イタリア・トスカーナ専門コーディネイターのトスカーナ田舎暮らし

日常生活から仕事、イタリアの笑えない話など、人口1800人のド田舎から日々の生活を綴ります。

バス

【モニター募集・第二弾】フィレンツェからバスで行く、サンジミニャーノ&コッレ・ヴァル・デルザ

【モニター募集・第一弾】フィレンツェから電車で行く、ピストイア&プラート
に続く第二弾は・・・

「フィレンツェからバスで行く、サンジミニャーノ&コッレ・ヴァル・デルザ」
世界遺産でもあり、人気の塔の町・サンジミニャーノ。

IMG_9439

バスツアーなんかではシエナ&サンジミニャーノと1日ツアーも多いですが
私的には、シエナはフィレンツェから高速直通バスも出ているし
半日だけでは周り切れない&もったいないと思います。
そのシエナの代わり、このツアーでは、サンジミニャーノの近くで
同路線の小さな村である、コッレ・ヴァル・デルザを組み合わせています。

colle

コッレはサンジミニャーノに比べれば超マイナーな村ですが
バス停からも見える旧市街はそれなりに大きく、歴史的な建物や可愛らしい路地もあり、
そして立派な要塞もある、個性的な町です。
コッレに行った時のブログはこちら

タイムスケジュールはこんな感じです。
8時30分  フィレンツェバスターミナル集合
8時40分  フィレンツェ出発

IMG_7460

9時45分  コッレ・ヴァル・デルザ着、散策、ランチ
12時55分 コッレ・ヴァル・デルザ出発
13時35分 サンジミニャーノ着
       ドゥオモ、絵画館&塔に上ります

IMG_9433

16時55分 サンジミニャーノ出発
17時17分/25分 ポッジボンシ乗り換え
       ※ バスが遅れて25分に乗れなかった場合、17時46分の電車に乗車
18時15分 フィレンツェ着
       ※ 電車になった場合、18時50分にフィレンツェ着

★ 先着1組さまのみのモニター企画です。
★ モニター企画の為、通訳アテンド料金は必要なし ※ガイドではありません
  バス代、ランチ代、入場料などの実費のみ。
★ ただし、写真撮影に協力&ブログやサイトに写真掲載の許可を頂ける方に限ります。
  (顔は大きく写しません)
★ 現時点で開催可能な日は、12月4日以降(7日除く) の平日

シエナから簡単に行ける、「初めての小さな村」4選

フィレンツェから簡単に行ける、「初めての小さな村」5選 が評判良かったので
今回はシエナを拠点にして簡単に行ける、小さな村のご紹介です♪
大半は トスカーナ自由自在のサイト に掲載されているので、リンクを参照くださいね。


1)ブォンコンヴェント

P1160082

シエナ駅から電車で25分(シエナ旧市街からはバスで1時間ほど)、
イタリアの最も美しい小さな村」にも選ばれています。
周りは新市街(住宅)が広がる平地にあるので、上からのパノラマありませんが
鉄道駅の斜め右前に旧市街の外壁が見えるほど、駅から近いので
まさに初心者にうってつけの小さな村でもあります。


2) モンタルチーノ

sP1010378

ワイン好きの方には外すことができない、イタリア屈指のワインの産地。
要塞からオルチャ渓谷を見下ろし 、路地も楽しめ(アップダウンが結構あります)
ブルネッロやロッソ・ディ・モンタルチーノなどのワインに酔いしれて下さい!
ワイナリー訪問したい方は、こちら(ここは車でしか行けません)


3)サン・クイーリコ・ドルチャ
オルチャ渓谷の町の1つ、庭園やコレッジャータ教会が見どころ。
小さな村ですが、B&Bやレストランも割合充実しています。

IMG_1788


4)ピエンツァ
言わずもがな、オルチャ渓谷よりも先に世界遺産登録された観光地。
ドゥオモや城壁上のパノラマなど、小さい中に見どころがギュッと詰まっています。 

CIMG4801-1

1)3)4)はシエナから112番のバスを使います。
ここは終点がモンテプルチャーノで、本数はそれほど多くないものの、めちゃ使える路線。
時刻表:シエナ→モンテプルチャーノ 、 モンテプルチャーノ→シエナ
トスカーナ自由自在でのお客様も、この路線でサンクイーリコ、ピエンツァ、
モンテプルチャーノに1~2泊しながら周遊した方もいます。
(ただ、高台からオルチャを見下ろすのに テンテンナーノ要塞 に行きたい、というのと
 写真スポットに止まりながら行きたい、とのことで、
 サンクイーリコとピエンツァの移動はバスを使わずに ハイヤー をご利用いただきました)

ちなみにサンジミニャーノ、 チェルタルド 、 コッレ・ヴァル・デルザ は
シエナとフィレンツェの間にありますので、どちらからでもOKですし、
フィレンツェ⇔シエナ移動の時に寄るのがおススメです。 

サンジミニャーノはバスあるいは鉄道でポッジボンシ乗り換え(または直通)で、
ポッジボンシからはバスで25分~時刻表は下記リンクを参照ください。
ポッジボンシ(シエナ)→サンジミニャーノサンジミニャーノ→ポッジボンシ (シエナ)

フィレンツェ編でも書きましたが、ツアーや大都市しか旅行したことのない方には
ハードルが高いかもしれません・・・しかし!小さな村オタクの私としては
観光地から一歩出て、また一味違うトスカーナを感じて頂きたいと思います。
どーしても無理!でも行きたい!行ってみたい!という方は、
ハイヤーアテンドのご依頼をお待ちしています♪


関連記事:「フィレンツェから簡単に行ける、「初めての小さな村」5選


 セルフマガジンが完成しました!
selfmagazine
送付依頼は、こちらのお問合せフォームより
題名      ⇒ セルフマガジン送付依頼
メッセージ本文 ⇒ 送付先、依頼部数など
をご記入のうえ、送信ください。
(FBやブログへのコメントやメールではなく、
お問合せフォームでお願いします



トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳ならイタリア情報ブログランキング   

要塞フェチがリベンジ必須の村!

この夏からことあるごとに「自分の好きなもの・こと」をよく考えますが
そこから分かったこと・・・私は要塞フェチである!!
元々歴史好きからイタリア好きになった私ですが、正直、
あまり美術や教会には萌え(燃え)ません。
萌え(燃え)スポットは、政治の場(フィレンツェだと ヴェッキオ宮殿500人広間とか
シニョーリア広場のサヴォナローラが火刑に処された場にあるプレートとか)、
歴史的事件や争いが行われた場所・・・要塞とか城塞とかはホント萌え(燃え)ます。

で、こないだ、仕事で2週に渡って「コッレ・ヴァル・デイ・エルザ」
という、フィレンツェとシエナの間にある町に初めて行ってきました。
幹線道路の標識を見るだけ&出口の大型スポーツショップしか行ったことなかったけど
この町自体、この旧市街がとってもよかったんですよっ!!と
ボルゴ(小さな村)オタクでもある私としては、もう大興奮=3=3=3

フィレンツェから直通バス1時間で、降り立った瞬間、これですよ、これ!!

IMG_7460

この新市街と旧市街が重なるパノラマ!

そして高い旧市街には、旧城壁を掘り進んだ奥にあるエレベーターで一直線!
(エレベーターや チェルタルド ようにケーブルカーで旧市街に行く町も結構あります)

IMG_7809

出たら、こんな感じ!!
IMG_7814

旧市街にあるパン工房までも、味のある建物や、可愛い陶器屋さんに胸キュン☆

colle

パンの発酵や焼き上げの時間に、少しだけお散歩とお買い物をしました。

colle-2

そして吹きガラスでも有名だそうで、町の中にこんなモニュメントも。

IMG_7915

新市街にはガラスミュージアムもあるので、プライべートで来たら、入ってみたいな。

帰りの電車の中、ふんふん、とツーリストインフォでもらった市街地図を眺めていると

な、なにコレーーーーー!!!大ショック!!!!
こんなすんばらしい要塞が、あの道の先にあったなんてっ!!
(名前としては、新門、またはヴォルテッラ門と言います)

時間がなくて、ながーい旧市街の途中までしか行けなかったのし、
そんな超見どころがあるなんて雰囲気はなかったのに。
ま、分かってたとしても時間なくて行けなかったけど、けど、けど・・・

IMG_7899

(ああ、あの先にあったのか・・・( ノД`)
ということで、この要塞見に、リベンジは間違いなし(笑)


トスカーナ・こだわりの個人旅行はオマカセ!~トスカーナ自由自在


イタリア情報ブログランキング 
 

ネタにつきないATAF・・・

この日はたまってた細かい用事を一気に済ませに、フィレンツェへ。学校帰りにママ友がうちの子たちも引き取ってくれたので、時間もあるし~!と張り切って出かけたものの・・・まず1件目、 ドライバーのジョヴァンニ 宅にちょっと挨拶がてら久々遊びに行く。仕事でもプライベートでも奥さん共々10年以上の付き合いで、もう120%予想してたけど、しゃべりにしゃべり過ぎて、予定時間を大幅にオ―バ― (@_@;) 

そこから急いでバスに乗り・・・ここでATAF=フィレンツェ市バスのネタその1(爆)。カーブのその先が通行止めと知らずに 何で知らんねん? そのカ―ブを曲がってしまい、運転手、突然止まる・・・後ろに行くに行けず、プスンプスンやってるので、乗客の1人が、“何が起こったの?”と叫ぶと、こんなとこ通行止めになってるの知らんかった 認めるか・・・ カーブだから後ろ見えないのでバックできないと答える運転手に対し、乗客2~3人が後ろの窓にはりつき、“オ~ライッ、オ~ライッ!、早くバックしろ!”と、後ろに向かって これまた通行止めと知らずにやってくる 車に大きくジェスチャーしながら必要な分バックでき、方向転換・・・やれやれ・・・まさしくコントを見ているような一幕(笑)

DSCN9629

そしてサンマルコ広場で乗換時、ネタその2。駅行きのバスが通るバス停が周辺に2か所あるので、真ん中に立ち早く来る方に乗ろうとチェック・・・きた~!運転手に駅に行く?と聞いて、かけ乗り、1枚目のバスのチケットの制限時間が過ぎてたので、すぐに携帯ショートメッセージ経由で切符を購入・・・した直後、切符の検査員が乗ってきて、満員のバスはやや騒然・・・私は今買ったので、さっと携帯画面を見せると、“あなた、今じゃないの、これ”と最初から言いがかりモード。カチンときながらも、“今駆け込んで乗ったからですよ、それですぐ購入しましたよ”と言うと、“私の姿を見たから急いで買ったんでしょ!” カッチ~ン・・・“急いでかけ乗ったんですよ、運転手さんに聞いて下さい、急だったので乗る前にできなかっただけだし、あなたのことなんてその時は見てませんし”、 “これは乗る前に絶対しないといけないのよ!” そのために1本逃すんか、ボケ~!と叫びそうになった時、検査員が隣のカップルが出した切符に目にやると・・・制限時間過ぎてから40分もたった切符だったので、検査員のツッコミの矛先はそっちに・・・その人も40分も過ぎてるなんて知らなかった、お葬式に行ってて気分が沈んでて・・・ 最後は奥さんが罰金いくら?言われた通りにするから、と言ったのに、50ユーロと言われ、またゴネだすご主人・・・そんなこんなで私のことはすっかり忘れられ、駅に着いちゃった(苦笑)。しっかし、感じ悪かったわ~あの検査員!そして言い訳してゴネてゴネまくる、イタリア人ウケる・・超久々にATAFに乗ったけど、相変わらずネタ豊富なことが確認でき、ほっと安心・・・やないか(爆) この15年で流血事件、ドア開放のまま運転事件、当て逃げ事件、日本の友人に話すと“作ってるやろ~!”と疑われるネタ満載です

 
人気ブログランキングへ

イタリア情報ブログランキングへ
Profilo
Blogはリンクフリーですが、掲載記事・写真の無断コピー・転載・加工はお断りいたします。
トスカーナ自由自在

Facebookページも宣伝 にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
Commenti
記事検索
アクセスカウンター

  • ライブドアブログ