まだまだ年末年始の旅行話をひっぱってますが・・・ 旅行の楽しみの1つは料理!イタリアはほんの150年前までバラバラな国だったこともあり、方言、料理、習慣などが各州、同じ州でさえ違うことも多々。フリウリ・ヴェネツィア・ジュリア州が完全にイタリアになったのは再一次世界大戦後、そして現在でも特別自治州なので、イタリアというよりオーストリアやスロヴェニア文化も色濃く残っています。

980

ビールを頼んだら、オーストリアのでいい?って(笑)

また同じ州でも海側と山側で違ってきたり・・・私たちが滞在したのは山側、カルニア地方と呼ばれる所で、ホテルでの食事もいろんな郷土料理が出てきました。
最初の晩のプリモに選んだのはこの2つ(ダンナと私と半分こ)。

852

右は見た目思いっきり餃子ですが(笑)、名前はCjarsons(チャルソンス)。これはもっと皮が分厚くてもちもち、中の具は香草、上に熟成リコッタの削ったものがかかってます。左は・・・左は、名前が思い出せない!泣 聞いたことある名前だったので特にチェックはせず、聞いたことなかったCjarsonsのみ紙に書いてきたってのに・・・ 香草が入ってますが、見た目も味も食感もヨモギ餅!香草はマジでヨモギかもしれない・・・ 両方ともソースはバターソースです。

このCjarsonsをオーダーした時に、" Salato o dolece? (しょっぱいのか甘いのかどっち?)" プリモですから、もちろんしょっぱいのをオーダーしたのですが、このdolceがどうしても気になり、別の日にデザートとしてオーダーしてみました!

981

これが、ウ~ンまい!!皮は同じで、中はクルミと干しブドウが刻んだものをカカオでまぶしたもの。ソースはバターソース・・・すんごいカロリー高いですが、寒くて疲れた日にこれを食べると一気に元気が出そう(笑)

それから、こんな大胆?な料理も

CIMG0380

チーズスライスを焼いただけ~メニューに何のチーズか書いてなかったけど、フリウリ北部のモンタージオチーズかと思われます。ホント焼いただけだけどチーズ自体が美味しいので、これで十分美味しいんです!パンがすすむ、すすむ・・・ 危険! カテゴリー的にはセコンド(メイン)になってました。

他のメインは有名なグーラッシュ(牛肉の煮込み) 何回か食べたけど写真忘れた 、肉ときのこの炒め物など基本は肉メイン。付け合わせはフリウリ、ヴェネトやロンバルディアなど北部でおなじみの・・・

914

ポレンタ(トウモロコシの粉)!トスカーナだとトロトロのものにラグーを添えて食べるか、固まったものを焼いてキノコソースやレバーパテをのせてクロスティーニにして食べるのがほとんどですが、北部ではこうしてスライスしたものが、いろんなメインの横に“これでもかっ!”ってほどついてきます。

それは肉だけでなく、イカの煮込みの場合でも同じ。

1048

別皿の付け合わせは、これもフリウリや北部イタリア料理のクラウティ=すっぱいキャベツ。ジャガイモなんかもよく食べるし、バターも多用するし、逆に一般的にイタリア料理として思い浮かべるトマトを使った料理はかなり少なく、イタリア料理よりドイツ語圏、中央ヨーロッパの料理にかなり近い・・・

そして最後は・・・グバーナ。

CIMG0631

以前に同僚のフリウリ土産でもらったダンナが、自分と今回ソリを貸してくれた友人に買って帰る!と帰路にわざわざ買いに寄ったお菓子。パンの中に、グルグルと渦巻いて挟まってるのはクルミ、レーズンなどのドライフルーツやナッツ類、そしてグラッパ。私はリキュール類のはいったお菓子は苦手なので食べてませんが、毎日ダンナが仕事から帰宅したら嬉しそうにほおばってます(笑)

こんな風に、イタリアは場所によって料理も全然違う!旅行に来られたら、各地方で食べる料理にもぜひ注目&その土地のものを食べると楽しいですよ~。

2011年夏のフリウリ旅行記