イタリア・トスカーナ専門コーディネイターのトスカーナ田舎暮らし

日常生活から仕事、イタリアの笑えない話など、人口1800人のド田舎から日々の生活を綴ります。

イタリア笑えない話

女性の日にスト・・・って、女性の日になってないやろがぁ~!!

今日は怒りに任せてのブログ(爆)
3月8日は「女性の日」 ~フィレンツェの市立の博物館は女性無料ってことで、
 
P1030686

久々のヴェッキオ宮殿&未踏だったアルノルフォの塔に上り、
友人とちょっと豪華なランチ♥とかなりハイテンションだったのに

ゼネラルストライキ Σ( ̄ロ ̄lll)ガーン

最初、学校がストという話を聞いたけど、うちの息子たちの先生はストやらないと分かり
ほっとしていたのもつかの間・・・電車はあるんか?と調べたら、
やっぱり、鈍行は通学通勤ラッシュ時間帯以外はすべてキャンセル💦
行かれへんやないかーーーーー🔥🔥🔥

今日のストはイタリアだけでなく、近年女性の権利を主張する団体を中心に
なんと世界40か国がゼネストを行っているらしいのだけど
じゃあ男性はストするなよ?ほんで電車動かしてよ? 
しかも学校の給食もないから、母ちゃん弁当準備しないとアカンやん?
何が女性の日やねん!!!と私は言いたい!!!!

最終的に、学校の先生も1名を除きストすることが昨日夕方遅くに口コミでまわり
息子たちはお休みになった~・・・全員女性だから仕方ないと言えば仕方ないけど、
納得いかーーーーーーーん!!!!


セルフマガジンが完成しました!
selfmagazine
送付依頼は、こちらのお問合せフォームより
題名      ⇒ セルフマガジン送付依頼
メッセージ本文 ⇒ 送付先、依頼部数など
をご記入のうえ、送信ください。
(FBやブログへのコメントやメールではなく、
お問合せフォームでお願いします



トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳ならイタリア情報ブログランキング    

【イタリア旅行を楽しむ為の予備知識】スラれる&騙されるパターン集

先日、私のヴェネツィアで騙されかけた話が反響大きかったので、まとめてみました!
残念ながら、旅行者はもちろん、住んでても(イタリア人でも)被害にあうことも。
楽しいはずの滞在を台無しにしないように、予防線を張っておきましょう。

最近のジプシー&悪い奴はキレイな恰好をしています。
イタリア語も上手で、全く一般人と区別がつきません!!


これを踏まえた上で、どうぞ!!

1)駅にて
①自動券売機にて 

電車自動販売機・フィレンツェSMN

 聞いてもいないのに、券売機に行く前から「券売機はこっちだよ」 
 前に立つと「教えてあげるよ」 「ここ押すんだよ」
 と、とにかくアーヤコーヤ言ってきます。
 全く相手にしないか、しつこかったらNOを連呼(最後は大声)しましょう。
 手を出してきて触ろうとしたら(画面やカード挿入・ボタンなど)振り払いましょう。
 

②ホームにて
 イタリアの電車の乗車口は、大半が2段ほど階段になっているため、
 スーツケースを持った女性や年配の方が「持ってあげるよ」詐欺に目を付けられます。
 手伝ってお金をせびるパターンと、そのスキに鞄から財布をスるパターンがあります
 本当に親切で手伝ってくれる人も皆無でないので何とも言えませんが、
 鈍行ならともかく、観光地だと99%が怪しいと思います。

IMG_1935

 写真はミラノ中央駅、このように切符を持っている人しか入れないようになってるので
 ホーム内で悪さをする人はかなり減ったと思われますが、注意しましょう!
 ちなみにフィレンツェはユーロスター&イタロなどの高速電車のホームに入る際、
 切符確認の人がいて、仕切りがあります。
 鈍行は基本的にフリーですが、ピサへ行く路線には同様に切符確認&仕切りがありました。

2)商店・バールにて
店舗を構えたチェーン店、お土産屋さん、服関係のショップでは少ないかと思いますが
市、バールなどでよく聞くのが、日本人と見て値上げする、お釣りをごまかす、です。
バールは老舗の有名バール以外なら、座らなければエスプレッソ1ユーロ前後、
カップチーノ1.2~1.5ユーロが一般的。

また、お釣は(出した金額)-(商品金額)を差し引くやり方でなく
(商品金額)に金額を足して、出した金額になるようにお釣りを出していく場合があります。

P1200882

【例えば、17.5ユーロの商品に50ユーロ払った場合】
50セントを出して、18(17,5+0.5)、
2ユーロを出して、20(18+2)、
10ユーロ札を出して、30(20+10)、
20ユーロ札を出して、50(30+20)と言いながら出していきます。
(コインでまとめて20、札でまとめて50、とする場合も)

慣れない渡され方でアレ?と戸惑ってしまうので、ごまかす人もいます。
私も一度やられましたが、「足りへんやんか」と速ツッコミしました。
お釣りの出し方に惑わされず、先に暗算してお釣りを把握しておき、
お釣りを渡し終わった後の金額が合うかどうか、で判断してくださいね。


3)ジェラート屋さんにて

IMG_2194-1

イタリア旅行のお楽しみの1つ、美味しいジェラート!ですが、
特に観光地のジェラート屋のいくつかは、小さいカップ&コーンを隠しているところがあり
前にドーンと5ユーロ以上の大きいカップ&コーンしかないように見せています。

あるいはサイズを言わなかったら、当たり前のようにドでかいサイズを勝手に選ぶことも。
どのジェラート屋さんも、一番小さいのは1.5~3ユーロからあるはず。
(写真はVivaldi、ちゃんと全種類をカウンターに出してます)

カウンターに大きいのしかなくても奥に置いてある小さいのを指さす、
Piu Piccolo (ピゥピッコロ=もっと小さいの)と言うなどして、罠に落ちないように。

ていうか、隠してるようなジェラート屋では食べない!が一番です。

4)貴重品やパスポートの携帯について
お金やカードは最低限を持ち歩き、上着の内ポケットやちゃんと閉まる鞄の底に入れましょう。
最近のスリは本当に巧妙で、スられた人は全く気が付きません。
お財布によく鳴る鈴をつけるのも1つの手です。
(私は3回スリにあった姑にプレゼントしました!) 
鞄はしっかり閉めて、開口部分が自分の体に密着している又は目につくように。
特に混んでるバスやお店に注意です。
パスポートは持ち歩かず、宿泊先のセフティボックスに入れて。
ない場合でも、 宿に置いておいて捕られる< 町でスられる
気がします・・・ただし、これは私の個人的な意見ですので・・・

皆さんが楽しくイタリア滞在されることを、切に願いますっ( `ー´)ノ


セルフマガジンが完成しました!
selfmagazine
送付依頼は、こちらのお問合せフォームより
題名      ⇒ セルフマガジン送付依頼
メッセージ本文 ⇒ 送付先、依頼部数など
をご記入のうえ、送信ください。
(FBやブログへのコメントやメールではなく、
お問合せフォームでお願いします



トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳ならイタリア情報ブログランキング   

疑うのは嫌なことだけど、騙されないように必要なこと

イタリア旅行中に嫌な思いをしないためには、
特に女性は、身の回りと声をかけてくる人に気を付けて下さい。
人を疑って見るのは本当に悲しい事ですが、ここまでいろいろあると仕方ありません。 

20170222_191224

私の今回のケースは・・・ヴェネツィアに1泊しました。
企業訪問1日目はミラノで1社、本土にあるムラーノガラス照明のメーカーさん訪問の後、
ヴェネツィア本島のローマ広場までメーカーさんが車で送ってくれたのですが
ホテルのある側に行くために、低い段がアーチ状になった大きな橋を渡ろうとした時
キレイな恰好のお兄ちゃんが、「重いだろ?持ってあげるから」
普通なら疑う私も、あまりにもスマートだったので、数回はNOと言ったものの
疑いつつも持ってもらうハメに・・・けど、やっぱり・・・

ありがと!と笑顔で去ろうとしたら、「俺に何かあるだろう!?」
やっぱりーーー!!! ちょっとでも信じた私も悪いけど ( ;∀;)
NOと数回言ってるので、もちろん対抗しました。

「何回もNOって行ったのに、勝手に持ったのアンタやん」
「なんて親切な男性なんだろうって思ったら、違ったのね」
「(俺は貧しい、寒い思いをして可哀そうとか言うので)そうは見えないけどね」

最後は、何も出さない私が恥ずかしい奴みたいな言われ方にブチっ・・・
「オマエみたいなは奴は大っ嫌いなんだよ!エエ加減にせいっ!!」と怒鳴ると
あきらめて、イタリア語以外の言葉で罵声を浴びせて去っていきました。

マレに本当に親切に持ってくれる人もいるかもしれないけど、
後で嫌な思いをしないために、疑ってください。
NOと冷淡な顔で言い放ってください。
まとわりついてきても、存在を無視してください。

嫌でも、どうしても作り笑顔でモジモジしてしまう日本人は恰好の標的です。
余りにしつこかったら、大声でNO!と言えば、最終的にはあきらめますので
毅然とした態度をとりましょうね。
・・・あ、もしお金払っても持ってほしければ持ってもらっても良いですが
どんな額を言い出すかは分かりませんよ。

ヴェネツィアの残りの写真と楽しい所は、また後日♥

セルフマガジンが完成しました!
selfmagazine
送付依頼は、こちらのお問合せフォームより
題名      ⇒ セルフマガジン送付依頼
メッセージ本文 ⇒ 送付先、依頼部数など
をご記入のうえ、送信ください。
(FBやブログへのコメントやメールではなく、
お問合せフォームでお願いします



トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳ならイタリア情報ブログランキング   
 

イタリアでまともに呼ばれない、日本人の名前実例

こないだ私のFBウォールで、一部の方々で大盛り上がりしたこのネタ !!
それではあまりにも勿体ないので、ブログでがっつりまとめる事にしました。
(まとめるとあまり面白くなくなっちゃった感はありますが💦)

日本では当たり前の名前でも、イタリアではこんなに難しいの Σ( ̄ロ ̄lll)ガーン
を、実感して頂けると思います。

何が原因かって・・・
外来語にしか使わない、H、J、K、W、Yに、とにかく弱い


① まず、Hは読まない(HOTEL→オテル)となる
 例)HOSAKAさん→OSAKAさん→地名の大阪と同じになる(読みはオザーカ)
   イタリアの結婚式の立会人をつとめた時、役所の人を混乱させてしまった
   そしてイタリア人の友人からOSAKAで荷物が来たという、大阪の保坂さんの実談はこちら

② 何故だかは分からないが、ホ→コになる
 例)みほ→ミコ、ちほ→チコ 
   ・・・アホはアコになるのか?、は、まだ実証できてません💦

③ WAがヴァになる
 例)さわこ→サヴァコ→ (略して)サヴァ
   ・・・フランス語の挨拶やないんやから!

④ トスカーナ限定ですが、カ行はハ行になる
 例)くみこ→フミ~ホ、みき→ミヒィ、上のさわこさんは→サヴァ~ホ ( ゚Д゚)
   初めてイタリアに来た両親からは、「名前間違えて覚えられてるぞ!」 
   とマジで心配されました・・・「~子」とつく女性はもれなく「~ホ」 になりますよ。
   アコとか愛称でアッコって呼ばれてる人は、もれなくアホになります💦・

⑤ ユ→ジュになる事が多い
  例)ゆき→ジュリ、ゆい→ジュイ
    体操の元金メダリストJURY(ユーリ)さんのように、
   JUと書いてユと読むからそれの逆になるのか?・・・は私の仮説です。

書く時のスペリング間違い、字で読む時の間違いの例は

⑥ イタリア語でカキクケコはCA, CHI, CU, CHE, COになることからの間違い
 例)KUMIKO→KUMICO、NORICO→NORICO
     「~子」は、イタリア人男性名のMARCO, MIRCOと同類になっちゃいます。
 例)CHIHO(ちほ)→(トスカーナにて)キ~ホ・・・原型なし状態💦

⑦ イタリア語でザジズゼゾはZを使うが、例外的にジ、のみGIとなることからの困惑
 例)KENJI→KENGJI 
   GかJかどっちを使うか迷った末、両方いれちゃったかと思われる

ただ聞き慣れない&見慣れないからって混乱しまくってる例は

⑧ SANAE→アサナ、サンダーイ(バンザーイとかけてるのか?)

⑨ RYUYA→ジュリア(男の子なのに、ジュリアちゃんになっちゃった💛)

⑩ RYUKI →ユーリ(完全に別名)

⑪ MOMOKO→モココ、モコモコ(ぬいぐるみか!)

⑫ KUMIKO→クルスコ(ク・ミ・コって言い直しのに、こう呼ばれて脱力)

イタリア名は基本的に女性名が「~ア母音」、
男性名が「~オ母音」で終わることから間違えられた例は 

⑬ KUMIKO→メールで、シニョール(ミスター)KUMIKOと書かれてきた

UGA(苗字)が、UGO(ウーゴ)の女性名と勘違いされていた

まだまだ例証は山ほどあると思いますが、これまで!
「私の名前はイタリアではどう呼ばれるの?」と興味ある方、コメント下さい(笑) 


セルフマガジンが完成しました!
selfmagazine
送付依頼は、こちらのお問合せフォームより
題名      ⇒ セルフマガジン送付依頼
メッセージ本文 ⇒ 送付先、依頼部数など
をご記入のうえ、送信ください。
(FBやブログへのコメントやメールではなく、
お問合せフォームでお願いします



トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳ならイタリア情報ブログランキング   

インターナショナルで何が悪い!

冬休み~悪天候で長いことなかった次男のサッカーの試合、先週から再開しました。

IMG_1629

今回はおらが村が会場で、フィレンツェから3チーム=3試合の総当たり戦。
おらが村チームはエースストライカー13得点&次男の1得点もあり
(もちろん、それを支える他の選手あってこそ!)の3勝利!

しかし、サッカー社会ではよくあること?とダンナは言いますが、
このフィレンツェからのある1チームが、
けったくそ悪かったんですよ!!

うちは田舎の極小チームだから、土のグラウンドだし、
夜は霜が降りるので試合開始頃には溶けてびちゃびちゃ。
それにいっちいち文句・・・じゃ、来んなよ。

試合の時は、どこのチームも入場料(たいてい5ユーロ)をとるのに、
「うちはタダだぞ!おかしい!」
・・・て、アンタんとこは、フィオレンティーナがバックについてる
金持ちチームやからやろーが。

うちのチームが協会の規則に従った大きさでコートを作っているのに
「小さすぎる、おかしい」と散々文句付けた上、最後は勝手に広げる。
アンタら何様?人んちで勝手になにしてんの?

IMG_1645

これは後からママ友に聞いた話やけど
「なんじゃこのチーム、ガイジンばっか~!」てバカにしてたらしい。
おらが村はね、インターナショナルなんよ。セリエAばりなんよ。
国籍どうこう誰も気にしてないし、仲良しだし団結してるし。
ガイジンどうこう言いながら、海外に住んだことも旅行したこともない、
外国人の友人もおらん、無知で低能なオマエらに言われたくないわっ!
(海外に住んだことも旅行したこともない、外国人の友人もおらん、
 のは私の推測・・・その経験があってその発言なら、なおイタイ人間)

・・・とまぁ、久々に差別系発言を聞いて、かなりムカつきました ( `ー´)ノ
あ~大勝してくれて、せいせいした!!

ちなみにチーム構成はイタリア人4人、イタリア×モーリシャスのハーフ2人、
イタリア×日本のハーフ1人、純モロッコ人1人。
まだ入ったばっかりなので試合出れないけど、純アフリカ人も1人いるよー。

セルフマガジンが完成しました!

送付依頼は、こちらのお問合せフォームより
題名      ⇒ セルフマガジン送付依頼
メッセージ本文 ⇒ 送付先、依頼部数など
をご記入のうえ、送信ください。
(FBやブログへのコメントやメールではなく、お問合せフォームでお願いします


トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳なら


イタリア情報ブログランキング   

Profilo
Blogはリンクフリーですが、掲載記事・写真の無断コピー・転載・加工はお断りいたします。
トスカーナ自由自在

Facebookページも宣伝 にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
Commenti
記事検索
アクセスカウンター

  • ライブドアブログ