イタリア・トスカーナ専門コーディネイターのトスカーナ田舎暮らし

日常生活から仕事、イタリアの笑えない話など、人口1800人のド田舎から日々の生活を綴ります。

バカンス

イタリアの学校の休み、1年のうちどれくらい!?

それはズバリ・・・4か月ですッ!
なにしろ夏休みが3か月、クリスマス休暇2週間、イースター休暇1週間、
その他、火曜や木曜などが祝日だと、間も休みにして4連休にすることも多々、
そして年に数回、先生のストライキがあるので、ざくっと4か月・・・
1年の3分の1Σ( ̄ロ ̄lll)と考えると、結構スゴイものがあるなぁ。

次の日曜16日はイースター(イタリア語ではパスクアと言います)のため
昨日の木曜日から来週の火曜日まで学校はお休み・・・
てなわけで、昨日は早速日本人友と子供たちが来てくれて、一緒にランチ。

持ち寄りで、やっぱり和食ね♪

IMG_3245

今晩は地元友の家に晩御飯から行ってお泊り・・・
ええなぁ、イタリアの子供たち(笑)


セルフマガジンが完成しました!
selfmagazine
送付依頼は、こちらのお問合せフォームより
題名      ⇒ セルフマガジン送付依頼
メッセージ本文 ⇒ 送付先、依頼部数など
をご記入のうえ、送信ください。
(FBやブログへのコメントやメールではなく、
お問合せフォームでお願いします

 

トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳なら

イタリア情報ブログランキング     


 

2016年の年越しはアルプススキー!

家族でアルプススキーという夢を実現したのは2014年
そして雪不足でアミアータ山では全くスキーできなかった昨年を踏まえ、
今年はアルプス行くぞ!と夏のバカンスも控えめにしたほど
満を持してのアルプススキー(ダンナの保養所が当たってよかった💦)

29

宿泊先にネットがないのでスキーネタは帰宅後になります。
まずは久しぶりのスキー、楽しんできます=3=3=3 

セルフマガジンが完成しました!

selfmagazine

 私のことを知りたい方、単に見てみたい方、活動内容に興味のある方、
このマガジンを置いてもいいよ!と検討下さるイタリアンレストランや
イタリアに関係するショップの方、イタリアに関係なくても応援して下さる方、
個人・法人の方を問わず、無料で送付させて頂きます。


送付依頼は、こちらのお問合せフォームより
題名      ⇒ セルフマガジン送付依頼
メッセージ本文 ⇒ 送付先、依頼部数など
をご記入のうえ、送信ください。
(FBやブログへのコメントやメールではなく、お問合せフォームでお願いします)

※次回送付は、1月半ばとなりますので、ご了承くださいませ。


トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳なら


イタリア情報ブログランキング  

二晩続けて行った、激ウマのジェラート屋さん

夏バカンスのお楽しみは夜の散歩、いや、散歩中のジェラート(笑)
電子レンジ使うための延長コードの場所を大家さんに聞いたとき、
「ここのジェラート食べてみて、めちゃ美味しいから!」 と書いてあった、ここ。

IMG_6811

見た感じ、最近できたんかな?夏の終わりの平日でも、それなりの人。
ジェラートは外に出ておらず、昔ながらの?缶カンに入っているタイプで、
フレーバー数は多いけれど、フルーツ系は少なく、チョコ系は変わり種が充実。

IMG_6812

何より、店員さんの制服と帽子が可愛いのん♥

IMG_6813

私は数あるチョコの中から「ローズ塩とカラメル入りチョコ」 と「リコッタとラズベリー」
どちらも美味しいけど、このローズ塩とカラメル入りチョコのウンマイ事!!

IMG_6815

この2つのフレーバーはこってり濃厚系で、 逆に息子たちが選んだレモンシャーベットは
大人でも「すっぱ!」 となる酸味がきいている。

最後の晩は息子サービスで移動遊園地に行ったんやけど、私サービスにここ再訪!
土曜の晩だったので、店の外まで出る長蛇の列!
ここはレジ側の入り口から入って支払い&番号札をもらってのオーダーなので、
全てがスムーズ・・・こういう所もスバラシイ!

IMG_6933

この日は、本日のスペシャルフレーバーである「ホワイトチョコとアーモンド」 
これも大当たり~♥ ホンマ、このジェラート屋さん、フィレンツェにも欲しい!

最初に 「見た感じ、最近できたんかな?」と書きましたが、調べてみると
1983年オープンの老舗店!

IMG_6928

無着色無添加、素材の追求ということで基本は地元のオーガニック材料、
ピスタチオはシチリア、ヘーゼルナッツはピエモンテと、イタリアの産地から厳選。

IMG_6927

そして、今やグルメ本のガンベロ・ロッソにも掲載されてるという!

お値段は1フレーバー(これがあるのが嬉しい)1.8ユーロ、2フレーバー・2.5。
またマリーナ・ディ・グロッセートに来たら、再訪必須のジェラート屋さんです。

ジェラート屋さんのサイトはこちら ⇒ Chicceria


 トスカーナ・こだわりの個人旅行はオマカセ!~トスカーナ自由自在


イタリア情報ブログランキング 

ジリオ島の港町・ポルト散策

IMG_6736

昨日の夕方に自宅に到着しましたが、ジリオ島ばなし、もう少しお付き合い下さい。

バスで着いて、まずはジェラート屋さん探し。
最初に海に向かって右側探すも何もなく、それから港沿いをテクテク・・・
息子たちがうるさいので💦、1軒目の「自家製ジェラート」 屋さんへ。

IMG_6738

私はココナッツと「ジリオ島のブラックベリー」

IMG_6739

ここは船を下りたすぐ正面にあるジェラート屋さん。
この教会の手前の道を左に曲がると、すぐ左手にツーリストインフォ、
そしてその先また左手にバス停があります。

IMG_6745

それから更に港沿いを歩きます。
行きの船も通った、緑と赤の灯台が可愛い♥

IMG_6748

港沿いの道は、レストランや可愛いお店がいっぱい。
特に雑貨(ていうか陶器)可愛かったなぁ~

blog-4

もっとゆっくり見たいけど、息子たちに阻止される(涙)
こういう時、娘だったら、と思う2男児の母・・・

IMG_6762

そのくせ、ビーチに着くと、ここでも海入りたい!と粘る男児たち・・・

IMG_6768

更に奥へ行くと岩場で行きどまりですが、ここでも皆、海水浴を楽しむ♪

久しぶりに島に来て、やっぱ島っていい!と思わせてくれたジリオ島。

IMG_6782


来年のバカンスは(考えるのはやっ!)10年ぶりにエルバ島かな?
とすでにダンナと話しています・・・ムフフ♥

早起きして、移動も長かったので息子たちはお疲れで・・・

IMG_6808

ポルト・サント・ステーファノからアパートまでの1時間、爆睡でした。

トスカーナ・こだわりの個人旅行はオマカセ!~トスカーナ自由自在


イタリア情報ブログランキング 

 

ジリオ島のビーチ・カンペーゼでひと泳ぎ!

港町の散歩は帰りにするとして、下船してすぐ向かったのはタバッキ
=新聞雑誌やらたばこ、切手、交通機関の切符などが買えるお店で
バスのチケットを購入後、バス停へ・・・

IMG_6566

向かう途中にあったツーリストインフォ、なんだかカラフルで「島」っぽい(*‘∀‘)
ここで島の地図をここでGETし、バスに乗ります。

IMG_6571

小さな島なので、車窓からは絶えず海が見えます・・・その青さといったら!

そして島の高台にある旧市街に止まり、終点のカンペーゼビーチへ・・・

IMG_6577

見えてきたっ!
港からここまで、片道約30分。だいたい1時間に1本の間隔で往復しています。

バス停から海方向へ行き、見えてきたビーチはこんな感じ。

IMG_6589

赤土の粗目の砂のビーチに海の青がくっきり、そして雲1つない青空!
もう、このパノラマだけでテンションあがりまくりです⤴⤴

出発から車、船、バスと乗り継いで3時間以上、息子たちは待ちに待った海に大興奮!

IMG_6611

しかもこの透明度・・・ああ、水中眼鏡持ってくるの忘れたのが残念すぎる💦 
ダンナは長男くらいの年に、ここでバカンスを過ごしたそうで、
記憶が正しければあの辺のアパートにいた、とか、旧市街までトレッキングしたとか
将来ここで1週間ほど過ごすのもいいなぁ~とか、懐かしそうでした。

カンペーゼビーチの動画はこちら!

1時間強ビーチで過ごし、次はお待ちかねのランチ!
ダンナと息子たちは「またフライが食べたい」というので、近くを見渡した限り、
軽食でなくちゃんとした唯一のレストランだった、 Zio Meino へ。

IMG_6629

きりっと冷えた白ワインははずせんでしょうっ! 

私は迷った末、あまり外食でも食べられない(2人前以上からのオーダーが多い) 

IMG_6631

魚介のリゾット!これが具もゴロゴロ&ボリュームもあり、味とともに大満足! 

ダンナと息子たちでフライミックス2人分でしたが・・・

IMG_6634

この写真で半人前!
私もかなりつまみましたが、皆お腹いっぱいになるほどのボリュームでした。

カッフェで〆て、再度バスに乗り、旧市街・カステッロへ向かいます!

 
トスカーナ・こだわりの個人旅行はオマカセ!~トスカーナ自由自在


イタリア情報ブログランキング 
Profilo
Blogはリンクフリーですが、掲載記事・写真の無断コピー・転載・加工はお断りいたします。
トスカーナ自由自在

Facebookページも宣伝 にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
Commenti
記事検索
アクセスカウンター

  • ライブドアブログ