イタリア・トスカーナ専門コーディネイターのトスカーナ田舎暮らし

日常生活から仕事、イタリアの笑えない話など、人口1800人のド田舎から日々の生活を綴ります。

トスカーナ自由自在

トスカーナで料理教室、どこで?誰とやる?

トスカーナ自由自在で紹介している料理レッスンは、を現在6つになりました。
分かりやすいようにまとめまてみましたので、参考にしてみてくださいね。

1) おらが村の休暇の家 → ダニエーラの森の家
【場所】 フィレンツェ北の山ン中、フィレンツェから直通電車+車で合計約1時間15分、
     休暇の家からダニエーラ宅までは30分程度のトレッキング(帰りは車送迎)
【開催最低人数】  2名~
【先生のタイプ】 三児の肝っ玉母さん・ダニエーラに、朗らかなフランチェスコ、
           もれなく?イオランダおばあちゃんもついてきます。
        
21733698_392580867811659_1480417486_o

【料理教室の特徴】  10年以上、自分たちで改築した家族代々の石造りの家に住む大家族。
             動物や菜園と暮らし、そこで採れる食材を中心に
             普段イタリアの家庭で食べられる料理を家族と一緒に作ります。
             食事も家族と一緒に、昔ながらの古き良きイタリアの暮らしが体感できます。

IMG_8475

【開催日】 平日の夕方のみ(週末の昼・夜は要相談)
【使用言語】 イタリア語のみ、日本語通訳必須
【料理教室1回の料金】  2名の場合の1名料金:120ユーロ(日本語通訳付)
【他のアクティビティ】  おらが村にてトレッキング、絵付け教室
              ワイナリー訪問(例年11月)オリーブオイル搾油所見学

参考ブログ記事 → 

) アントネッラのアグリツーリズモ

【場所】 フィレンツェ北の山ン中、フィレンツェから直通電車+ハイヤーで合計約1時間
【開催最低人数】  2名~
【先生のタイプ】  典型的イタリアの「オカン」・アントネッラ、雑談、ツッコミ多め(笑)
            もれなく相方の「オトン」・リッカルドもついてきます。

IMG_7451
    
【料理教室の特徴】  アグリで採れる野菜、ハチミツ、オリーブオイル、
             それ以外の食材も地元のこだわった生産者や組合のものを使用。
             だされるシロップジュースや食後酒も、
             敷地内で採れる植物から作った自家製。
             通常、前菜、プリモ、セコンド、ドルチェの4皿。
             こういった食材や自家製ものの作り方、
             食への姿勢などのお話もたっぷりなので日本語通訳必須、
             環境やオーガニック、エコロジーに興味のある方は特におススメ。

IMG_7742

【開催日】 平日の昼のみ(土曜日は要相談、日曜日は不可)
【使用言語】 イタリア語のみ(イタリア語堪能な方以外は日本語通訳必須)
【料理教室1回の料金】  2名の場合の1名料金:150ユーロ(日本語通訳付)
【他のアクティビティ】  乗馬、トレッキング

参考ブログ記事 →

3) オルチャ渓谷の可愛いプチB&B
【場所】 世界遺産オルチャ渓谷を見下ろす丘にある集落・ロッカドルチャ
     フィレンツェから車で2時間弱、シエナから1時間程度
【開催最低人数】  2名~
【先生のタイプ】  併設レストランのモデルみたいなシェフ・マルタ

IMG_5773

【料理教室の特徴】 B&B下にある併設のレストランの厨房でレッスンなので、
            使用するフライパンやコンロもプロ仕様。
            マルタは背が高くて美人でモデルさんみたいだけど、
            とっても親しみやすく、レシピもレストランのシェフだけあって
            ちょっとひとひねりあるレシピも多いです。
            通常、前菜、プリモ、セコンド、ドルチェの4皿。

DSC03968

【開催日】 基本的に春~秋の水・木・金のランチ(他の曜日も要相談、レストラン営業時間外)
【使用言語】 イタリア語・英語
【料理教室1回の料金】   2名の場合の1名料金:90ユーロ(通訳なしの場合)
【他のアクティビティ】  徒歩圏内に テンテンナーノ要塞 あり

参考ブログ記事 → 


 4) 風車のあるアグリツーリズモ
【場所】 フィレンツェ北部、フィレンツェから直通電車+ハイヤーで合計約40分
【開催最低人数】  2名~
【先生のタイプ】  イケメン男性シェフ・ミルコ、聞けば教えてくれるが基本控えめ。

IMG_9414

【料理教室の特徴】  アグリで採れる野菜、オリーブオイルを使用。
             それ以外の食材もレストランで使用する厳選素材。
             レストランの厨房でレッスンなので、
             使用するフライパンやコンロもプロ仕様。
             通常、プリモ、セコンド、ドルチェの3皿。

blog

【開催日】 毎週火曜日・木曜日の昼
【使用言語】 イタリア語・英語
【料理教室1回の料金】   2名の場合の1名料金:65ユーロ(通訳なしの場合)
【他のアクティビティ】  ワイナリー見学&テイスティング、乗馬など

参考ブログ記事 → 


) ジュリエッタの隠れ家的B&B
【場所】 パンツァーノインキアンティ、フィレンツェより直通バス+車で合計1時間半
【開催最低人数】  1名~(要相談)
【先生のタイプ】  ふくよかな知識豊富な先生・アンナ、丁寧な説明!

DSC_6150

【料理教室の特徴】 とにかくB&B自体の雰囲気が最高。
             アンナは料理レッスンの経験豊富で、
             なんでそうしないといけないのか?などの解説がとても丁寧、
             シンプルなレシピでもぐぐっと差の出るコツを押さえてくれます。
             エプロン、レシピ本(英語)プレゼント。
             通常、プリモ、セコンド、ドルチェの3皿。

DSC_6537

【開催日】 基本的に何曜日でもランチでも晩でもOK
【使用言語】 イタリア語・英語
【料理教室1回の料金】  2名の場合の1名料金:130ユーロ(他グループと一緒、通訳なし)
【他のアクティビティ】  同じパンツァーノの別ワイナリー訪問可能

参考記事 →


6) ステファーニアのクッキングクラス

【場所】 グレーヴェインキアンティ上の集落、
      フィレンツェより直通バス+車で合計1時間15分ほど
【開催最低人数】  1名~(要相談)
【先生のタイプ】  テキパキしたキュートな先生・ステファーニア

P1150785

【料理教室の特徴】 丘の上の小さな集落・モンテフィオラッレの脇にあり、環境は最高。
             貸しアパート横のキッチンスタジオ(ステファーニア自宅)で行う
             料理教室の雰囲気はアンナと似ています。
             テーブルセッティングやインタリアも胸キュンものなので
             特に女性はたまらんと思います!
             英語もOK、エプロン、レシピ本(英語)プレゼント。
             通常、プリモ、セコンド、ドルチェの3皿。

corso di cucina-6

【開催日】 基本的に何曜日でもランチでも晩でもOK
【使用言語】 イタリア語・英語
【料理教室1回の料金】   2名の場合の1名料金:130ユーロ(通訳なしの場合)
【他のアクティビティ】  徒歩5分(目の前!)の別ワイナリー訪問可能


どこがいいのか?はやはり 皆さんの希望の優先順位 です。
場所なのか?先生のタイプなのか?予算なのか?
それぞれのサイトページには詳しい紹介や写真もありますので
そちらもぜひ覗いてみて下さいね★


トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳


イタリア情報ブログランキング  

時間や行程だけではない、コーディネイターの醍醐味とは

今回、ブルネッロのワイナリー訪問コルトーナ散策
通訳付きハイヤー1日ツアーをご依頼くださったMさんご夫婦。
まだトスカーナ自由自在のサイトもない7年前からのお付き合いです。
(のはず、記憶が定かでないですが、それくらい昔ってこと)

P1090041

ハイヤーの運転手はいつもジョヴァンニ。
1回目アテンドなしだったのですが、Mさんご夫婦はとっても気に入って下さって
「ハイヤー手配して下さい」でなく、毎回「ジョヴァンニお願いします」とご指名です。
そしてジョヴァンニも、予定が入っていたのに代役をたてて来てくれました。

※ 時々ジョヴァンニの代役を務めてくれるトンマーゾもブランドも好青年で
  いつも好評を頂いているので、ドライバーがジョヴァンニでなくても、どうぞご安心を!


そして今回も、「ジョヴァンニと写真撮りたい!」と

IMG_8692
コルトーナのテラスで、キアーナ渓谷の絶景をバックに

コーディネイターの仕事は、お客様の希望を聞き、それに合うように
場所、ハイヤーやランチの予約、タイムスケジュール、金額の提示など。
もちろんそれがメインなのですが、この時と同じように
日本とイタリアの人をつなぐ、という結果になることもしばしば。

先々週、おらが村の休暇の家に5泊して下さったTさんも、こんな写真を。

etsuko-1
高校生の長女ちゃんがセルフィーで(笑)

ここではオーナー家族と一緒にご飯も食べるので、
まさにちょっとしたホームステイ感覚のほっこりとした滞在です。
そしてTさんが好きなイタリアの歌手、カルロもファンだったことも判明し、
超・超・大盛り上がりだったとか!

IMG_8484
ダニエーラ家族、イオランダばーちゃんとのパスタ作りも印象的(笑)

そんな風に、私が信頼を寄せてコラボしてくれている人とお客様が
いろんな触れ合いを楽しんでくれたり、また再会したいと思ってもらえたら
まさにこれこそコーディネイター冥利につきるのです。
更に「次もまたくみこさんに」とおっしゃって頂けると、これまた感涙ものございます。

来月、再来月もリピーターさんが、
そしてセルフマガジンを置いてくださってるお店からの新規のお客様も
現在メールのやり取りをしてコーディネイト中。
その次も、またその次も来て頂けるように、最高の旅を提案したいと思います。


セルフマガジンが完成しました!
selfmagazine
送付依頼は、こちらのお問合せフォームより
題名      ⇒ セルフマガジン送付依頼
メッセージ本文 ⇒ 送付先、依頼部数など
をご記入のうえ、送信ください。
(FBやブログへのコメントやメールではなく、
お問合せフォームでお願いします


 
トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳なら

ロゴ最終




経験を積み、改良を積み重ねる大切さ

今回のモンタル―ノのブルネッロ・ワイナリー訪問
お客さまに喜んで頂けた、ワインが美味しかった、それ以外に
すごく大事なことに気づかせてもらったのです。

IMG_8579

オーナーのリッカルド。
サイトにも書いてますが、偉大なおじいちゃんの後を19才で継ぎ、
現在39才・・・こんなに若いのに、すでに人生の半分を
このワイナリーのオーナーとして生きています。

このワイナリーにお客様をお連れするようになって、もう6年。
初めての訪問の2011年10月を振り返ってみると、こんな感じ。

P1000056

その時はこんなテイスティングルームですが、翌月に来てみると

P1010335

出来立ての新テイスティング・ルームでした。
ブルネッロに革新を起こしたというおじいちゃんの意志、
新しい事にもどんどん取り組んでいく姿勢をしっかり受け継いでいます。
そして、今回も新しいことが!説明の内容がパワーアップしていました!

ブドウ畑での説明でも触れていた、標高や傾斜などが違う7つの畑。
テイスティングルームには、この7つの畑全ての土壌を入れた透明の容器があり
それを見せながら、それぞれの畑の土壌や気候の説明をしてくれ、

IMG_8610

更にモンタルチーノの地図でワイナリーの位置、畑の位置を説明。

リッカルドは
「19才で継いだって言っても、医者の父もワイナリーのこともしてたし」
と言うものの、ブルネッロの、しかも偉大なおじいちゃんの後を継ぐのは
19才の青年にはとんでもないプレッシャーと苦労があったはず。

IMG_8576

それでもきっと、真摯に情熱をもって仕事に取組み、
20年のキャリアを積んだ今でさえも、
しっかりと自分たちのワインを伝えるために、より良い説明を加えていく
・・・その姿勢に何だかジーンときたのでした。

私は彼ほどの経験はないけれど、トスカーナ自由自在のサイト開設から3年、
これまでの経験を通して考えてきたこと、もっと分かりやすく、
そして良いコンテンツを出していくために、今、サイトの改訂を検討中です。
こうやって、リピートで何回も来て下さるお客様のためにも。
トスカーナに行きたい!と感じている、まだ初めましての方のためにも。
そして、いつも私のお客様を温かく迎えてくれる、
宿泊施設やワイナリー、ドライバーさんと、たくさん仕事できるように。

どうぞ、お楽しみに!


セルフマガジンが完成しました!
selfmagazine
送付依頼は、こちらのお問合せフォームより
題名      ⇒ セルフマガジン送付依頼
メッセージ本文 ⇒ 送付先、依頼部数など
をご記入のうえ、送信ください。
(FBやブログへのコメントやメールではなく、
お問合せフォームでお願いします


 
トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳なら

ロゴ最終




コルトーナは、坂と階段の町

モンタルチーノのワイナリー訪問、そしてランチの後、
Mさん奥様リクエストのコルトーナへ。

21752940_1437559123018968_8133973643324764873_o

イタリアの小さな村の多くは、こんな風に高い場所にあります。
くねくねの坂道をのぼって、旧市街へ。

IMG_8660

コルトーナといえば、やっぱりこの広場ですよね。

実際に歩いて頂くと分かりますが、アップダウンの激しい町です。
旧市街に到着するロータリーからこの広場に行く道はほぼ平坦ですが、
そこから左右に出ている道は、こんな感じ。

IMG_8690

結構スゴイ勾配!
見てるだけなら、素敵だなー💛となりますが
ここを毎日上り下り、となると、なかなか大変だと思います。

IMG_8676

こちらの坂では、お父さんと幼稚園の娘さんが滑らないようにソロソロと下っていて
ご当人は大変だな、と思いながらも見ている私たちはほのぼの。

くるりと散策をして元の広場に帰ろうとしたら、この坂!

IMG_8679

Mさんご主人、どうやって降りようか?しばし固まってます(笑)

IMG_8680

下から見たら、こんな感じ。
坂部分と、なだらかな階段部分と半分づつになっていて、
階段側には細い鉄の手すりもついています。

IMG_8684

そして無事に広場に戻ってきました~。
広場手前にあるテラスで記念撮影。

短い時間のさらっと散策でしがたが、絵になる一角はカメラに収めて。

IMG_20170919_155732

IMG_8658

広場向こう側の道や、「受胎告知」鑑賞は次回のお楽しみ。

IMG_8686

私自身、コルトーナは2回目ですが、もっともっとゆっくりしてみたい町。
Mさん奥様もおっしゃってましたが、宿泊して夜の雰囲気も楽しみたい・・・

IMG_20170919_153010

名残惜しみながら、端のテラスからキアーナ渓谷の絶景を。

IMG_20170919_161348

ここの写真にはないですが、ドゥオモにも入りました。
それ以外は散策で、おおよそ45分。
こんな感じでささっとであれば小一時間、路地にもあちこち入って、
司教区美術館にも入って、お茶もして・・・となると2~3時間は滞在したいですね。

あるいは近郊の町と組み合わせて、数泊しての田舎の町巡りも楽しいですよ。

セルフマガジンが完成しました!
selfmagazine
送付依頼は、こちらのお問合せフォームより
題名      ⇒ セルフマガジン送付依頼
メッセージ本文 ⇒ 送付先、依頼部数など
をご記入のうえ、送信ください。
(FBやブログへのコメントやメールではなく、
お問合せフォームでお願いします


 
トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳なら

ロゴ最終





【レポ】モンタルチーノ・ブルネッロのワイナリー訪問

先日、リピーターのお客様とモンタルチーノへ行ってきました!

IMG_8572

とはいえ、前回ご一緒した時にモンタルチーノの町は行ってるので
今回は郊外のブルネッロのワイナリー訪問が目的です。

予約した時、オーナーのリッカルドに
「ちょうど収穫してる時だね」
て言われたので、収穫の様子が見れる!と楽しみにしてたのですが
お、終わってた~収穫はタイミングが大事なので仕方ないけど、残念!!

と、まずはブドウがないブドウ畑から、説明を開始。
ブドウは見られなかったけど、収穫直後だかれこそ!の機械が見られました。

IMG_8586

この段階で、粒のセレクトも全て手で行うそうです。

そしてこれも、収穫直後だから見られたもの

IMG_8592

ピストンを使って中を混ぜ、一次発酵するステンレスタンク。
ちょうど皮が上に浮いている状態です。

それから地下へ・・・

IMG_8598

ここにある樽で、2014、2015、2016年のブルネッロが熟成中・・・
温度調整は行わず、部屋の端にある石からしたたる雨で湿度を与えています。

IMG_8573

さ、続いては、待ちに待ったテイスティグタイム💛

2011年からできた新しいテイスティングルームには、
何十年前ものお宝ブルネッロも・・・ワイン好きにはヤバい空間です。

IMG_8578

今回のテイスティングはここで生産されている5種のワインより3種。

ロッソ・ディ・モンタルチーノ、
ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ、
IGT(地域特性表示ワイン)のトレフォーロ


リセルヴァは毎年作ってるわけではないので、今回のテイスティングではなし、
その代わり、今まで売り切れで飲んだことなかったIGTが!

IMG_8612

オリーブオイルの試飲も。
今年のブドウはこれだけ暑く雨が降らなかった割にはまずまず、
ただし量は例年より少ないそう。
オリーブの方がやや深刻で、質は悪くなさそうだけど、
かなり量が減る予想だそうです。

私はワインははっきり言ってそんなに詳しくないし、
どのブルネッロを飲んでも、ロッソと比べて芳香が違うな!やっぱ美味しいな!
くらいの感想だったのですが、今回頂いた2012年のはすごい好みでした。
熟成期間が長いブルネッロはどっしりと重く(あくまで私のイメージ)
あまり飲めないのですが、今回のはほのかな甘みがあり、とてもまろやか。

そして、私はどこのIGTワインもあまり好きになることはないのですが
他で飲むIGTよりクセが少なく飲みやすかったです。

IMG_8577

ブルネッロがやはり格別だった、とお客様もかなり気に入って頂き、
がっつり大人買いして日本に送ることに・・・こちらでも高いワインですが
日本ではブルネッロはやはり、とて~もとても高級らしいです。

生産者の元を訪れると、直接ワインを購入できるだけでなく
ワインの裏側にある生産の過程や、ワイナリーの歴史を知ることもできます。
そして何より、生産したその環境でワインを味わえること、
そして日本に帰ってからも、そのワインを飲むたびに
モンタルチーノの大地、ブドウ畑、生産者の顔が思い浮かんだり、
訪問した日のことがよみがえり、思い出にどっぷり浸る・・・
ただただお店で購入したのとは、全然違う味、全然違う楽しみ方になりますよ。

IMG_8614

そして、こんな絶景を見ながら次の場所へ移動です。


セルフマガジンが完成しました!
selfmagazine
送付依頼は、こちらのお問合せフォームより
題名      ⇒ セルフマガジン送付依頼
メッセージ本文 ⇒ 送付先、依頼部数など
をご記入のうえ、送信ください。
(FBやブログへのコメントやメールではなく、
お問合せフォームでお願いします


 
トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳なら

ロゴ最終




Profilo
Blogはリンクフリーですが、掲載記事・写真の無断コピー・転載・加工はお断りいたします。
トスカーナ自由自在

Facebookページも宣伝 にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
Commenti
記事検索
アクセスカウンター

  • ライブドアブログ