イタリア・トスカーナ専門コーディネイターのトスカーナ田舎暮らし

日常生活から仕事、イタリアの笑えない話など、人口1800人のド田舎から日々の生活を綴ります。

オーガニック

6月30日のイベントのメニューのこだわりは・・・

あと3日に迫ってきました!
6月30日のイベントのメニューのこだわりは・・・・

全部です!! いや、ホンマに。

元々、マレンマのレストランで1年修行をしてきたオーナーシェフ・小林さんの
マレンマ&トスカーナにこだわったメニューをベースにしているから。
今回のテーマはマレンマではなくオルチャ渓谷ですが、
隣接しているだけに、オルチャでもお馴染みのメニューが多いのです。

18763071_433776380333068_215447684_n

たとえば、「ピチ」。
これはシエナの代表的パスタとして、トスカーナ南部で食べられます。
これをアリオーネと呼ばれる、ニンニクのきいたトマトソースで!


もう1品のプリモを、パンツァネッラにするか迷ったのですが・・・
敢えてレアな、そしてこれぞ真の郷土料理!という「アックア・コッタ」にしてみました!

18741284_433776376999735_1808138164_n

トスカーナの郷土料理といえば、リボッリータ
これも余った野菜や固くなったパンを利用した「Piatti poveri=貧しい料理」なのですが
アックア・コッタは、「煮た水」と呼ばれるように、豆も黒キャベツも入らない、
玉ねぎや人参などのベースとなる野菜に固くなったパンを煮て、
最後に唯一のぜいたく、卵を入れたものです。
私は、10年以上前にオルチャのばーちゃんの家で食べたのが最初、それもそのはず、
まさに貧しい農家の9人兄弟で学校も行かずに家業を手伝い、ずっと食べていた料理なのです。
そんな思い出のこの品、小林さんの働いてたレストランでも出していたという事で
ピティリアーノさんの定番メニューになっています。

ネタバレになってしまいますが、サラミ類も敢えてレアなコテコテなもの、
シエナ特産豚のチンタ・セネーゼを使ったものなど、
羊のチーズやトスカーナパン、そしてスイーツも小林さんの手作り!と、
こだわりは隅々にまで・・・

そして!!

blog-1

私が持ち込んできた、おらが村ゾーンの食材たち!!

(左上から右、左下、右の順で)
農業組合フォルテートの熟成ペコリーノチーズ、
オーガニックの栗のはちみつ
おらが村のオーガニック・オリーブオイル(2016年産)
そしてシエナの銘菓の中から、敢えて好みの別れるパンフォルテを。

これらの食材を、小林さんがどのように出して下さるか?
皆さんの反応は?
私も当日がとても楽しみです!


セルフマガジンが完成しました!
selfmagazine
送付依頼は、こちらのお問合せフォームより
題名      ⇒ セルフマガジン送付依頼
メッセージ本文 ⇒ 送付先、依頼部数など
をご記入のうえ、送信ください。
(FBやブログへのコメントやメールではなく、
お問合せフォームでお願いします


 
トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳なら

イタリア情報ブログランキング 


「自作天然酵母」でパン作り再開=3=3=3

Chihoさんからもらった天然酵母でのパン作りは、かなり順調!

IMG_2921

この割れ目に惚れ惚れするぜっ v( ̄Д ̄)v 

それに並行して作っていた自作の天然酵母が完成したので、
昨日はそれを使って初めてパンを焼いてみた。

IMG_3218

3週間冷蔵庫で寝かした酵母、気泡がたくさんできていて見た目はいい感じ💛

やはり酵母はつないで、つないで、時間をかけて力がグングンつくので、
まだ出来立てのヘナチョコ酵母ではどうかなーと心配しながら
同じやり方でパンを焼くと・・・

IMG_3235

・・・円盤!?
膨らみがほとんどなーい!割れ目も微々たるものしかなーい!
中は少し気泡があり、悪くはないけど、「熟年酵母」のパンで成功した後なので
う~ん、悲しい・・・頑張ってこれから育てていこうやないかぁ~!

IMG_3223

これから交互に焼いていくので、酵母ラベルも付けました(笑)


セルフマガジンが完成しました!
selfmagazine
送付依頼は、こちらのお問合せフォームより
題名      ⇒ セルフマガジン送付依頼
メッセージ本文 ⇒ 送付先、依頼部数など
をご記入のうえ、送信ください。
(FBやブログへのコメントやメールではなく、
お問合せフォームでお願いします

 

トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳なら

イタリア情報ブログランキング     


 

「9年開かずの扉」コンポストの下部を開けてみたら!

我が家のコンポスト、この地域を管理しているゴミ廃棄業者が無料で配り
ゴミ税も割引になるので、9年前に設置。

24-20

ちょうど長男が2才前の時で、彼がすっぽり入るほどの大きさ(笑)

24-22

これを裏庭の一番上に設置して、コツコツ?植物系生ごみを捨て続けて9年・・・
実は、一回も開けたことありませんでした(;^ω^)

IMG_2849

昨日の朝、待てというのに先に張り切って下部を開けているダンナ!

IMG_2850

実は私も興味本位でちらっと開けたことはあるんやけど、
この通り、卵の殻と栗の殻、モモや梅干の種はそのまま残ってます。

IMG_2851

知らずに一緒に捨てていた( ゚Д゚) お弁当箱の仕切りも出てきた(笑)

IMG_2857

卵の殻は入れて大丈夫と聞いたので、スコップでつぶして、
この日はバケツ1杯分の土壌を掘り出して終了。

今年は「裏庭改造」に 今んとこ ヤル気の我が家。
(コンポストは、もういっぱいで入らなくなったから急ぎ課題だったし💦)
これを使って、まずはラベンダーの苗を植えるのが楽しみです♪


セルフマガジンが完成しました!
selfmagazine
送付依頼は、こちらのお問合せフォームより
題名      ⇒ セルフマガジン送付依頼
メッセージ本文 ⇒ 送付先、依頼部数など
をご記入のうえ、送信ください。
(FBやブログへのコメントやメールではなく、
お問合せフォームでお願いします




トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳なら

イタリア情報ブログランキング   


上達するためには真似をする! ~ 天然酵母パン作り再開

基本的に自己流が好きな私ですが、
本当に上達したかったら上手な人に教えてもらう!真似をする!
が一番の近道・・・それを昨日の天然酵母パン作りで実感しました。

IMG_2638

こないだChihoさんと会った時、再度、天然酵母も譲り受けました。
今、自分でも酵母を起こしてるけど、自分のはあと5日ほど発酵させるので、
今回はChihoさんのを使って、会った時に聞いて入念にメモをとったのを
忠実に実践 =3=3=3

いつもよりかなり水分多く、発酵は3回。
2回目こねてる時から、もう手がパフパフでいい感じ~♥

IMG_2772

今度こそちゃんと、次回分をとっておいたし。

IMG_2774

パスタのお湯きりで、最後の発酵。

IMG_2776

オーブン入れる前・・・おお、エエ感じやないか~!

IMG_2780

そして焼き上がり!
こんなんや、あんなんもあったけど、やっと自然な割れ目が上にできた\(^_^)/

IMG_2781

切ってもちゃんと気泡がある!
食べたら、外はパリパリ、中はしっとりで美味しい~(感涙)

気温や湿度など、作る環境で多少の違いはあれど、
やはりすでに上手くできてる人のを真似してみると、やはり違いは一目瞭然。
更に経験を積み重ねて、もっと美味しい、健康的なパンを焼くぞ!


セルフマガジンが完成しました!
selfmagazine
送付依頼は、こちらのお問合せフォームより
題名      ⇒ セルフマガジン送付依頼
メッセージ本文 ⇒ 送付先、依頼部数など
をご記入のうえ、送信ください。
(FBやブログへのコメントやメールではなく、
お問合せフォームでお願いします




トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳なら

イタリア情報ブログランキング   


農家市での野菜が、関西・プーリア・トスカーナの郷土料理に変身!

おらが村では、冬場は月に1回、春~秋は毎週土曜日に農家市が出ます。
我が家の下にあるバス停横の広場でやってるとはいえ、
毎週土曜は日本語教室でフィレンツェに行く為、なかなか買えないのですが、
先週はお客さんが1人しかいなかったので、バス待ち時間にササッと購入!
(ダンナにあとで引き取りに来てもらう技!)
今回の購入品は・・・・

IMG_2096

スーパーで見かけなくなった黒キャベツが目的だったのだけど、
その他にもキャベツ、チーマ・ディ・ラーパ、サラダ菜、そして卵。
お会計は3.70ユーロ、卵6個が2ユーロなので
野菜だけならたったの1.70ユーロ=200円ちょい!!
土はもちろんナメクジ君もいっぱいの、新鮮で安全な野菜がこの値段やから、
ホント毎週土曜はちょっと早めに出てでも農家市で野菜を買わないと!!

そして、これらの品がどう化けたかと言うと・・・
まずはその日の晩、お好み焼き~♥

IMG_2098

先週の視察通訳のクライアントさんがたくさん日本食材を持ってきてくださった中に
お好み焼き粉&ソースもたんまりあったので、早速使わせて頂きました★

その翌日昼は、チーマ・ディ・ラーパ(菜の花)のパスタ。
プーリア州のレシピで、ニンンク、アンチョビ、パン粉を合わせます。

IMG_2101

chihoさん曰くトスカーナのチーマ・ディ・ラーパは蕾が少ないそうで、
実際、葉っぱだらけですが、美味しゅうございました♥

そして更に後日、トスカーナ郷土料理の決定版・リボッリータ &クロスティ―ニ。
レバーパテのレシピはこちら

blog

固くなったパンがたまってきたので、ずっとリボッリータをやりたかった ( `ー´)ノ
まだまだパンも黒キャベツもあるので、来週またやろうっと!


セルフマガジンが完成しました!
selfmagazine
送付依頼は、こちらのお問合せフォームより
題名      ⇒ セルフマガジン送付依頼
メッセージ本文 ⇒ 送付先、依頼部数など
をご記入のうえ、送信ください。
(FBやブログへのコメントやメールではなく、
お問合せフォームでお願いします



トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳ならイタリア情報ブログランキング   
Profilo
Blogはリンクフリーですが、掲載記事・写真の無断コピー・転載・加工はお断りいたします。
トスカーナ自由自在

Facebookページも宣伝 にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
Commenti
記事検索
アクセスカウンター

  • ライブドアブログ