イタリア・トスカーナ専門コーディネイターのトスカーナ田舎暮らし

日常生活から仕事、イタリアの笑えない話など、人口1800人のド田舎から日々の生活を綴ります。

トスカーナの休日

トスカーナ南部・アミアータ山の超コアな郷土料理、スコッティリア

今回のばーちゃん村の滞在で、私にとって最大のイベント(笑)が、

サグラ・ディ・スコッティリア=スコッティリアの食祭り!

(サグラ=イタリアの食祭りの総称です)


IMG_7435


ばーちゃん村からグロッセート方面に行く時に

「この村はこんな小さいけど有名な料理があって・・・」

とダンナから何回か聞いたことはあるけれど、名前はすっかり忘れていた私。

今回、ばーちゃん村に住んでいる義妹に

「スコッティリアの食祭りに一緒に行こうよ」と言われ、「何ソレ!?」と食いつく。

それなりにトスカーナ郷土料理は知ってる&食べつくしたと思っていたけれど

まだ知らない、もっとコアな郷土料理があるなんて、これは食べるしかない!!



スコッティリアは、ウサギ、鶏、子羊、豚などの数種類の肉を

辛いトマトソースで煮込み、トーストしたパンを添えた料理で、

(リヴォルノの魚スープ・カッチュッコの肉バージョン)

アミアータ山の村で食べられるもの。

中でもこのペッシーナ村が有名らしく、

まさにサグラもここペッシーナで行われました。


IMG_7438


食べてみた感想は・・・ウマい!!

でもマンマから聞いていた説明とちょっと違って、

パンも中に入っててカッチュッコというよりはリボッリータ・・・


てな訳で、「これはこれで美味しいけど、こんなのじゃない」、と

私以外の人はちょっと(いや、かな~り)不満が残ったようでしたが💦

ばーちゃんからマンマへ受け継がれた「もっと美味しい」レシピを

私も教えてもらったので、今度家で再現してみたいと思います♪

ちなみに、マルタのレストランでもメニューにありましたので
気になった方は、ぜひ💛



セルフマガジンが完成しました!
selfmagazine
送付依頼は、こちらのお問合せフォームより
題名      ⇒ セルフマガジン送付依頼
メッセージ本文 ⇒ 送付先、依頼部数など
をご記入のうえ、送信ください。
(FBやブログへのコメントやメールではなく、
お問合せフォームでお願いします


 
トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳なら

イタリア情報ブログランキング


夏の小さな村は、毎晩イベントが目白押し

おそらく大都市でも旧市街以外の地区で、中規模以下の町ではおそらくどこでも、

夏の夜、特に8月15日の祝日に向けての週はイベントが目白押しです。

もちろん、オルチャ渓谷のばーちゃん村でも、近郊の町・村でも、

私たちが滞在中、何かしらのイベントが毎晩ありました。


私たちは到着日はロッカのマルタのレストランに行き

翌日は昨年も行った、アミアータ山の夜の源泉トレッキングツアー

今年はなんと150人近くが参加!!


IMG_7284

それからカステル・デル・ピアーノの地区の屋台でピッツァ、そして旧市街散策。


IMG_7338

そして今回一番のイベントは、アミアータ山の郷土料理である

スコッティリアのサグラ(食祭り)へ(これは後日また別記事で紹介します!)
(これに行くために、コンティニャーノのラビオリをあきらめました)


IMG_7443

その夜ばーちゃん村では、バブルパーティと呼ばれるお祭りが・・・


IMG_7464

まさに、泡、泡、泡ーーーーーー!!!
私の息子たちはもちろん、ティーンズから幼児まで大はしゃぎ!
うちの次男は毎日あったら毎日行きたいと(笑)

IMG_7510


そして最後の夜は、ばーちゃん村の広場で、チャバッタ(薄い揚げパン)祭り。
最初にモッツァレッラチーズとサルシッチャを挟んで揚げたものを、
〆にヌテッラがけの揚げパンを。


普段、夜に出かけることは稀ですが、ばーちゃん村で過ごす夏は特別。

おかげで私と息子たちは、毎朝かなり遅~く起床の毎日ですが💦

ダラダラと の~んびりと5日間を過ごしました。


セルフマガジンが完成しました!
selfmagazine
送付依頼は、こちらのお問合せフォームより
題名      ⇒ セルフマガジン送付依頼
メッセージ本文 ⇒ 送付先、依頼部数など
をご記入のうえ、送信ください。
(FBやブログへのコメントやメールではなく、
お問合せフォームでお願いします


 
トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳なら

イタリア情報ブログランキング



避暑となるか?オルチャのばーちゃん村へ行ってきます

20170809_120841

・・・そして誰もいなくなった!?爆

相変わらず、クソ暑い日々が続くおらが村です・・・
(ま、とはいえフィレンツェよりはかなりマシなようですが)
毎年恒例で今日から数日、オルチャのばーちゃん村に滞在してきます。

・・・そこに住むばーちゃんや義妹からすると
「暑い!!!」そうですが、なんせ標高900m、
おらが村よりは倍くらい、フィレンツェよりは10倍くらい涼しいと推測されます。

ネット環境が希薄なため、ブログ更新は予約でたまっていた日本ネタを中心に、
FBページは現地からインスタ経由で写真を投稿したいと思います。
帰ってきたら南トスカーナネタ連発になりますので、楽しみにしていて下さいね。


セルフマガジンが完成しました!
selfmagazine
送付依頼は、こちらのお問合せフォームより
題名      ⇒ セルフマガジン送付依頼
メッセージ本文 ⇒ 送付先、依頼部数など
をご記入のうえ、送信ください。
(FBやブログへのコメントやメールではなく、
お問合せフォームでお願いします


 
トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳なら

イタリア情報ブログランキング


【おらが村で料理レッスンができるようになりました!!】

先日FBページでもつぶやいたように、

おらが村で料理レッスンができるようになりました!

4月のトレッキングプログラムで寄ったダニエーラの家。
ここで思いついたことを、たまたま湖で会ったダニエーラに聞いてみたところ、
「喜んで~💛」と快諾してくれました!!

それから話をして、下記のようにプログラムにしましたので、
興味のある方はこちらからお問合せ下さいね。

 おらが村の休暇の家に宿泊のお客様(夕食でのレッスンのため)
 基本、平日の16時半~夕食にかけての4品(週末は要相談)
 基本、2名様〜通訳付きで1名120ユーロ
 行きは休暇の家よりトレッキング、帰りは休暇の家まで車送迎

ダニエーラは地元給食センターの料理長であり、成人~中学生の3人のマンマ。
ご主人のフランチェスコは土建屋さんですが、チーズ作りが趣味。

IMG_4042
このリコッタが絶品!!!!
(ただし、お乳が出る春~8月まで限定です)

地元祭りでも数々の劇に出演するなど、ユーモアある温かい人柄で
日本からおらが村(しかも山ン中)にいらっしゃる皆さんをお迎えします!

IMG_3975
こんな絶景のおうちです!!!

実はすでに、9月に第一回レッスンが決まっています~。
その時に写真なども撮影して、サイトに公開したいと思いますので、お楽しみに💛
9月はおらが村長期滞在のお客様が2組、おらが村、ますます熱くなりそうです!!


セルフマガジンが完成しました!
selfmagazine
送付依頼は、こちらのお問合せフォームより
題名      ⇒ セルフマガジン送付依頼
メッセージ本文 ⇒ 送付先、依頼部数など
をご記入のうえ、送信ください。
(FBやブログへのコメントやメールではなく、
お問合せフォームでお願いします


 
トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳なら

イタリア情報ブログランキング


古き良き農家と人々の姿 ~ Battitura di grano

先日、ママ友に誘われて、ある農家の麦の脱穀作業を見に行ってきました。
場所を聞いたら、うちから10分くらい車で登ったとこ!

IMG_7021

脇の国道を通るだけで登ったことなかった、糸杉の並ぶ脇道を上り・・・
たどり着いたのが、ここ。

しかし・・・脱穀と藁プレス作業が終わっていたではないか (@ ̄□ ̄@;)!!
話によると作業はすでに7時前から開始していて、
私たちが到着した後の唯一の作業は、脱穀した麦の袋を運ぶだけだったという

IMG_7028

それでも汗だくのおらが村の男たち、そして長屋に入ると料理にいそしむ女たち
この農家は昔から、友人や近所の人に手伝ってもらって、お昼ご飯をふるまっているそう。

そして、こんな野次馬の私たちにも、農家のじいちゃんは牛小屋を見せてくれました。

IMG_7052

しかもただの牛ではなく、フィレンツェ風ビステッカで有名なキアニーナ牛!
一頭一頭に名前があって、ちゃんと名前を呼んで近づくと顔をすり寄せてくる!

IMG_7047

牛舎の上に行く階段があったのでそこも覗くと、そこは藁置き場。

IMG_7053

この2階の穴から、牛舎に落ちるようになっていました。
「上に行くなら穴に気をつけろよ~」とじいちゃんが言っていたのはコレだったのか!

アグリツーリズモや農家に行くことも割合よくありますが、
ここまで昔~きっと1900年代前半くらい?にタイムスリップしたような風景は初めて。

IMG_7041

IMG_7040

IMG_7025

IMG_7051

IMG_7059

正面に見えるのが母屋で、ここの農家家族はまだここに住んでいます。
家には、かつてここの領主だったと思われる家紋があったり、
昔はこの裏に学校に一帯の農家の子供たちが通っていたことを聞いたり、
昔のおらが村が目に浮かぶよう。

見渡す限り、きっと100年前と変わらない風景。

IMG_7046

IMG_7048

IMG_7060

そして牛の糞・・・ローマで視察した有機農家と同じ!

来年こそは、脱穀作業を見られるように早起きしよう ( `ー´)ノ


セルフマガジンが完成しました!
selfmagazine
送付依頼は、こちらのお問合せフォームより
題名      ⇒ セルフマガジン送付依頼
メッセージ本文 ⇒ 送付先、依頼部数など
をご記入のうえ、送信ください。
(FBやブログへのコメントやメールではなく、
お問合せフォームでお願いします


 
トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳なら

イタリア情報ブログランキング


Profilo
Blogはリンクフリーですが、掲載記事・写真の無断コピー・転載・加工はお断りいたします。
トスカーナ自由自在

Facebookページも宣伝 にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
Commenti
記事検索
アクセスカウンター

  • ライブドアブログ