ダ・ヴィンチにミケランジェロ、ラファエロにジョット・・・
挙げだしたらきりがない、イタリアの、特に中世~ルネサンスの芸術家たち。
その作品のカテゴリーも幅広く、絵だけの人もいれば、
あらゆる分野で活躍した人も何人もいます。

IMG_0721

私は人で言うと、ミケランジェロ!
絵画も好きですが、圧倒的に好きなのは、彼の彫刻です。

有名なフィレンツェ・アカデミア美術館のダヴィデ、

20151119_110858 (2)

ヴァチカンのサン・ピエトロ寺院のピエタ、

CIMG7377 (2)

サン・ピエトロ・イン・ヴィンコリ教会のモーゼは、最近は見れてないけれど
初めて見た瞬間、鳥肌たちまくり&美しくてただただ見とれるばかりでした。

これらの大作はもちろん大好きなのですが、ぞわぞわと感動するのが未完の作品
=アカデミア美術館の奴隷象4体、パレストリーナのピエタ

20151119_111355

=ドゥオモ付属博物館のピエタ
=ミラノ・スフォルツァ城のロンダニー二のピエタ

この作業の間に起こった政変だったり、彼の気持ちや状況の変化など、
いろんな原因で未完に終わった訳ですが、それらを想像しながら見ると
何だかこみ上げるモノが・・・
「へんこつな頑固で(人間的に)不器用なオッサン」(私のミケランジェロ象・笑)
であるミケランジェロが苦悩したり、荒れたり、決断したり・・・
そういう姿を想像すると、妙に愛おしくなってしまうのです(笑)

そんな私が最近やっと訪れることができたのが、「ブォナッローティの家」。
ミケランジェロが自身で購入し、その後、弟家族へと相続された一族の家ですが
現在は彼の10代の作品や、素描、彫刻の粗型が展示されています。
こんな貴重なコレクションなのに、観光客はまばらで、
落ち着いてミケランジェロ・ワールドにどっぷりつかることができますよ。
詳しくは「たびねす」で記事にしていますので、ぜひご覧ください!
(そうそう、今年は「たびねす」への記事も増やしたいな~)

IMG_9316

この記事にも書いている、この秋にストロッツィ宮殿で見た「川の神」のルーツ・・・
メディチ家礼拝堂の新聖具室に行った時に知っていれば、また見方も変わったのにな~。
今度は長男と一緒に行こうかな💛


セルフマガジンが完成しました!
selfmagazine
送付依頼は、こちらのお問合せフォームより
題名      ⇒ セルフマガジン送付依頼
メッセージ本文 ⇒ 送付先、依頼部数など
をご記入のうえ、送信ください。
(FBやブログへのコメントやメールではなく、
お問合せフォームでお願いします


 
トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳なら

ロゴ最終