イタリア・トスカーナ専門コーディネイターのトスカーナ田舎暮らし

日常生活から仕事、イタリアの笑えない話など、人口1800人のド田舎から日々の生活を綴ります。

トレッキング

「ラ・ヴェルナ」からペンナ山へ、自然の美しさとたくましさに圧倒される!

たった1日の「ラ・ヴェルナ」訪問ですが、4つも記事が書けるくらい充実!
(今回が最後ですっ)


ランチでお腹いっぱいになった後は、このペンナ山へのトレッキング。
修道院のある大広場に行く手前から標識がでています。

IMG_3848

この写真の右側の坂から上っていきます。

IMG_3795

上がってすぐのところには、これまた小さな礼拝堂が2つ。
写真は、ベアート・ジョヴァンニという修道士が30年瞑想や祈りを行っていた建物が起源。

IMG_3801

トレッキングコースはこうして赤白の印がついているし、人も結構いたので迷うことはなし。

IMG_3800

そして、歩きにくい斜面にはハシゴを渡してあったり、木の根も浮き出ているので
滑らないように上るのも楽・・・でもつまづかないように注意💦

こないだオルチャへ行った時も、そして今回も、自然ってすごいなぁと思う事ばかり。

IMG_3805

メリメリッとなった根っこ

blog-3

岩場に張り付く根っこや苔、そしてこの岩はいったい何年の時をかけてこうなったんやろ?

IMG_3822

森のあちこちに自生する可憐な白い花・・・

IMG_3824

写真撮ったり、息子たちはふざけながらでしたが、標識通り40分で山頂まで着きました。
ここで標高1283m、 ここにも小さな礼拝堂がありました。

IMG_3829

ここからの眺めは、もちろん最高!
柵はちょっとしかないので、下を覗くにも写真を撮るにも注意が必要!
(高所恐怖症の人、子連れの人は特に注意!!) 

IMG_3834

倒れた木を額に見立てて(次男の変顔&変ポーズもなしで)良い写真も♥ 
帰りはささっと下りて20分!合計1時間の気持ちの良い散策でした。 

IMG_3713

見慣れたマークが・・・と思ったら、ここもギリギリ?カゼンティ―ノ国立公園の南東の端っこ。
中には入っていませんが、フィレンツェからの玄関口ってことで、 
おらが村にはビジターセンターがあり、西の端っこに載っています。

いくつかの記事で「イタリアで最も美しい森の1つ」と称されていたカゼンティーノ地方の森。
こんな近くにいるんだから、もっと頻繁に訪れたいと思います。 

セルフマガジンが完成しました!
selfmagazine
送付依頼は、こちらのお問合せフォームより
題名      ⇒ セルフマガジン送付依頼
メッセージ本文 ⇒ 送付先、依頼部数など
をご記入のうえ、送信ください。
(FBやブログへのコメントやメールではなく、
お問合せフォームでお願いします

 

トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳なら

イタリア情報ブログランキング  
 
     

お金をかけずに秋を満喫!おらが村トレッキング

11月1日は「諸聖人の日」で祝日&快晴!
前日の裏山散策があまりに気持ちよかったので、
今度はおらが村トレッキングコースへ、家族でちょっと長めの散策へGO!
おらが村トレッキングマップはこちら
副市長で近所のバルバラから勧められたカイア―ノ⇒フォルナーチェコース、
2250mで1時間10分のコースへ行ってきました。 

IMG_9137

カイア―ノの教会からスタート。
ここもロマネスク様式で中に入りたかったのですが、残念ながらクローズ。
丸太、鉄線、ロープで作られたドアでトレッキングコースは保護されていますが
正直、簡単に開け閉めできないので非常にメンドクサイ・・・!

IMG_9142


最初の部分は、馬?牛?の糞と泥でかなり厳しい状態・・・
なんだか天然アスレチックを楽しむように、着地に気を付けながら足を前に進めます。

IMG_9144

キノコもわっさわさ!
シメジみたいで採りたい欲求高まるけど、見分けられないので触らず。 

IMG_9145

森から垣間見える風景はこんな感じ。 

IMG_9146

紅葉は思ったよりしていない&やっぱり赤は少ないんだけど
空の青とのコントラストが美しい💛

IMG_9155

そして放牧していた牛ちゃんにも会えた!

IMG_9159

コースにはこうして ただ倒れた木 自然のゲートもあるんですが・・・

IMG_9164

この木がすごかった!
1種類の木なのか?1本の木に違う木が絡まっているのか?? 

県道を横断して入った森から後半戦、ここは下りでジメジメとした道が続く・・・
それもそのはず、下には川が通っています。

IMG_9175

石造りの橋があったら終盤のしるし。

IMG_9179

その手前には、かつての水車小屋があります(今は廃墟)

IMG_9183

橋を渡って坂を上っていくと、久々の太陽~!
コース中はいくつかベンチもあるので休憩やおやつもできてグ~。 

IMG_9185

最後は両脇がオリーブ畑の絶景の中を上ってゆきます~。 

IMG_9191

左に見えるのが、ゴーリ家のヴィラ・・・ここもカテリーナの家族なのかな?

思った以上に時間が押したので(というか、帰りの時間を考えてなかった((+_+))
帰りはアスファルトの県道を下ってカイア―ノまで戻ります。

IMG_9195

田舎道は、「動物注意」の標識多し・・・
私たちも車から大鹿がこの標識みたいにぴょーんと飛び出す姿に遭遇しました。

IMG_9196

県道から見る、フォルナーチェの集落・・・
次回はここからの別コース、フォルナーチェ⇒ リンチネに行ってみたいと思います♪
しかし、田舎に住んでるとお金かけずに健康的に休日が過ごせる!
を地で行くような祝日でした~田舎万歳(笑)

 トスカーナの旅・ビジネス・取材、トスカーナに関することなら!


イタリア情報ブログランキング  
 

「田舎でゆっくり滞在派」が増えてきた?

ジュリエッタのB&Bは、ブドウ畑の間にある砂利道を下った果てにあります。

DSCN9485
(こないだは天気悪かったので以前の写真で)

もう8年ほどコラボしてますが、今までのお客様で多かったのは、
日帰りか1泊しての料理教室目当ての滞在の方です。

DSC_5994

それが今月にいらっしゃる方は、3泊4日いらっしゃるのに料理教室もなし。
かと言ってレンタカーなどもされず、「ひたすら美味しいものを食べてのんびり」 
が目的だそうで・・・

IMG_8246

確かにここは、いるだけに幸せになるような空間。
料理もホントに美味しいし、その目的でここを選ばれたのなら大正解!

blog-1

オリーブと糸杉に囲まれた石造りの建物、そして雑誌のようなインテリア・・・

blog-2

しかし、昨年からこういう「ゆっくり滞在」 の方が増えています。
昔はフィレンツェから日帰りでオルチャへ、日帰りや1泊で料理教室だったが多く、
数泊しても「やること」がないと飽きてしまってダメ!という方が多かったので
アグリツーリズモにしてもアクティビティが充実していることが
私の選択基準でもあったのですが、それほどこだわらなくてもいいかな?
と思えてきました。

IMG_8233

なので、今は「風車のあるアグリツーリズモ」「アントネッラのアグリツーリズモ」
タイプが真逆な2つのアグリツーリズモだけをご紹介してるのですが
ちょっと新しいアグリ探ししてみようかな?と思います。

ちょっとこういう滞在に興味持たれた方は、昨年からのお客様の滞在例をご覧ください。

昨年秋、「おらが村の休暇の家」で3泊4日トレッキングなどで過ごしたカップルの方
5月、「おらが村の休暇の家」5泊6日の世界一周中の大学生の方

DSC05189

7月に「オルチャのB&B」で料理教室と要塞と村巡りを堪能した3泊4日の方
8月に「おらが村で3泊4日」 でトレッキング絵付けでおらが村堪能したリピーターさん

IMG_5583

それから来月の11月は、「風車のあるアグリツーリズモ」3泊4日他、
モンタルチーノ、キアンティクラッシコキアンティルフィナ3ワイナリー訪問のご夫婦

P1150742

来年は「風車のあるアグリツーリズモ」に5泊6日のご夫婦3組にすでにご予約が
そして昨日、「アントネッラのアグリツーリスモ」に2泊3日でご家族の問合せ、他、
すでに来年のお問合せも・・・これは早く新しいアグリ調査開始しないと!
(厳選して私が訪問しないと話にならないので、ご紹介するのは少し先になりそうです💦)

ちなみに、ジュリエッタのB&Bは11月初旬~4月初旬まではクローズになります。

IMG_8254

何気に初めての、ジュリエッタとの2ショット♥

もちろん、日帰りや1泊のショートステイも大歓迎です!!

トスカーナ・こだわりの個人旅行はオマカセ!~トスカーナ自由自在


イタリア情報ブログランキング 

オルチャ渓谷の水の源泉へ夜のトレッキングツアー

ばーちゃん村は水でも有名。
アミアータ山の森の中にある、その源泉を訪れるトレッキングツアー、
アウトレットに行ったその夜に、今年やっと参加することができました!

IMG_5840

夜9時半に村の中心広場に集合し、ガイドさんと一緒に山へ入ります。 
IMG_5847
昼間でも寒いくらいなので、夜は激寒っ (;・∀・)
水のトレッキングコース、と書いた案内もあるので分かりやすい。
IMG_5854
山道を歩いていると、少しづつ体も暖まってきます。
歩くこと40分、源泉の施設に到着し、ガイドさんの説明。
IMG_5875
アミアータ山にある源泉施設の中で一番高い所にあるここは、
1秒当たり180リットルの水が流れ出ますが、
これは雪や雨を含んだ元火山のこの山の石から6か月かけてここへ流れ込みます。
IMG_5882
そして、20名づつヘルメットを装着して入場!
ごぉぉぉ~と流れる水・・・すごい迫力!!
IMG_5891
ここから、シエナ、セッジャーノ、ばーちゃん村のあるカスティリオーネに
水を分配される測水計。
IMG_5896
施設を出てから、湧きたてのフレッシュな水・・・激ウマ♥
IMG_5897
そして来た別の道から半分ほど下っていくと、キャンプファイヤー?
IMG_5900
サルシッチャとパンチェッタグリルのパニーノとワインがふるまわれ
トレッキング後のしばしのブレイク!
IMG_5902
それから携帯電話の光だけを頼りに、満点の星空を見ながらの帰路は
義妹は流れ星を発見、長男も日本の学校で習った星座を探しながら・・・
この幸せなひと時をかみしめて、えっちらおっちら帰宅したのは0時でした。

 


【レポート】おらが村ミニトレッキング

今日の午前中は休暇の家滞在のお客様と一緒にトレッキング!

IMG_5602

我が家から湖に来て、そこから車道を通らずに休暇の家に初めて行きました。
超~カンタン&町まで15分の距離!

昨日カルロが提案してくれたコースは超初級者でもOKの1時間ほどの距離ですが
トレッキングマップには載ってないので話を記憶してスタート。
間違えようのない道で、村を知る私なら、町の方向が分かるはず、とのことでしたが、
途中まではカテリーナが犬の散歩ついでに送ってくれることになりました。

IMG_5615

ミラノで暮らしていたカテリーナ夫婦が、彼女のおじいちゃんの故郷であるおらが村の
遺産として継いだ現在の家に引っ越してきたのは10年前。
今ではこの地のトレッキングガイドをしていますが、私たちにも木や植物の話、
おじいちゃんが領主として治めていた当時の農業についての話もしてくれました。

たとえばこの樫の木、ここからコルクを作って、生産物のワインの栓も自足していたそう。

blog-3

領主制と農業をやめてからは放置され、病気になりカラッカラになった樹齢200才の木は
現在はトスカーナ州の保存指定モニュメントのリストに載っているそうです。

それから、カテリーナのおじいちゃんのヴィラへ。そういえば数年前、
ここで野外演劇のイベントがあって来たけど、カテリーナ実家だったとは!
現在はミラノ在住のカテリーナ両親の別荘として夏にだけ使用され、
かつての家畜小屋はキレイに改装されて、バカンス用アパートとして貸しています。
「せっかくだからマンマに挨拶してくる?」
と、出てきた82才のおばあちゃんは元気元気!で家の中も見てって、と
招いて下さり、ジュースを飲みながら、思い出話。

blog-4

なんかもう映画の世界にうっとり・・・刻まれた家族の歴史、書庫、白黒の写真。
写真右上の時計は、おじいちゃんが経営していた繊維工場のタイムカードの機械だとか!

おいとましてからカテリーナと別れ、再び山道へ・・・

IMG_5651

マウンテンバイクでぐるぐる滑走する人に3回も会いながら、ゆっくりのんびり山歩き。
そして家が数軒見えて、アスファルトの道に出たと思ったら、友人の家の近くでした。
いつもは下から車で来るだけだったので、ここに出たのかーーー!と新発見(笑)

IMG_5657

そして、おらが村中心部が見えてきました。
それから、町の中心の広場へ・・・この時計のある建物が我が市役所(ちっさ!)

IMG_5659

当時の市長&エンジニアでもあったカテリーナのおじいちゃん、
彼が行った水道網工事に敬意を表し、広場には名前の刻まれた水道があります。

あとは中心部の案内をしながら、電車の切符を買ったり、スーパーでの買物のお手伝い。
それから、湖から休暇の家に帰る道を案内して、ここでいったんお別れました。

IMG_5623

しかし、どこまでも緑の山と広がる青空・・・蝶や花、そんな自然を見ていると
日々のストレスや悩み事もちっぽけに思えるほど。
いつもは看護師さんとして働くお客様はイタリア4回目ですが
初めてこんなド田舎に来て、「こんな滞在がしてみたかった!ハマりそう!」
って、最高に嬉しいお言葉。
トスカーナ自由自在ではトスカーナ各地をご紹介していますが、
やっぱり自分の住む村にこうして来てもらってて、こんな言葉を聞くと感無量ですね。
これは、まさに私にしかできないことだし(笑)
ますます「(勝手に)おらが村日本親善大使」として
もっとたくさんの方に来ていただけるようプロモーションしていきます!


トスカーナ・こだわりの個人旅行はオマカセ!~トスカーナ自由自在ロゴ最終





人気ブログランキングへ

イタリア情報ブログランキング
 
 
Profilo
Blogはリンクフリーですが、掲載記事・写真の無断コピー・転載・加工はお断りいたします。
トスカーナ自由自在

Facebookページも宣伝 にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
Commenti
記事検索
アクセスカウンター

  • ライブドアブログ