ラィディコーファ二で散策ランチをした後は、アッバディア・サン・サルヴァトーレへ。
こちらはばーちゃん村に隣接したアミアータ山の村の中では大きい町で
買い物やらなんやらでよく行く町なのですが、ここの旧市街が大きくて大好きなのです。
ずっとブログやサイトをご覧になっているグループリーダーの方がここを推してくれて
ここをご案内することになりました。
アッバディアの旧市街修道院、そしてイブのイベントについては
それぞれのリンクを見て頂くことにして・・・今回、ここについ入ってしまいました。

IMG_0586

マルチェッリーナのお店。
近辺ではとても有名で、童話に入ったみたいな店、妖精のいる店、一言で言うと何屋?
と聞かれれば、マルチェッリーナの店!というほど、彼女の存在感がすごいのです。

私たちは20年近く買い物したり前を通ったりしていますが、まず何がスゴイかって・・・

閉まってるのを見たことがない!!!
昼休みもなく、夜遅く行っても、平日行っても週末行っても、いつでも開いていること。
いるのはもちろん、マルチェッリーナ1人。
いつ休んでるのか?ご飯食べてるのか?は謎。

その商品の豊富さ?宝探し的なディスプレイ!?

IMG_0583

昔はここまでは山積みでなかったし、食材がメインだったのに
近年はアンティークや雑貨の比率が高まっています。
そして、このどれの値段を聞いても、マルチェッリーナは全部記憶しているのもスゴイ。

ウィンドウディスプレイもスゴイ。

blog

マルチェッリーナのセンスがあふれるウィンドウ・・・12月に行くとクリスマスバージョンで
上の写真左が2012年、右が2014年のものです。

外のディスプレイもスゴイ。

IMG_0788

これもマルチェッリーナのセンスで、よく模様替えをしてます。
外もウィンドウも中も、よく写真を撮っている人がいますが
マルチェッリーナは「写真撮ってくれてありがとう💛」ととても喜んでくれます。

食材や飲み物に関しては、試食もたっぷりさせてくれるのもスゴイ

IMG_0582

ただし、お客さんが少ない時だけ・・・
というのも、何がスゴイかって、イブなどの激混みの時でさえ
(中があんなのだから、店内に入れるのは5人くらい)
イタリア人が皆、静か~に順番を待っている。
マルチェッリーナの独特のおしゃべりと丁寧な所作に、誰もがじ~っと待っている。
急ぐ人も、怒る人も誰もいない。待てない人は静かに帰っていくだけ。
もうとにかく、マルチェッリーナ・ワールド全開で、誰もがその空気にのまれてしまうのです。
他にも、ラッピングがスゴイとかもあるんですが、
ここは来てもらって体感して下さい、としか言いようがない!

お店のサイトなどもないのですが、アッバディアの修道院近くカヴール通りにあります。
アッバィアに行かれる方は、時間をたっぷり目にとってお店に行って下さいね(笑)


セルフマガジンが完成しました!
selfmagazine
送付依頼は、こちらのお問合せフォームより
題名      ⇒ セルフマガジン送付依頼
メッセージ本文 ⇒ 送付先、依頼部数など
をご記入のうえ、送信ください。
(FBやブログへのコメントやメールではなく、
お問合せフォームでお願いします


 
トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳なら

ロゴ最終