ばーちゃん家でのクリスマス休暇から帰宅して中1日・・・荷物を仕切り直して、またお出かけです 皆に“また!”とよく言われますが、夫婦唯一の趣味で旅行なんですもん 行き先は?愛車ヴェルソ(ファンカーゴのイタリア名)ちゃんに積んでいるもので分かるように・・・

29

スキーです!しかもアルプルです(^O^)/ 私、大学時代は競技スキーヤーでした。社会人になってからはちょろちょろと普通にスキーは続けてましたが、イタリアに来てから中断。が!ばーちゃん村があるアミアータ山には しょぼいけど スキー場があり、結婚してからダンナも見事にスキーにハメることに成功!そして妊娠・育児で更に中断してたのですが、2年前に子供たちをそこのスキー場に雪遊びに連れて行ったら大喜び!・・・てことで、今年こそは子供たちもスキーデビュー!と決めてました。その割に計画が遅れて最後まで予約が難航しましたが、フリウリのゾンコラン(自転車競技 Giro d'Italiaの開催で有名です)に12月も半ばになって決定、無事に出発とあいなりました。

CIMG0366

一面の銀世界・・・といってもまだ目的地でなく、家から1時間くらい走ったところ、トスカーナからボローニャに行く高速道路。アぺニン山脈通過なので結構な雪が降ります。

無事に夕方には目的地に到着、それから4日間はスキー天国!!
まずは子供たちのスキーレンタル。

30-1

はい、ちびっこスキーヤー完成!
・・・とはいっても、本当に初めてなので、ゴンドラを下りてからスキーを履き、初心者コースのベルトコンベアーリフトまで行くだけで30分以上・・・テンションが異常に高く履いていきたいと聞かず、すぐにコツをつかんだ次男は1人で勝手に猛進するし、逆に板が重なり滑りコケまくる長男はパニくって号泣で何を言っても聞かないし・・・ ダンナはこの30分を地獄、もう帰ろかと思った、と申しておりました ・・・が、何とか落ち着かせてベルトコンべアーリフトに乗り、コケながらも泣かずに滑り始めました。

CIMG0408

コツが分かってくると、この余裕!

しかし、最初は初めてのスキーにご満悦だった次男も・・・

30-4

テンションが下がってくる同時に1時間ほど滑った疲れと、そして寒さが襲ってきて、“寒い~手が痛い~!”と激泣き\(゜ロ\)(/ロ゜)/ もう収集がつかない荒れようだったので、バールに避難、そして予約していたプライベートレッスンは長男だけが受けることに。ダンナとバトンタッチして見に行くと・・・
30-6

やっぱり先生、教え方ウマいし、先生の言うことならよく聞くこと!

その後、長男は見事にハマり、この日もリフトが終わるまで初心者コースを滑り続け・・・
そして2日目、初日の教訓を生かし、次男が疲れる前にプライベートレッスン予約。何でも自由にしたい次男は渋ってましたが、先生に行こうぜ!と言われ、ついていった~(^O^)/ しかし隠れて写真を撮る私に気づくと、“したくない~!”と号泣・・・ それを見ぬふりし先生に託して去る鬼母(苦笑)

31-2

が、やはり先生のレッスンのおかげで次男も面白くなったようで、次男もハマってくれました!

この日の午後からは、私と一緒に長男は初級者の長いコースデビューし・・・

CIMG0425

当然、スキーリフトも初!
下に降りて来た時、あの上から滑ってきたという満足感、そしてリフトでひゅーっとまた山頂へ・・・そりゃオモロイよねぇ。

3日目からは次男も初級者コースデビュー。コケては救助母がかけつけては起こし、やや急勾配で怖いところは股の間で脇を持って滑ってあげ・・・ 母は太ももプルプルしてました\(゜ロ\)(/ロ゜)/ 何とかついてくることができました!

最後の2日は皆でスキー満喫。

blog1

私は自分のスキーはほっとんどできなかったけど、息子たちの初スキーというアドヴェンチャー、喜怒哀楽、感動も全て共有することができて大満足でした。そして私以上になぜかハマっているダンナと、幼稚園で “スキーしたことある?僕は上手いよ”と自慢している次男と、最初の激泣きがウソのようにスキーの快感を覚えてしまった長男は “今度いつ来んの?”と、すでに次回のスキーを楽しみにしています。
しかし、スキーはやっぱりお金かかる~ってのも正直な感想 出て行く単位が3ケタやもんな~泣 学生の頃はスキーのためにバイトしまくってたけど、今、また家族スキーのために仕事しまくる母になってしまいそうです(苦笑)

31-7

・・・でも、本当に楽しかった・・・また来こうね!