イタリア・トスカーナ専門コーディネイターのトスカーナ田舎暮らし

日常生活から仕事、イタリアの笑えない話など、人口1800人のド田舎から日々の生活を綴ります。

お出かけ

こんな素敵な偶然があるから、旅はやめられない

醍醐寺を出た後、バスまで少し時間があるので時間つぶし。
特に何もないけど、逆側の門まで出てみようか~と門を出ると・・・

IMG_6179

こんなレトロな藁ぶきの建物が。
なんやろ~?レストラン?もしかしてカフェ?とかしのぶちゃんと話していると
おばちゃんが網を持って玄関から出てきた・・・あれ?表札もあるな?と思ったら

「いえいえ、私ら住んでるんですよ、なんか有形文化財とかにはなってますけど」
そ、そうか~道理で立派だと思った!

調べたら、ありました!! ➡ 下村家住宅母屋

「よかったら中見ていきはります?掃除したばっかりやし、ウフフ」
ええええ~そんなんエエんですか~??と言いながら
私もしのぶちゃんも好奇心を抑えきれず、お言葉に甘えてお邪魔することに。

IMG_6181

入ってすぐは土間、そして居間はこんな梁天井がそのまんま

IMG_6183

そこには江戸時代からの神棚も健在!

IMG_6185

併設する蔵は3枚扉の重厚なモノ・・・物置ですけど~とおばちゃんが笑うのが可愛い。

そして江戸の末期、倒幕をもくらむ志士たちをかくまったという
折り畳み階段を下ろして2階へ行くと・・・こんな素敵な書斎がありました。

IMG_6194

お庭も絶景・・・つい最近まで、息子さんのお部屋だったそう。

こんな貴重なものを見せてもらって、いや、それ以上に
通りがかりの観光客をご自宅に招いてくれるなんて、その出会いになんだか感動!!
これだけの家屋を保護し、維持していくのは大変なご苦労かと思うけれど
やはりどこかに愛着や誇りを感じさせるお話しぶりでした。

「あ、窓は開けといてください、外に出られた時、蔵の横の窓、見て下さいね」

あまりよく分からなかったけど、丁重にお礼を言って外に出て、見えたものは・・・

IMG_6198

裏庭の花が、2枚の窓を通して見えたのでした。
なんと粋な仕組み。なんと粋なはからい・・・💛
IMG_6199

思いがけない有形文化遺産訪問で、バスを逃してしまったけれど
バスなんてどうでもよいくらい、素敵な偶然で締めくくった京都の1日でした。
私たちを見送ってから、夜に出てくる鹿よけの網を張りだしたおばちゃん、
本当にありがとう~!!


セルフマガジンが完成しました!
selfmagazine
送付依頼は、こちらのお問合せフォームより
題名      ⇒ セルフマガジン送付依頼
メッセージ本文 ⇒ 送付先、依頼部数など
をご記入のうえ、送信ください。
(FBやブログへのコメントやメールではなく、
お問合せフォームでお願いします


 
トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳なら

イタリア情報ブログランキング

意外と穴場な京都の寺 ~ 醍醐寺

日本では毎年恒例の、しのぶちゃんとの京都デート。
もうあちこち行ってて、毎年どこに行こうか悩むくらいなんですが・・・
今回はこの寺に一点集中(笑)= 醍醐寺!
(ま、メインはおしゃべりなので、あちこち行かなくて良いのです)

IMG_6105

ここも桜や紅葉の季節はすんごい人らしいけど、
この日は巡礼系のツアーの方以外は人もまばらで、一時は貸し切り状態でした(笑)

境内はとても広く、見所は3カ所。
まずはチケット売り場もある三宝院から入ってみました。
ここの庭が、とにかく美しい・・・。

IMG_6114

で、例によって例のごとく、ここの縁側でトーク炸裂だったわけですが
こんなお庭を眺めながらなんて、ホント贅沢ですよねぇ・・・
係員のおばさん曰く、つい最近、お庭の写真撮影ができるようになったとか。

そして、外の天井から釣り下がる金具についてもおばさんに聞いてみたら・・・

IMG_6117

コレ!雨戸をあけておくための金具でした。
昔の木造家屋の作りって面白いしなぁ。

それからは、近年建てられたと思われる、霊宝館
(クーラー効いてるので、暑くなったらここへ・笑)

IMG_6134

そして、伽藍ゾーンにいき、五重塔や金堂を見学しました。

IMG_6145

もちろん、そういったメインの建物も素晴らしいのですが、
今回はなんか、ちょっとした装飾や建具、像に心ひかれたりして。


IMG_6155

IMG_6123

IMG_6149

IMG_6165

最後は湖のほとりにあるお茶屋さんで、最後のおしゃべり・・・

私の実家は阪急沿線なので、阪急四条駅から地下鉄に乗り換え、
醍醐駅から向かったのですが、ここから徒歩10分・・・が、これが上り坂で大失敗💦
JR山科駅前からの直通バスがお寺の間近まで行けますので、絶対におススメです!


セルフマガジンが完成しました!
selfmagazine
送付依頼は、こちらのお問合せフォームより
題名      ⇒ セルフマガジン送付依頼
メッセージ本文 ⇒ 送付先、依頼部数など
をご記入のうえ、送信ください。
(FBやブログへのコメントやメールではなく、
お問合せフォームでお願いします


 
トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳なら

イタリア情報ブログランキング

日本の海も、いいもんだ♪

ダンナが来た時は両親と1泊家族旅行・・・今年は福井。
宿泊先が福井市なので、そこから近い海水浴場で良さげかな~と選んだのは
鷹巣海水浴場でした。

IMG_6713

もう20年以上ぶり?の日本海での海水浴ですが
こんなにキレイだったっけ?と信じられないほどの美しさ!!

IMG_6720

夏休みに入ってすぐの平日だったせいもあり、このガラガラさ・・・

IMG_6727

姉にパラソルを借りるか、簡易テントを買って持って帰るかも迷いましたが
せっかくなので?海の家に行きました。

IMG_6716

パラソルよりもずっと日陰の面積は広いし、ゴザに寝転んだり、
そのままそこでご飯も食べられるし、ほんと良いシステムやなーとダンナも気に行ってました。

イタリアだとビーチは固定のパラソルとベットが並び、1日レンタル料がかかります。
沖縄とかリゾートだと同じシステムかもしれないけど、
日本のこの昔ながらの海の家が、なんとも懐かしい・・・

IMG_6741

今回行った鷹巣海水浴場は、そこにある海の家=浜茶屋が共通料金で
平日は大人1人700円(週末・祝は800円)、子ども1人500円、
利用者は駐車が無料、シャワーは1回100円です。
今回は橋本亭さんにお世話になりましたが、おばちゃんたちが優しくて
お手製のきゅうりの漬物をサービスでたくさん出してくれました♪

さ、今度はイタリアの海だー!


セルフマガジンが完成しました!
selfmagazine
送付依頼は、こちらのお問合せフォームより
題名      ⇒ セルフマガジン送付依頼
メッセージ本文 ⇒ 送付先、依頼部数など
をご記入のうえ、送信ください。
(FBやブログへのコメントやメールではなく、
お問合せフォームでお願いします


 
トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳なら

イタリア情報ブログランキング


USJで感じた、息子たちの成長

楽しかったUSJですが、これも子供たちの成長あってこそ!

IMG_6292

なんてったって、開園から閉園まで丸1日遊びきれる体力がついたこと。
いや、私の方が疲れてたかもしれません💦

そして、一番びっくりしたのは、コレ。

IMG_6235

超絶叫マシーン、ジュラシックパークゾーンのフライング・ダイナソー
次男が絶叫系に必要な132cmがあるかどうか、
門のすぐそばに身長計があったのでとりあえず計ってもらったら・・・
「ハイ、OKです!いってらっしゃーい!!」
・・・え、これは乗るの!?乗れへんやろ!?と次男に聞くと
「乗るで」\(◎o◎)/!え、うそやろ~・・・「うん、乗るで」と長男まで

IMG_6234

足はブラブラ、いきなしさかさま状態からスタートで、ツイスト&ループの連続・・・
私、死ぬかと思った&どうして乗ってしまったんやろうと後悔したほど・・・
・・・次男もかなり叫んでたらしいけど(私は自分も叫んでたので聞こえなかった)
終わった後は結構ケロッと・・・私はもうヘロヘロで脱力状態やったのに!!

こうして絶叫系もクリアし、ショーも集中して見られる&楽しめるようになったし、
ウォーターワールド、面白かった!!)

IMG_6252

長時間並ぶアトラクションにも、文句も言わず・・・
ハリポタのザ・フォービドゥン・ジャーニーなんて120分待ちだったのにね。

IMG_6275

そして、欲しいものがあって「買って~」とは言っても、
ダメだと言うと早々にあきらめてくれるし(爆)

IMG_6286

魔法の杖4000円越え・・・💦

IMG_6271

長男は写真も撮ってくれるし(しかもちゃんと指示通り)。

こうして過ごした濃厚な1日、ハリポタゾーンにまた夜に行って、夜景も満喫

IMG_6323

家族のいない1か月を過ごして来日し、誕生日を1日こうして過ごしたダンナは特に感無量。
(最後のアトラクション乗車前に、次男が顔面から落ちて鼻血&唇切って血みどろになり、
台無しになりかけましたが・・・ま、幸いすぐに血も止まって乗れたから良かったけど)
来年は無理でも、2年に1回は行けるように、また母はお仕事頑張ります(笑)


セルフマガジンが完成しました!

selfmagazine
送付依頼は、こちらのお問合せフォームより
題名      ⇒ セルフマガジン送付依頼
メッセージ本文 ⇒ 送付先、依頼部数など
をご記入のうえ、送信ください。
(FBやブログへのコメントやメールではなく、
お問合せフォームでお願いします


 
トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳なら

イタリア情報ブログランキング


今年60周年を迎えた「スマスイ」に約40年ぶりに行ってきた

IMG_5820

昨日はフィレンツェ在住の日本人ママ友と息子さんとで
スマスイ=神戸市立須磨海浜水族園に行ってきました!

IMG_5819

私が小学校のころに遠足に来ましたが、当時は須磨水族館。
その頃は海遊館二フレルもないので、関西では唯一の水族館だったかも。
そんなスマスイは今年60周年を迎えたそうです。

IMG_5831

入ってすぐの大浴槽はいろんな魚がいっぱいで、ずっと見とれてしまいそうですが
チェックしておくべきは、ライブショー。

IMG_5835

私たちが行った日は10時15分からラッコ食事タイム。

blog

11時からはイルカショー!
夏休み期間は、目の前の海でイルカのイベントも行われるそう。

それからは本館、アマゾン館、世界のさかな館、さかなライブ館などを周りました。

IMG_5875


IMG_5877

そして魚以外にもこんな動物も!

IMG_5836

脱皮したアナコンダの皮が木やパネルに絡みついていて、やけにリアル(;^ω^)
目の当たりにした世界最長のヘビは圧巻でした。

子供たちがハマったのはコレ

IMG_5885

ドクターフィッシュという、手を入れたら吸い付いてくる魚!
私もやってみましたが、ホンマ、こそばい!!

海遊館や二フレルと比べると、老舗だけあってレトロ感は満載だけど
展示もそれほど劣るものはないし、イルカショーなど催しもあるし、
それなのに、入場料は大人1300園、小中学生500円と、安いのが嬉しい!
そしておべんとう広場もあるので、お弁当を持ち込んでもいいってのも家計にやさしい♥

IMG_5888

そしていったん出ての再入場も可能~総合インフォメーションでスタンプを押してもらい
水族館前の焼き肉屋でランチする(私たち (* ´艸`) )も可能です。
(須磨海浜公園駅からの道にも飲食店が何軒かあります)

結局、半日で見終わるかなーと思っていた私たちも、10時~16時近くまで満喫。
今度は目の前にある海にも出てみたいなー。


セルフマガジンが完成しました!

selfmagazine
送付依頼は、こちらのお問合せフォームより
題名      ⇒ セルフマガジン送付依頼
メッセージ本文 ⇒ 送付先、依頼部数など
をご記入のうえ、送信ください。
(FBやブログへのコメントやメールではなく、
お問合せフォームでお願いします


 
トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳なら

イタリア情報ブログランキング 

Profilo
Blogはリンクフリーですが、掲載記事・写真の無断コピー・転載・加工はお断りいたします。
トスカーナ自由自在

Facebookページも宣伝 にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
Commenti
記事検索
アクセスカウンター

  • ライブドアブログ