イタリア・トスカーナ専門コーディネイターのトスカーナ田舎暮らし

日常生活から仕事、イタリアの笑えない話など、人口1800人のド田舎から日々の生活を綴ります。

トスカーナの田舎町

夏の小さな村は、毎晩イベントが目白押し

おそらく大都市でも旧市街以外の地区で、中規模以下の町ではおそらくどこでも、

夏の夜、特に8月15日の祝日に向けての週はイベントが目白押しです。

もちろん、オルチャ渓谷のばーちゃん村でも、近郊の町・村でも、

私たちが滞在中、何かしらのイベントが毎晩ありました。


私たちは到着日はロッカのマルタのレストランに行き

翌日は昨年も行った、アミアータ山の夜の源泉トレッキングツアー

今年はなんと150人近くが参加!!


IMG_7284

それからカステル・デル・ピアーノの地区の屋台でピッツァ、そして旧市街散策。


IMG_7338

そして今回一番のイベントは、アミアータ山の郷土料理である

スコッティリアのサグラ(食祭り)へ(これは後日また別記事で紹介します!)
(これに行くために、コンティニャーノのラビオリをあきらめました)


IMG_7443

その夜ばーちゃん村では、バブルパーティと呼ばれるお祭りが・・・


IMG_7464

まさに、泡、泡、泡ーーーーーー!!!
私の息子たちはもちろん、ティーンズから幼児まで大はしゃぎ!
うちの次男は毎日あったら毎日行きたいと(笑)

IMG_7510


そして最後の夜は、ばーちゃん村の広場で、チャバッタ(薄い揚げパン)祭り。
最初にモッツァレッラチーズとサルシッチャを挟んで揚げたものを、
〆にヌテッラがけの揚げパンを。


普段、夜に出かけることは稀ですが、ばーちゃん村で過ごす夏は特別。

おかげで私と息子たちは、毎朝かなり遅~く起床の毎日ですが💦

ダラダラと の~んびりと5日間を過ごしました。


セルフマガジンが完成しました!
selfmagazine
送付依頼は、こちらのお問合せフォームより
題名      ⇒ セルフマガジン送付依頼
メッセージ本文 ⇒ 送付先、依頼部数など
をご記入のうえ、送信ください。
(FBやブログへのコメントやメールではなく、
お問合せフォームでお願いします


 
トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳なら

イタリア情報ブログランキング



オルチャ渓谷で超おススメ!の、マルタのレストラン

IMG_7206
オルチャ渓谷のばーちゃん村に到着した、最初の夜は外食。

ローマのダンナの幼馴染家族と一緒に、同じく幼馴染のマルタの店へ。

トスカーナ自由自在でも紹介しているBBのレストランで、

この10日前に、お客様が2泊&料理教室をされたばかりです。

ロッカ・ドルチャに散策がてら寄ることはあっても、週末以外は夜だけなので

何気に食事に来るのは初めて!!


IMG_7243

やはり例年よりは暑いので、テラス席(最後の1席をギリギリ予約でGET!)

IMG_7245


BBやレストランの内装も可愛いですが、メニューも可愛い💛


IMG_7249

注文した料理を待っている間、豆ペーストのカナッペとサラミのおつまみサービス。


IMG_7255

せっかくなので、オルチャの赤も1本注文。


IMG_7257

メニュー以外にあるこの日の料理が口頭で説明されたけど、数も多いし、迷う!

しかも、「ザ・トスカーナ郷土料理」というのは少なく、

他ではなかなかないようなものが多くて、どれもこれも食べて見たかったのですが・・・

私はシエナ特産高級豚・チンタのフィレにポロ葱・バジル・はちみつのソース添え。


IMG_7260


このフィレが超~柔らかい上、ソースが抜群に美味しい!!


IMG_7263

更にダンナが注文した、イノシシのキイチゴソースがまたウマい!!


チンタ豚にしてもイノシシにしても、

普通ならシンプルにグリルかトマトやワイン煮込みばかりだけど、

合わせるソースが斬新でかつ、本当にそれぞれのお肉に合うんです。


IMG_7258

私の付け合わせ、ナスのリコッタチーズクリーム添えも、

子供たちの手打ちパスタ(マルタの手作り)も、デザートも全て絶品。


IMG_7264

ボリュームはそれほど多くもなく少なすぎず、

凝った料理が適正価格(プリモが8ユーロ~、セコンドが11ユーロ~)で、

ゆったりと素敵な夜を過ごすにはもってこい。

車でしか行けないところですが、レンタカー派の方でオルチャで食事する方、

そしてもちろん、一番のおススメは宿泊をして、夜はここで食べて、料理教室!

ここ数年のお客様のパターンだと


1日目:フィレンツェまたはシエナ発でハイヤーでオルチャを観光、BB

2~3日目:料理教室、テンテンナーノ要塞に上り、

      徒歩でカスティリオーネとロッカの村を散策

4日目:ハイヤーでフィレンツェへ


お2人で2泊3日、料理教室、ハイヤー(2日)でお1人680ユーロ~。

たっぷりとオルチャの見所を周り、食を堪能できるおススメの滞在プログラム、

ハイヤーで周る場所は、ご要望に合わせてコーディネイトしますので お問合せ下さい !


Cisterna nel Borgo

ロッカドルチャの中心の井戸のある広場、迷うことはありません(笑)

下から上ってくる人は駐車場に停め、村の門を入って直進すれば広場に着きます。

要塞の駐車場から来る人は、下って行けば広場に着きます。



セルフマガジンが完成しました!

selfmagazine
送付依頼は、こちらのお問合せフォームより
題名      ⇒ セルフマガジン送付依頼
メッセージ本文 ⇒ 送付先、依頼部数など
をご記入のうえ、送信ください。
(FBやブログへのコメントやメールではなく、
お問合せフォームでお願いします


 
トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳なら

イタリア情報ブログランキング


避暑となるか?オルチャのばーちゃん村へ行ってきます

20170809_120841

・・・そして誰もいなくなった!?爆

相変わらず、クソ暑い日々が続くおらが村です・・・
(ま、とはいえフィレンツェよりはかなりマシなようですが)
毎年恒例で今日から数日、オルチャのばーちゃん村に滞在してきます。

・・・そこに住むばーちゃんや義妹からすると
「暑い!!!」そうですが、なんせ標高900m、
おらが村よりは倍くらい、フィレンツェよりは10倍くらい涼しいと推測されます。

ネット環境が希薄なため、ブログ更新は予約でたまっていた日本ネタを中心に、
FBページは現地からインスタ経由で写真を投稿したいと思います。
帰ってきたら南トスカーナネタ連発になりますので、楽しみにしていて下さいね。


セルフマガジンが完成しました!
selfmagazine
送付依頼は、こちらのお問合せフォームより
題名      ⇒ セルフマガジン送付依頼
メッセージ本文 ⇒ 送付先、依頼部数など
をご記入のうえ、送信ください。
(FBやブログへのコメントやメールではなく、
お問合せフォームでお願いします


 
トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳なら

イタリア情報ブログランキング


涼を求めて、川に行く毎日です

暑い毎日が続いていますが、暑いだけでなく深刻なのが水不足。
まだ節水とかにはなってませんが、いつも行く湖上流の川の水位が低すぎて
今日はママ友に教えてもらった、別の川へ行ってみました。

IMG_7145

ここも相変わらず水不足ですが、一カ所、水がたまり深い場所があるって・・・

IMG_7148

・・・確かに深い、でも、水がちょろちょろとしか流れてないので
水がよどんでいる・・・( ノД`)シクシク…これは入りたく(入らせたく)ない!!

なので、結局いつもの湖の上流へ。

IMG_7155

水位はこんなんやけど、水はとてもキレイやもんね。
冷たくて気持ちいい~!(例年なら冷たすぎるけど、今年はちょうどいい・笑)

IMG_7163

一番深めでも次男の太ももくらい、ここで必死に泳ぐ練習?をする次男。
家で過ごすストレスと暑さを、少しは吹き飛ばせたかな~。


セルフマガジンが完成しました!
selfmagazine
送付依頼は、こちらのお問合せフォームより
題名      ⇒ セルフマガジン送付依頼
メッセージ本文 ⇒ 送付先、依頼部数など
をご記入のうえ、送信ください。
(FBやブログへのコメントやメールではなく、
お問合せフォームでお願いします


 
トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳なら

イタリア情報ブログランキング


古き良き農家と人々の姿 ~ Battitura di grano

先日、ママ友に誘われて、ある農家の麦の脱穀作業を見に行ってきました。
場所を聞いたら、うちから10分くらい車で登ったとこ!

IMG_7021

脇の国道を通るだけで登ったことなかった、糸杉の並ぶ脇道を上り・・・
たどり着いたのが、ここ。

しかし・・・脱穀と藁プレス作業が終わっていたではないか (@ ̄□ ̄@;)!!
話によると作業はすでに7時前から開始していて、
私たちが到着した後の唯一の作業は、脱穀した麦の袋を運ぶだけだったという

IMG_7028

それでも汗だくのおらが村の男たち、そして長屋に入ると料理にいそしむ女たち
この農家は昔から、友人や近所の人に手伝ってもらって、お昼ご飯をふるまっているそう。

そして、こんな野次馬の私たちにも、農家のじいちゃんは牛小屋を見せてくれました。

IMG_7052

しかもただの牛ではなく、フィレンツェ風ビステッカで有名なキアニーナ牛!
一頭一頭に名前があって、ちゃんと名前を呼んで近づくと顔をすり寄せてくる!

IMG_7047

牛舎の上に行く階段があったのでそこも覗くと、そこは藁置き場。

IMG_7053

この2階の穴から、牛舎に落ちるようになっていました。
「上に行くなら穴に気をつけろよ~」とじいちゃんが言っていたのはコレだったのか!

アグリツーリズモや農家に行くことも割合よくありますが、
ここまで昔~きっと1900年代前半くらい?にタイムスリップしたような風景は初めて。

IMG_7041

IMG_7040

IMG_7025

IMG_7051

IMG_7059

正面に見えるのが母屋で、ここの農家家族はまだここに住んでいます。
家には、かつてここの領主だったと思われる家紋があったり、
昔はこの裏に学校に一帯の農家の子供たちが通っていたことを聞いたり、
昔のおらが村が目に浮かぶよう。

見渡す限り、きっと100年前と変わらない風景。

IMG_7046

IMG_7048

IMG_7060

そして牛の糞・・・ローマで視察した有機農家と同じ!

来年こそは、脱穀作業を見られるように早起きしよう ( `ー´)ノ


セルフマガジンが完成しました!
selfmagazine
送付依頼は、こちらのお問合せフォームより
題名      ⇒ セルフマガジン送付依頼
メッセージ本文 ⇒ 送付先、依頼部数など
をご記入のうえ、送信ください。
(FBやブログへのコメントやメールではなく、
お問合せフォームでお願いします


 
トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳なら

イタリア情報ブログランキング


Profilo
Blogはリンクフリーですが、掲載記事・写真の無断コピー・転載・加工はお断りいたします。
トスカーナ自由自在

Facebookページも宣伝 にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
Commenti
記事検索
アクセスカウンター

  • ライブドアブログ