イースターも終わり、夏時間になり、何だかあっという間の3月です。ありがたいことに新規の翻訳のお仕事を頂き、ボリュームや内容からするとキツめの納期だったのですが、やはり幅を広げたい、という気持ちが勝って、夜な夜な翻訳作業や トスカーナ自由自在 のお客様を迎える準備などを進めていた3月半ば・・・

IMG_1545

まずは新しいワイナリーの下見に女子会くっつけて(笑) チェッキーニ で肉づくし

IMG_1598

そして、ヴェネツィアから到着されたお客様のフィレンツェ半日アテンド

IMG_1653

その翌朝、マンマからの電話~うちのばーちゃんのヘルパーさんが、ごみ捨て場で捨てられた新生児を拾ったのよ!!( ゚Д゚) 彼女が連れ帰り、ご近所さんが救急車と警察を呼び、幸い赤ちゃんは健康で全く問題なし・・・で1回目の電話は終了したものの・・・

2回目:ヘルパーさんと警官が捨てられていたごみ捨て場に行くと、入っていた箱がなかった!=ヘルパーさんが赤ちゃん拾ったの見て、証拠隠滅で箱を回収したのでは!?

3回目:なんかヘルパーさんが疑われて、事情聴取されているらしい

・・・と、翻訳の納品前日の追い込み中に、マンマから逐一連絡が。気にはなるけど、それどころちゃうねんっ!!と途中から電話はダンナにとってもらうことに(笑)ところが、次の電話、仕事しながらダンナとマンマの会話が耳に入ってくると・・・

なんと、産んだのはヘルパーさんで、
拾ったとか言うのも全部自作自演だった ( ゚Д゚)

そこからは、出てくる、出てくる、ただただ驚くことばかり・・・

どうやら、父親はルーマニアに残っているご主人(ほっ・・・)
こっちに出稼ぎに来る前?来た直後?に妊娠が発覚
ルーマニアには3人の男の子がおり、ご主人は主夫なのでこの仕事は手放せない
妊娠は(もちろん出産も)ご主人も知らない
1人でばーちゃん家のトイレで産み、証拠隠滅にタオルなどは全て洗濯機で洗い
後産で出たものも全て処理し、掃除までした
もちろん、へその緒も自分で(ムダ毛切りのはさみで・爆)で切った

あ、あ、あ、あり得る~~~???

私でもかなりショックなのに、マンマはショックでショックで1週間以上経った今でもまだ混乱の中。だってその前の週もばーちゃん家に行ってて、それまでもその時も、全く妊娠には気付いてなかったから、混乱もするわな。出産そのものより、どうしてこうなる前に相談してくれなかったのか?自分の赤ちゃんを手放すなんてどれだけ辛いのか?赤ちゃんは良い家族に引き取られるのだろうか?と、表向きではヘルパーさん以上に参ってる感じ(苦笑)私は忙しかったのもあり、怖かったのもありTVも見ないようにしていたけど、結構TVラジオ、ネットニュースで流れていたらしいしね(ヘルパーさんもばーちゃんも写真出てたらしい(;^ω^)

幸い、イタリアでは養子はあまり珍しくなく、そういった組織がしっかりしてるので、本当に良い家族に引き取られる事を願うばかり。それ以上にショッキングだったのは、円満と思っていたご主人は暴力夫で、この件もバレたらどうなるか分からないとか何とか・・・なんかそこまで隠し通して仕事してたのもスゴイし、そうやって計画してた?のもスゴイし、1人でトイレで産んじゃうのもスゴイし、何もかもスゴイけど、それはそこまで強くならざるを得ない裏の事情があった訳で・・・来月、半年ぶりに休みをとって一時帰国するヘルパーさん。愛する息子たちに会いたい一心だと思うけれど、なんか複雑やなぁ~・・・休み後、無事に帰って来てよ~!

人気ブログランキングへ
イタリア情報ブログランキング