イタリア・トスカーナ専門コーディネイターのトスカーナ田舎暮らし

日常生活から仕事、イタリアの笑えない話など、人口1800人のド田舎から日々の生活を綴ります。

トスカーナの小さな村

日々の中の絶景 vol.10 ばーちゃん家に向かう、南トスカーナの秋の風景

先週末は、オルチャ渓谷のばーちゃん村へ行っていました。
今回はコッレ・ヴァル・デルザ郊外の大型スポーツ店に寄ったので、
下道からモンテリッジョー二がよく見えました。

IMG_20171014_154443

よく通るのに、中へは中世祭り以来行っていないモンテリッジョー二、
久しぶりに行きたくなりました。
バスが通っていたので、バスツアーを企画しても良いかも?

それからシエナから再度下道に戻り、南下していくと、
10分くらいでド田舎の景色になります(笑)

IMG_9101

それから通る町は、ブオンコンヴェント。
「イタリアの最も美しい村」にも選ばれています

IMG_9111

ここも通るだけで、しばらく行っていません。
ここは電車の駅が旧市街から近いので、こちらも電車ツアーに入れるつもりです。
(サイト改訂をお楽しみに!)

ここを過ぎると、いわゆる「ォルチャ渓谷」ゾーンに入ります。
お馴染みの・・・

IMG_9123

サン・クイーリコ・ドルチャ郊外の糸杉。
今回も車窓からの撮影なので、うまーくトリミングしています(笑)

それからサン・クイーリコ・ドルチャ

IMG_9127

予想とおり?チンタラ走っていたバスが曲がってくれた(笑)

かさこさん撮影ツアーでも止まった、ピンクの家&糸杉。

IMG_9131

それから、ロッカ・ドルチャのテンテンナーノ要塞を見上げ、

IMG_9138

カスティリオーネ・ドルチャを右に・・・

IMG_9139

車道の左側、ここからの眺めがまさに、「ザ・オルチャの風景」
ここからばーちゃん村まではあと少し。

IMG_20171014_183021

ばーちゃん村に着いて、夕飯前にちょっと外に出ると、こんな夕焼けが💛
秋のオルチャ、最高です!!


セルフマガジンが完成しました!
selfmagazine
送付依頼は、こちらのお問合せフォームより
題名      ⇒ セルフマガジン送付依頼
メッセージ本文 ⇒ 送付先、依頼部数など
をご記入のうえ、送信ください。
(FBやブログへのコメントやメールではなく、
お問合せフォームでお願いします


 
トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳なら

ロゴ最終



トスカーナで料理教室、どこで?誰とやる?

トスカーナ自由自在で紹介している料理レッスンは、を現在6つになりました。
分かりやすいようにまとめまてみましたので、参考にしてみてくださいね。

1) おらが村の休暇の家 → ダニエーラの森の家
【場所】 フィレンツェ北の山ン中、フィレンツェから直通電車+車で合計約1時間15分、
     休暇の家からダニエーラ宅までは30分程度のトレッキング(帰りは車送迎)
【開催最低人数】  2名~
【先生のタイプ】 三児の肝っ玉母さん・ダニエーラに、朗らかなフランチェスコ、
           もれなく?イオランダおばあちゃんもついてきます。
        
21733698_392580867811659_1480417486_o

【料理教室の特徴】  10年以上、自分たちで改築した家族代々の石造りの家に住む大家族。
             動物や菜園と暮らし、そこで採れる食材を中心に
             普段イタリアの家庭で食べられる料理を家族と一緒に作ります。
             食事も家族と一緒に、昔ながらの古き良きイタリアの暮らしが体感できます。

IMG_8475

【開催日】 平日の夕方のみ(週末の昼・夜は要相談)
【使用言語】 イタリア語のみ、日本語通訳必須
【料理教室1回の料金】  2名の場合の1名料金:120ユーロ(日本語通訳付)
【他のアクティビティ】  おらが村にてトレッキング、絵付け教室
              ワイナリー訪問(例年11月)オリーブオイル搾油所見学

参考ブログ記事 → 

) アントネッラのアグリツーリズモ

【場所】 フィレンツェ北の山ン中、フィレンツェから直通電車+ハイヤーで合計約1時間
【開催最低人数】  2名~
【先生のタイプ】  典型的イタリアの「オカン」・アントネッラ、雑談、ツッコミ多め(笑)
            もれなく相方の「オトン」・リッカルドもついてきます。

IMG_7451
    
【料理教室の特徴】  アグリで採れる野菜、ハチミツ、オリーブオイル、
             それ以外の食材も地元のこだわった生産者や組合のものを使用。
             だされるシロップジュースや食後酒も、
             敷地内で採れる植物から作った自家製。
             通常、前菜、プリモ、セコンド、ドルチェの4皿。
             こういった食材や自家製ものの作り方、
             食への姿勢などのお話もたっぷりなので日本語通訳必須、
             環境やオーガニック、エコロジーに興味のある方は特におススメ。

IMG_7742

【開催日】 平日の昼のみ(土曜日は要相談、日曜日は不可)
【使用言語】 イタリア語のみ(イタリア語堪能な方以外は日本語通訳必須)
【料理教室1回の料金】  2名の場合の1名料金:150ユーロ(日本語通訳付)
【他のアクティビティ】  乗馬、トレッキング

参考ブログ記事 →

3) オルチャ渓谷の可愛いプチB&B
【場所】 世界遺産オルチャ渓谷を見下ろす丘にある集落・ロッカドルチャ
     フィレンツェから車で2時間弱、シエナから1時間程度
【開催最低人数】  2名~
【先生のタイプ】  併設レストランのモデルみたいなシェフ・マルタ

IMG_5773

【料理教室の特徴】 B&B下にある併設のレストランの厨房でレッスンなので、
            使用するフライパンやコンロもプロ仕様。
            マルタは背が高くて美人でモデルさんみたいだけど、
            とっても親しみやすく、レシピもレストランのシェフだけあって
            ちょっとひとひねりあるレシピも多いです。
            通常、前菜、プリモ、セコンド、ドルチェの4皿。

DSC03968

【開催日】 基本的に春~秋の水・木・金のランチ(他の曜日も要相談、レストラン営業時間外)
【使用言語】 イタリア語・英語
【料理教室1回の料金】   2名の場合の1名料金:90ユーロ(通訳なしの場合)
【他のアクティビティ】  徒歩圏内に テンテンナーノ要塞 あり

参考ブログ記事 → 


 4) 風車のあるアグリツーリズモ
【場所】 フィレンツェ北部、フィレンツェから直通電車+ハイヤーで合計約40分
【開催最低人数】  2名~
【先生のタイプ】  イケメン男性シェフ・ミルコ、聞けば教えてくれるが基本控えめ。

IMG_9414

【料理教室の特徴】  アグリで採れる野菜、オリーブオイルを使用。
             それ以外の食材もレストランで使用する厳選素材。
             レストランの厨房でレッスンなので、
             使用するフライパンやコンロもプロ仕様。
             通常、プリモ、セコンド、ドルチェの3皿。

blog

【開催日】 毎週火曜日・木曜日の昼
【使用言語】 イタリア語・英語
【料理教室1回の料金】   2名の場合の1名料金:65ユーロ(通訳なしの場合)
【他のアクティビティ】  ワイナリー見学&テイスティング、乗馬など

参考ブログ記事 → 


) ジュリエッタの隠れ家的B&B
【場所】 パンツァーノインキアンティ、フィレンツェより直通バス+車で合計1時間半
【開催最低人数】  1名~(要相談)
【先生のタイプ】  ふくよかな知識豊富な先生・アンナ、丁寧な説明!

DSC_6150

【料理教室の特徴】 とにかくB&B自体の雰囲気が最高。
             アンナは料理レッスンの経験豊富で、
             なんでそうしないといけないのか?などの解説がとても丁寧、
             シンプルなレシピでもぐぐっと差の出るコツを押さえてくれます。
             エプロン、レシピ本(英語)プレゼント。
             通常、プリモ、セコンド、ドルチェの3皿。

DSC_6537

【開催日】 基本的に何曜日でもランチでも晩でもOK
【使用言語】 イタリア語・英語
【料理教室1回の料金】  2名の場合の1名料金:130ユーロ(他グループと一緒、通訳なし)
【他のアクティビティ】  同じパンツァーノの別ワイナリー訪問可能

参考記事 →


6) ステファーニアのクッキングクラス

【場所】 グレーヴェインキアンティ上の集落、
      フィレンツェより直通バス+車で合計1時間15分ほど
【開催最低人数】  1名~(要相談)
【先生のタイプ】  テキパキしたキュートな先生・ステファーニア

P1150785

【料理教室の特徴】 丘の上の小さな集落・モンテフィオラッレの脇にあり、環境は最高。
             貸しアパート横のキッチンスタジオ(ステファーニア自宅)で行う
             料理教室の雰囲気はアンナと似ています。
             テーブルセッティングやインタリアも胸キュンものなので
             特に女性はたまらんと思います!
             英語もOK、エプロン、レシピ本(英語)プレゼント。
             通常、プリモ、セコンド、ドルチェの3皿。

corso di cucina-6

【開催日】 基本的に何曜日でもランチでも晩でもOK
【使用言語】 イタリア語・英語
【料理教室1回の料金】   2名の場合の1名料金:130ユーロ(通訳なしの場合)
【他のアクティビティ】  徒歩5分(目の前!)の別ワイナリー訪問可能


どこがいいのか?はやはり 皆さんの希望の優先順位 です。
場所なのか?先生のタイプなのか?予算なのか?
それぞれのサイトページには詳しい紹介や写真もありますので
そちらもぜひ覗いてみて下さいね★


トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳


イタリア情報ブログランキング  

空き時間を利用して・・・初秋の湖さんぽ

猫騒動の後、救急で処方してもらった抗生剤が終わりそうなのに
まだまだ腫れがおさまらないのもあって、ホームドクターの所へ行ってきました。
朝一に行ったのだけど9時開始で私は10番目。
ってことで、久々に湖のほうへ散歩に行ってみました。

IMG_8863

曇り空なのがちょっと残念。

IMG_8867

落ち葉の中にピンクの花がちらほら・・・野生のシクラメン!

IMG_8871

この実はなんの実かな?

IMG_8874

秋はやっぱりドングリ~この帽子が何とも可愛い💛

IMG_8869

これ、よくドライフラワーなんかとも見るけど、元はどんなんやろ?
と思っていたら、フィレンツェ田舎暮らし仲間のSAWAKOちゃん
緑の葉&花の写真を送ってくれてビックリ、よく咲いてるやつだったー。

IMG_8880

湖から、休暇の家に行くちょっと森の方へ

IMG_8883

ここに石造りの可愛いお宅があるのだけど、
紅葉と目印の車輪の赤が映えて、絵本の中に紛れ込んだよう。

そして戻りながらいろいろ見てると、こんな実がたわわに。

IMG_8890

パッションフルーツらしいのですが、触るとびっくり!ぼにょんぼにょん。
中は空洞でした(決して盗み悔いしようとしたのではありません💦)

IMG_8897

それからまた湖に戻り、黄色の落ち葉の道を行き・・・

IMG_8902

まだ時間があったので、上の方から遠回りして、とりあえずお散歩終了。

それから待合室で20分くらい待って、診察してもらった結果は
※まだ腫れがひいていないので、抗生剤は1日2錠で良いので続ける
※破傷風のワクチン2回目はドクターがするが、薬局で購入してくるように

その後、腫れもひいたので抗生剤はやめたものの、
破傷風ワクチンが薬局にない&保健所でも予約が取れないなど、
まだまだ後を引いております・・・皆さん、くれぐれも猫にはご注意を(苦笑)

セルフマガジンが完成しました!
selfmagazine
送付依頼は、こちらのお問合せフォームより
題名      ⇒ セルフマガジン送付依頼
メッセージ本文 ⇒ 送付先、依頼部数など
をご記入のうえ、送信ください。
(FBやブログへのコメントやメールではなく、
お問合せフォームでお願いします


 
トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳なら

ロゴ最終




コルトーナは、坂と階段の町

モンタルチーノのワイナリー訪問、そしてランチの後、
Mさん奥様リクエストのコルトーナへ。

21752940_1437559123018968_8133973643324764873_o

イタリアの小さな村の多くは、こんな風に高い場所にあります。
くねくねの坂道をのぼって、旧市街へ。

IMG_8660

コルトーナといえば、やっぱりこの広場ですよね。

実際に歩いて頂くと分かりますが、アップダウンの激しい町です。
旧市街に到着するロータリーからこの広場に行く道はほぼ平坦ですが、
そこから左右に出ている道は、こんな感じ。

IMG_8690

結構スゴイ勾配!
見てるだけなら、素敵だなー💛となりますが
ここを毎日上り下り、となると、なかなか大変だと思います。

IMG_8676

こちらの坂では、お父さんと幼稚園の娘さんが滑らないようにソロソロと下っていて
ご当人は大変だな、と思いながらも見ている私たちはほのぼの。

くるりと散策をして元の広場に帰ろうとしたら、この坂!

IMG_8679

Mさんご主人、どうやって降りようか?しばし固まってます(笑)

IMG_8680

下から見たら、こんな感じ。
坂部分と、なだらかな階段部分と半分づつになっていて、
階段側には細い鉄の手すりもついています。

IMG_8684

そして無事に広場に戻ってきました~。
広場手前にあるテラスで記念撮影。

短い時間のさらっと散策でしがたが、絵になる一角はカメラに収めて。

IMG_20170919_155732

IMG_8658

広場向こう側の道や、「受胎告知」鑑賞は次回のお楽しみ。

IMG_8686

私自身、コルトーナは2回目ですが、もっともっとゆっくりしてみたい町。
Mさん奥様もおっしゃってましたが、宿泊して夜の雰囲気も楽しみたい・・・

IMG_20170919_153010

名残惜しみながら、端のテラスからキアーナ渓谷の絶景を。

IMG_20170919_161348

ここの写真にはないですが、ドゥオモにも入りました。
それ以外は散策で、おおよそ45分。
こんな感じでささっとであれば小一時間、路地にもあちこち入って、
司教区美術館にも入って、お茶もして・・・となると2~3時間は滞在したいですね。

あるいは近郊の町と組み合わせて、数泊しての田舎の町巡りも楽しいですよ。

セルフマガジンが完成しました!
selfmagazine
送付依頼は、こちらのお問合せフォームより
題名      ⇒ セルフマガジン送付依頼
メッセージ本文 ⇒ 送付先、依頼部数など
をご記入のうえ、送信ください。
(FBやブログへのコメントやメールではなく、
お問合せフォームでお願いします


 
トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳なら

ロゴ最終





家族と集い、人生を楽しむ~イタリア人の「豊かな生活」

豊かな生活って何でしょう?

それは人それぞれですが、持っているお金やモノではない、
と、改めて思ったのは、先日のダニエーラの料理レッスンでした。

IMG_8444

ダニエーラ宅は夫婦に子供3人が5人家族、
そして同じ建物に入口だけ別でおばあちゃんが住んでいるのですが、
夏休み中は孫(ダニエーラの姪っ子)がずっと滞在。
私たちが料理中は、小5になるこのアンジェラちゃんもずっと一緒で
パスタ作業中はいろいろと手伝ってくれました。

IMG_8459

そして私たちが行った頃には、長男の友達が1人来ていて、
食べるころには私たちの家族もきて、80才のおばあちゃんから
8才のうちの次男までの、13人のながーいテーブルでの夕食。
そしておばあちゃんや長男の友達、うちのダンナまでが
自然に溶け込み、談笑し、ゆったりと食事を楽しむ。
さらに食後には彼らの友人が5人ほどかけつけて
テーブルに適当に入り込んで、一緒にデザートを食べる。

「こんなことはしょっちゅうよ~家族だけで食べることなんて稀」
と笑うダニエーラとフランチェスコは
「ホスピタリティ」という言葉も仰々しいと思えるほど、自然なんです。
時間に追われて、仕事に追われて、家族とも一緒にいられる時間がないなんて
ここでは全く考えられません。

その後、11月におらが村の映画館で公演をもくろんでると言う、
「ノートルダムの鐘」の練習が始まり、私たちも鑑賞されてもらいました。

IMG_8506

芸達者のフランチェスコも参加!

フランチェスコの本業は左官屋さんで、
この家も、昔ながらの石造りの実家を10年以上かけて1人で改修したもの。
そして、レジーナ桃の栽培やオリーブオイルなどの農業との2足のわらじで
3人の子供を育ててきました・・・そう書くと苦労人で大変な人生のように思われますが
当のフランチェスコは、ひょうひょうといつも笑っている人。
それだけでも大変そうなのに、おらが村の振興協会の一員として
ボランティアで設営をしたり、田舎祭りの寸劇やプレゼーペにも出演し、
10代の子がメインのこの「ノートルダムの鐘」にも・・・
見事な歌声を披露したにも関わらず、まだまだ練習しないとなー、なんて。

そういう彼を見ていると、自分が仕事や子供の事や、
イタリアのいろいろアホなことでイライラしてるのもアホらしくなるほど。
いろいろあっても、家族と友達と、楽しい時間を過ごす、やりたい事をやる。

21733698_392580867811659_1480417486_o

ダニエーラの料理レッスンに行って、なんかそういう
真の豊かな暮らしを見た気がして、ちょっと感動してしまいました。
料理だけはなく、そういったイタリアの田舎生活を体感して下さいね。
ダニエーレの料理レッスンレポ、前編後編
料金などの他の情報は、こちらをご覧下さい。

そしてその翌日・・・
「昨日渡し忘れたから!!!!」と、ラビオリを家まで届けてくれたフランチェスコ。

IMG_8511

思わず、ちょうど作っていた餃子をおすそ分けしました(笑)
※ここの家族、特に子供たちが日本文化・日本料理好き


セルフマガジンが完成しました!
selfmagazine
送付依頼は、こちらのお問合せフォームより
題名      ⇒ セルフマガジン送付依頼
メッセージ本文 ⇒ 送付先、依頼部数など
をご記入のうえ、送信ください。
(FBやブログへのコメントやメールではなく、
お問合せフォームでお願いします


 
トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳なら

ロゴ最終




Profilo
Blogはリンクフリーですが、掲載記事・写真の無断コピー・転載・加工はお断りいたします。
トスカーナ自由自在

Facebookページも宣伝 にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
Commenti
記事検索
アクセスカウンター

  • ライブドアブログ