イタリア・トスカーナ専門コーディネイターのトスカーナ田舎暮らし

日常生活から仕事、イタリアの笑えない話など、人口1800人のド田舎から日々の生活を綴ります。

イタリア料理

ヘーゼルナッツ・ティラミスは、マジでヤバい美味しさ

先日紹介したティラミスのレシピのうち、アイディアだけでやったことなかった2つ。
そのうち1つ:ヘーゼルナッツのティラミスを、やってみました。

IMG_2882

基本の材料は同じで、浸す用にヘーゼルナッツクリーム、トッピングにヘーゼルナッツ。

あとは同じ要領で・・・クリームをあまり薄くすると味が薄くなるけど
クリーム多くするとあまりビスケットが吸収しないかなーと思い、
完全に溶かさずに、溶けなかったクリーム部分はそのままビスケットと一緒に挟む。 

IMG_2883
 
できた~最後は砕いたヘーゼルナッツとチョコチップも。
今回は卵も高めの「土に放し飼いの鶏の卵」 で、
マスカルポーネも高めの、近隣の乳製品メーカー・ムッキのにしたからか?
クリームがめちゃめちゃもったり&濃厚!!

IMG_2895

こ、これヤバイっ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
ビスコッティのサヴォイアルディに砂糖が多いので、クリームはもっと砂糖減らさないとな💦
美味しいけど、頻繁に食べてたらマジで太りそう・・・

IMG_2886

この通り、次男も大満足!
「・・・でも、この上の(ナッツ)が嫌やねん! 」と文句たれられましたが
ま、お手伝いしてくれたので、今度はナッツなしも作ってやろう。

サヴォイアルディがなくなったので、これでしばらくはティラミスは作らないかも?
やけど、また食べたくなりそうなくらい美味しい、ティラミス・新バージョンでした! 


セルフマガジンが完成しました!
selfmagazine
送付依頼は、こちらのお問合せフォームより
題名      ⇒ セルフマガジン送付依頼
メッセージ本文 ⇒ 送付先、依頼部数など
をご記入のうえ、送信ください。
(FBやブログへのコメントやメールではなく、
お問合せフォームでお願いします

 

トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳なら

イタリア情報ブログランキング   
 

【我が家の食卓】ティラミスは簡単!そしてバリエーションも無限!

IMG_7746

最近、やたら作っているティラミス。
基本はマスカルポーネベースのクリームに、液体に浸したビスコッティを重ねるだけ。
ベーシックなのは、ビスコッティをエスプレッソに浸し、
最後はカカオやチョコチップを トッピングしたものです。

材料(作りやすい分量)
マスカルポーネ・250g、卵2個、砂糖スプーン2杯、
ビスケット、エスプレッソ、カカオパウダーやチョコチップ・適量
エスプレッソを麦コーヒーに変えると、小さいお子さんも食べられます。
※本場のティラミスは生クリームは入りません!!
※ビスケットはあの固い「カントゥッチ(ビスコッティ・ディ・プラート」ではありません!
 日本でもおそらく手に入る、サヴォイアルディ・パヴェジーニなど
 液体が染みこみやすいビスケットなら何でもOKです。(ビスコなんかも良さそう)


IMG_2782

1)エスプレッソを沸かす、卵を卵黄と卵白に分ける
2)卵黄と砂糖、マスカルポーネをよく混ぜる
3)卵白を泡立て、2)に混ぜる
4)容器に、エスプレッソを浸したビスコッティを敷き、
  その上に3)のクリームをのせ、容器上部までビスコッティ&クリームの層を作る
5)カカオパウダーなどでトッピングし、冷やしてお召し上がりください♪

ね、簡単でしょう?

そして!!
「ビスコッティを浸すもの」とトッピングを変えるだけで
ティラミスは無限のバリエーションが作れるのです!!

アレンジ1) イチゴのティラミス

IMG_2496

トッピングがフルーツの場合、ソースは同じフルーツのジャムをお湯で溶かしたものです。
一番上だけでなく、間にも生の小さく切ったイチゴを挟むとボリュームUP!
左は普通バージョン。

アレンジ2) 桃のティラミス

14-1

なので、これは桃ジャム使用。

3) 抹茶ティラミス

IMG_2784

これは抹茶の粉をお湯で溶いて、ビスコッティに浸します。
アンコを挟むと更にボリュームアップ&和なティラミスに。
この日は抹茶が終わってしまったので(涙)、トッピングはチョコチップで。

まだやったことないけど

4) ヘーゼルナッツティラミス
  ヘーゼルナッツクリームを浸す材料に、トッピングはナッツで。

5) ヴィンサントティラミス
  トスカーナのデザートワイン・ヴィンサントに定番の組み合わせ・カントゥッチを浸して。
  アイディアはこの時のデザートからパクリました(笑)

ちなみに、ティラミスとは Tiramisu = Tirami su
tirare = 引っ張るという意味の動詞に、mi = 私の目的格、su = 上という単語から成り、
「私を上に引っ張って=私を元気づけて」という意味なんですよ♥

美味しいティラミスを食べて、テンション上げて ⤴ いきましょう~!!

セルフマガジンが完成しました!
selfmagazine
送付依頼は、こちらのお問合せフォームより
題名      ⇒ セルフマガジン送付依頼
メッセージ本文 ⇒ 送付先、依頼部数など
をご記入のうえ、送信ください。
(FBやブログへのコメントやメールではなく、
お問合せフォームでお願いします




トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳なら

イタリア情報ブログランキング   

私の「営業マン」が約500人になりました!

先週の視察通訳のクライアントさんから、これも日本から持って来て頂きました。

IMG_2102

12月に制作した、私の初めてのセルフマガジン
ネットでやり取りしてデータでは見ていたけど、印刷物を初めて見られました。
手に取って、目で見て、読んで・・・なんかすごい感動 (*'▽')
迷った紙質・重さも理想通り、写真も思ったよりキレイに出ていたし
1冊目としては満足~自分の分身として、自信を持ってお渡しできるな!と再確認。

印刷部数は迷ったものの、かさこ塾フェスタで500部くらいは出るから、
と、かな~り思い切って1000部印刷したんやけど
あと500なくなるまで一体どれだけ時間かかるんや? とかなりビビってました。

が!!!友人の協力などもあり、この2か月ちょいで500部近くを発送、
私が日本にいない代わりに、あちこちで営業活動をしてくれています。
設置して頂いてるお店では、お客様との会話の糸口に使って頂いたり
個人でご依頼いただいた方も、イタリア語講座の仲間に配ると言って頂いたり
予想以上の反応を頂いて、ただただ嬉しい限り。

そこで気づいたのは、まだ今年のかさこ塾フェスタも始まってないから
各地で設置するとすると、今年の秋には1000部全部はけるんちゃうん?
・・・改訂版考えなアカンのんちゃうのん!? Σ(゚д゚lll) 
て気づいてしまいました💦 

さて、先週までにセルフマガジンを新たに置いて頂けるレストランが2つ増えました。
1つは 長野の本格的ピッツェリア・ホリウチ さん。

DSC_1132

イタリア製の薪釜を使い、オーガニック食材使用の安全で美味しいピッツァを
イートインはもちろん、オンラインで冷凍ででも購入して頂けます!

もう1つは 名古屋のトスカーナ料理店「オステリア・モカイオ」さん。

mocajo

モカイオという名前は、オーナーシェフが修行したトスカーナのレストランの名前だそうです。

この2軒を含めた設置店一覧は こちら をご覧ください。
近くに設置店がない方は、個人の方でも無料でお送りしてますので
下記のリンクよりお申込み下さいませ★

また、他に置いて頂いているお店などありましたら、サイトに記載させて頂きますので、
お手数ですが、こちらも下記リンクよりご連絡下さい★


セルフマガジンが完成しました!
selfmagazine
送付依頼は、こちらのお問合せフォームより
題名      ⇒ セルフマガジン送付依頼
メッセージ本文 ⇒ 送付先、依頼部数など
をご記入のうえ、送信ください。
(FBやブログへのコメントやメールではなく、
お問合せフォームでお願いします



トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳ならイタリア情報ブログランキング   
 

1日で5か国料理を食べた日

朝はカフェラッテにマフィン&クッキーと正しいイタリアの甘い朝食。

IMG_1582

昼は冷凍餃子にほくそ笑みながら、中華&和食の1人ランチ。

IMG_1573

晩はこれらの材料で。

blog-4

写真左のオリーブ塩漬けレモン塩オイル漬けはお手製よ💛

blog-5

りっちゃんから教えてもらった鶏とじゃがいものタジン
=モロッコ料理と、
フェタチーズをのせたギリシャ風サラダ。

意図した訳ではないけれど、気づけば5か国の料理を食べていたこの日。
ほぼ毎日昼は和食なので2か国(日伊)は普通やけど、5か国は我ながらスゴイ?な! 

セルフマガジンが完成しました!

送付依頼は、こちらのお問合せフォームより
題名      ⇒ セルフマガジン送付依頼
メッセージ本文 ⇒ 送付先、依頼部数など
をご記入のうえ、送信ください。
(FBやブログへのコメントやメールではなく、お問合せフォームでお願いします


トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳なら


イタリア情報ブログランキング  

私の胃袋は半分イタリアンになっている

リヨンにきて4日・・・イタリア料理が恋しい!
我が家では平均的イタリア家庭から比べると、
パスタは2日に1回と少ない方だと思うけど、
ま~今、かなりパスタが食べたくて食べたくてしょうがない!
そして、オリーブオイルを使った料理を全然食べてない!
隣国でローマからたったの1時間20分なのに、
けっこう食文化が違うんんやなぁ~と痛感しております(^o^;)
帰国日の夜は、シンプルにトマトソースのパスタと
フェットゥンタ(塩とオリーブオイルをたっぷりかけたパン)と決めてます!


トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳なら

ロゴ最終




人気ブログランキングへ
イタリア情報ブログランキング
Profilo
Blogはリンクフリーですが、掲載記事・写真の無断コピー・転載・加工はお断りいたします。
トスカーナ自由自在

Facebookページも宣伝 にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
Commenti
記事検索
アクセスカウンター

  • ライブドアブログ