イタリア・トスカーナ専門コーディネイターのトスカーナ田舎暮らし

日常生活から仕事、イタリアの笑えない話など、人口1800人のド田舎から日々の生活を綴ります。

トスカーナの町

トスカーナ北部のマイナーな町で、日本人女子アペリチェーナ!

怒涛の11月が光のように過ぎ去り・・・
フィレンツェ北部の田舎暮らし日本人仲間、chihoさんSAWAKOちゃん
アペリチェーナ=アペリティフ&夕食、に行ってきました!
chihoさんとは10月もランチしたけれど、3人で集まるのはこの時以来?

この日の会の趣旨はですね・・・

IMG_20171129_190553

フランス田舎在住でお友達の木蓮さんが、この夏、本を出版されました!
日本でのお祝いパーティを、指をくわえて?見ていたイタリア組・・・
よし、じゃあ勝手に祝っちゃおう!と(笑)
額縁や絵はSAWAKOちゃんの手作り~可愛い~💛

そして、ハッピーアワー(飲み物食べればブッフェでいろんなもん食べれる)スタート!

IMG_20171129_190607

ラザニア、クロスティーニ、コッパ厚切り&バルサミコ、オリーブ。

後でまた行けば他にもあったんだろうけど、何かしゃべりまくってて忘れており(爆)
食事モードになってきたので、メニューから各自1つづつ選んでオーダー。

IMG_20171129_195524

魚も肉も生好きな私は、即決で牛肉のタルタル💛
包丁で叩いているので、しっかり肉!と感じられる~うめぇ~!!

IMG_20171129_195547

あとの2つは、アーティチョークのクロストーネと

IMG_20171129_195544

コッコリ(揚げパン)!

1皿づつと言いながら、全部一緒に、3人でつつきまくって食べる。
そんで、美味し-!これも食べてみてー!とテンション上がるのがまた楽しい。
もちろん乾杯のプロセッコだけで済むわけなく、ワインも追加して、しゃべる、しゃべる!
仕事のことから子供のこと、アルパカのこと(!)から更年期のこと(!!)、
イタリアに来て最初の数年で辛かったこと、なんかも。
(今ならケッ!で済むけど当時は3人とも泣いていた・・・遠い目・笑う)

そして女子なので💛〆はやっぱりスイーツね。

IMG_20171129_211345

こうして夜は更けていき、私の終電はとっくに過ぎ(早すぎるし)
あっという間に4時間以上も居座ってしまいました。
なかなか夜1人で出かけることはできないので、ほんっと満喫!
うまくまた何か機会(言い訳?笑)ができれば、またやりましょう~💛


セルフマガジンが完成しました!
selfmagazine
送付依頼は、こちらのお問合せフォームより
題名      ⇒ セルフマガジン送付依頼
メッセージ本文 ⇒ 送付先、依頼部数など
をご記入のうえ、送信ください。
(FBやブログへのコメントやメールではなく、
お問合せフォームでお願いします


 
トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳なら

ロゴ最終




モンテプルチャーノはもうクリスマスムードたっぷり

アッバディアの後は、モンテプルチャーノへ。
この日はまだ11月22日だったのですが、もうクリスマスツリーが飾られていました!

IMG_0634

モンテプルチャーノの中心の広場、グランデ広場には
ツリーの他にクリスマスマーケットも設置されていました。

上の写真はドゥオモをバックに、下の写真は市庁舎をバックに。

IMG_0631

クリスマス・シーズンの始まりは本来なら12月8日ですが、
何だか年々早まっているような・・・もうハロウィンが終わったら、クリスマス、という感じ。
設置しだしても点灯は11月末にならないと、と思いきや、
すでに点灯まで始まっていました・・・

IMG_0658

それもそのはず!
「モンテプルチャーノのクリスマス」と題したイベントが、もう11月18日から始まっている!
公式サイトの気合いの入れ方もスゴイ!(笑)

クリスマス市、サンタさんのお城などの特設イベントは
12月2・3日、7・8・9・10日、15・16・17日、22~26日。
サンタさんのお城内では、ノービレワインなど4本の試飲&軽食が12ユーロ、
他にもスケートリンクやポニー乗馬など、いろんなイベントがあるようです。

IMG_0661

プラート門もこのようにいるイルミネーションが。

冬時間になると観光時間が短くなる~と思いがちですが、
逆にクリスマスシーズンは17時からすでに夜景、イルミネーションが見られて楽しいですね。
この時期にモンテプルチャーノに来られる方は
せっかくなので上記の市などが開いている週末に来てみてくださいね。
私ももう1回来て、1日かけてゆっくり周りたいな~。


セルフマガジンが完成しました!
selfmagazine
送付依頼は、こちらのお問合せフォームより
題名      ⇒ セルフマガジン送付依頼
メッセージ本文 ⇒ 送付先、依頼部数など
をご記入のうえ、送信ください。
(FBやブログへのコメントやメールではなく、
お問合せフォームでお願いします


 
トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳なら

ロゴ最終





偶然知ったトスカーナの古の長さの単位 - BRACCIO

こないだのピストイアに行った時、市役所の表にあったコレ・・・

IMG_4144

DOPPIO BRACCIO
ANTICA MISURA TOSCANA


直訳すると、「腕の倍、古のトスカーナのサイズ」。
調べてみると、イタリアでは統一するまでは各地に独自の単位があったようで
それもトスカーナ内でも一律でなく、長さだけでなく重さや面積までもがいろいろ。
このBRACCIOは長さの単位で、0.5836m
なので、倍は1.1672m、下にある1mよりも16cmほど長くなってるんですね。
ちなみに、フィレンツェと国とが単位統一に同意したのは1877年だそうです。

思いがけない場所で思いがけないことを知りました(笑)


セルフマガジンが完成しました!

selfmagazine
送付依頼は、こちらのお問合せフォームより
題名      ⇒ セルフマガジン送付依頼
メッセージ本文 ⇒ 送付先、依頼部数など
をご記入のうえ、送信ください。
(FBやブログへのコメントやメールではなく、
お問合せフォームでお願いします


 

トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳なら

イタリア情報ブログランキング   



フィレンツェからふらっと行きたい「ピストイア」~ドゥオモ広場

先日、仕事でピストイアに行ってきました。
ピストイア近郊には関係の視察通訳(懐かしい!)で15年前で1度、
ピストイアには2月の視察通訳で訪れましたが、町は全く見ることがなく。
今回は2月のクライアントさんの追加質問などのため、
代理インタビューという形で再訪することになり、
1時間半ほどで終了したので、さっそく町散策、開始!

初めての町に来た時は、いつも観光案内書で地図をもらいます。

IMG_4170

ちなみにピストイアは2017年イタリア文化首都に選ばれており、イベント盛りだくさん。
ピストイア県にはピノッキオの作家・コッローディの故郷もあります。

IMG_4171

まずは観光案内所もあるピストイアの顔、ドゥオモ広場。
すごく広く、市民がチャリで通過したり、立ち話してたり、ほのぼのした雰囲気。

正六角形の洗礼堂、表は白と緑の大理石でほっそり端正な美しさですが

IMG_4158

レンガ張りそのままの質素な内部、

IMG_4152

洗礼盤の中には、イベントで現代作家作の「キリストの復活」が展示されていました。

その前にはドゥオモ(正式名称はサン・ゼーノ大聖堂)と鐘楼。
元々は923年に遡る古さですが、今残っている姿は1200年代の改修により
ピサ・ロマネスク様式に・・・なるほど、ピサやルッカの教会と似ています。

IMG_4148

入口には、デッラ・ロッビアの彩色テラコッタが。

IMG_4157

内部はこんな感じ。

IMG_4166

IMG_4162

3廊になっていますが、左奥の礼拝堂は祈りをささげる人以外立ち入り禁止です。

入場は無料ですが、入口の表示では「サン・ヤコポの祭壇」と鐘楼が有料になっていました。
精巧な銀細工の「サン・ヤコポの祭壇飾り」は、入って右側の通路途中にありますが
門があり暗くなっているので(そのため写真はなし)、チケットを買って入場し、
照明もつけてくれるのではないかと思います・・・でも肉眼だったらそれなりに見えます(笑)

ピストイアと言えば、長男がお腹にいた2005年大晦日にダンナと観た映画、
「Ti amo in tutte le lingue del mondo(世界中の言葉で愛してる)」の舞台にもなり
このドゥオモ広場といえば、喜劇なのにうるっとくる、このシーン。
しかし、大聖堂と洗礼堂の間と思われるも、こんな騎馬像はなかったぞ?



監督と主演は喜劇俳優、レオナルド・ピエラッチョーニ
作品で兄役を務めるジョルジョ・パナリエッロ もフィレンツェ出身。
彼の映画は全てトスカーナで撮影されているんですよ。

そしてドゥオモ以外にも市庁舎、ポデスタ館、歴史的な建物で囲まれています。

IMG_4172

市庁舎前には子供たちのグループが💛
ちなみにピストイアは市の幼児教育施策が有名で、2月も今回も教育関係の仕事でした。
フィレンツェからも直通電車で30分強、ほど良い大きさの町で
幼児教育もホント素晴らしかったので、若いカップルには特に住みやすいはず!


セルフマガジンが完成しました!
selfmagazine
送付依頼は、こちらのお問合せフォームより
題名      ⇒ セルフマガジン送付依頼
メッセージ本文 ⇒ 送付先、依頼部数など
をご記入のうえ、送信ください。
(FBやブログへのコメントやメールではなく、
お問合せフォームでお願いします

 

トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳なら

イタリア情報ブログランキング  

10年前の思い出を訪ねて~取材通訳初経験の地へ

今回、naokoさんと yukikoさんと会った場所は、
トスカーナ州の北東の端っこ・サンセポルクロという町。
ウンブリア州とマルケ州の州境なので、私が一番遠かったという(苦笑)

IMG_2360

実は10年前、初めての新聞取材通訳で訪れたことがある。
記者さんの取材テーマが「ピエロ・デッラ・フランチェスカ」だったため、
2人でフィレンツェから電車とバスを乗り継ぎ、ピエロの故郷であるここを訪れたのだ。

IMG_2357

10年前だし、とにかく緊張の連続で必死だったから街並みもあまり覚えてなかったけど
今は一般公開されている、ピエロの生家(当時、今も財団)の事務所を見たとき、
まさに取材のあの時のシーンがフラッシュバックした。
当時は時間もなく事務所で話しただけだったけれど、今回は2階からこんなパノラマも堪能。

IMG_2406

それから、つい懐かしくて、まさに取材に行った足取りそのままに
ピエロの作品2点が収められている市立博物館へも行ってみた。

IMG_2412

「キリストの復活」は修復中だったけど、目玉の作品だけに、ちゃんと見られるようになっていた。

それからお2人とランチして、楽しい時間を過ごした後は
またしても取材の足跡をたどるように、今度はモンテルキという小さな村へ。

IMG_2437

ここには、「出産の聖母」という小さな作品がぽつりとある。
当時は帰りのバスの時間にギリギリで、町は全く見られなかったので
今回は散策も・・・ま、ちっちゃいので、今回は逆に時間が余りすぎたのだけど。

IMG_2470

10年前の取材ではピエロの作品を求めて、フィレンツェを拠点にこの2つの他、
アレッツォやリミニ、ペルージャとウルビーノへも足を伸ばした。
初めての取材コーディネイトと通訳で、準備段階から緊迫の毎日で、
1週間近い通訳本番は、毎日凹んだり、反省の連続で精神的にも辛かったけれど
記者さんが同じ大学の先輩で、移動の長い電車の中、たくさんおしゃべりもして
緊張をほぐして下さったことを、本当によく覚えている。

あんな経歴しかなかった私に、よくこんな大役を依頼されたな、と今でも思うと同時に
受けた私もよく受けたよな?と我ながら失笑・・・でもこの大役を果たせたおかげで
通訳としてやっていきたい気持ちが強まり、また、やれる少しの自信がついたのだから。
記者さんには、ただただ感謝の気持ちしかない。


セルフマガジンが完成しました!
selfmagazine
送付依頼は、こちらのお問合せフォームより
題名      ⇒ セルフマガジン送付依頼
メッセージ本文 ⇒ 送付先、依頼部数など
をご記入のうえ、送信ください。
(FBやブログへのコメントやメールではなく、
お問合せフォームでお願いします




トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳なら

イタリア情報ブログランキング   

Profilo

くみこ

フィレンツェ郊外の田舎にダンナ&息子2人で暮らす。通訳・翻訳、トスカーナ専門のコーディネイター・ライターの仕事をしつつ、愛着を持つトスカーナの田舎や小さな村、イベント、郷土料理レシピなどを発信・個人旅行の提案を行うサイト・トスカーナ自由自在を運営。
デカい・黒い・よくしゃべるので、日本人には見られないコテコテ関西人。

Blogはリンクフリーですが、掲載記事・写真の無断コピー・転載・加工はお断りいたします。
トスカーナ自由自在

Facebookページも宣伝 にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
Commenti
記事検索
アクセスカウンター

  • ライブドアブログ