今回、naokoさんと yukikoさんと会った場所は、
トスカーナ州の北東の端っこ・サンセポルクロという町。
ウンブリア州とマルケ州の州境なので、私が一番遠かったという(苦笑)

IMG_2360

実は10年前、初めての新聞取材通訳で訪れたことがある。
記者さんの取材テーマが「ピエロ・デッラ・フランチェスカ」だったため、
2人でフィレンツェから電車とバスを乗り継ぎ、ピエロの故郷であるここを訪れたのだ。

IMG_2357

10年前だし、とにかく緊張の連続で必死だったから街並みもあまり覚えてなかったけど
今は一般公開されている、ピエロの生家(当時、今も財団)の事務所を見たとき、
まさに取材のあの時のシーンがフラッシュバックした。
当時は時間もなく事務所で話しただけだったけれど、今回は2階からこんなパノラマも堪能。

IMG_2406

それから、つい懐かしくて、まさに取材に行った足取りそのままに
ピエロの作品2点が収められている市立博物館へも行ってみた。

IMG_2412

「キリストの復活」は修復中だったけど、目玉の作品だけに、ちゃんと見られるようになっていた。

それからお2人とランチして、楽しい時間を過ごした後は
またしても取材の足跡をたどるように、今度はモンテルキという小さな村へ。

IMG_2437

ここには、「出産の聖母」という小さな作品がぽつりとある。
当時は帰りのバスの時間にギリギリで、町は全く見られなかったので
今回は散策も・・・ま、ちっちゃいので、今回は逆に時間が余りすぎたのだけど。

IMG_2470

10年前の取材ではピエロの作品を求めて、フィレンツェを拠点にこの2つの他、
アレッツォやリミニ、ペルージャとウルビーノへも足を伸ばした。
初めての取材コーディネイトと通訳で、準備段階から緊迫の毎日で、
1週間近い通訳本番は、毎日凹んだり、反省の連続で精神的にも辛かったけれど
記者さんが同じ大学の先輩で、移動の長い電車の中、たくさんおしゃべりもして
緊張をほぐして下さったことを、本当によく覚えている。

あんな経歴しかなかった私に、よくこんな大役を依頼されたな、と今でも思うと同時に
受けた私もよく受けたよな?と我ながら失笑・・・でもこの大役を果たせたおかげで
通訳としてやっていきたい気持ちが強まり、また、やれる少しの自信がついたのだから。
記者さんには、ただただ感謝の気持ちしかない。


セルフマガジンが完成しました!
selfmagazine
送付依頼は、こちらのお問合せフォームより
題名      ⇒ セルフマガジン送付依頼
メッセージ本文 ⇒ 送付先、依頼部数など
をご記入のうえ、送信ください。
(FBやブログへのコメントやメールではなく、
お問合せフォームでお願いします




トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳なら

イタリア情報ブログランキング