イタリア・トスカーナ専門コーディネイターのトスカーナ田舎暮らし

日常生活から仕事、イタリアの笑えない話など、人口1800人のド田舎から日々の生活を綴ります。

クリスマスツリー

リヨン近郊の「フランスで最も美しい村」・ペルージュで心ときめく♪

IMG_0470

坂道を上っての、ペルージュ村の入口は、コレ。
もう、小さな村好きの私は、この入口だけでテンション激高です⤴
 
IMG_0468

現在地を念の為に確認するけど、まぁ何も見なくても迷うことないホントに小さな村です。 

IMG_0481

この門を入ってすぐの道が、もうすごく可愛くて💛 

perugue-1

最初っからかっ飛ばして写真を撮りまくりましたが、選ぶのにも苦労💦
とにかく、窓とか看板とか全てのディティールがみんな素敵なんやもん。 

IMG_0494

まずはこの道を通って、反対側の入り口まで行ってみました。
この塔の横に教会がくっついてましたが、塔も教会も残念ながら入ることはできず💦

IMG_0492

確かそのあたりで見つけた、この手描き風の地図がまた可愛くって。 

そこから、まずは真ん中の広場に入って

IMG_0527

路地に入っては写真を撮り、何かを覗いてはニヤニヤし、怪しい日本人(笑)

IMG_0505

誰もいないし、お気に入りの場所は思い切りセルフィーやり放題 (^_^)/

会った人は、たまに出てくるお店の人か、私みたいに写真目的で来たおじさん1人と
観光客カップルが1組だけで、ぐるぐる回ってると何回会ったことか!
思わず、皆、笑顔で会釈したりするのが、また楽しい💛
 
perugue-2

この鳥モチーフの着いた看板、そしてこんなランプも素敵・・・今見ても溜息でるくらい。 

そんなこんなしてるうちに、お腹がすいたので(笑)、レストランチェック開始。
フランス語がイマイチ分からんのと、それほどお金かけずささっと食べたいな、
でもサラダとかパニーノは嫌やなぁ~と思ってたら見つけた、テイクアウトOKの文字。

IMG_0543

で、スープをクアウト。
クルトンやチーズも入ってたので、コップ1杯でも小腹を満たすのにはちょうど良い。

お昼ガッツリ食べたくなかったのは、おやつをガッツリ食べたかったこともあり(笑)
隣のおじさんがやってるパン屋さんで、2種類も買ったで~💛 

IMG_0549

上がペルージュのおかし「ペルージュのガレット」 、
下がリヨンのおかし「プラリネ」が入ったクッキー。

このペルージュのガレットがね~もうね~
もう1切れ買っておけばよかったってくらい 美味しかったんです!!
下のは甘すぎたけど、おなかがすいてたのでどちらも完食。

IMG_0533

最後に名残惜しく、TOP写真の道を違う場所から。 

お友達でフランスの小さな村を紹介している木蓮さんの「ペルージュ」記事をご紹介。
もっと素敵で違う季節の写真がいっぱい&もっと詳しい情報も載ってますよ。
、 、 

リヨンから電車での行き方は、こちら

セルフマガジンが完成しました!

送付依頼は、こちらのお問合せフォームより
題名      ⇒ セルフマガジン送付依頼
メッセージ本文 ⇒ 送付先、依頼部数など
をご記入のうえ、送信ください。
(FBやブログへのコメントやメールではなく、お問合せフォームでお願いします

トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳なら


雪山で迎える2016年の大晦日、そしてチェノ―ネ

IMG_1068

昨年の大晦日は、フリウリ・ヴェネツィア・ジュリア州のタルヴィージオで迎えました。
大晦日前日の初日に私が風邪をひいたので、夕食前に町へ下りると・・・

IMG_1072

教会のある広場ではツリーが、そして教会のファサートは可愛らしいマッピング💛

IMG_1071

せっかくやから、2016年最後の家族写真を。

今回のスキー旅行の宿泊先はダンナの保養所でしたが、
節約のためにもアパートタイプで自炊でした。
しかし、大晦日の晩のチェノ―ネ(年越し大夕食会)があるというので
せっかくだから行ってきました~町から戻って、20時前に夕食会開始です!

IMG_1079

まずは前菜盛り合わせ、海鮮マリネにサラミ&チーズ、ロシアンサラダのクロスティーニ。

IMG_1090

プリモは3種と聞いていて、絶対無理!と思っていたら、幸い、1皿にちょっとづつ。 
とはいえ、セコンドも3種あるので、唯一 トスカーナではあまり食べない
赤ラディッキオのラザニアは完食し、あとは半分づつ残しました。
結婚式のパーティとチェノ―ネは最初から飛ばし過ぎない事、配分が大事です(笑)

メイン一皿目は魚介のフライ、これは好物&揚げたてで美味しく完食♪
2皿目は鶏肉と青菜のソテー(半分、写真なし)、しかし・・・

IMG_1097-1

三皿目にして豚のすね肉とポテトのグリルはかなりキツく、味見程度でダウン💦

大晦日定番のコテキ―ノとレンズマメはメニューになかったのに
この後に「食べますか?」と回ってきた・・・( ゚Д゚)
それ知ってたら2皿目・3皿目はお断りしてたのにぃ~。
年越しにはずせないメニューやけど、もう入る隙間もないから断念。
デザートはレストランでなく別会場のディスコで年明けシャンパンとともに振舞われる、
とのことだったので、私たちはここで終了~!
スキーで疲れてもいたので、年明けを待つことなく、23時半には夢の中でした・・・

※ちなみに今回はキッズメニューもあり、子供たちはプリモはトマトソースのパスタ、
メインはハンバーグにポテトフライ、と鉄壁のメニュー。 


selfmagazine

 私のことを知りたい方、単に見てみたい方、活動内容に興味のある方、
このマガジンを置いてもいいよ!と検討下さるイタリアンレストランや
イタリアに関係するショップの方、イタリアに関係なくても応援して下さる方、
個人・法人の方を問わず、無料で送付させて頂きます。

送付依頼は、こちらのお問合せフォームより
題名      ⇒ セルフマガジン送付依頼
メッセージ本文 ⇒ 送付先、依頼部数など
をご記入のうえ、送信ください。
(FBやブログへのコメントやメールではなく、お問合せフォームでお願いします)

※次回送付は、1月半ばとなりますので、ご了承くださいませ。

トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳なら


イタリア情報ブログランキング  

クリスマスシーズンの終わりを告げる3つのこと

9日間のスキー 合宿 旅行から戻り、バタバタと日常に戻っています。
12月8日から始まったクリスマス・シーズンは、
1月6日 の祝日・公現祭(エピファニア)で終わりとなり、
この日でお祭り気分から日常モードに戻ります。
(とはいえ、町のイルミネーションはツリーなどは
 イタリア人仕事遅いので まだもう少し楽しませてくれますよ) 

そんなシーズンの終わりを日常生活で感じさせてくれること、3つ。

1)ベファーナのお菓子入り靴下! 
子供のいる家庭やその親戚や近しい友人には切っても切り離せないイベント!
クリスマス・プレゼントの興奮から冷めやらぬ間に、
子供たちがワクワクするもう1つのイベントがこのベファーナの来訪です。
ベファーナは空飛ぶホウキに乗った老婆で、5日~6日の晩に子供のいる家庭を訪れ
暖炉や窓の近くにある靴下の中に、1年間良い子だった子にはお菓子を、
良い子じゃなかった子には炭やニンニクをおいていきます。

うちは今年スキーからの帰宅日だったので、お婆ちゃん宅に置いといてって言ってある、 
ということにして、7日にフィレンツェのマンマ宅に行ってきました。 

IMG_1344

もちろん、マンマがスーパーで買ったんですけどね💦
クリスマスが終わればスーパーはベファーナ用の特設コーナーができるので
うちの子たちも、他の子も皆気付いてると思うけど
一体、何歳までもらえるものなのだろうか?爆

IMG_1351

うちは、「良い子だったけど、まだまだできることもあるよ」 
ってことで、炭とニンニクも入ってます(笑)
この炭も、砂糖でできたものが売ってるので食べられますが、ただの砂糖で
うちの子も待ったく食べません。 

2)クリスマスツリー、デコレーションの片づけ


IMG_1355

イタリアではクリスマスが終わると、ではなく、6日に片づけるのが慣例です。
準備と同じように子供たちにも手伝ってもらって、ツリー、プレゼーペ人形、
日本の母が作ったクリスマス模様のステッチの額縁、自作リースも片づけました~。 
(で、明日は大掃除💦) 

3)プレゼーペ・ヴィヴェンテ
今年はスキーから帰宅日で間に合いませんでしたが、
近年は12月24日の晩と、1月6日の夕方におらが村で行われるイベント。

CIMG3331-1
(写真は2013年のものです) 

キリスト誕生のシーンを生きた人間が再現するもので、イタリア各地でも行われています。
おらが村のは、30分ほどの寸劇になっており、
毎年その年に生まれた赤ちゃんがキリスト役に抜擢されるんですよ。
公現祭は、まさに東方三賢士がキリストを訪問する日!
フィレンツェでもイベントが行われますが、私はおらが村のこれを見るので
実はフィレンツェのは見たことがありません(在住時代に行っておけばよかった~)

さ、明日からは子供たちも学校が始まるので、ホントにホントの日常生活に戻ります! 


selfmagazine

 私のことを知りたい方、単に見てみたい方、活動内容に興味のある方、
このマガジンを置いてもいいよ!と検討下さるイタリアンレストランや
イタリアに関係するショップの方、イタリアに関係なくても応援して下さる方、
個人・法人の方を問わず、無料で送付させて頂きます。

送付依頼は、こちらのお問合せフォームより
題名      ⇒ セルフマガジン送付依頼
メッセージ本文 ⇒ 送付先、依頼部数など
をご記入のうえ、送信ください。
(FBやブログへのコメントやメールではなく、お問合せフォームでお願いします)

※次回送付は、1月半ばとなりますので、ご了承くださいませ。


クリスマスイブは、昼も夜もアッバディア・サン・サルヴァトーレで

リヨンネタは少しお休みして、クリスマスの様子を。
我が家は例年通り、家族でオルチャ渓谷のばーちゃん村で過ごします。

今年は23日の晩に到着し、これも毎年恒例?足りないものを買い出しに
隣町のアッバディア・サン・サルヴァトーレのCOOPへ。
そのついでに大好きな旧市街にも寄ってみたら、
晩のイベント・フィアッコレの準備の真っ最中。

IMG_0782

修道院前の広場、大きな櫓が2つ。そして今年はとたくさん市も出るみたい!

IMG_0791

市役所前のツリー、今年は白が基調。

IMG_0793

そしてあちこちに小さな「フィアッコリーナ」が・・・可愛すぎる💛

IMG_0796

旧市街を外から、この外側の新市街は結構大きくお店やレストランもたくさんあります。

そして夜はまさに本番!のフィアッコレ。

IMG_0884

広場の真ん中には、イルミネーションでのプレゼーペ。

IMG_0882

おそらく初めて、子供たちと修道院のクリプタに入って

IMG_0893

プレゼーペも見てきましたよ。

IMG_0889

今年はイタリア国営放送RAIのニュースでも放映されるほど、年々盛り上がるイベント。
まだまだ世界的に有名ではにないにせよ、「シエナ人のパリオ」くらい
アッバディアの人はフィアッコレに情熱を注いでいます。

IMG_0909

市役所前のフィアッコレは18時点灯なので(一度点灯のシーンにも立ち会ってみたい)
私たちが行った21時はかなり燃え尽きてました。

IMG_0913

それから旧市街に入ると、もうそこは童話の世界!

IMG_0920

石造りの家、石畳だけでもそうなのに、クリスマスの飾りつけと控えめなイルミネーション

IMG_0918

そしてフィアッコレの炎・・・

IMG_0915

ここに来て「ああ、今年もクリスマスがきたんやな~」
としみじみかみ締める、私たち家族にとっても欠かせないイベントです。

IMG_0927

アッバディアは日本ではまだまだ馴染みのない町ですが
オルチャ渓谷に1日以上来られる方には、ぜひぜひ来てほしい町の1つです。
来る価値は絶対ありますよ~と声を大にして言いたいくらい!
おススメはやっぱりこのフィアッコレ~来年は日本の方をアテンドできるかな?

IMG_0903-1

モノクロにしても、雰囲気ありあり♪
 

セルフマガジンが完成しました!

selfmagazine

 私のことを知りたい方、単に見てみたい方、活動内容に興味のある方、
このマガジンを置いてもいいよ!と検討下さるイタリアンレストランや
イタリアに関係するショップの方、イタリアに関係なくても応援して下さる方、
個人・法人の方を問わず、無料で送付させて頂きます。


送付依頼は、こちらのお問合せフォームより
題名      ⇒ セルフマガジン送付依頼
メッセージ本文 ⇒ 送付先、依頼部数など
をご記入のうえ、送信ください。
(FBやブログへのコメントやメールではなく、お問合せフォームでお願いします)


トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳なら


イタリア情報ブログランキング

全ミッション完了!フィレンツェ・クリプレ探しの1日

何気に毎年恒例になりつつある、この時期のダンナとフィレンツェデート。
・・・という名の?クリスマスプレゼント・調達デーなんですが(笑)
息子たちをマンマ宅において、いざ~=3=3=3

IMG_0310

やっぱドゥオモのとツリーのコンビは最強!!

IMG_0311

近郊のテラコッタの町・インプルネータ製のプレゼーペ。
キリストはクリスマスに置かれるので今は空っぽ。

IMG_0320

ドゥオモ~シニョーリア広場のメインストリート、カルツァイオーリ通り。
ああ、人が多すぎるぅぅ~(て、私もその中の1人やけど)

家族内のクリプレはリクエスト制。
マンマは家着の上下セットってことなので、これもクリアー。
義妹は欲しいものが特にないってことだったので、ボデイソープなどのセット。
私は1年くらい前から目をつけていたバッグ。
ダンナは靴、とお互いに欲しいものを買ってあげる。

店巡りに必死すぎ&自宅で晩御飯予定だったので
今年こそ見たいと思っていた F-Light は今年も行けそうになく(涙)

IMG_0321

カルツァイオーリ通りからささっとレプッブリカ広場もズームで撮影。
だって、ホンマにすごい人でちょっとの移動も大変、大変💦

IMG_0328

暗くなってきて、ライトが映えるドゥオモをもう1枚!

IMG_0327

そこからサンマルコ広場へ向かうカヴール通りを行くと、
サンタ・ローラースケーター軍団が疾走 =3=3=3  動画はこちら からどうぞ!

子供たちのは一部マンマが、残りを私たちが担当だったので、
カヴール通りの老舗オモチャ屋に行きましたが見つからず💦
これに苦戦しましたが、最後に訪れたマニアックな店で発見!

IMG_0338

とりあえず、これで最後の最後にジェラートで一息つけましたが
通常ならホットチョコレートなのに、暑すぎてジェラートが美味しかったです。

IMG_0340

そして買えなかった残りのリクエストも、帰宅後にアマゾンですぐに発見し速攻購入!
なんと1日で全部終わってしまったという、奇跡的な結果に。
これで私も安心してリヨンに行けますぜ、ひっひっひ。

 トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳なら


イタリア情報ブログランキング
Profilo
Blogはリンクフリーですが、掲載記事・写真の無断コピー・転載・加工はお断りいたします。
トスカーナ自由自在

Facebookページも宣伝 にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
Commenti
記事検索
アクセスカウンター

  • ライブドアブログ