イタリア・トスカーナ専門コーディネイターのトスカーナ田舎暮らし

日常生活から仕事、イタリアの笑えない話など、人口1800人のド田舎から日々の生活を綴ります。

お出かけ

日々の中の絶景 vol.10 ばーちゃん家に向かう、南トスカーナの秋の風景

先週末は、オルチャ渓谷のばーちゃん村へ行っていました。
今回はコッレ・ヴァル・デルザ郊外の大型スポーツ店に寄ったので、
下道からモンテリッジョー二がよく見えました。

IMG_20171014_154443

よく通るのに、中へは中世祭り以来行っていないモンテリッジョー二、
久しぶりに行きたくなりました。
バスが通っていたので、バスツアーを企画しても良いかも?

それからシエナから再度下道に戻り、南下していくと、
10分くらいでド田舎の景色になります(笑)

IMG_9101

それから通る町は、ブオンコンヴェント。
「イタリアの最も美しい村」にも選ばれています

IMG_9111

ここも通るだけで、しばらく行っていません。
ここは電車の駅が旧市街から近いので、こちらも電車ツアーに入れるつもりです。
(サイト改訂をお楽しみに!)

ここを過ぎると、いわゆる「ォルチャ渓谷」ゾーンに入ります。
お馴染みの・・・

IMG_9123

サン・クイーリコ・ドルチャ郊外の糸杉。
今回も車窓からの撮影なので、うまーくトリミングしています(笑)

それからサン・クイーリコ・ドルチャ

IMG_9127

予想とおり?チンタラ走っていたバスが曲がってくれた(笑)

かさこさん撮影ツアーでも止まった、ピンクの家&糸杉。

IMG_9131

それから、ロッカ・ドルチャのテンテンナーノ要塞を見上げ、

IMG_9138

カスティリオーネ・ドルチャを右に・・・

IMG_9139

車道の左側、ここからの眺めがまさに、「ザ・オルチャの風景」
ここからばーちゃん村まではあと少し。

IMG_20171014_183021

ばーちゃん村に着いて、夕飯前にちょっと外に出ると、こんな夕焼けが💛
秋のオルチャ、最高です!!


セルフマガジンが完成しました!
selfmagazine
送付依頼は、こちらのお問合せフォームより
題名      ⇒ セルフマガジン送付依頼
メッセージ本文 ⇒ 送付先、依頼部数など
をご記入のうえ、送信ください。
(FBやブログへのコメントやメールではなく、
お問合せフォームでお願いします


 
トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳なら

ロゴ最終



子連れのお出かけぴったりの、日本のお菓子

それは、ブルボンのプチ・シリーズです!

IMG_6215

私が日本にいる頃からあったので、もうロングセラーの商品ですが
今やその種類は 20種類以上で、実家近くのスーパーでも一棚丸ごと占めていました。
これの何がいいかって、

1)スリムなので、鞄の中でかさ張らない

2)甘い系、塩系、両方たくさんのバリエーションから選べる

3)全て食べきれるほどの量なので、食べたらすぐに捨てられる
 (捨てられなくても、スリムパッケージなのでゴミとしてもかさ張らない)

4)一口で食べられるので、食べながらポロポロ食べこぼしがない!


お値段も基本78円(実家近くのスーパーの場合)、
この写真の左から5番目のブラウニーのようなちょっとリッチな種類は148円だったかな?
これを持って行ったのはUSJで丸一日遊んだ日だったので、
子供たちが「お腹すいたー」というと1つ出し、
アトラクションでの長い待ち時間でまた1つ出し・・・と
この写真の10種類、全て1日でなくなりました。

という訳で、来年も帰省で子連れお出かけの際は、また買おうと思います!
(決してブルボンのまわしもんではございません)
  

セルフマガジンが完成しました!
selfmagazine
送付依頼は、こちらのお問合せフォームより
題名      ⇒ セルフマガジン送付依頼
メッセージ本文 ⇒ 送付先、依頼部数など
をご記入のうえ、送信ください。
(FBやブログへのコメントやメールではなく、
お問合せフォームでお願いします


 
トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳なら

イタリア情報ブログランキング


トスカーナの母なる山・アミアータ山でトレッキング

IMG_7479

2年前の夏にトレッキングに行ったアミアータ山、

その時はスキーリフトで頂上まで登って、下りだけ歩いたのですが

今年は2年前とは違う、可能な限り車で行ける道まで行き、上りも歩いて行きました。


IMG_7483


アミアータ山のシンボルでもある、頂上の十字架。

8月1日から、3万個のLEDが点灯されているのですが、今回は夜は行けず。

来年もこれが続いてくれば、夜、輝く十字架を見たいものです。

IMG_7486

ここの展望台から見えるオルチャの大地・・・

IMG_7487

すぐ左下には、玄関口となるアッバィアの町が見えます。

IMG_7488

更に、ラツィオ州のボルセーナ湖も。
この展望台でおしゃべりしたご夫婦曰く、ここは水も美しくビーチもあるそうで
来年の夏はここで1日過ごしたいなーとダンナにおねだりしておきました(笑)

IMG_7496

いつもスキーで来るゲレンデでは、マウンテンバイクグループが!
社会人時代、同期にハメられ、10数万円のマウンテンバイクで
毎週のように山を走っていた私は、何だかまた無性にやりたくなったのだけど・・・
きっと体がついていかないに違いない(爆)


IMG_7489


おやつタイムはお決まりの、郷土菓子・リッチョリーナ。


IMG_7503


自然を堪能しながら山を下り、最後は今、我が家でブームのバトミントン。

ばーちゃん村滞在、実質最終日はこんな風にしてのんびり過ごしました。

次は10月、栗ときのこ祭りで!!


セルフマガジンが完成しました!
selfmagazine
送付依頼は、こちらのお問合せフォームより
題名      ⇒ セルフマガジン送付依頼
メッセージ本文 ⇒ 送付先、依頼部数など
をご記入のうえ、送信ください。
(FBやブログへのコメントやメールではなく、
お問合せフォームでお願いします


 
トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳なら

イタリア情報ブログランキング


マレンマ地方の凝灰石の町・ソラーノ

南トスカーナ・マレンマ地方の山側には、凝灰石の町がいくつかあり

過去にピティリアーノソヴァーナは訪れたものの、未踏だったソラーノ、

ばーちゃん村滞在中、車で南に約1時間、念願のこのソラーノに行ってきました。


IMG_7359


いつも写真で見ていた全景はどこから?と思っていたら、

たまたまたどり着いた駐車場から旧市街へ向かう道でした。

緑に囲まれた古い町並みが、なんとも言えない美しさ、

たった車で1時間なのに、ぱっと見ただけでもオルチャの村とは雰囲気が違います。


私たちは市役所のある広場を通り、この門を通って旧市街に入り


IMG_7364


たまたま村をあげての職人展が行われていたので、道も


IMG_7373


「コルティローネ」と呼ばれる16世紀の麦倉庫にもスタンドが並びます。


IMG_7383


それからコルティローネのある広場から階段を上り、

ソラーノのシンボルである「マッソ・レオパルディーノ」と呼ばれるテラスへ


IMG_7387


ここから旧市街と、旧市街の向こう側にある要塞も見られます。


要塞に行く前に、車を停める前に通った道から違うパノラマを・・・


IMG_7406


要塞をしっかり見たかったけれど、長男が興味持った特別展だけを見て時間切れ・・・

IMG_7417

ここソラーノとソヴァーナのゾーンには遺跡公園があり

来年のイースター休暇では、1日かけて要塞と遺跡公園をトレッキングする予定です。


IMG_7382


ソラーノの前にある絶壁の穴は、エトルリア時代のお墓だそう!

(スタンドを出していた地元お店のおばちゃんが教えてくれました)


マレンマと言っても広く、山側マレンマでもこの凝灰岩の主要な村3つ

ピティリアーノ、ソラーノ、ソヴァーナ)とサトゥルニア温泉があり、

海側も昨年行ったカパルビオポルト・サント・ステーファノのあるアルジェンタリオ、

更にジッリオ島、まだ未踏のポプローニアやマッサ・マリッティマなど、

本当に見所がたくさん・・・フィレンツェよりもローマからの方が近いので

ローマ~フィレンツェの移動がてら、数日かけてマレンマ周遊もおススメです!



セルフマガジンが完成しました!
selfmagazine
送付依頼は、こちらのお問合せフォームより
題名      ⇒ セルフマガジン送付依頼
メッセージ本文 ⇒ 送付先、依頼部数など
をご記入のうえ、送信ください。
(FBやブログへのコメントやメールではなく、
お問合せフォームでお願いします


 
トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳なら

イタリア情報ブログランキング


こんな素敵な偶然があるから、旅はやめられない

醍醐寺を出た後、バスまで少し時間があるので時間つぶし。
特に何もないけど、逆側の門まで出てみようか~と門を出ると・・・

IMG_6179

こんなレトロな藁ぶきの建物が。
なんやろ~?レストラン?もしかしてカフェ?とかしのぶちゃんと話していると
おばちゃんが網を持って玄関から出てきた・・・あれ?表札もあるな?と思ったら

「いえいえ、私ら住んでるんですよ、なんか有形文化財とかにはなってますけど」
そ、そうか~道理で立派だと思った!

調べたら、ありました!! ➡ 下村家住宅母屋

「よかったら中見ていきはります?掃除したばっかりやし、ウフフ」
ええええ~そんなんエエんですか~??と言いながら
私もしのぶちゃんも好奇心を抑えきれず、お言葉に甘えてお邪魔することに。

IMG_6181

入ってすぐは土間、そして居間はこんな梁天井がそのまんま

IMG_6183

そこには江戸時代からの神棚も健在!

IMG_6185

併設する蔵は3枚扉の重厚なモノ・・・物置ですけど~とおばちゃんが笑うのが可愛い。

そして江戸の末期、倒幕をもくらむ志士たちをかくまったという
折り畳み階段を下ろして2階へ行くと・・・こんな素敵な書斎がありました。

IMG_6194

お庭も絶景・・・つい最近まで、息子さんのお部屋だったそう。

こんな貴重なものを見せてもらって、いや、それ以上に
通りがかりの観光客をご自宅に招いてくれるなんて、その出会いになんだか感動!!
これだけの家屋を保護し、維持していくのは大変なご苦労かと思うけれど
やはりどこかに愛着や誇りを感じさせるお話しぶりでした。

「あ、窓は開けといてください、外に出られた時、蔵の横の窓、見て下さいね」

あまりよく分からなかったけど、丁重にお礼を言って外に出て、見えたものは・・・

IMG_6198

裏庭の花が、2枚の窓を通して見えたのでした。
なんと粋な仕組み。なんと粋なはからい・・・💛
IMG_6199

思いがけない有形文化遺産訪問で、バスを逃してしまったけれど
バスなんてどうでもよいくらい、素敵な偶然で締めくくった京都の1日でした。
私たちを見送ってから、夜に出てくる鹿よけの網を張りだしたおばちゃん、
本当にありがとう~!!


セルフマガジンが完成しました!
selfmagazine
送付依頼は、こちらのお問合せフォームより
題名      ⇒ セルフマガジン送付依頼
メッセージ本文 ⇒ 送付先、依頼部数など
をご記入のうえ、送信ください。
(FBやブログへのコメントやメールではなく、
お問合せフォームでお願いします


 
トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳なら

イタリア情報ブログランキング

Profilo
Blogはリンクフリーですが、掲載記事・写真の無断コピー・転載・加工はお断りいたします。
トスカーナ自由自在

Facebookページも宣伝 にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
Commenti
記事検索
アクセスカウンター

  • ライブドアブログ