イタリア・トスカーナ専門コーディネイターのトスカーナ田舎暮らし

日常生活から仕事、イタリアの笑えない話など、人口1800人のド田舎から日々の生活を綴ります。

トスカーナ料理

「ラ・ヴェルナ」の食堂で、たらふく食べる!

聖フランチェスコが聖痕を受けた巡礼地「ラ・ヴェルナ」。
ここでは何も期待していなかった(考えてもなかった)スゴイことが・・・
それは、REFETTORIO(修道院の食堂)での食事!!

入口で人数をチェックした紙をもらい、席に着くと、
「パスタどうします?ミートソースかトマトソースかビアンコか?」 と聞かれ、
私、ダンナ、長男はミートソースをチョイス。

IMG_3785

ビアンコ(白)の次男は、和えるのはオイルかバターか?でバターをチョイス。

IMG_3786

Fantozziの映画か!ってくらい大盛!!
(多すぎて残しちゃったけど・・・先に言わないとアカンかったね💦)

ここは、プリモ・セコンド・付け合わせ・果物までフルセットメニューのみ。
値段は250mlワインと水入れて、大人1人18ユーロで、お代わりも自由!!
(ワインなしは16・5ユーロ、子供は半額でした)

セコンドは肉のグリルで、鶏肉、鴨肉、豚肉、腸詰ソーセージ。
これもトレイを持ったおばちゃんが周ってくるので、どれが欲しいかを言うのですが

IMG_3789

「1個?2個?(答える前に2個入れられる)、豚も食べとき!」
と、言った以上に盛られてしまう(笑)
付け合わせはサラダ菜にフライドポテト、サラダ菜は各テーブルにボウルが置かれ、
ポテトフライはトレイで周ってくるので、子供たちはたんまり入れてもらってました。
最後は果物が入ったボウルがデデン!と来るので、各自皮をむいて頂きます。

おかげで皆、苦しいって程お腹がいっぱい・・・
でも安くてたくさん食べれるだけでなく、全てがシンプルだけどめちゃ美味しいんです。
長男は私よりも食べてたくらい ( ゚Д゚)

フルコースは無理~と言う方も、パニーノなどを注文して席で食べられ、
バールも併設しているので、お昼に、おやつにいつでも立ち寄ることができますよ。
食堂は門を入ってまっすぐ進み、右の建物にあります。

セルフマガジンが完成しました!
selfmagazine
送付依頼は、こちらのお問合せフォームより
題名      ⇒ セルフマガジン送付依頼
メッセージ本文 ⇒ 送付先、依頼部数など
をご記入のうえ、送信ください。
(FBやブログへのコメントやメールではなく、
お問合せフォームでお願いします

 

トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳なら

イタリア情報ブログランキング  


現地人が仕事中にランチに行く店を、簡単に見分ける方法

有名レストランやガイドに載ってるお店もいいですが、
フィレンツェみたいな観光地では、それらの店に現地の人が行く事はあまりありません。
普段、働いている現地人がランチに行く場所ってどこでしょう?

IMG_2621

それが簡単に分かる方法は、お店の入り口に貼ってある、これらのマーク!

その名もBUONI PASTO、会社から従業員に配られる「食券」です。
BUONI PASTOを発行している会社は数社あり、使えるBUONI PASTOがお店に貼ってあるんです。
つまり、会社でもらった食券を使って、現地の人がランチに来るってこと!

IMG_2637

うちのダンナの勤め先では、「Day」、1枚7ユーロ。
会社ごとに1枚の金額は決まっていますが、まわりに聞いてもだいたい7ユーロ前後。
なので、皆この金額程度のランチセットや、1皿+水+カッフェでそれくらいになる金額設定。
つまり、安くてボリュームも割とあって、それなりに美味しい。
観光客仕様でなく、普段イタリア人はこんなもの食べてるんや~ってのも分かります。
回転が早いのでゆっくりはできないけど、気軽にぱぱっと食べたい人にもオススメです。

先週はこのBUONI PASTOを使えるお店、PALLE D'OROへ。

IMG_2243

普段はダンナとランプレドットのパニーノを食べてばっかりですが、
今回はトラットリアでテーブル席へ。

IMG_2246

飲み助のアキエちゃんとチヨンは1リットル!と言ったけど、
感じよいおっちゃんに「まぁまぁまずハーフ持ってくるから、足りなかったら言って」とセーブされ、

IMG_2247

まずは皆でコッコリ(生ハム、揚げパン、ストラッキーノチーズ)をシェアし

IMG_2248

私は好物のうさぎ肉のリピエーノ=ここのは、中にアンティチョークが入ってて最高!

IMG_2250

そして私だけデザートも(笑)最後は〆のカッフェで20ユーロ。

ボリュームはもちろん多めで、仕事のランチの人は水とパスタをカウンター席で、
あるいはパニーノやお持ち帰りで済ませる人が多いです。
なのでテーブル席ではやや値段は高くなりますが、ゆっくり食べられます。

観光客の方でBUONI PASTOを持ってる人はいないと思いますが、
BUONI PASTOマークのあるお店で、現地人に混じって気軽なトスカーナ料理をお楽しみ下さい★


セルフマガジンが完成しました!
selfmagazine
送付依頼は、こちらのお問合せフォームより
題名      ⇒ セルフマガジン送付依頼
メッセージ本文 ⇒ 送付先、依頼部数など
をご記入のうえ、送信ください。
(FBやブログへのコメントやメールではなく、
お問合せフォームでお願いします




トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳なら

イタリア情報ブログランキング   


私の「営業マン」が約500人になりました!

先週の視察通訳のクライアントさんから、これも日本から持って来て頂きました。

IMG_2102

12月に制作した、私の初めてのセルフマガジン
ネットでやり取りしてデータでは見ていたけど、印刷物を初めて見られました。
手に取って、目で見て、読んで・・・なんかすごい感動 (*'▽')
迷った紙質・重さも理想通り、写真も思ったよりキレイに出ていたし
1冊目としては満足~自分の分身として、自信を持ってお渡しできるな!と再確認。

印刷部数は迷ったものの、かさこ塾フェスタで500部くらいは出るから、
と、かな~り思い切って1000部印刷したんやけど
あと500なくなるまで一体どれだけ時間かかるんや? とかなりビビってました。

が!!!友人の協力などもあり、この2か月ちょいで500部近くを発送、
私が日本にいない代わりに、あちこちで営業活動をしてくれています。
設置して頂いてるお店では、お客様との会話の糸口に使って頂いたり
個人でご依頼いただいた方も、イタリア語講座の仲間に配ると言って頂いたり
予想以上の反応を頂いて、ただただ嬉しい限り。

そこで気づいたのは、まだ今年のかさこ塾フェスタも始まってないから
各地で設置するとすると、今年の秋には1000部全部はけるんちゃうん?
・・・改訂版考えなアカンのんちゃうのん!? Σ(゚д゚lll) 
て気づいてしまいました💦 

さて、先週までにセルフマガジンを新たに置いて頂けるレストランが2つ増えました。
1つは 長野の本格的ピッツェリア・ホリウチ さん。

DSC_1132

イタリア製の薪釜を使い、オーガニック食材使用の安全で美味しいピッツァを
イートインはもちろん、オンラインで冷凍ででも購入して頂けます!

もう1つは 名古屋のトスカーナ料理店「オステリア・モカイオ」さん。

mocajo

モカイオという名前は、オーナーシェフが修行したトスカーナのレストランの名前だそうです。

この2軒を含めた設置店一覧は こちら をご覧ください。
近くに設置店がない方は、個人の方でも無料でお送りしてますので
下記のリンクよりお申込み下さいませ★

また、他に置いて頂いているお店などありましたら、サイトに記載させて頂きますので、
お手数ですが、こちらも下記リンクよりご連絡下さい★


セルフマガジンが完成しました!
selfmagazine
送付依頼は、こちらのお問合せフォームより
題名      ⇒ セルフマガジン送付依頼
メッセージ本文 ⇒ 送付先、依頼部数など
をご記入のうえ、送信ください。
(FBやブログへのコメントやメールではなく、
お問合せフォームでお願いします



トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳ならイタリア情報ブログランキング   
 

農家市での野菜が、関西・プーリア・トスカーナの郷土料理に変身!

おらが村では、冬場は月に1回、春~秋は毎週土曜日に農家市が出ます。
我が家の下にあるバス停横の広場でやってるとはいえ、
毎週土曜は日本語教室でフィレンツェに行く為、なかなか買えないのですが、
先週はお客さんが1人しかいなかったので、バス待ち時間にササッと購入!
(ダンナにあとで引き取りに来てもらう技!)
今回の購入品は・・・・

IMG_2096

スーパーで見かけなくなった黒キャベツが目的だったのだけど、
その他にもキャベツ、チーマ・ディ・ラーパ、サラダ菜、そして卵。
お会計は3.70ユーロ、卵6個が2ユーロなので
野菜だけならたったの1.70ユーロ=200円ちょい!!
土はもちろんナメクジ君もいっぱいの、新鮮で安全な野菜がこの値段やから、
ホント毎週土曜はちょっと早めに出てでも農家市で野菜を買わないと!!

そして、これらの品がどう化けたかと言うと・・・
まずはその日の晩、お好み焼き~♥

IMG_2098

先週の視察通訳のクライアントさんがたくさん日本食材を持ってきてくださった中に
お好み焼き粉&ソースもたんまりあったので、早速使わせて頂きました★

その翌日昼は、チーマ・ディ・ラーパ(菜の花)のパスタ。
プーリア州のレシピで、ニンンク、アンチョビ、パン粉を合わせます。

IMG_2101

chihoさん曰くトスカーナのチーマ・ディ・ラーパは蕾が少ないそうで、
実際、葉っぱだらけですが、美味しゅうございました♥

そして更に後日、トスカーナ郷土料理の決定版・リボッリータ &クロスティ―ニ。
レバーパテのレシピはこちら

blog

固くなったパンがたまってきたので、ずっとリボッリータをやりたかった ( `ー´)ノ
まだまだパンも黒キャベツもあるので、来週またやろうっと!


セルフマガジンが完成しました!
selfmagazine
送付依頼は、こちらのお問合せフォームより
題名      ⇒ セルフマガジン送付依頼
メッセージ本文 ⇒ 送付先、依頼部数など
をご記入のうえ、送信ください。
(FBやブログへのコメントやメールではなく、
お問合せフォームでお願いします



トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳ならイタリア情報ブログランキング   

オレンジが出回ってきたらリピートする、定番のお菓子

冬の到来、そしてオレンジが出回ってきたら必ず作るもの。

IMG_0853

スキアッチャータ・アッラ・フィオレンティーナ

本来はカーニバル時期からのお菓子なんですが、うちは前倒し(笑)
というのも、うちで作るおやつは子供発ち(特に長男)が間違いなく食べる、
チョコ系を中心としたマフィン一辺倒なので、そのバリエーションとして。
これは少なくとも次男が好物なので、この時期はマフィンとコレ、になります。

うちのばーちゃんから口頭で聞いた秘伝!?のレシピを受け継いでいます。
(学校行ってないので読み書きができない=記憶できてるのもスゴイ!)
量りいらず、日本でいう「カレースプーン」でただ混ぜるだけ!
レシピはこちら

IMG_1869

コレしかり、パスタしかり・・・
元気なうちにまだまだ聞けるものは聞いておきたい
写真や動画も密かに撮りまくってる日本人嫁でした。
(たまにバレて怒られるけど💦)

ちなみにトスカーナの「スキアッチャータ」はいわゆる「フォカッチャ」。

IMG_9815

スキアッチャーレ=(指で)押して作るので、そう呼ばれています。
(これは自作天然酵母で発酵が足りないけど、売ってるのはもっと分厚いです)

セルフマガジンが完成しました!

送付依頼は、こちらのお問合せフォームより
題名      ⇒ セルフマガジン送付依頼
メッセージ本文 ⇒ 送付先、依頼部数など
をご記入のうえ、送信ください。
(FBやブログへのコメントやメールではなく、お問合せフォームでお願いします


トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳なら



Profilo
Blogはリンクフリーですが、掲載記事・写真の無断コピー・転載・加工はお断りいたします。
トスカーナ自由自在

Facebookページも宣伝 にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
Commenti
記事検索
アクセスカウンター

  • ライブドアブログ