イタリア・トスカーナ専門コーディネイターのトスカーナ田舎暮らし

日常生活から仕事、イタリアの笑えない話など、人口1800人のド田舎から日々の生活を綴ります。

トスカーナ料理

おらが村の秋満喫プラン1日目~オリーブオイル搾油所見学

先日ブログでもご紹介したお客さま、無事におらが村滞在を終え、
旅の後半を過ごすフィレンツェへ移動されました。
その滞在の様子を、プログラムごとにレポートしていきますね=3=3=3

まず日本からフィレンツェご到着翌日、ランチ後におらが村へ移動、
その足でまずは、村の中心にあるオリーブオイルの搾油所へ。
(お荷物は駅まで迎えに来てくれたカルロが宿まで運んでくれました)

IMG_20171027_181425

今年の夏は全くと言っても良いほど雨が降らず、猛暑続きでした。
オリーブの出来は、一般的に量は少ないけれど質はまずまずとのこと。

IMG_20171115_160540

搾油所が稼働し始めると、村の中心はゴロン、ゴロンという音が響きます。
それは、昔ながらの石臼でオリーブをつぶしているから。
そして独特の、むわんと充満するオイルの匂いがたまりません。

IMG_20171115_153342

そしてクライマックスはやはり・・・

IMG_20171115_154939

円心分離器にかけた後に出てくる、鮮やかな黄緑色のエクストラ・バージン・オイル!!
毎回毎回、ここにパンを差し出して食べたい衝動にかられます。

垂れてくるオイルでは無理でも、すでに製品となった搾油所が生産する
オーガニックの新オリーブオイルは出来上がっているので、そちらを試食・・・
やっぱり、後でやってくる、このピリピリ感がトスカーナのオリーブ・オイルの特徴。
2014年のオリーブオイル不作から、生産者から直買いしない限り、
トスカーナ産のオリーブオイルをスーパーなどで見ることは本当に稀。

IMG_20171115_161116
瓶詰が終わってないので、購入希望を聞いてその場でボトル詰め&シール貼まで(笑)

ここのオリーブ・オイルは、まさにおらが村で生産した有機のオリーブを
昔ながらの石臼の低温抽出で搾油した、正真正銘のトスカーナ産のオリーブ・オイルです。
搾油所の見学が興味深いのはもちろんですが、ワイナリーの記事でも書いたように
生産した場所でテイスティングし、高品質のものが直買いできるというのも大きな魅力!

IMG_20171115_162150
マルケーゼの跡を継ぐニコーラと一緒に。

おらが村の搾油所は、12月頭まで稼働しています。
この時期にトスカーナにいらっしゃる方は、この残り3週間のチャンスをお見逃しなく!
お問い合わせはこちら


セルフマガジンが完成しました!
selfmagazine
送付依頼は、こちらのお問合せフォームより
題名      ⇒ セルフマガジン送付依頼
メッセージ本文 ⇒ 送付先、依頼部数など
をご記入のうえ、送信ください。
(FBやブログへのコメントやメールではなく、
お問合せフォームでお願いします


 
トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳なら

ロゴ最終




ピサ県の極上ビステッカのお店、Da Benito

今回のお客様の旅の一番のお楽しみは、美味しい食べ物とワイン。
初日のランチは一昨年も行かれた、Da Benito。

IMG_9333

私は一昨年に初めて聞いたのですが、スローフード協会のガイドにも載っている
この界隈では有名店・・・グルメ・ドライバーのジョヴァンニももちろん知っていました。

ここのお目当ては、そう、ビステッカ・アッラ・フィオレンティーナ、
フィレンツェ風Tボーンステーキです。

IMG_20171023_133000

どやっ!!

IMG_20171023_133004

更に逆サイドから、どやどやどやーーーーーっ!!

これで2キロ、男性3名+私で、最初に少しだけ野菜のスープを頂いて、
もうあとは肉三昧で、それでもお腹パンパンでした。
しかし焼き加減が絶妙で、外は炭火でカリカリ、中はしっとりと生・・・
焼き加減は聞かれませんでしたが、この加減がここのお店の定番なのでしょうね。
焼き過ぎると固いし、血がしたたるのは苦手だし、
でもこの焼き加減だと、量が多めでもすっと食べられてしまいます。
ちなみに上にのっているのは粒コショウではなく、ジュニパーベリーです。

平日のランチなのに、予約なしでは入るの難しそうなほど満席。
予約は電話のみでの受付ですが、どっかとは違って(爆)ちゃんと予約入ってます。
車でしか行けないですが、最寄のアルトパッショ駅か、
ルッカからタクシーで行くのもアリかな?と思います。

PIZZERIA TRATTORIA DA BENITO
店員さんも感じ良く、良いお店です♡

スープは写真ないですが、これぞトスカーナ!のほっこりとした味。
おそらくこのレシピを緩めにした豆スープに
キャベツ・黒キャベツ・パンが入ったもの・・・今度真似しよ♪


セルフマガジンが完成しました!
selfmagazine
送付依頼は、こちらのお問合せフォームより
題名      ⇒ セルフマガジン送付依頼
メッセージ本文 ⇒ 送付先、依頼部数など
をご記入のうえ、送信ください。
(FBやブログへのコメントやメールではなく、
お問合せフォームでお願いします


 
トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳なら

ロゴ最終




フィレンツェのソウルフード「ランプレドットのパニーノ」、どこで食べる?

フィレンツェのソウルフードといえば、やはりコチラ!
ランプレドット=牛の4番目の胃袋のパニーノです。
見た目やモツがダメ!という方もいますが、
フィレンツェ以外ではあまり食べられないものなので、ぜひぜひ!

ランプレドット好きの我が家は、家でもこのパニーノを再現しますが
先日、久々にフィレンツェで食べてきました。
今回行ったのは、こちら・Da' Vinattieri

IMG_9045

コルソ通りからこのアーチに入った路地にあります。

IMG_9052

お兄ちゃんが穴ん中に入ってます(笑)
このお兄ちゃんがとても感じ良い~ランプレドットに限らず
私的には、お店やレストランのスタッフの感じの良さ・悪さが超重要!

IMG_9054

パンを切って、グツグツと煮込んだランプレドットを取り出し、
それを切ってパンにのせます。

IMG_9056-1

それからグリーンソース(イタリアンパセリやニンニクのペースト)をのせ

IMG_9059

パンの上を突き刺し、その内側に煮込んだスープをしみ込ませる!
ほどよくしみ込んだスープがしっとり・・・この食感と出汁が超重要!

IMG_9062

はい、もう皆さん食べたくなりましたね(笑)

私たちはどこのが美味しいから!、とわざわざそこに行くことはなく
用事のある近くのランプレドット屋さんに行きます。
フィレンツェ旧市街にはランプレドット屋台はいっぱいあるし、
基本的に全部美味しい。
ただ、最近よくあるオッサレ~な店舗型のパニーノ屋さんでなく
ランプレドットしかやってないような、昔ながらの屋台が好きです💛

それでもどこに行くか迷う~!って方は、下記記事をどうぞ。
それぞれにグーグルマップ地図貼り付けてます。

フィレンツェ情報サイトでの美味しいランプレドット屋さん

※下記は旧市街内で、私もよく行きます
Il miglior lampredotto di Firenze
Trippaio del Porcellino
 (
piazza Del Mercato Nuovo、メルカート・ヌオーヴォ広場・金のイノシシの前)

Nerbone( Mercato Centrale、中央市場内)

IMG_0052
Nerbone のこの絵がすごく好き💛 でも一番混んでるのはここかも・・・

Il miglior lampredotto di Firenze
L’antico trippaio ( piazzetta Cimatori、チマトーリ広場)
Il miglior lampredotto di Firenze
Pollini - Sergio e Pier Paolo(via de’ Macci、デマッチ通り)

※下記は旧市街より外ですが、ダンナは友人からも良く聞く有名店!
Il miglior lampredotto di Firenze
Mario Albergucci( piazzale di Porta Romana、ポルタ・ロマーナ広場)
Il miglior lampredotto di Firenze
Aurelio(piazza Tanucci、タヌッチ広場)
Il miglior lampredotto di Firenze
Il miglior lampredotto di Firenze
I’ trippaio fiorentino(via Gioberti、ジョベルティ通り)
Il miglior lampredotto di Firenze
Il lampredottore(via caccini、カレッジ総合病院前)





Potrebbe interessarti: http://www.firenzetoday.it/cronaca/lampredotto-firenze.html
Seguici su Facebook: http://www.facebook.com/FirenzeToday


Potrebbe interessarti: http://www.firenzetoday.it/cronaca/lampredotto-firenze.html
Seguici su Facebook: http://www.facebook.com/FirenzeToday
セルフマガジンが完成しました!
selfmagazine
送付依頼は、こちらのお問合せフォームより
題名      ⇒ セルフマガジン送付依頼
メッセージ本文 ⇒ 送付先、依頼部数など
をご記入のうえ、送信ください。
(FBやブログへのコメントやメールではなく、
お問合せフォームでお願いします


 
トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳なら

ロゴ最終



Potrebbe interessarti: http://www.firenzetoday.it/cronaca/lampredotto-firenze.html
Seguici su Facebook: http://www.facebook.com/FirenzeToday


Potrebbe interessarti: http://www.firenzetoday.it/cronaca/lampredotto-firenze.html
Seguici su Facebook: http://www.facebook.com/FirenzeToday


Potrebbe interessarti: http://www.firenzetoday.it/cronaca/lampredotto-firenze.html
Seguici su Facebook: http://www.facebook.com/FirenzeToday




Potrebbe interessarti: http://www.firenzetoday.it/cronaca/lampredotto-firenze.html
Seguici su Facebook: http://www.facebook.com/FirenzeToday


Potrebbe interessarti: http://www.firenzetoday.it/cronaca/lampredotto-firenze.html
Seguici su Facebook: http://www.facebook.com/FirenzeToday


Potrebbe interessarti: http://www.firenzetoday.it/cronaca/lampredotto-firenze.html
Seguici su Facebook: http://www.facebook.com/FirenzeToday

トスカーナで料理教室、どこで?誰とやる?

トスカーナ自由自在で紹介している料理レッスンは、を現在6つになりました。
分かりやすいようにまとめまてみましたので、参考にしてみてくださいね。

1) おらが村の休暇の家 → ダニエーラの森の家
【場所】 フィレンツェ北の山ン中、フィレンツェから直通電車+車で合計約1時間15分、
     休暇の家からダニエーラ宅までは30分程度のトレッキング(帰りは車送迎)
【開催最低人数】  2名~
【先生のタイプ】 三児の肝っ玉母さん・ダニエーラに、朗らかなフランチェスコ、
           もれなく?イオランダおばあちゃんもついてきます。
        
21733698_392580867811659_1480417486_o

【料理教室の特徴】  10年以上、自分たちで改築した家族代々の石造りの家に住む大家族。
             動物や菜園と暮らし、そこで採れる食材を中心に
             普段イタリアの家庭で食べられる料理を家族と一緒に作ります。
             食事も家族と一緒に、昔ながらの古き良きイタリアの暮らしが体感できます。

IMG_8475

【開催日】 平日の夕方のみ(週末の昼・夜は要相談)
【使用言語】 イタリア語のみ、日本語通訳必須
【料理教室1回の料金】  2名の場合の1名料金:120ユーロ(日本語通訳付)
【他のアクティビティ】  おらが村にてトレッキング、絵付け教室
              ワイナリー訪問(例年11月)オリーブオイル搾油所見学

参考ブログ記事 → 

) アントネッラのアグリツーリズモ

【場所】 フィレンツェ北の山ン中、フィレンツェから直通電車+ハイヤーで合計約1時間
【開催最低人数】  2名~
【先生のタイプ】  典型的イタリアの「オカン」・アントネッラ、雑談、ツッコミ多め(笑)
            もれなく相方の「オトン」・リッカルドもついてきます。

IMG_7451
    
【料理教室の特徴】  アグリで採れる野菜、ハチミツ、オリーブオイル、
             それ以外の食材も地元のこだわった生産者や組合のものを使用。
             だされるシロップジュースや食後酒も、
             敷地内で採れる植物から作った自家製。
             通常、前菜、プリモ、セコンド、ドルチェの4皿。
             こういった食材や自家製ものの作り方、
             食への姿勢などのお話もたっぷりなので日本語通訳必須、
             環境やオーガニック、エコロジーに興味のある方は特におススメ。

IMG_7742

【開催日】 平日の昼のみ(土曜日は要相談、日曜日は不可)
【使用言語】 イタリア語のみ(イタリア語堪能な方以外は日本語通訳必須)
【料理教室1回の料金】  2名の場合の1名料金:150ユーロ(日本語通訳付)
【他のアクティビティ】  乗馬、トレッキング

参考ブログ記事 →

3) オルチャ渓谷の可愛いプチB&B
【場所】 世界遺産オルチャ渓谷を見下ろす丘にある集落・ロッカドルチャ
     フィレンツェから車で2時間弱、シエナから1時間程度
【開催最低人数】  2名~
【先生のタイプ】  併設レストランのモデルみたいなシェフ・マルタ

IMG_5773

【料理教室の特徴】 B&B下にある併設のレストランの厨房でレッスンなので、
            使用するフライパンやコンロもプロ仕様。
            マルタは背が高くて美人でモデルさんみたいだけど、
            とっても親しみやすく、レシピもレストランのシェフだけあって
            ちょっとひとひねりあるレシピも多いです。
            通常、前菜、プリモ、セコンド、ドルチェの4皿。

DSC03968

【開催日】 基本的に春~秋の水・木・金のランチ(他の曜日も要相談、レストラン営業時間外)
【使用言語】 イタリア語・英語
【料理教室1回の料金】   2名の場合の1名料金:90ユーロ(通訳なしの場合)
【他のアクティビティ】  徒歩圏内に テンテンナーノ要塞 あり

参考ブログ記事 → 


 4) 風車のあるアグリツーリズモ
【場所】 フィレンツェ北部、フィレンツェから直通電車+ハイヤーで合計約40分
【開催最低人数】  2名~
【先生のタイプ】  イケメン男性シェフ・ミルコ、聞けば教えてくれるが基本控えめ。

IMG_9414

【料理教室の特徴】  アグリで採れる野菜、オリーブオイルを使用。
             それ以外の食材もレストランで使用する厳選素材。
             レストランの厨房でレッスンなので、
             使用するフライパンやコンロもプロ仕様。
             通常、プリモ、セコンド、ドルチェの3皿。

blog

【開催日】 毎週火曜日・木曜日の昼
【使用言語】 イタリア語・英語
【料理教室1回の料金】   2名の場合の1名料金:65ユーロ(通訳なしの場合)
【他のアクティビティ】  ワイナリー見学&テイスティング、乗馬など

参考ブログ記事 → 


) ジュリエッタの隠れ家的B&B
【場所】 パンツァーノインキアンティ、フィレンツェより直通バス+車で合計1時間半
【開催最低人数】  1名~(要相談)
【先生のタイプ】  ふくよかな知識豊富な先生・アンナ、丁寧な説明!

DSC_6150

【料理教室の特徴】 とにかくB&B自体の雰囲気が最高。
             アンナは料理レッスンの経験豊富で、
             なんでそうしないといけないのか?などの解説がとても丁寧、
             シンプルなレシピでもぐぐっと差の出るコツを押さえてくれます。
             エプロン、レシピ本(英語)プレゼント。
             通常、プリモ、セコンド、ドルチェの3皿。

DSC_6537

【開催日】 基本的に何曜日でもランチでも晩でもOK
【使用言語】 イタリア語・英語
【料理教室1回の料金】  2名の場合の1名料金:130ユーロ(他グループと一緒、通訳なし)
【他のアクティビティ】  同じパンツァーノの別ワイナリー訪問可能

参考記事 →


6) ステファーニアのクッキングクラス

【場所】 グレーヴェインキアンティ上の集落、
      フィレンツェより直通バス+車で合計1時間15分ほど
【開催最低人数】  1名~(要相談)
【先生のタイプ】  テキパキしたキュートな先生・ステファーニア

P1150785

【料理教室の特徴】 丘の上の小さな集落・モンテフィオラッレの脇にあり、環境は最高。
             貸しアパート横のキッチンスタジオ(ステファーニア自宅)で行う
             料理教室の雰囲気はアンナと似ています。
             テーブルセッティングやインタリアも胸キュンものなので
             特に女性はたまらんと思います!
             英語もOK、エプロン、レシピ本(英語)プレゼント。
             通常、プリモ、セコンド、ドルチェの3皿。

corso di cucina-6

【開催日】 基本的に何曜日でもランチでも晩でもOK
【使用言語】 イタリア語・英語
【料理教室1回の料金】   2名の場合の1名料金:130ユーロ(通訳なしの場合)
【他のアクティビティ】  徒歩5分(目の前!)の別ワイナリー訪問可能


どこがいいのか?はやはり 皆さんの希望の優先順位 です。
場所なのか?先生のタイプなのか?予算なのか?
それぞれのサイトページには詳しい紹介や写真もありますので
そちらもぜひ覗いてみて下さいね★


トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳


イタリア情報ブログランキング  

トスカーナを旅する、ベストシーズンは?

「トスカーナに行くのに、一番良い季節はいつですが?」
よく聞かれる質問ですが・・・目的によります!
ので、季節ごとに何ができるか?など書いてみます。

【 オリーブオイル、栗など、食祭りがメインの方 = 秋 
 ➡ ブドウの収穫は9月、栗祭りは10月、

IMG_8672

   トリュフ祭りやオリーブの収穫・搾油は11月です。
   
IMG_8897

   日本の紅葉ほどは色とりどりではありませんが
   紅葉の中のトレッキング、また霧の風景も情緒があります。


【 都市~美術館や教会などの訪問がメインの方 = 冬 】
 ➡ 何より空いてます!
   フィレンツェで美術館などの入場待ちが少ないのが
   11月初旬~3月末ころ
   (クリスマス~1月6日の祝日、イースター期間は除く)
   冬の町も雰囲気があって悪くありませんし、
   寒くなったら、バールでホットチョコレートで休んだり
   冬には冬の楽しみ方もあります!

IMG_0328

   町に寄りますが、11月末~1月中までは
   クリスマスイルミネーションも見られますし、

IMG_0918

   アッバディアのフィアッコレ

CIMG3331-1

   おらが村のプレゼーペ・ヴィヴェンテなど、クリスマスのイベントも!

   都市では、大晦日にコンサートやカウントダウンイベントも行われますよ。


【 田舎滞在で屋外で過ごすのがメインの方 = 春 】

12

 ➡ 田舎らしい美しい風景が見られるのは、やっぱり春か秋。

CIMG4802-1
ピエンツァの城壁沿いから見る、春のオルチャ渓谷

   緑の大地、黄色の花やひなげしの風景は4~6月になります。


【 田舎メインで中世祭りやひまわり畑を見たい方、海へ行く方は= 夏 】

IMG_6035
 ➡ 茶色の大地は夏を通じて、ひまわり畑は例年7月、

9-e

  また中世祭りの大半は7~9月に集中しています。

P1070841
モンテリッジョー二の中世祭りは、例年7月の2・3週目末です!

秋や春の海も眺めるだけなら良いですが、海水浴はやっぱり夏!

IMG_6593-2
ジッリオ島、やっぱり島は夏が一番かな~。

私個人的には、海のある風景はやはり夏がテンションあがります⤴


何よりお休みがとれる時期や、フライトやホテルの値段などもありますが、
ぜひ参考にしてみてくださいね。


セルフマガジンが完成しました!
selfmagazine
送付依頼は、こちらのお問合せフォームより
題名      ⇒ セルフマガジン送付依頼
メッセージ本文 ⇒ 送付先、依頼部数など
をご記入のうえ、送信ください。
(FBやブログへのコメントやメールではなく、
お問合せフォームでお願いします


 

トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳なら

ロゴ最終





Profilo

くみこ

フィレンツェ郊外の田舎にダンナ&息子2人で暮らす。通訳・翻訳、トスカーナ専門のコーディネイター・ライターの仕事をしつつ、愛着を持つトスカーナの田舎や小さな村、イベント、郷土料理レシピなどを発信・個人旅行の提案を行うサイト・トスカーナ自由自在を運営。
デカい・黒い・よくしゃべるので、日本人には見られないコテコテ関西人。

Blogはリンクフリーですが、掲載記事・写真の無断コピー・転載・加工はお断りいたします。
トスカーナ自由自在

Facebookページも宣伝 にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
Commenti
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ