イタリア・トスカーナ専門コーディネイターのトスカーナ田舎暮らし

日常生活から仕事、イタリアの笑えない話など、人口1800人のド田舎から日々の生活を綴ります。

イタリア料理

兵庫県川西市の美味しいイタリアンその2~ 生パスタ・Eat in de nomi-na

トラットリア・マッシに続く、超地元のイタリアン紹介第二弾はこちら!

IMG_6073

手打ち生パスタ専門イルグラーノ製麺所 Eat in de nomi-na」
元々は生パスタ専門の製麺所が1年半前のオープンした、パスタのお店。

20476117_583549052034996_2520928615178782624_n

能勢電鉄の鼓が滝駅から徒歩だと10分くらい・・・ですが、
なんせ上り坂なので特に夏は車でのお越しをおススメします💦

IMG_6074

住宅街にある、木造一軒屋、このイタリア国旗が目印です。

IMG_6081

コンパクトな店内に、天然木カウンターの全6席。
こちらもシェフのご主人と、接客の奥様2人でのアットホームな経営。
オープンキッチンなので、そのお料理の様子も垣間見えたりもします。

メインはもちろんパスタなんですが、この山盛り前菜も超おススメ!

IMG_6084

たっぷりのサラダ、生ハム、チーズ、タコのマリネ、豆とブルスケッタ・・・
このボリュームで、しかもワンドリンク付きで1300円!
この前菜とワインを楽しみながら、パスタを待ちます。

IMG_6090

今回はイカ墨入りのパスタにトマトソースを。
すっくな~!と思われた方、これ、1ポーションを3人でシェアしたのでご安心を。
1ポーションが普通の2人前くらいあるので、複数人で行く場合は
こうやって前菜も楽しむのもよし、数種パスタをシェアして食べ比べするのも良し!

この木造建築は、ここの製麺所のお客さんである建築家の方が建てられたもので、
2016年にはウッドデザイン大賞も受賞されたもの。

IMG_6078

「はじまりの杜」として、1階はこのイートインとギャラリー、

IMG_6077

2階はレンタルスペースとなっていますので、
将来、ここでトスカーナ自由自在とパスタ屋さんとでイベントできたら!
と夢も膨らみます。

店内は6席ですが、夏以外は外の席も気持ちよさそう!

IMG_6075

実はここのご夫婦・・・私の高校の同級生なんです!!!
私がずっと仲良くしている高校の友人から「生パスタ屋さんをやっている」
というのは聞いていたのだけど、それ以外は知らなかった・・・んやけど!!

ちょうどトラットリア・マッシさんで、ここの常連さんで
11月にアテンドをするお客様とランチをしていて地元ネタとなり
「私は高校●●なんですよ~え?中学は同じ?おいくつですか?」
とお客さまの質問に私は答えたところ、「えええ!」
と向こうのテーブルに座っていた別のお客さんが振り返った・・・
ら、それがここのご夫婦だったというすごい偶然 (@ ̄□ ̄@;)!!

19650216_440064319712047_1435194280_o
再会を祝して記念撮影(笑)

奥さんは顔見たらすぐ分かったけど、ご主人は最初からこっち向いてたのに
全然気づかなかったわ・・・💦💦(さとちん、ごめんよー)

もちろん、こちらにも私のセルフマガジンを置いて頂きました。
トラットリア・マッシ同様、こちらもご贔屓に💛


セルフマガジンが完成しました!
selfmagazine
送付依頼は、こちらのお問合せフォームより
題名      ⇒ セルフマガジン送付依頼
メッセージ本文 ⇒ 送付先、依頼部数など
をご記入のうえ、送信ください。
(FBやブログへのコメントやメールではなく、
お問合せフォームでお願いします


 
トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳なら

イタリア情報ブログランキング



イタリア料理を最後まで美味しく食べる極意!「スカルペッタ」

先日のイベント打ち合わせ時にしゃべっている時、
ピティリアーノのオーナーシェフ・小林さんが言っていたこと

イタリアで皆がやっている、残ったソースを
パンですくって最後までキレイに美味しく食べることを
日本でも普及させたい!!


残ったソースをパンですくって最後までキレイに美味しく食べること、は
Scarpetta = スカルペッタ と言います。

30-3

子供もしっかり、スカルペッタ!

もちろん、高級レストランでやるのはご法度かもしれませんが
イタリアの家庭ではもちろん、高級レストラン以外では
皆普通にやっていること、どころか、それほどソースが美味しい!
という意味で喜ばれることもあります。
美味しいものを残さず食べる、そしてお皿洗いも楽!ってことで
うちのマンマなんかは、ソースがついているフライパンにも手を伸ばして
ぬぉ~っと慣れた手つきでスカルペッタをしています。

イタリア全土でやるのか?語源の由来は?気になったので調べてみました。

元々はイタリア南部で行われていたとのことですが、
私の感覚では、今はおそらく全土でやっています。
そして語源は諸説あるそうですが、その1つがScarpe=靴。
お皿のソースをすくうパンの動きが、
地面にすって歩いて土を掃く、靴に似ているから。
他には、ソースを残さず最後まで食べることが貧しい人の行いだということで、
欠乏を意味するScarsetta(私の日本の辞書ではScarsezza)の言葉からきている、
という説もあります。

私的には、スカルぺッタは貧しいから残さずに食べるのではなく、
食べ物を無駄にしない、美味しいものは全部食べる、
人間のモラルにも本能にも叶った素晴らしい習慣だと思っています!
ぜひぜひ、美味しいソースはスカルペッタでキレイに全部味わってくださいね。


セルフマガジンが完成しました!

selfmagazine
送付依頼は、こちらのお問合せフォームより
題名      ⇒ セルフマガジン送付依頼
メッセージ本文 ⇒ 送付先、依頼部数など
をご記入のうえ、送信ください。
(FBやブログへのコメントやメールではなく、
お問合せフォームでお願いします


 
トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳なら

イタリア情報ブログランキング
 

息子たちが3週間ぶりに食べたイタリアン!

イベントネタからワンクッションおいて、自宅イタリアンのお話。

息子たちは和食も大好きなので全然困ることはなかったんですが
(次男は偏食だけど、和食・イタリアンの区別なく食材の好き嫌い)
食事の用意は母にまかせっきりだったし、息子たちに聞いたら食べたい!と言うので・・・

IMG_5913

とはいえ、食材のこともあるし、まずは定番メニューから。
DIVELLAは向こうの料理TV番組のスポンサーもやってるし知ってるけど
このパスタは初めて見た!パスタの会社も全土いっぱいあるからな~
これはプーリアのメーカーさんでした。

IMG_5915

しかし、スパゲッティが細すぎて茹ですぎてしまい、ちょっと残念💦
な、アマトリチャーナ・・・でも久しぶりで嬉しかったのか?
息子たちはモリモリ食べてくれました。
他、野菜食べない次男が食べるメニューで、玉ねぎのフリッタータ、
プチトマトときゅうりのサラダをレモンとおらが村のオリーブオイルで。

和食ももちろんいいけど、たまに食べるイタリアンも美味しいな。


セルフマガジンが完成しました!
selfmagazine
送付依頼は、こちらのお問合せフォームより
題名      ⇒ セルフマガジン送付依頼
メッセージ本文 ⇒ 送付先、依頼部数など
をご記入のうえ、送信ください。
(FBやブログへのコメントやメールではなく、
お問合せフォームでお願いします


 
トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳なら

イタリア情報ブログランキング


「有機農園けのひ」さんから届いた国産イタリア野菜!

今年の1月に有機農家視察コーディネイト&通訳をさせていただいた
「有機農園けのひ」さんから、実家に野菜が届きました!!

IMG_5700

けのひさんで生産されている、イタリア野菜、
ラディッキオ・ロッソ、フェンネル、ズッキーニを始め、
葉っぱも立派な人参やダイコン、玉ねぎにニンニク、
そして珍しいコリンキーとドラゴンレッドと呼ばれるじゃがいもまで、
こんなにたくさん!!!

イタリア視察後に初めて収穫したイタリア野菜、
収穫終盤だったということだったので、早速翌日の晩御飯に。

IMG_5777

フェンネルはアントネッラのアグリで定番のバター焼きに
ラディッキオはそのままサラダに。

人参はハンバーグの中身に使いましたが、洗うと美しく柔らかそうな皮!
むいて捨てるのがもったいない・・・

IMG_5785

でも有機だから安心!皮も一緒にみじん切りして使いました。

IMG_5786-1

そして立派な葉は、北原さんにチャットで使い方を聞いて、ふりかけに。
これが白ご飯に合う合う&私の祖母を始め、家族に大好評!

そして初めての野菜、コリンキー
教えて頂いた通りに、皮ごと薄切りにしてサラダに。

IMG_5789

かぼちゃというより、きゅうりの食感に少し甘みがある感じ。
生そのままでなく、先にシーザードレッシング&塩&レモンで和えると
ほどよくしなっとしていい感じに♪

ズッキーニはラタトゥユに・・・

IMG_5801

全ての野菜が、見た目も味もしっかりしてて、何より安全。
ご夫婦ともにサラリーマンから有機農家に転向し、
その苦労話しや発展もお聞きしていたので、
その野菜を食べながら何だかしみじみ。

これからも美味しく安全な野菜を頑張って作ってください。
そして、イタリアの野菜を、美味しい食べ方とともに日本に普及させ、
またイタリアに視察に来られることをお待ちしています!


セルフマガジンが完成しました!

selfmagazine
送付依頼は、こちらのお問合せフォームより
題名      ⇒ セルフマガジン送付依頼
メッセージ本文 ⇒ 送付先、依頼部数など
をご記入のうえ、送信ください。
(FBやブログへのコメントやメールではなく、
お問合せフォームでお願いします


 
トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳なら

イタリア情報ブログランキング 


リミニの大当たりだったレストラン「LUNA ROSSA」

さて、リミニでの食事。
実は5月3日が結婚記念日だったのですが、私の仕事や体調不良で
毎年恒例のお祝い外食ができず・・・この旅行の外食でお祝いしよう!と
調べた末に行ってみたのが、ここ、LUNA ROSSA
リミニ中心街から南へ2キロほど行った Bellarivaゾーン、ビーチの家100番の中にあります。

オーダー後、サービスの「突き出し」が出てきました。

IMG_4565

エスプレッソカップに入った、ひよこ豆のスープにムール貝のフライ。
濃厚で、この時点でついついワインをググッと飲んでしまいました(笑)

IMG_4568

前菜好きな我が家族、長男は「前菜の盛り合わせ」、
ダンナと次男は「ムール貝とボンゴレのワイン蒸し」、私は「イワシのマリネ」
どれもこれも薄味だけど絶妙は味付けで、美味しい~♥

IMG_4570

貝好きの子供たちは、ムール貝を競争のようにガツガツ食べ・・・💦

が、久々に外食で頼んだこのパスタが、絶品中の絶品だったんです!

IMG_4575

ストㇿッツァプレーティというウンブリア、マルケ、ロマーニャなど中部のパスタ。
親指の長さくらいでちょっとねじってありますが、
これがモッチモチで、エビ&ボンゴレの出汁が絡んでいて・・・
これぞ手打ちパスタの醍醐味!というほど、感動ものの美味しさ。
フリットもサクサクでグ~♥

そしておススメのデザートを聞いたら、「ティラミ・スシ!!」と言うので
せっかくだから頼んでみました。

IMG_4589

元祖ティラミスとは全く関係なく、見た目を巻きずし風にしたロールケーキで
ちゃんと?お箸まで添えて出てきました。
中がダークチョコクリーム&オレンジソースと
中がココナッツクリーム&チョコソースのを1つづつ頼みましたが、どちらも美味しい。
ちなみに、日本好きのオーナー?の奥さんの手作りだそうです。

ここはホント、お料理もドルチェもデリケートな味でいくらでも食べれそう(笑)
見た目のポーションはそれほど多くないですが、前菜3、プリモ1、セコンド1、
デザート2、水とワイン2杯を4人でシェアして、結構お腹いっぱいになりました。
お値段も88.50ユーロ、家族4人のお祝いディナーでこの満足度!スバラシイ!!

旧市街からも離れているし、日本から来られる観光客の方にはなかなか行かない場所ですが
ロマーニャ在住の方、イタリア在住でリミニにバカンスに来る方、ぜひ行ってみてくださいね。
人気店のようで、この日も半分が予約で埋まっており、20時過ぎには満席だったので
これからのシーズンは予約がベターかと思います!


セルフマガジンが完成しました!

selfmagazine
送付依頼は、こちらのお問合せフォームより
題名      ⇒ セルフマガジン送付依頼
メッセージ本文 ⇒ 送付先、依頼部数など
をご記入のうえ、送信ください。
(FBやブログへのコメントやメールではなく、
お問合せフォームでお願いします


 

トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳なら

イタリア情報ブログランキング   




Profilo
Blogはリンクフリーですが、掲載記事・写真の無断コピー・転載・加工はお断りいたします。
トスカーナ自由自在

Facebookページも宣伝 にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
Commenti
記事検索
アクセスカウンター

  • ライブドアブログ