イタリア・トスカーナ専門コーディネイターのトスカーナ田舎暮らし

日常生活から仕事、イタリアの笑えない話など、人口1800人のド田舎から日々の生活を綴ります。

チョコレート

【我が家の食卓】ティラミスは簡単!そしてバリエーションも無限!

IMG_7746

最近、やたら作っているティラミス。
基本はマスカルポーネベースのクリームに、液体に浸したビスコッティを重ねるだけ。
ベーシックなのは、ビスコッティをエスプレッソに浸し、
最後はカカオやチョコチップを トッピングしたものです。

材料(作りやすい分量)
マスカルポーネ・250g、卵2個、砂糖スプーン2杯、
ビスケット、エスプレッソ、カカオパウダーやチョコチップ・適量
エスプレッソを麦コーヒーに変えると、小さいお子さんも食べられます。
※本場のティラミスは生クリームは入りません!!
※ビスケットはあの固い「カントゥッチ(ビスコッティ・ディ・プラート」ではありません!
 日本でもおそらく手に入る、サヴォイアルディ・パヴェジーニなど
 液体が染みこみやすいビスケットなら何でもOKです。(ビスコなんかも良さそう)


IMG_2782

1)エスプレッソを沸かす、卵を卵黄と卵白に分ける
2)卵黄と砂糖、マスカルポーネをよく混ぜる
3)卵白を泡立て、2)に混ぜる
4)容器に、エスプレッソを浸したビスコッティを敷き、
  その上に3)のクリームをのせ、容器上部までビスコッティ&クリームの層を作る
5)カカオパウダーなどでトッピングし、冷やしてお召し上がりください♪

ね、簡単でしょう?

そして!!
「ビスコッティを浸すもの」とトッピングを変えるだけで
ティラミスは無限のバリエーションが作れるのです!!

アレンジ1) イチゴのティラミス

IMG_2496

トッピングがフルーツの場合、ソースは同じフルーツのジャムをお湯で溶かしたものです。
一番上だけでなく、間にも生の小さく切ったイチゴを挟むとボリュームUP!
左は普通バージョン。

アレンジ2) 桃のティラミス

14-1

なので、これは桃ジャム使用。

3) 抹茶ティラミス

IMG_2784

これは抹茶の粉をお湯で溶いて、ビスコッティに浸します。
アンコを挟むと更にボリュームアップ&和なティラミスに。
この日は抹茶が終わってしまったので(涙)、トッピングはチョコチップで。

まだやったことないけど

4) ヘーゼルナッツティラミス
  ヘーゼルナッツクリームを浸す材料に、トッピングはナッツで。

5) ヴィンサントティラミス
  トスカーナのデザートワイン・ヴィンサントに定番の組み合わせ・カントゥッチを浸して。
  アイディアはこの時のデザートからパクリました(笑)

ちなみに、ティラミスとは Tiramisu = Tirami su
tirare = 引っ張るという意味の動詞に、mi = 私の目的格、su = 上という単語から成り、
「私を上に引っ張って=私を元気づけて」という意味なんですよ♥

美味しいティラミスを食べて、テンション上げて ⤴ いきましょう~!!

セルフマガジンが完成しました!
selfmagazine
送付依頼は、こちらのお問合せフォームより
題名      ⇒ セルフマガジン送付依頼
メッセージ本文 ⇒ 送付先、依頼部数など
をご記入のうえ、送信ください。
(FBやブログへのコメントやメールではなく、
お問合せフォームでお願いします




トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳なら

イタリア情報ブログランキング   

心がザワついたら、パスタを打つ

IMG_2433

パスタネタに尽きたので、この日は久々の手打ちパスタ。

子供たちに「ラビオリはジャガイモのがいい?リコッタのがいい?」と聞くと、ジャガイモ~とのことだったので、ハイ、ご当地パスタ、ラビオリ・ムジェッラーニ(フィレンツェ北部地域=ムジェッロ地方) 、マッシュポテトの入ったラビオリです。パンチェッタ入れたりトマトペースト入れたりもあるけど、今日のはシンプルにニンニク・イタリアンパセリ・パルミッジャーノチーズで。

IMG_2432

生地をコネコネ、パスタマシーンで伸ばして具を入れ、切っていく、地道な作業を黙々と。この黙々とした時間が欲しかったのもあり、パスタを打つ。パスタを打つのは、心がザワついている時。この黙々と作業してる間に、気持ちを整理して、決着をつける。

1月に、かなり前に仕事をした事のある人物(イタリア人)から電話が。彼の仕事のことで私とコラボしたいのだと。正直、前に仕事した時にいい印象はなかった、どころかずる賢い奴、もっというと信頼できない奴だったので断ろうかと思ったが、話だけは聞いてやろう、とランチしに行った。悩んだ末、仕事がどう展開するか分からないし、注意しながら進めればいいか、と始めることにした。結果、見事に裏切られた。

あんなク○には1%とも気を緩めてはいけなかった、いや、信頼できない奴と分かっていながら、前に進んだ私が悪い。いい仕事になるかも、とスケベ心を出した私が悪い。最悪のケースを予想して注意したので最低限のロスであったせよ、気分悪いのは同じこと。あまりにムカつくので友人の弁護士に相談しようとか、彼の経営するアグリツーリズモのトリップアドバイザーページに書き込んでやろうとか、アグリまで押しかけてやろうとか、考えてはみたけど、いずれにせよ、気分悪いのは変わりない。泣き寝入りしたのではない、勝ち負けではない、こんなク○野郎にこれ以上時間を費やしたり、気分を害されたり、嫌な気分で過ごす時間の方がもったいない、そんな価値は、奴にはない。
それよりも、ホンマに、ホンマに、ホンマに・・・
私のアホーーーーー!!!
IMG_2435

こうして叫びながらもラビオリ80個完成。ソースは王道のラグー(ミートソース)で。

IMG_2439
 
家族もおかーさんのラビオリ!と喜び、手間暇かけただけに美味しく夕食を済ませ、100%でないけれどスッキリ。そうそう、私には大事な家族もいるし、友人もいるし、やる事もやりたい事もたくさんある。こんなク○野郎に振り回されている時間は1秒もない!!

そして更に嬉しい出来事が・・・

IMG_2441

リヨンで行きたいリストに入っていた有名店・ベルナションのチョコレート、友人が送ってくれた~こんな時だったので、うれし涙 ( ;∀;) 、マジで。すがすがしい気持ちでいけば嬉しい事がやってくるってこと。反省はしてもメゲずに、楽しくやってこ~。

 
人気ブログランキングへ
イタリア情報ブログランキング
Profilo

くみこ

フィレンツェ郊外の田舎にダンナ&息子2人で暮らす。通訳・翻訳、トスカーナ専門のコーディネイター・ライターの仕事をしつつ、愛着を持つトスカーナの田舎や小さな村、イベント、郷土料理レシピなどを発信・個人旅行の提案を行うサイト・トスカーナ自由自在を運営。
デカい・黒い・よくしゃべるので、日本人には見られないコテコテ関西人。

Blogはリンクフリーですが、掲載記事・写真の無断コピー・転載・加工はお断りいたします。
トスカーナ自由自在

Facebookページも宣伝 にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
Commenti
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ