先週の後半、郵便受けに何だか懐かしいトリコロールのエアメールが届きました。すぐにダンナ宛てでなく私宛てだとは予想できましたが、一体誰やろ!?と裏を見ると・・・昨年春にトスカーナツアーをコーディネイト+アテンドをさせて頂いたお客様からでした。

CIMG0865

中には、滞在中に撮った写真や、その写真をテーマにして描かれた作品たち。無事に個展に出されたこと、今でもあの楽しかった滞在を思い出すことなどが綴られていました。

この方の他に、お友達が2名、私の母と同年代か少し上の3人の女性グループでした。若い頃の職場のお仲間で、仕事を辞めても結婚しても変わらぬ、約50年の友情!ツアーには体力的についていけないし、自分たちが行きたいところだけ、ゆっくりと滞在したい、ということでフィレンツェをベースにしながら、シエナ、オルチャ渓谷、アレッツォ、ルッカ、そしてアッシジとペルージャを各都市1~2泊、合計2週間の旅。ピンポイントにアテンドし、電車の乗り方なども伝授して、オルチャ渓谷以外は切符が入った時刻表付の封筒をお渡ししてご自分たちで電車で移動。電車を間違われたり、ジェラート屋でぼったくられたり、時々電話でフォローしながらの珍道中。私もアテンドしながら何だか母とその友達を案内しているようで、嬉しくもあり、楽しくもあり。そして、関西の方たちだったので、容赦なくツッコミも入れながら(笑)。懐かしく、また思い出し笑いしながら、何度も手紙を読み返しました。

近年は何もかもメールやSNSでのやり取りですが、こうして封書で頂く手紙は格別の嬉しさがありますね。今度は別の季節に行きたい、と書かれていたので、私もメールでなく、地元のヒマワリ畑のハガキでお返事を書きました。元々字を書くのが苦手な上に、日本語を書くことが本当にないので字がエライことになっていました (ToT)/~~~ が、またの再会を願って・・・しかし、手紙の日付を見てみると、1月5日!! 1カ月以上もかかっとるやないか~! 私のハガキは一体いつ着くのでしょーか・・・

そして、 FACEBOOKページ だけで制作がなかなか進んでいない“トスカーナ自由自在”のサイトですが、これを機に、何とか全コンテンツは無理でもオープンできるレベルまでもっていかないと!と気合が入りました。 1日が48時間あればいいのにーっ!