出張の最北端、ヴァレーゼへ。アルプス近し、スイス国境から車で5分の場所なので、雨が降っていたこともあり、やっぱりちと寒い。ここでは機関銃のようにしゃべりまくる鞄メーカーとの打ち合わせで、通訳だから機関銃トークの更に2倍しゃべらないとアカンし 脳が爆発しそうな濃厚な2時間の打ち合わせが20時に終了、そしてそのまま一緒に夕飯へ・・・そこでも更に機関銃トークは続き、ホテルに帰った 帰れた のは0時・・・もちろん夜散歩はありません(苦笑)。

varese-blog

この日は土曜だったので、比較的ゆったり目出発 ってもアポ3件びっしり入ってるけど 。通り過ぎるだけで初めて来る町だったので楽しかったかな~でもファシズム時代の典型的な角ばった建物が多かったのが一番印象的。しかし、こんなに小さな町なのに、エルメスからグッチ、トッズまで一流ブランドがずらり・・・??これはスイスとかから買い物に来るからなのかな?前に聞いたのは、スイス人は日常生活品の買い物にイタリアへ、イタリア人はガソリンが安いスイスに給油をしに行くとか。やっぱ地続きってすごいなぁ~。


そしてここで、や~っと日程的にもほぼ半分消化、今度は再度、南に向かいます・・・
Profilo
Blogはリンクフリーですが、掲載記事・写真の無断コピー・転載・加工はお断りいたします。
トスカーナ自由自在

Facebookページも宣伝 にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
Commenti
記事検索
アクセスカウンター

  • ライブドアブログ