イタリア・トスカーナ専門コーディネイターのトスカーナ田舎暮らし

日常生活から仕事、イタリアの笑えない話など、人口1800人のド田舎から日々の生活を綴ります。

仕事のあとのお楽しみ ~ ピカソ展

今日は朝早くから家を出て、昼過ぎまでウェディングのお仕事でした。昨日まではどんより、雨が降ったり止んだり、かなり怪しい天気で心配していたのですが・・・
CIMG9365

フィレンツェに着いたら、雲1つない清んだ空!急に気温は下がったものの、最高の天気で順調にお仕事終了し、ほっとしました。こっちでは“雨の花嫁”は縁起がいいとされていますが、やっぱり晴れの方がいいに決まってます!

今日はマンマに来てもらっているので、時間あり♡ 1人ランチした後は、前々から行きたかったある展覧会へ・・・場所は ストロッツィ宮殿

CIMG9370


常設展はなく3カ月程度のスパンで企画展を行っています。メディチ家のリッカルディ宮殿とそっくりですが、こちらは当時勢力のあったストロッツィ家の宮殿で、16世紀に完成したもの。1階のチケット売り場でチケットを購入し COOP会員やフィレンツェに来た電車・バス・駐車場のチケット・定期券を持ってる人は割引になりますよ~ 、企画展は2階へ。鞄は入口のななめ後にあるクロークに預けてからの入場になります。

最初にどどん、と正面に出てくるのは、ピカソが同じテーマで何度も書き続けた“画家とモデル”の1枚。展示ではあと2枚同じテーマで違う年代に描かれたものがあり、、3枚目のはピカソ82歳のもの。何よりも興味深かったのが、あの ゲルニカ 構想中に書かれたスケッチ。特にウマの顔や泣いている女性の顔は何度も何度も繰り返し描かれていて、構想中にピカソを想像してしまった。完成品もいいけれど、こういう構想中のスケッチや、未完成のものってなんか制作中の作家をイメージできて、結構、好きです。
ピカソを中心に同時代に活躍したダリやミロの作品約90点は、マドリッドのソフィア王妃芸術センターから借り受けたもの。規模はそれほど大きくなく、丁寧に見ても1時間ちょっとで終わりましたが、内容は本当に見ごたえがあり、時代別・スペイン近代アートの変遷を説明しながらの展示方法も見やすかったです。この企画展は来年の1月25日までですが、なんかここの次の企画展が楽しみになりました!

PICASSO e LA MODERNITA` SPAGNOLA
詳しくはリンクを(英語版は左上のEnglishをクリック)

企画展を出て、今度は先週土曜日にちらっと見た中庭のアートを再度じっくりと・・・

CIMG9373

タイトルは、A chi non piace guardare il cielo ?=空を見上げるの嫌いな人っている?、嫌いよ!と言う間もなく、このアートを見ると必然的に空を見上げてしまう構図が面白い。この作品の展示も、ピカソ展と同じ1月25日までですが、こちらは無料です。
1階の中庭には私もよく使うバール、そして今回初めて入ってみたミュージアムショップがあるのですが、企画展のグッズ以外にもオシャレな家庭雑貨や文房具、アクセサリーなどを扱っていて、どちらもおススメ。

一度フィレンツェまで来たら、いつも仕事とやらないと行けないことできゅうきゅうですが、時間ができたらこうやって1人美術鑑賞もいいもんです♪ またやろっ!家に帰ったら、アイロンのかかった洗濯ものがずらり・・・山積みで置いておいたのを見かねたマンマがやっていてくれた・・・お世話になりまくりでスミマセン・・・

予定丸つぶれの週末

本来はオルチャのばーちゃん村へ、いつもの栗とキノコの祭りに行くはずが・・・まず水曜日から私の喉がおかしいし、頭痛がしてきた。それに合わせるかのように、ダンナも仕事から帰宅するなりげっそり、案の丈、発熱(悲)。それに合わせんでもええのに、長男までしんどいとか言うから熱測ったら、微熱あり・・・翌日平熱だったし、半日だから学校に行かせたもの、やっぱり駄目で、カテキズモ(教会で行われるキリスト教要理学ぶ会)もサッカーも休み。次男1人元気でしたが、連れていける人もいないし雨降りそうだし、可哀想だけど次男も休ませました。

翌土曜日、前回の日本語幼稚園は本人の体調不良で休んでしまってたので、私が気合で何とかこれだけは!とフィレンツェへ・・・毎度毎度、電車でバスと電車を乗り継いで1時間ちょい。
CIMG9358

車窓はこんな感じ・・・やっぱり、ぶどう畑とオリーブと糸杉(笑)

CIMG9330

本読んだり、お絵描きしたり・・・
今更ですが、世界遺産の町に子供の頃から普通に来てる我が子たち (ま、私も京都に簡単に行けるとこ出身ですが) 、長男は8歳になり、最近は“フィレンツェはすごいなぁ”とか、“僕の好きなポンテ・ヴェッキオ”とか言ったり、その素晴らしさが分かってきた?と思うけど、5歳の次男にはそれはまぁ無理な話で。
CIMG9337

今だに長男もそうですが、どこにでも上り、ジャンプ・・・よりによって、いつもトルナブォーニ通り(ブランド通り)で、ミニカーをショップウィンドーに走らたり、おしっこ出るー!と極限まで我慢でしてたり、母を蒼白させたこともありましたが、今のところ、何とか被害なしできています(爆)

CIMG9339

用事のない時は、ママ友で1時間ほどバールでおしゃべり・・・話題はつきませんが、今回は私が通訳している取引先・アホアホイタリアーン愚痴を聞いていただきました みんな、ありがとー♡

CIMG9350

仲良しさんと一緒にお昼を食べて、帰宅。本当は長男も次男もサッカーの試合があったんですが、今週末はこんなんなのでこれにて自宅療養に専念、おとなくーくしてます。来週末こそ遊べますように~・・・! っても、毎週、日本語教室&サッカー&誕生日会でほとんどつぶれるけど・・・

豆炊き女

先日、“豆炊き女”になってました(笑)。トスカーナの郷土料理を作ろうと思ったらかなりの確率で出てくるのが豆で、メインはカンネッリーノ=白いんげん豆ですが、それ以外でもとにかく豆料理が多い!私も40才を過ぎ、健康と胃のことを考えると、肉も好きだけれどタンパク源は豆におきかえていきたいもの・・・となり、トスカーナ料理を作ることが多くなった訳です。乾燥の豆は、一晩以上水に浸しておきまずが、十分な水の量がないと、朝、干上がっていることもあるので、水はたっぷりと。それからさっと洗って、30~45分くらいかけて茹でます。とまぁちょっと時間もかかるので、豆を炊く時は多目に、炊いた日はまずクロスティーニにしました。トスカーナ料理の定番野菜である黒キャベツも見つけたので、Wでトスカーナらしいクロスティーニの出来上がり♡


CIMG9299

白いんげん豆はスライスした赤玉ねぎと塩・オリーブオイルで和えただけ、黒キャベツもニンニクみじん切りと塩・オリーブオイルで和えただけ。黒キャべツバージョンで余ったものは茹でたやがいもに混ぜて、翌日のダンナのお弁当の一品に。そして大量に煮た白いんげん豆の残りはまた別の料理に・・・これはまた、次回の更新にて♪

ブログを引っ越しました!

10年続けてきた(最近はサボってばっかりですが) 楽天ブログ から、こちらに引っ越してきました!ブログを始めた10年前は、留学を含めまだ在住3年、まだフィレンツェ在住で、結婚はしたものの子供もおらず、たいした仕事もなく、暇つぶしで始めたものでしたが(笑)、年々とりまく環境や私自身も変化してきたこともあり、今回、心機一転、再スタートです!

10年前につけたブログ名 Ogni giorno sara` sereno! は、"毎日きっと晴れだろう" 、という意味ですが、まだイタリア生活に慣れず、これからの不安を抱えていた頃だったので自分を励ますためにもつけたものでした。しかし、在住歴も13年を過ぎ、子供ができて家庭を持ち、腰(も根性も・爆)を据えた今でも、やっぱり日々晴れやかな気持ちで過ごしたい、その気持ちは変わらないので、そのまま継続することにしました。

P1230446
~我が家の玄関扉からの景色~

更新スピードは相変わらずのんびりですが、またお付き合いよろしくお願い致します♪
FACEBOOKページ・トスカーナ自由自在 もご贔屓に!



Profilo
Blogはリンクフリーですが、掲載記事・写真の無断コピー・転載・加工はお断りいたします。
トスカーナ自由自在

Facebookページも宣伝 にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
Commenti
記事検索
アクセスカウンター

  • ライブドアブログ