イタリア・トスカーナ専門コーディネイターのトスカーナ田舎暮らし

日常生活から仕事、イタリアの笑えない話など、人口1800人のド田舎から日々の生活を綴ります。

イベント

9月は桃祭り!トスカーナ北部の小さな村の「熱い」1か月

早いもので9月になりました。
我が家は遅い海のバカンスを満喫中ですが、帰宅後はすぐにおらが村一色!
そう、タイトルの「トスカーナ北部の小さな村」は、おらが村のこと(笑)

IMG_7130

おらが村名産の白桃・レジーナ(=女王)の収穫祭である9月祭、
昨年はほとんどのプログラムを制覇し、ブログにもたくさんレポートを書きました。

祭り初日は、ペスキートパーティ
桃と、ケーキと、ミスコンと
【レポ】2016年おらが村レジーナ桃祭り・品評会編

【レポ】2016年おらが村レジーナ桃祭り・パレード編

【レポ】2016年おらが村レジーナ桃祭り・料理デモ編

【レポ】2016年おらが村レジーナ桃祭り・ポレンタ編

FRAZE CRAZEさんのウェブマガジンにも
フィレツェ郊外ロンダ、「女王」と呼ばれる希少な桃によるシティプロモーション!

今年の日程は9月8日~10日で、今年のプログラムはこちら!

20914572_1826380790724661_3839547939412978525_n

私たち家族は8日にバカンスから帰ってくるので、
がっつり参加するのは10日だけ
=11時~の野草トレッキング、15時半~のパレード、16時~のポレンタ、
 17時~ブロガークッキング対決、18時~表彰式、21時半~のコンサート
に参加する予定です。

そして、この祭り後の2週間は、2組のお客様が休暇の家に長期滞在!

IMG_5587

カルロとカテリーナがお待ちしています💛

12日は、初めてのダニエーラの料理レッスンもやります!

IMG_3975

こんな環境で、本物のイタリア家庭料理を伝授&食しますよ。

おらが村では、この9月だけでなく通年通してお客様をお待ちしております。
9月祭やプレゼーペのイベントだけでなく、トレッキングなどの小さなイベントも
分かり次第、FBページとブログで告知していきます。
次の大きな見所は、11月のオリーブオイルの搾油所見学

お問合せは、こちらから・・・たくさんの皆さんをおらが村でお待ちしております💛


セルフマガジンが完成しました!
selfmagazine
送付依頼は、こちらのお問合せフォームより
題名      ⇒ セルフマガジン送付依頼
メッセージ本文 ⇒ 送付先、依頼部数など
をご記入のうえ、送信ください。
(FBやブログへのコメントやメールではなく、
お問合せフォームでお願いします


 
トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳なら

イタリア情報ブログランキング

森に生き、森を愛で、森で楽しむ・後編 ~ ランチとマウンテンバイク体験

前編のトレッキングと馬のショー、の続きです。

IMG_7673

お昼は家から作ってきたパニーノ3人分に、本部前の広場の市で販売されていた 
「地元生産者のランチセット」、1つ10ユーロを購入。

IMG_7674

中身はパニーノ2つ(サラミ1つ、ペコリーノチーズ&ドライトマト1つ)に
有機梨のジュース、りんごか梨どちらか1つ。
もちろんどれも美味しかったけど、梨のジュースが砂糖不使用の果実そのままの味で感動っ!

そしてその後は次のプログラムまで、敷物に寝転がってしばし休憩~ZZZ
・・・は束の間で、偶然会った友人家族とその息子たちがギャーギャー遊びだす(苦笑)
そうこうしてる間に、長男が楽しみにしていたイベントが開始。

IMG_7681

マウンテンバイク体験!
このリンチネの森には近年マウンテンバイクのトレイルコースが設置され、
ここでよくイベントを行うフィレンツェのMTBクラブが体験会を開いてくれたのです。
イタリアではロードサイクルはすごい盛んだけれど、マウンテンバイクはマイナー。
私は20年前、日本で一時めちゃめちゃハマってて、
このトレイルコースを聞いた時から、いつか再開できたらな、
いや、もう年も年だし無理かもな、と複雑な心境だったのですが
長男が興味を持ってくれてうれしかった!

IMG_7691

・・・そして見てるうちに私もやりたくなった(爆)
やはり20年前とは違って体も言うことがきかず、不覚にも障害物の上から転倒💦
(コケる!と思った瞬間、かばうようにゆっくりコケたので大丈夫やけど)

IMG_7694

・・・そして見てるうちに?ダンナもやりたくなったらしく、
しかも、何気になかなかうまく障害物も上りもクリアしてゆく・・・そして
「めちゃオモロイ!これはハマるな!!」
スキーに続く第二弾で、家族全員ハメるか???・・・いやお金が!?
ちなみに今回、私とダンナが体験で使用したMTBは5000ユーロ(約65万円!!)
私も20年前は10万近くするMTBに乗っていたけど、
そのクラスを買ったとしたら家族4人で一体いくら!?
一度揃えたら、あとは地元の山なのでお金はかからないとはいえ、ウーム ((+_+))

そして最後はお楽しみのおやつタイム!

IMG_7697

おらが村の観光協会有志が作ったおやついろいろ、1つ1ユーロ。
ダンナはお約束で、この時期のフィレンツェのおやつ・ぶどうのスキアッチャータ

IMG_7698

私は桃のケーキ。

そこで今度は長男のクラスメイト家族と会い、お互いの夏休みを報告。
そんなこんなで、丸一日地元密着の充実した、またしてもお金のかからない休日を過ごしました♪



セルフマガジンが完成しました!
selfmagazine
送付依頼は、こちらのお問合せフォームより
題名      ⇒ セルフマガジン送付依頼
メッセージ本文 ⇒ 送付先、依頼部数など
をご記入のうえ、送信ください。
(FBやブログへのコメントやメールではなく、
お問合せフォームでお願いします


 
トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳なら

イタリア情報ブログランキング




トスカーナ南部・アミアータ山の超コアな郷土料理、スコッティリア

今回のばーちゃん村の滞在で、私にとって最大のイベント(笑)が、

サグラ・ディ・スコッティリア=スコッティリアの食祭り!

(サグラ=イタリアの食祭りの総称です)


IMG_7435


ばーちゃん村からグロッセート方面に行く時に

「この村はこんな小さいけど有名な料理があって・・・」

とダンナから何回か聞いたことはあるけれど、名前はすっかり忘れていた私。

今回、ばーちゃん村に住んでいる義妹に

「スコッティリアの食祭りに一緒に行こうよ」と言われ、「何ソレ!?」と食いつく。

それなりにトスカーナ郷土料理は知ってる&食べつくしたと思っていたけれど

まだ知らない、もっとコアな郷土料理があるなんて、これは食べるしかない!!



スコッティリアは、ウサギ、鶏、子羊、豚などの数種類の肉を

辛いトマトソースで煮込み、トーストしたパンを添えた料理で、

(リヴォルノの魚スープ・カッチュッコの肉バージョン)

アミアータ山の村で食べられるもの。

中でもこのペッシーナ村が有名らしく、

まさにサグラもここペッシーナで行われました。


IMG_7438


食べてみた感想は・・・ウマい!!

でもマンマから聞いていた説明とちょっと違って、

パンも中に入っててカッチュッコというよりはリボッリータ・・・


てな訳で、「これはこれで美味しいけど、こんなのじゃない」、と

私以外の人はちょっと(いや、かな~り)不満が残ったようでしたが💦

ばーちゃんからマンマへ受け継がれた「もっと美味しい」レシピを

私も教えてもらったので、今度家で再現してみたいと思います♪

ちなみに、マルタのレストランでもメニューにありましたので
気になった方は、ぜひ💛



セルフマガジンが完成しました!
selfmagazine
送付依頼は、こちらのお問合せフォームより
題名      ⇒ セルフマガジン送付依頼
メッセージ本文 ⇒ 送付先、依頼部数など
をご記入のうえ、送信ください。
(FBやブログへのコメントやメールではなく、
お問合せフォームでお願いします


 
トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳なら

イタリア情報ブログランキング


トスカーナ料理ランチ会のメニュー&食材解説~ドルチェ編

先日のイベントのメニュー&食材解説、前菜編1プリモ編1
セコンド&付け合わせ編に続き、今回は最後のドルチェ(スイーツ)編です!

【ドルチェ3種盛り合わせ】

DSC_0096

通常、ピティリアーノさんで出されるのが下記2つ。

トッツェッティ
こちらも、オーナーシェフの小林さんから初めて聞いた名前のドルチェ。
しかし、見た目はカントゥッチ??
違いを小林さんに聞いてみると、小林さんが勤めていたマレンマのお店で聞いたのは
カントゥッチがバター使用に対し、トッツェッティはオリーブオイル使用。
ネット調べてみると、カントゥッチがアーモンド使用に対し、
トッツェッティはヘーゼルナッツやドライフルーツを使用。
カントゥッチも最近チョコ入りやピスタチオ入りなどバリエーションも多いので
基本的に同じものと言っても良いと思いますが、
カントゥッチはトスカーナのフィレンツェ~シエナくらいまで
トッツェッティはラツィオ州やウンブリア州の呼び名だそうなので、
隣接しているマレンマはこの呼び名なんだと思います。

バーチョ・ディ・ダーマ
半球の2つの生地を唇に見立てて「貴婦人のキス」という名前のついたお菓子。
ピエモンテ・トルトーナで100年以上前に生まれたお菓子ですが、
1906年のミラノの展示会で金賞を受賞したことから、世界的にも有名になったそうです。
生地にはピエモンテ特産のヘーゼルナッツ粉が入っており、
間にはチョコレートが挟んであります。

パンフォルテ
そして、イタリアからもってきたのがこちらのパンフォルテ。

IMG_5502

現地から何かお菓子を・・・と、他のシエナ銘菓の
リッチャレッリ(アーモンド粉のソフトビスケットに粉砂糖がかかったもの)、
カヴァルッチ(ドライフルーツとアニス・シナモンなどが入ったビスケット)
と迷いましたが、一番クセのあるパンフォルテを敢えて持ってきました。
理由は、ピティリアーノさんで出す他の2品が焼き菓子だったこと、
そして、3つの中でも一番食べられなさそうだったことと
好き嫌いが分かれるので、お客様の反応が見たかったこと(笑)

パンフォルテはアーモンドやドライフルーツをハチミツベースの生地でかため
そのねっとりとした食感と、スパイスが特徴。
その歴史は古く、1000年頃~貴族や裕福な商人に好まれたお菓子だったそうです。
今ではリッチャレッリ、カヴァルッチと共に、トスカーナのクリスマス菓子となっていますが
シエナでは通年、老舗のNANNINIはじめ、たくさんのお店で売られています。
ばーちゃんの村ではパンフォルテ投げゲームもクリスマスのイベントとなっています。

イタリア料理は日本でもかなりポピュラーになっていますが、
州ごと、下手すると町ごとにも特色のあるので、「イタリア料理」ではなく
旅行に行かれたら、ぜひその土地の郷土料理を食べてみてください。
そしてトスカーナ料理、いや、マレンマ料理が食べたくなったら
ピティリアーノさんへGOOO!です(笑)

来年はまた別のゾーンをテーマとして、違うメニューで
イベントを開催したいと思っていますので、
今年来られなかった方は、ぜひ来年の5月末くらいの告知を楽しみにしていてください!


セルフマガジンが完成しました!
selfmagazine
送付依頼は、こちらのお問合せフォームより
題名      ⇒ セルフマガジン送付依頼
メッセージ本文 ⇒ 送付先、依頼部数など
をご記入のうえ、送信ください。
(FBやブログへのコメントやメールではなく、
お問合せフォームでお願いします


 
トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳なら

イタリア情報ブログランキング


トスカーナ料理ランチ会のメニュー&食材解説~セコンド&付け合わせ編

先日のイベントのメニュー&食材解説、前菜編1プリモ編1に続く第三弾は、
セコンド(第ニの皿、肉、魚などのメイン料理)&付け合わせです!

【サルシッチャと豆】

DSC_0088

サルシッチャは腸詰めソーセージ
サルシッチャもいろいろありますが(おらが村特産はこちら)、
こちらはパルマのホエー豚を使用したものを、半分に割ってグリルしています。

特筆すべきは、付け合わせのこの豆!
トスカーナでは豆をよく食べますが、見た目はカンネッリーノ(白いんげん豆)、
しかしちょっと粒が小さいような・・・この豆は、プルガトーリオという、
トスカーナより南のラツィオ州(ローマが州都)北部特産の豆で
隣接しているマレンマ地方でもよく食べられるそうです。
白いんげん豆より、お値段も高く、味も濃厚だとか!(私は食べていません・泣)

残念ながら、豆は日本でなかなか手に入らないので、
いつでも食べられるわけではないのですが、
本場のマレンマ料理が食べたかったら兎にも角にも、
ピティリアーノさんへGOOOOOO=3=3=3


セルフマガジンが完成しました!
selfmagazine
送付依頼は、こちらのお問合せフォームより
題名      ⇒ セルフマガジン送付依頼
メッセージ本文 ⇒ 送付先、依頼部数など
をご記入のうえ、送信ください。
(FBやブログへのコメントやメールではなく、
お問合せフォームでお願いします


 
トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳なら

イタリア情報ブログランキング


Profilo
Blogはリンクフリーですが、掲載記事・写真の無断コピー・転載・加工はお断りいたします。
トスカーナ自由自在

Facebookページも宣伝 にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
Commenti
記事検索
アクセスカウンター

  • ライブドアブログ