イタリア・トスカーナ専門コーディネイターのトスカーナ田舎暮らし

日常生活から仕事、イタリアの笑えない話など、人口1800人のド田舎から日々の生活を綴ります。

料理

トスカーナ南部・アミアータ山の超コアな郷土料理、スコッティリア

今回のばーちゃん村の滞在で、私にとって最大のイベント(笑)が、

サグラ・ディ・スコッティリア=スコッティリアの食祭り!

(サグラ=イタリアの食祭りの総称です)


IMG_7435


ばーちゃん村からグロッセート方面に行く時に

「この村はこんな小さいけど有名な料理があって・・・」

とダンナから何回か聞いたことはあるけれど、名前はすっかり忘れていた私。

今回、ばーちゃん村に住んでいる義妹に

「スコッティリアの食祭りに一緒に行こうよ」と言われ、「何ソレ!?」と食いつく。

それなりにトスカーナ郷土料理は知ってる&食べつくしたと思っていたけれど

まだ知らない、もっとコアな郷土料理があるなんて、これは食べるしかない!!



スコッティリアは、ウサギ、鶏、子羊、豚などの数種類の肉を

辛いトマトソースで煮込み、トーストしたパンを添えた料理で、

(リヴォルノの魚スープ・カッチュッコの肉バージョン)

アミアータ山の村で食べられるもの。

中でもこのペッシーナ村が有名らしく、

まさにサグラもここペッシーナで行われました。


IMG_7438


食べてみた感想は・・・ウマい!!

でもマンマから聞いていた説明とちょっと違って、

パンも中に入っててカッチュッコというよりはリボッリータ・・・


てな訳で、「これはこれで美味しいけど、こんなのじゃない」、と

私以外の人はちょっと(いや、かな~り)不満が残ったようでしたが💦

ばーちゃんからマンマへ受け継がれた「もっと美味しい」レシピを

私も教えてもらったので、今度家で再現してみたいと思います♪

ちなみに、マルタのレストランでもメニューにありましたので
気になった方は、ぜひ💛



セルフマガジンが完成しました!
selfmagazine
送付依頼は、こちらのお問合せフォームより
題名      ⇒ セルフマガジン送付依頼
メッセージ本文 ⇒ 送付先、依頼部数など
をご記入のうえ、送信ください。
(FBやブログへのコメントやメールではなく、
お問合せフォームでお願いします


 
トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳なら

イタリア情報ブログランキング


オルチャ渓谷で超おススメ!の、マルタのレストラン

IMG_7206
オルチャ渓谷のばーちゃん村に到着した、最初の夜は外食。

ローマのダンナの幼馴染家族と一緒に、同じく幼馴染のマルタの店へ。

トスカーナ自由自在でも紹介しているBBのレストランで、

この10日前に、お客様が2泊&料理教室をされたばかりです。

ロッカ・ドルチャに散策がてら寄ることはあっても、週末以外は夜だけなので

何気に食事に来るのは初めて!!


IMG_7243

やはり例年よりは暑いので、テラス席(最後の1席をギリギリ予約でGET!)

IMG_7245


BBやレストランの内装も可愛いですが、メニューも可愛い💛


IMG_7249

注文した料理を待っている間、豆ペーストのカナッペとサラミのおつまみサービス。


IMG_7255

せっかくなので、オルチャの赤も1本注文。


IMG_7257

メニュー以外にあるこの日の料理が口頭で説明されたけど、数も多いし、迷う!

しかも、「ザ・トスカーナ郷土料理」というのは少なく、

他ではなかなかないようなものが多くて、どれもこれも食べて見たかったのですが・・・

私はシエナ特産高級豚・チンタのフィレにポロ葱・バジル・はちみつのソース添え。


IMG_7260


このフィレが超~柔らかい上、ソースが抜群に美味しい!!


IMG_7263

更にダンナが注文した、イノシシのキイチゴソースがまたウマい!!


チンタ豚にしてもイノシシにしても、

普通ならシンプルにグリルかトマトやワイン煮込みばかりだけど、

合わせるソースが斬新でかつ、本当にそれぞれのお肉に合うんです。


IMG_7258

私の付け合わせ、ナスのリコッタチーズクリーム添えも、

子供たちの手打ちパスタ(マルタの手作り)も、デザートも全て絶品。


IMG_7264

ボリュームはそれほど多くもなく少なすぎず、

凝った料理が適正価格(プリモが8ユーロ~、セコンドが11ユーロ~)で、

ゆったりと素敵な夜を過ごすにはもってこい。

車でしか行けないところですが、レンタカー派の方でオルチャで食事する方、

そしてもちろん、一番のおススメは宿泊をして、夜はここで食べて、料理教室!

ここ数年のお客様のパターンだと


1日目:フィレンツェまたはシエナ発でハイヤーでオルチャを観光、BB

2~3日目:料理教室、テンテンナーノ要塞に上り、

      徒歩でカスティリオーネとロッカの村を散策

4日目:ハイヤーでフィレンツェへ


お2人で2泊3日、料理教室、ハイヤー(2日)でお1人680ユーロ~。

たっぷりとオルチャの見所を周り、食を堪能できるおススメの滞在プログラム、

ハイヤーで周る場所は、ご要望に合わせてコーディネイトしますので お問合せ下さい !


Cisterna nel Borgo

ロッカドルチャの中心の井戸のある広場、迷うことはありません(笑)

下から上ってくる人は駐車場に停め、村の門を入って直進すれば広場に着きます。

要塞の駐車場から来る人は、下って行けば広場に着きます。



セルフマガジンが完成しました!

selfmagazine
送付依頼は、こちらのお問合せフォームより
題名      ⇒ セルフマガジン送付依頼
メッセージ本文 ⇒ 送付先、依頼部数など
をご記入のうえ、送信ください。
(FBやブログへのコメントやメールではなく、
お問合せフォームでお願いします


 
トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳なら

イタリア情報ブログランキング


これぞ日本料理の美!

しのぶちゃんとの京都デートのお楽しみの1つが、やっぱりランチ。
今回は醍醐寺1本だったので、敷地内にあるお店にしたのですが、
ここも当たりでした♡

IMG_6131

女心をくすぐる、インスタ映えする?この小さなお惣菜がめちゃめちゃ可愛い!
これは何かなーと12種類それぞれにワクワクしながら食べられる!
こういう繊細な盛り付けって、ほんとに日本料理ならではですよね。
名物である湯葉を使った巻きずしも美味しかったですよ。

もう1つ、美しかった盛り付けがコチラ。

20170721_110203

両親との福井旅行で宿泊したかんぽの宿での食事。
あまりに美しくてインスタ&FBにもUPしたら、
日本食が最近好きだという、おらが村の友人ダンナからのコメントが・・・
「これっておらが村でもできる?(=私にできる?と聞いている)」

できるかっちゅーねん!!
料理もさながら、いろんな種類の食器が揃わんよ~。

今写真で見返しても、目を楽しませてくれるお料理たちです♪


セルフマガジンが完成しました!
selfmagazine
送付依頼は、こちらのお問合せフォームより
題名      ⇒ セルフマガジン送付依頼
メッセージ本文 ⇒ 送付先、依頼部数など
をご記入のうえ、送信ください。
(FBやブログへのコメントやメールではなく、
お問合せフォームでお願いします


 
トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳なら

イタリア情報ブログランキング


見た目は悪いけど、なかなか美味しい!自家製リモンチェッロ

先日、同郷の美紀さんフィレンツェからおらが村に遊びに来てくれた時
パートナーのRomanoさんが仕込んでいたコレを譲り受けました。

IMG_7142

アルコールに漬けたオーガニックレモン・・・
お友達から大量に自家製レモンをもらって、リモンチェッロを作り出したそうなんですが
体の調子を崩してアルコールが飲めなくなってしまったため、貰い手を探している、と。
私もダンナもそれほどリモンチェッロが大好き!って訳でもないけど、
なんか手作りリキュールってのも興味あるので、せっかくだから貰ってきました。

ベースはできているので、最後の工程である砂糖水を入れるだけ。
・・・が、1つ失敗💦💦
精製した白い砂糖は家に置いてないので、黒糖を使用したら、
当たり前やけどドス黒いリモンチェッロができてしまったΣ( ̄ロ ̄lll)ガーン

IMG_7143

味見してみたくて、ちょろっとだけ冷凍庫でキ――――ンと冷やしてみたら・・・
ウマい!・・・でも黒糖の風味がレモンの風味を邪魔してるかなぁ、やっぱり💦
しかし私にはアルコールが強すぎてなかなか飲めんな・・・
と、たまたま冷蔵庫にあった炭酸で割ったら、これがすっきりと美味しい。
ただ瓶2本もできたので、なかなか消費できないな~誰か飲みに来て💛

セルフマガジンが完成しました!
selfmagazine
送付依頼は、こちらのお問合せフォームより
題名      ⇒ セルフマガジン送付依頼
メッセージ本文 ⇒ 送付先、依頼部数など
をご記入のうえ、送信ください。
(FBやブログへのコメントやメールではなく、
お問合せフォームでお願いします


 
トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳なら

イタリア情報ブログランキング

兵庫県川西市の美味しいイタリアンその2~ 生パスタ・Eat in de nomi-na

トラットリア・マッシに続く、超地元のイタリアン紹介第二弾はこちら!

IMG_6073

手打ち生パスタ専門イルグラーノ製麺所 Eat in de nomi-na」
元々は生パスタ専門の製麺所が1年半前のオープンした、パスタのお店。

20476117_583549052034996_2520928615178782624_n

能勢電鉄の鼓が滝駅から徒歩だと10分くらい・・・ですが、
なんせ上り坂なので特に夏は車でのお越しをおススメします💦

IMG_6074

住宅街にある、木造一軒屋、このイタリア国旗が目印です。

IMG_6081

コンパクトな店内に、天然木カウンターの全6席。
こちらもシェフのご主人と、接客の奥様2人でのアットホームな経営。
オープンキッチンなので、そのお料理の様子も垣間見えたりもします。

メインはもちろんパスタなんですが、この山盛り前菜も超おススメ!

IMG_6084

たっぷりのサラダ、生ハム、チーズ、タコのマリネ、豆とブルスケッタ・・・
このボリュームで、しかもワンドリンク付きで1300円!
この前菜とワインを楽しみながら、パスタを待ちます。

IMG_6090

今回はイカ墨入りのパスタにトマトソースを。
すっくな~!と思われた方、これ、1ポーションを3人でシェアしたのでご安心を。
1ポーションが普通の2人前くらいあるので、複数人で行く場合は
こうやって前菜も楽しむのもよし、数種パスタをシェアして食べ比べするのも良し!

この木造建築は、ここの製麺所のお客さんである建築家の方が建てられたもので、
2016年にはウッドデザイン大賞も受賞されたもの。

IMG_6078

「はじまりの杜」として、1階はこのイートインとギャラリー、

IMG_6077

2階はレンタルスペースとなっていますので、
将来、ここでトスカーナ自由自在とパスタ屋さんとでイベントできたら!
と夢も膨らみます。

店内は6席ですが、夏以外は外の席も気持ちよさそう!

IMG_6075

実はここのご夫婦・・・私の高校の同級生なんです!!!
私がずっと仲良くしている高校の友人から「生パスタ屋さんをやっている」
というのは聞いていたのだけど、それ以外は知らなかった・・・んやけど!!

ちょうどトラットリア・マッシさんで、ここの常連さんで
11月にアテンドをするお客様とランチをしていて地元ネタとなり
「私は高校●●なんですよ~え?中学は同じ?おいくつですか?」
とお客さまの質問に私は答えたところ、「えええ!」
と向こうのテーブルに座っていた別のお客さんが振り返った・・・
ら、それがここのご夫婦だったというすごい偶然 (@ ̄□ ̄@;)!!

19650216_440064319712047_1435194280_o
再会を祝して記念撮影(笑)

奥さんは顔見たらすぐ分かったけど、ご主人は最初からこっち向いてたのに
全然気づかなかったわ・・・💦💦(さとちん、ごめんよー)

もちろん、こちらにも私のセルフマガジンを置いて頂きました。
トラットリア・マッシ同様、こちらもご贔屓に💛


セルフマガジンが完成しました!
selfmagazine
送付依頼は、こちらのお問合せフォームより
題名      ⇒ セルフマガジン送付依頼
メッセージ本文 ⇒ 送付先、依頼部数など
をご記入のうえ、送信ください。
(FBやブログへのコメントやメールではなく、
お問合せフォームでお願いします


 
トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳なら

イタリア情報ブログランキング



Profilo
Blogはリンクフリーですが、掲載記事・写真の無断コピー・転載・加工はお断りいたします。
トスカーナ自由自在

Facebookページも宣伝 にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
Commenti
記事検索
アクセスカウンター

  • ライブドアブログ