イタリア・トスカーナ専門コーディネイターのトスカーナ田舎暮らし

日常生活から仕事、イタリアの笑えない話など、人口1800人のド田舎から日々の生活を綴ります。

アート&音楽

「ラ・ヴェルナ」で美術もしっかり堪能する!

「ラ・ヴェルナ」では、小さなミュージアムも併設していて、入場は喜捨。
このサントゥアーリオにあった美術品展示と、修道院の生活の様子が分かるようになっています。

※ミュージアムの開館は日曜・祝日のみ、10時~12時、14時~17時になります。


IMG_3774

大聖堂右下のサンタ・マリア・デッリ・アンジェリ教会の右の扉から入ります。
(MUSEOの標識あり)

IMG_3767

入ってすぐは、聖歌の装飾楽譜と可愛らしい天使がお迎え。

IMG_3769

その先は、典礼時に使う用具や衣装、タピスリーなどの展示室が続き

一番奥は「修道院」の生活が見える展示・・・個人的にはこのエリアが一番好きです。

IMG_3770

薬草の部屋、昔からこうして修道士さんがいろいろ作っていたんですね。

IMG_3771

それから「パンと美味しいパン」と名のついた部屋。台所かな。

IMG_3773

別の一角にあった、ネームの入ったお皿。
高級な銀器などでなく、ここでも素朴なテイストにほっこりとしてしまいます。

博物館以外の場所でも、よく見るとあちこちに美術作品が散らばっています。

IMG_3765

圧巻は、大聖堂右下のサンタ・マリア・デッリ・アンジェリ教会内や

IMG_3742

聖痕の礼拝堂の主祭壇にある作品、これはルネサンス期の有名な彫刻家、
アンドレア・デッラ・ロッビアの釉薬を使用した作品です。
私たちは一瞬でちゃんと見られなかったけれど、大聖堂内にも作品があります。

礼拝堂の中でも、この朽ち果てたフレスコ画が気になったのですが・・・

IMG_3741

地図で見るとおそらく「ロッディ礼拝堂」、でもこの名前で検索しても詳細は出てこず・・・
一体いつのどんな作品だったのか?次回行った時は修道士さんに聞いてみたいな。

IMG_3744

そして全く理解は不能なのですが、この文字にうっとり・・・。
イタリアの教会ではラテン語の表示が多いですが、これはラテン語ではないような?
ただ見ただけでうっとりするような美って、意味が分からなくても本能でトキメキます✨

宗教的な部分以外でも、楽しめる要素がたくさんありました。


セルフマガジンが完成しました!
selfmagazine
送付依頼は、こちらのお問合せフォームより
題名      ⇒ セルフマガジン送付依頼
メッセージ本文 ⇒ 送付先、依頼部数など
をご記入のうえ、送信ください。
(FBやブログへのコメントやメールではなく、
お問合せフォームでお願いします

 

トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳なら

イタリア情報ブログランキング  


フィレンツェは何百年もほぼ変わらない町、と実感できる1枚の絵

IMG_2617

おととい、「バロネッサ」のお屋敷を訪問してきました。
取材の内容は記事に書くとして・・・実は我が家にもあるこの1枚の絵がここにもありました。

IMG_2596

この絵はフランチェスコ・ロッセッリ作の通称「鎖の地図」
オリジナルは鎖のような模様で枠があるため、そう呼ばれているそうです)、
フィレンツェを描いた作品は多く残されていますが、その中で一番古く、1470年頃に描かれたもの。

IMG_2597

この「リカーゾリ宮」もこの通り存在し、しかも名前までくっきり入っています。
(カメラ目線でばっちり笑顔のバロネッサ、かわいい♪)
ドゥオモはもちろん、ヴェッキオ宮殿、ヴェッキオ橋、サンタ・マリア・ノウ゛ェッラ教会など、
今でも現存し、フィレンツェ観光の見どころとなっているものは、すでに存在しています。
そう考えると、ほんと、フィレンツェの町って中世からほとんど変わってない!と改めて驚き、
歴史好きの私は、バロネッサが語ってくれたリカーゾリの歴史にもゾワゾワしっぱなし。

IMG_2598

中を拝見しながら、最後は天井が7mもあるサロンでお茶を頂き、
予定時間の2時間いっぱい、ず~っとおしゃべりをしていました。

IMG_2588

この地上階の中庭も、建てられた1400年代半ばそのまま。
フィレンツェを散策してよく見る、「PALAZZO ◯◯」の立看板、これらは皆、
リカーゾリ宮のような歴史的建物で、それぞれの建物や家族の長い歴史が刻まれている・‥
フィレンツェ観光では、急ぎ足で有名美術館や教会を回ることが多いですが、
少し気をつけて、看板や紋章が掲げられた建物を見つけてみてくださいね。


セルフマガジンが完成しました!
selfmagazine
送付依頼は、こちらのお問合せフォームより
題名      ⇒ セルフマガジン送付依頼
メッセージ本文 ⇒ 送付先、依頼部数など
をご記入のうえ、送信ください。
(FBやブログへのコメントやメールではなく、
お問合せフォームでお願いします




トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳なら

イタリア情報ブログランキング   


イタリア語のリスニング力を鍛える、簡単で最良の方法

あくまで私の経験からの私論ですが・・・
イタリア語のリスニング力を鍛える、簡単でかつ最良の方法は、

イタリアのラジオをひたすら聞く! 

レベルが中級以上になると、討論番組やニュースなどになるのかもしれませんが
長期イタリア滞在の経験がない中級以下の方には、ぜひおススメします。

私の経験談(思い出話ともいう・笑):2001年に留学し、最初のホームステイ先から
そこのマンマの息子さんのアパート内の貸し部屋に移ったのですが、
偶然置いてあった、レトロなラジオ・・・大家さんのリッカルドに教えてもらって
部屋、いや家にいる間はずーーーーっとBGMとして流していました。

イタリア語の曲はもちろん、リスナーとパーソナリティーの会話も楽しいですが、
一番面白くて理解するために必死に聞いていたのは、ラジオCM。
TVだと映像があるので言葉が分からなくても内容が分かったりしますが
ラジオだといかんせん言葉が分からないと意味が分からない。
しかも短時間に本質的なことを詰め込む(時にめちゃ早口)なので
すんごいリスニング力が鍛えられます。
リスニング力が上がれば、スピーキング力(発音やイントネーションなど)も上がります。

最近はホント便利になって、日本からでもイタリアのラジオが聞ける!!

私が留学中、固定で流していたのはRADIO CUORE、
当時はSOLO MUSICA ITALIANA(イタリアンミュージックだけ!)とサブタイトルがついてました。
サブタイトルは少し変わったけど、イタリアンミュージックだけ、は変わらず。
他、車内などでダンナがよくつけているのは、
DEE JAY、KISS KISS、RDS、RTL102.5、RADIO CAPITAL、RADIO ITALIAなど。
地方ラジオが聞きたい場合、上記リンクページの左端の州の名前をクリック!
トスカーナはこちら・・・これで方言も見につく?笑

皆さんもお気に入りを見つけて、楽しみながらイタリア語学習して下さいね!


セルフマガジンが完成しました!
selfmagazine
送付依頼は、こちらのお問合せフォームより
題名      ⇒ セルフマガジン送付依頼
メッセージ本文 ⇒ 送付先、依頼部数など
をご記入のうえ、送信ください。
(FBやブログへのコメントやメールではなく、
お問合せフォームでお願いします



トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳ならイタリア情報ブログランキング  

穴場に行きたかったけど、結局定番のブレラ絵画館へ

ミラノへは何回も行ってるのに、今回も予約できなかった「最後の晩餐」
ドゥオモやスフォルツァ城は何回も見てるし、どこ行こう?となった時、
一番有名なブレラよりも、ぺッツォーリアンブロジーナに惹かれたのだけど
休館日や閉館時間の関係から、結局、初ブレラ絵画館と訪問となりました。 

IMG_1948

絵画館だけでなく、美術学校や図書館も入っている建物、

IMG_1949

中庭を越えた先の階段を上り、2階を1周する形で絵画館は構成されています。

宗教画がメインで、有名な作品は

IMG_1950

アンドレア・マンテーニャの「死のキリスト」、

IMG_1959

ピエロ・デッラ・フランチェスカの「モンテフェルトロの祭壇画」

IMG_1958

ラファエロの「マリアの婚姻」

IMG_1962

そしてやっぱり魅かれたのは、カラヴァッジョの作品。
新聞取材通訳で多くの作品を見て、解説を専門家から聞いた芸術家だけあって
ピエロ・デッラ・フランチェスカとカラヴァッジョは、ついついじっくり見てしまいます。

ひっそりと20世紀作品のコレクションルームがあるんですが、

IMG_1953

モディリアーニや

IMG_1954

ピカソもあったのには、ビックリ!

途中に修復作業をそのまま見られるような部屋があったり
展示できていない所蔵物の倉庫を透明パネルで見られるようになっていたり
普段、表にはでていない所を見せているのが絵画館のこだわりのようでした。

こないだのメディチ家礼拝堂もだけど、たまに美術館何かに入ると
良い気分転換になって、いい感じ♥ 
せっかくイタリアにいるんやから、積極的に行きたいものです。
(いつでも行ける、と思うと行かなくなるんだけどね)


 セルフマガジンが完成しました!
selfmagazine
送付依頼は、こちらのお問合せフォームより
題名      ⇒ セルフマガジン送付依頼
メッセージ本文 ⇒ 送付先、依頼部数など
をご記入のうえ、送信ください。
(FBやブログへのコメントやメールではなく、
お問合せフォームでお願いします



トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳ならイタリア情報ブログランキング   

無料公開!10年以上ぶりの「メディチ家礼拝堂」

昨日の2月18日は、トスカーナ大公メディチの最後の末裔・
アンナ・マリア・ルイーザ・デ・メディチの命日ということでメディチ家礼拝堂の入場が無料!
最後は語学学校の遠足だったか、結婚式で来伊した両親と行ったか?
はっきり覚えてないけど、かれこれ15年近く前・・・これは、行っとくしかない!!てことで
日本語学校の待ち時間に勇んで行ってきましたが!・・・が!!

IMG_1852

やっぱり並んでる Σ( ̄ロ ̄lll)ガーン 
これは無理かと思ったけど、ちょろちょろ進んでるので待っていると、
何なく10分後くらいに入場!

IMG_1854

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━💛

入って右に回ると、このお方、そう、彼女が
アンナ・マリア・ルイーザ・デ・メディチ、1743年のこの日に亡くなりました。

IMG_1884

無料のニュースサイトで知ったけど、彼女の遺言で
「メディチ家のコレクションがフィレンツェにとどまり、一般に公開されること」
を条件に、メディチの
すべての美術品をトスカーナ政府に寄贈したため、
フィレンツェに残されたそうです。
今のフィレンツェがあるのも、彼女のおかげって訳か!

時間がないので、まずは君主の礼拝堂へ・・・

IMG_1858

どーだー!!と言わんばかりの、重厚な大理石と貴石に囲まれた礼拝堂は圧巻!

IMG_1863

それでも6人入るはずの像は半分が空っぽで、そこにまた盛衰を感じるのだわ・・・

IMG_1881

像がない人は、その大公の冠だけがぽつんと残る・・・

そして一番の見どころである、新聖具室へ・・・
ミケランジェロファン(私)にはたまらん空間なのです!

IMG_1870

ウルビーノ公ロレンツォ・デ・メディチの墓碑には「夕暮れ」と「曙」の寓意象が

その向かいには、ネムール公ジュリア―ノ・デ・メディチの墓碑があり

IMG_1868

「昼」と「夜」の寓意象が。

そうか、これはロレンツォ・イル・マニーフィコの墓碑じゃなかったか!
と説明書きを読んで思い出し、振り返ると・・・

IMG_1872

真ん中の聖母子像だけがミケランジェロ作で、
結局ロレンツォ豪華王と弟のジュリア―ノの墓碑は予定通りにできず、
後世こういった形で地味に(笑)落ち着いたようです。

名残惜しく新聖具室を去り、新聖具室横の小部屋をささっと・・・

IMG_1878-1

ここにはメディチ家出身の教皇・レオ10世の帽子と旗が。
1500年代のものなのに、なんか新品のような美しさにクラクラ・・・

IMG_1879

そのうちの1つにあった、この壁に残る筆跡は何!?
説明パネルもなく、調べてみても何なのかは不明・・・ご存じの方、教えて下さい!

これにて、30分強の見学は終了!普段は外を通るだけで、友人や家族が来るか、
仕事以外ではなかなか入らんけど、たまに入るとやっぱりいいなぁ。
ウフィッツィをはじめ、有名どこのほとんどは2年前の新聞取材で入ったけど
バルジェッロ、ヴェッキオ宮殿は最近は入ってないかも。
フィレンツェで時間がある時にちょろちょろ再訪しようかな。
せっかくこんなに近くにいるんだからね★
(いつでも行けると思うとなかなか行かない・苦笑)


セルフマガジンが完成しました!
selfmagazine
送付依頼は、こちらのお問合せフォームより
題名      ⇒ セルフマガジン送付依頼
メッセージ本文 ⇒ 送付先、依頼部数など
をご記入のうえ、送信ください。
(FBやブログへのコメントやメールではなく、
お問合せフォームでお願いします



トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳ならイタリア情報ブログランキング   
 
Profilo
Blogはリンクフリーですが、掲載記事・写真の無断コピー・転載・加工はお断りいたします。
トスカーナ自由自在

Facebookページも宣伝 にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
Commenti
記事検索
アクセスカウンター

  • ライブドアブログ