イタリア・トスカーナ専門コーディネイターのトスカーナ田舎暮らし

日常生活から仕事、イタリアの笑えない話など、人口1800人のド田舎から日々の生活を綴ります。

ジェラート

フィレンツェのジェラート屋さんで思う「差別化」ってそういうこと?

ランプレドットを食べた後、ジェラートを食べることにしたのですが
いつもこの辺りなら Perche' No! に行くところを、敢えて
わりと新しめのジェラート屋さん、Amorino に行ってみることにしました。

IMG_9070

前も何回か入ろうと思ったのですが、並んでた&高そうなイメージ、
そしてチェーン店っぽい感じが私好みではなかった・・・だって
ミラノだけでなく、パリ、ロンドン、NYと世界展開!!
(サイトを見ると、韓国、中東、南アメリカまで・・・日本に上陸する日も近いかも)

IMG_9081

でも意外とよかった!
そして店側はそんなこと考えてないかもしれんけど
「山ほどあるジェラート屋さんから選ばれるように」
してるなーと思ったことがありました。

1) オリジナリティ溢れるデコレーション!
いわゆるインスタ映えってやつでしょうか?
ここのジェラートは、デコレーションで(特に女子には)行きたくなります。

IMG_9088

バラのような盛り付け💛これだけで、なんかテンション上がります⤴
ポスターに出てたのは単にコマーシャル仕様かと思ったら、ホントでした(笑)
もう素材にこだわる、オーガニック、は当たり前。
ここはサイトにも、デコレーションにこだわるって書いていて、
そこをついているジェラート屋さんはあまりないかも。

ただ、一番外側のコーンの外に出ているので、早く食べないとたれてきます💦
写真はすばやく撮りましょう(笑)

2)  値段が絶妙
今、フィレンツェではジェラート屋さんのほとんどが、小=3ユーロくらい。
そこを、ここは2.90ユーロと10セントだけ安い!(笑)
1000円でなく980円、て日本でもよくあるけれど、
偶然ではなく、ちゃんと狙って価格設定してる気がします。

それより安い(でも美味しいよ!)のは、
Perche' No!(2.5ユーロ:2フレーバー)と 
Carraia (1ユーロ:1フレーバー、1.5ユーロ:2フレーバー)
Vivaldi(2ユーロ:2フレーバー)、Filo(具体的には忘れた!)
など、それほど多くはありません。

3)  ジェラートのバリエーションが多く、変わったフレーバーがある

IMG_9072

ズラリと並ぶフレーバー・・・ま、でもこのくらいは他でもなくはありません。
しかり数があるうえに、全く見たことのないフレーバーが数個、珍しいのも数個。
創業者はイタリア人のようですが、事業を始めたのがフランスだからか?
SPECULOOS や DOLCE DE LECHE などという、
聞いたことないフランスの?スイーツのフレーバーがあります。

そして一番驚いたのが、コレ!

IMG_9083

すだちのシャーベット!!
オーダーしてから見つけてしまったため、これは次回のお楽しみ💛

4)  ジェラート以外のスイーツも、超充実している
これもやっぱりフランス発祥だから?マカロンも食べれちゃう。

IMG_9073

それも、ジェラートにのっけられる。

IMG_9074

箱入りも売っている!

IMG_9075

その他にも、クレープやワッフル(ジェラート入り&のせ、トッピングもあり!)

IMG_9078

エスプレッソやホットチョコレート、コンビメニューみたいのも・・・

IMG_9080

選択肢が広いので、1人はジェラート食べたいけど、他の人は違うスイーツ食べたい
って時に便利・・・実際この日、私=ジェラート、ダンナ=クレープでした(笑)

5)  席数が多い
2番目の写真の右側にはテーブル&イス席、左にも更にテーブル&イス席の空間が。

6)  フリーWIFIあり、トイレもきれい
レストランやバールではほぼあるけれど、ジェラート屋さんではなかなかないこの2つ!

そして味も美味しかったので、また行ってしまいそうです。

9月から自分で考えをまとめ、現在プロと相談して、
また友人やリピーターさんから意見も聞いて、
トスカーナ自由自在のサイトを全面改訂している最中です。
イタリアの中ではメジャーな州「トスカーナ州」、そして日本語の情報も多い中で
いかにこのサイトを見つけてもらえるか?何かを依頼する時に選んでもらえるか?
この2か月ずっと考えているので、ちょっとヒントになった気がします。


セルフマガジンが完成しました!
selfmagazine
送付依頼は、こちらのお問合せフォームより
題名      ⇒ セルフマガジン送付依頼
メッセージ本文 ⇒ 送付先、依頼部数など
をご記入のうえ、送信ください。
(FBやブログへのコメントやメールではなく、
お問合せフォームでお願いします


 
トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳なら

ロゴ最終




【チンクエテッレ】丘の上にある穴場の村・コルニリア

チンクエテッレの5つの村は、果たして1日で周れるのか!?」、
モンテロッソヴェルナッツァに続く、3つ目の村の紹介はコルニリアです。

私の勝手な印象ですが、チンクエテッレの中では一番地味?
広告やサイトの記事で写真を見ることもないし、
一般の方のチンクエテッレの旅レポート・ブログにも出てこない・・・
それはやはり、
・チンクエテッレなのに海沿いにない(断崖絶壁にある感じではない)
・駅から更にバスに乗らなければならない(又はえっちらおっちら徒歩)

だからではないでしょうか?

それでも、ここだからこそ見られる景色もいろいろ。
そのまず1つ目が、駅の壁画。

IMG_8351

この壁画のある右から、道路にでる階段があるので、まずそこを上りましょう。
バスに乗るには、階段上がって左前方にBUSと地面に書いてある辺りです。
階段上がって右前方にバス停みたいなものもあり、奥にスペースがありますが
そこはバスがUターンするところです。
チンクエテッレカードでこのバスにも乗れるので、運転手さんに提示しましょう。

今回(9月7日)は人が本当に多くて、小さいバスはすぐにいっぱいになり
2回ほど乗れずに待ちました・・・その待ってる間にも、電車が来てまた列ができたり。
歩くと10分だよ、と運転手さんは言っていましたが、真夏にずっと上り道はキツイかも。
地図で見ると車道以外に途中から旧市街に行く階段もありますが・・・つ、辛そう💦

コルニリアに着いたら、バス停でまず帰りのバスをチェック。
そして、その広場の右にある住宅の多い地区へ行ってみましょう。
ここにあるのが、サンピエトロ教会。

IMG_8332

外側は地味ですが、中はパステル調のフレスコ画が美しい教会です。

CIMG7022

時間があればこちら側の散策も楽しいと思いますが、
時間の少ない方は、来た道を戻ってバスが停まる広場へ、反対側の旧市街へ行きましょう。

おススメは旧市街に入ってすぐ右のジェラート屋さん!!

IMG_8333

こんな風にちょっと路地を入って、すぐ左に小さな店があります。
奥の中庭にテーブル席やベンチもあるのが便利。

そしてこんな変わったフレーバーも!

IMG_8334

この右のうすい緑色の、なんとバジルのジェラートです。
これを選んだら「うちのオリジナルだよ」ってお兄ちゃんが喜んでくれました。
バジル嫌い、緑黄色野菜が嫌いな人は絶対ダメですが
ほのかな甘みの中にバジルがしっかり感じられる、とっても上品な味。
次行く時も、私はもう1回食べたいなーと思ったので、皆さんもチャレンジしてみて下さい!

旧市街の道は基本一本、まっすぐ行くだけ。
この道には家屋に入る階段があちらこちらにあり、

CIMG7008-1

そこに座って記念撮影が楽しいです~これは3年前、姪っ子&息子たち。

IMG_8346

そして今年、私と息子たちと💛

この道をまっすぐ行くと、左側に小さな教会が見えます。

CIMG7010

この脇の階段から上に上って、まずは教会内部を。

IMG_8336
こちらもパステル調の爽やかな内部です。

更に階段を上ると、バレーボールコートのある広場に出るのですが、
ここから海とマナローラを見ることができるんですよ。

CIMG7011

そして広場の一角にはまた階段があり、そこを上ると貸し部屋があったり
アーチの向こうに路地があったり、ほっこりする空間が広がっています。

blog

いつも駆け足なのですが、一度村を抜けて、全景を見てみたいコルニリア。

まとめますと・・・
※ 駅からは遠い(バスか徒歩)
※ 日本人には(おそらく)一番マイナーな村
※ 海は近くに感じられないが、上からの遠景が楽しめる
※ 小さい中に路地・階段・アーチがたくさん
※ 美味しいジェラート屋さんがある

続いては、マナローラに参ります!

セルフマガジンが完成しました!
selfmagazine
送付依頼は、こちらのお問合せフォームより
題名      ⇒ セルフマガジン送付依頼
メッセージ本文 ⇒ 送付先、依頼部数など
をご記入のうえ、送信ください。
(FBやブログへのコメントやメールではなく、
お問合せフォームでお願いします


 
トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳なら

ロゴ最終




サッカー以外のスポーツ体験!スポーツ&ストリートフードフェスタ

私が小学生の頃の男子の習い事といえば断トツ野球!
父が野球命のため、我が家の夜のTVはいつもナイター中継・・・
今でこそ日本も男子の習い事といえばサッカーと野球が2強だそうですが
イタリアでは、そもそも野球って何?てほど、超マイナーなスポーツなのです。

それが!うちの息子たちがこないだ野球のプチ体験をしてきました。

IMG_3071

しかも初めて?なのに、結構飛ばしてて、筋が良いのは祖父譲り?? 

IMG_3074

孫が誰も野球しなくて寂しそうっだったわが父が見たら、泣いちゃうかも(笑) 

実はこれ、先週末にフィレンツェで行われた「スポーツとストリートフード祭り」にて
いろんなスポーツのチームや協会が体験をさせてくれていたのです。
野球のコーナーはちょうど中学生くらいかな?
イタリアでは全く見慣れない野球の練習着で、普及に?努めていました。

野球以外にもバレーボール、バスケットボール・・・
サッカーの試合後なのにまだまだ元気(笑)

IMG_3055

スケボーは最初は若いお兄ちゃんが教えてくれたけど、なかなか難しい!

IMG_3083

ボクシング、柔道・・・

IMG_3156

先生が遊びながら、締め方や外し方を教えてくれます。

IMG_3166


面白かったのはヨットで、小さい子には自由にやらせていたけれど

IMG_3095

うちの長男たち(小5・4)には、真剣に教え込むおじさん!
おじさんの後ろに風を作り出す機械があり、風に対する帆の状況と操作の仕方について
やる前、やってる途中、やった後も熱血指導でした。

ストリートフードは全部で10台くらいの屋台トラックが立ち並び

IMG_3047


こんなカワイイAPEのシーフードフライ屋さんも。 
 
17799221_10208557877199673_1328321568495142315_n

ダンナと子供たちはフライ、私はキアニーナ牛バーガーを食べ

IMG_3141

〆はやっぱりジェラートで・・・人気ジェラテリアの carapina!トラックもきてた♥

春~秋は屋外イベントがたくさんあるので、
子供が喜びそうなのを見つけて、また行ってきたいと思います♪ 


セルフマガジンが完成しました!
selfmagazine
送付依頼は、こちらのお問合せフォームより
題名      ⇒ セルフマガジン送付依頼
メッセージ本文 ⇒ 送付先、依頼部数など
をご記入のうえ、送信ください。
(FBやブログへのコメントやメールではなく、
お問合せフォームでお願いします

 

トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳なら

イタリア情報ブログランキング     

【イタリア旅行を楽しむ為の予備知識】スラれる&騙されるパターン集

先日、私のヴェネツィアで騙されかけた話が反響大きかったので、まとめてみました!
残念ながら、旅行者はもちろん、住んでても(イタリア人でも)被害にあうことも。
楽しいはずの滞在を台無しにしないように、予防線を張っておきましょう。

最近のジプシー&悪い奴はキレイな恰好をしています。
イタリア語も上手で、全く一般人と区別がつきません!!


これを踏まえた上で、どうぞ!!

1)駅にて
①自動券売機にて 

電車自動販売機・フィレンツェSMN

 聞いてもいないのに、券売機に行く前から「券売機はこっちだよ」 
 前に立つと「教えてあげるよ」 「ここ押すんだよ」
 と、とにかくアーヤコーヤ言ってきます。
 全く相手にしないか、しつこかったらNOを連呼(最後は大声)しましょう。
 手を出してきて触ろうとしたら(画面やカード挿入・ボタンなど)振り払いましょう。
 

②ホームにて
 イタリアの電車の乗車口は、大半が2段ほど階段になっているため、
 スーツケースを持った女性や年配の方が「持ってあげるよ」詐欺に目を付けられます。
 手伝ってお金をせびるパターンと、そのスキに鞄から財布をスるパターンがあります
 本当に親切で手伝ってくれる人も皆無でないので何とも言えませんが、
 鈍行ならともかく、観光地だと99%が怪しいと思います。

IMG_1935

 写真はミラノ中央駅、このように切符を持っている人しか入れないようになってるので
 ホーム内で悪さをする人はかなり減ったと思われますが、注意しましょう!
 ちなみにフィレンツェはユーロスター&イタロなどの高速電車のホームに入る際、
 切符確認の人がいて、仕切りがあります。
 鈍行は基本的にフリーですが、ピサへ行く路線には同様に切符確認&仕切りがありました。

2)商店・バールにて
店舗を構えたチェーン店、お土産屋さん、服関係のショップでは少ないかと思いますが
市、バールなどでよく聞くのが、日本人と見て値上げする、お釣りをごまかす、です。
バールは老舗の有名バール以外なら、座らなければエスプレッソ1ユーロ前後、
カップチーノ1.2~1.5ユーロが一般的。

また、お釣は(出した金額)-(商品金額)を差し引くやり方でなく
(商品金額)に金額を足して、出した金額になるようにお釣りを出していく場合があります。

P1200882

【例えば、17.5ユーロの商品に50ユーロ払った場合】
50セントを出して、18(17,5+0.5)、
2ユーロを出して、20(18+2)、
10ユーロ札を出して、30(20+10)、
20ユーロ札を出して、50(30+20)と言いながら出していきます。
(コインでまとめて20、札でまとめて50、とする場合も)

慣れない渡され方でアレ?と戸惑ってしまうので、ごまかす人もいます。
私も一度やられましたが、「足りへんやんか」と速ツッコミしました。
お釣りの出し方に惑わされず、先に暗算してお釣りを把握しておき、
お釣りを渡し終わった後の金額が合うかどうか、で判断してくださいね。


3)ジェラート屋さんにて

IMG_2194-1

イタリア旅行のお楽しみの1つ、美味しいジェラート!ですが、
特に観光地のジェラート屋のいくつかは、小さいカップ&コーンを隠しているところがあり
前にドーンと5ユーロ以上の大きいカップ&コーンしかないように見せています。

あるいはサイズを言わなかったら、当たり前のようにドでかいサイズを勝手に選ぶことも。
どのジェラート屋さんも、一番小さいのは1.5~3ユーロからあるはず。
(写真はVivaldi、ちゃんと全種類をカウンターに出してます)

カウンターに大きいのしかなくても奥に置いてある小さいのを指さす、
Piu Piccolo (ピゥピッコロ=もっと小さいの)と言うなどして、罠に落ちないように。

ていうか、隠してるようなジェラート屋では食べない!が一番です。

4)貴重品やパスポートの携帯について
お金やカードは最低限を持ち歩き、上着の内ポケットやちゃんと閉まる鞄の底に入れましょう。
最近のスリは本当に巧妙で、スられた人は全く気が付きません。
お財布によく鳴る鈴をつけるのも1つの手です。
(私は3回スリにあった姑にプレゼントしました!) 
鞄はしっかり閉めて、開口部分が自分の体に密着している又は目につくように。
特に混んでるバスやお店に注意です。
パスポートは持ち歩かず、宿泊先のセフティボックスに入れて。
ない場合でも、 宿に置いておいて捕られる< 町でスられる
気がします・・・ただし、これは私の個人的な意見ですので・・・

皆さんが楽しくイタリア滞在されることを、切に願いますっ( `ー´)ノ


セルフマガジンが完成しました!
selfmagazine
送付依頼は、こちらのお問合せフォームより
題名      ⇒ セルフマガジン送付依頼
メッセージ本文 ⇒ 送付先、依頼部数など
をご記入のうえ、送信ください。
(FBやブログへのコメントやメールではなく、
お問合せフォームでお願いします



トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳ならイタリア情報ブログランキング   

全ミッション完了!フィレンツェ・クリプレ探しの1日

何気に毎年恒例になりつつある、この時期のダンナとフィレンツェデート。
・・・という名の?クリスマスプレゼント・調達デーなんですが(笑)
息子たちをマンマ宅において、いざ~=3=3=3

IMG_0310

やっぱドゥオモのとツリーのコンビは最強!!

IMG_0311

近郊のテラコッタの町・インプルネータ製のプレゼーペ。
キリストはクリスマスに置かれるので今は空っぽ。

IMG_0320

ドゥオモ~シニョーリア広場のメインストリート、カルツァイオーリ通り。
ああ、人が多すぎるぅぅ~(て、私もその中の1人やけど)

家族内のクリプレはリクエスト制。
マンマは家着の上下セットってことなので、これもクリアー。
義妹は欲しいものが特にないってことだったので、ボデイソープなどのセット。
私は1年くらい前から目をつけていたバッグ。
ダンナは靴、とお互いに欲しいものを買ってあげる。

店巡りに必死すぎ&自宅で晩御飯予定だったので
今年こそ見たいと思っていた F-Light は今年も行けそうになく(涙)

IMG_0321

カルツァイオーリ通りからささっとレプッブリカ広場もズームで撮影。
だって、ホンマにすごい人でちょっとの移動も大変、大変💦

IMG_0328

暗くなってきて、ライトが映えるドゥオモをもう1枚!

IMG_0327

そこからサンマルコ広場へ向かうカヴール通りを行くと、
サンタ・ローラースケーター軍団が疾走 =3=3=3  動画はこちら からどうぞ!

子供たちのは一部マンマが、残りを私たちが担当だったので、
カヴール通りの老舗オモチャ屋に行きましたが見つからず💦
これに苦戦しましたが、最後に訪れたマニアックな店で発見!

IMG_0338

とりあえず、これで最後の最後にジェラートで一息つけましたが
通常ならホットチョコレートなのに、暑すぎてジェラートが美味しかったです。

IMG_0340

そして買えなかった残りのリクエストも、帰宅後にアマゾンですぐに発見し速攻購入!
なんと1日で全部終わってしまったという、奇跡的な結果に。
これで私も安心してリヨンに行けますぜ、ひっひっひ。

 トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳なら


イタリア情報ブログランキング
Profilo
Blogはリンクフリーですが、掲載記事・写真の無断コピー・転載・加工はお断りいたします。
トスカーナ自由自在

Facebookページも宣伝 にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
Commenti
記事検索
アクセスカウンター

  • ライブドアブログ