IMG_4059

こないだダンナが(苦笑)長男の英語の宿題を一緒に読んでいて、
長男の書いたことを聞いて、ビックリ&ほろりときてしまった。

Where are you from? どこ出身ですか?
I'm from Italy and Japan イタリアと日本です


いくらハーフで日本にも年に1か月以上滞在してるとはいえ、
普段私とは日本語でしゃべってるとはいえ、
どこをどう頑張ってもやっぱり子供たちはイタリアベースだと思っていた。
こんな学校の宿題の1つに、さらっと長男の本音が出たとしたら・・・
外国人母としては、これほど嬉しいことはない。

ハーフなんだからアンタには半分日本人の血が流れてるんだよ、たって
子供たちには意味不明だし、どーでもええー!と思われるかもしれない。
2つの国のアイデンティティを持つことは簡単なようで難しく
私自身は日本とイタリアの良い所だけを取ってくれたらと勝手に望んでいるが
それをどう身につけるかは、最後は本人次第。

彼らが住んでる国と違う言葉(しかも方言)で話す母の元で育ち、
年に1回遠くのじぃじとばぁばの元に滞在して学校まで行き、
お友達の家とは違うメニューが食卓に登場する生活をしながら
自然に受け入れていってくれた、その結果であるならば・・・
母はこれまで以上にコテコテの関西弁で話し、頑張って夏の帰省だけは毎年続け、
日本からしこたま食材を買い込んで持ってこようと思う。

IMG_4219

出発まで、ちょうどあと1か月やね!


セルフマガジンが完成しました!
selfmagazine
送付依頼は、こちらのお問合せフォームより
題名      ⇒ セルフマガジン送付依頼
メッセージ本文 ⇒ 送付先、依頼部数など
をご記入のうえ、送信ください。
(FBやブログへのコメントやメールではなく、
お問合せフォームでお願いします

 

トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳なら

イタリア情報ブログランキング