イタリア・トスカーナ専門コーディネイターのトスカーナ田舎暮らし

日常生活から仕事、イタリアの笑えない話など、人口1800人のド田舎から日々の生活を綴ります。

イタリアの美しい村

キアンティ・ワイン&オリーブオイル農家の、3月の仕事

IMG_2663

先週末は、グレーヴェ・イン・キアンティで次男のサッカーの試合でした。
3戦全勝と気分よく(^^♪、せっかくなので挨拶しにいつものワイナリーへ

IMG_2677

アレッシアはアメリカ人とテイスティング中、おそらくマニーラの姑さんかな?
子どもを見てるおばさんに誰かいるか聞くと、フェルナンドがセラーにいるとのこと。

IMG_2678

いた(笑)
今、ワインの入れ替え中で、このタンクの蓋を閉めている所でした。

IMG_2679

樽に入っていた2015年収穫分のクラッシコと、2014年収穫分のリセルヴァ、
翌日に瓶詰ですが、2016年収穫分を樽に入れるため、いったんタンクに移動中。
「場所がないから、こうやって空いてる場所を使いまわしてるの」だそうです。

IMG_2691

ワインを抜いた樽は外に出し、沸騰したお湯を入れて洗浄中・・・
「まだまだ働かせられてるよ、はっはっは」 と言いながらも、
ワインづくりが大好きなフェルナンドは嬉しそう・・・きっと死ぬまで現役だと思う。

IMG_2676

オリーブの木も、今が剪定シーズン。
ここだけでなく、道中でも、剪定して地面に積まれた枝の山をたくさん見ました。
こうしてケアをして、また秋にたくさん実がなるんやなー。

ブドウの収穫は9月、オリーブの収穫は11月、それ以外の時期って何してるの?
って思いますが、こうして1年のサイクルの中で、いろいろな作業があるんですね。
年間1万本のこのワイナリーでは、全くの家族経営+収穫時のみ、友人が手伝うだけ。
木の手入れやタンク、樽、瓶への移し替えの他、ここは1年中、
ワイナリー見学とテイスティングを受け付けており、そのお客さんの購入だけで
ほとんどのワインが売れてしまうほど、たくさんの人が訪れます。
ただし、1グループごとにしっかり人がついて、
決して他のグループとまとめてやっちゃうことがないのがスゴイところ。

そしてワイナリーの素晴らしさはもちろんですが・・・

IMG_2681

やっぱりこの村が大好きすぎて・・・家族写真を撮りました。
転がってた樽の上にカメラ置いて、セルフタイマーで(笑)樽よ、外に出ててくれてありがとう)

更に帰りの車で、こんな可愛い写真も撮れて自己満足⤴

IMG_2694

信号待ちのヴェスパに載ったカップル♥
この道は狭いので、信号で片方づつ通るように設定されてるんです。
ちなみにこの建物はステファーニアのアパート&キッチンスタジオ
こないだのお客様の話聞きついでに会いたかったのに、残念ながら不在でした。

しかし、キアンティはいつ来てもいいなぁ~♪を実感!
皆さんも、ぜひぜひワイナリーや料理教室&宿泊で遊びに来てください。
お問合せはこちら。

行きの車窓からの動画はこちらをご覧ください。 

 セルフマガジンが完成しました!
selfmagazine
送付依頼は、こちらのお問合せフォームより
題名      ⇒ セルフマガジン送付依頼
メッセージ本文 ⇒ 送付先、依頼部数など
をご記入のうえ、送信ください。
(FBやブログへのコメントやメールではなく、
お問合せフォームでお願いします




トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳なら

イタリア情報ブログランキング   

ネコ好きの方へ贈る・・・トスカーナ・猫のいる風景

サイト記事への写真を選んでいたら、またあった猫入りの写真。
特に猫好きとか、猫入り風景が好きという訳ではないけれど
いるとやっぱり撮ってしまうもんなんですね(笑)

猫好きの方がたくさんいるので、
ここで一挙?猫のいるトスカーナの写真を公開します。 

DSCN9703
モンティキエッロのオーガニック農場 にて(2015年夏)
 

DSCN9908
カンピリア・マリッティマ にて(2015年夏)


DSCN9947
スヴェレートにて(同じく2015年夏)


20151008_163046
おらが村の友人宅にて(2015年秋)


IMG_6310
カパルビオ にて(2016年夏)


IMG_9482
モンテフィオラッレ にて(2016年秋) 

今度から見かけたら、すすんで撮影してみよう~第二弾?をお楽しみに♪ 


【番外編・唯一あった?犬写真】 

IMG_1820
サン・クイーリコ・ドルチャ にて
(2015年春)

 
私はどちらかと言えば犬派やけど、猫みたいに徘徊しないから、かなり貴重な1枚!



セルフマガジンが完成しました!
selfmagazine
送付依頼は、こちらのお問合せフォームより
題名      ⇒ セルフマガジン送付依頼
メッセージ本文 ⇒ 送付先、依頼部数など
をご記入のうえ、送信ください。
(FBやブログへのコメントやメールではなく、
お問合せフォームでお願いします



トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳ならイタリア情報ブログランキング 

絶景を眺めながらワインを味わう、至福の時・・・

月曜日は、キアンティのワイナリーに行っておりました。

IMG_1985

こんな可愛らしい村とブドウ畑とオリーブ畑を目の前に
おつまみを頂きながら、ワインテイスティング・・・至福の時だと思いませんか?

IMG_1986

最近の案内は、フェルナンドおじさんの義娘・マニーラがメイン。
大好きなフェルナンドも、あとであいさつに来てくれました。
どこのワイナリーも良いけれど(私がいいと思うとこしか紹介してません)
ここはこの絶景がある分、一番のおススメとなってます♥

詳しくはこちらをご覧くださいね。
 

セルフマガジンが完成しました!
selfmagazine
送付依頼は、こちらのお問合せフォームより
題名      ⇒ セルフマガジン送付依頼
メッセージ本文 ⇒ 送付先、依頼部数など
をご記入のうえ、送信ください。
(FBやブログへのコメントやメールではなく、
お問合せフォームでお願いします



トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳ならイタリア情報ブログランキング   

ジリオ島の旧市街・カステッロ散策

カンペーゼからバスに乗って港方向に15分、旧市街に着きました。
カステッロ=城と呼ばれる旧市街は、名前通り、城壁に囲まれています。

IMG_6658

もうこの出で立ちを見ただけで私はノックアウト!
この見張りの塔!ここから海から来る敵を見張ってたのかと思うだけでゾクゾク!!

この旗見て思い出したけど、「イタリアの最も美しい村」に選ばれています。 

IMG_6667


同じく町の名前に城と名が付き、「イタリアの最も美しい村」にも選ばれている
サルデニアのカステル・サルドにも雰囲気がかなり似てる~!

トスカーナの小さな村って、石積みで明るい茶色の外壁の家が並ぶ「可愛い系」と
素っけなく荒い石やセメントで荒々しい感じの「原始系」があるけど、ここはまさに後者。
元々の町ができてきた歴史と、その後の住人がどんな風に守ったか?
どんな風にリノべしたか?でも若干変わってくるのかな~?

IMG_6679

この旧市街も普通に人が住んでいて、洗濯もんがあっちこっちに。 

blog-3

入り組む路地に、2階への階段が所狭しと並ぶ・・・

IMG_6686

しかし、こんなうっすい階段、上るのこわいわ~っ ( ゚Д゚) 

IMG_6678

歩きながら、こんな可愛い玄関とか

IMG_6685

この旧市街のあちこちにあった、電気や水のメーターがある扉でのアート!
こんなのを見つけてほっこりするのが、小さな村散策の醍醐味♥

そして、旧市街の一番上から見たこの景色・・・

IMG_6697

見ているだけで癒される!

IMG_6706

やっとたどり着いた、要塞は残念ながら入れず・・・
ポルト・サント・ステーファノといい、ここといい、
要塞フェチとしてはちょっと物足りなさは感じたものの、
ボルゴ(小さな村)オタクを満足させるには十分な要素もいっぱい♥

IMG_6702

バスの時間にちょうどよかったので、おやつはここでなく港で食べることにし、
更にバスの乗って下って15分ほど・・・最後のお楽しみは港散策です!

トスカーナ・こだわりの個人旅行はオマカセ!~トスカーナ自由自在


イタリア情報ブログランキング 
 

ガルファニャーナの小さな村巡り~カスティリオーネ・ディ・ガルファニャーナ

カステルヌォ―ヴォ を出て車で15分ほど、少し丘を上がったところにあるのがカスティリオーネ。こちらもイタリア各地にある地名なので、di Garfagnana がついて長い名前に(笑)。

DSCN0045

こちらもバルガと同様、 イタリアの最も美しい村に選ばれている 城壁が完璧に残った村

DSCN0047

ほら、この通り。 旧市街すぐ下の駐車場から一番近い門を通って中へ入り、

DSCN0048

かつての城跡?を眺めると、

DSCN0056

おや?門、開いてるやん!と中に入るも、ちょうど何かの撮影中で最後までは行けず・・・残念。終わって出てくる?と期待するも、管理人の人が鍵を持って閉めに来たのでアカンかった~泣。

DSCN0066

写真も1回撮っとこ!
その後は村をブラブラ散策。しかし、平日の夕方やのに、ほんま人の気配ほとんどなし!住んでる人がいる風やのに、連休で皆、出かけてもうたんやろか・・・

blog castigione

それでもローマ時代に戻ったかのような村は、散策だけでも魅力的。最初の城、そして逆側の塔も入れるはずが時間的にアウトだったのがちょっと残念。カステルヌォ―ヴォ行っとかんとこっちにしといたらよかったかも~(ToT)/~~~

ま、それはしゃーないとして、宿泊先のアグリツーリズモへ。

DSCN0093

ここは村というよりも集落でしたが、ライトアップされてました❤~2日目に続く~

人気ブログランキングへ

イタリア情報ブログランキング
Profilo
Blogはリンクフリーですが、掲載記事・写真の無断コピー・転載・加工はお断りいたします。
トスカーナ自由自在

Facebookページも宣伝 にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
Commenti
記事検索
アクセスカウンター

  • ライブドアブログ