イタリア・トスカーナ専門コーディネイターのトスカーナ田舎暮らし

日常生活から仕事、イタリアの笑えない話など、人口1800人のド田舎から日々の生活を綴ります。

パスタ

オンラインバンキングってやっぱりめちゃ便利

銀行に限らずインターネット全般がもう便利すぎるって話ですが・・・
イタリアでの集金、支払いも全てオンライン。

帰国前に、GAS(安全な食材を生産者から直接購入する消費者グループ)で
私が係になっているパスタの今年前半分のオーダーを収集し、
メーカーにオーダー(これもオンライン)してそのまま日本へ。
納品は休暇の村のカルロ宅にしてもらったけど、
メーカーには納品書を送ってもらい、各人には自分の私の口座に入金してもらい
全部入金確認できれば、メーカーに私からオンライン振り込み~。
ネットさえあればおらが村にいようと地球の裏側の大阪にいても同じ!

IMG_5899

そのために、ワンタイムパスワードの機械、持ってきましたがな(笑)
ということで、残してきた一仕事もこれにて終了~。
ほんまオンライン、さまさま。


セルフマガジンが完成しました!

selfmagazine
送付依頼は、こちらのお問合せフォームより
題名      ⇒ セルフマガジン送付依頼
メッセージ本文 ⇒ 送付先、依頼部数など
をご記入のうえ、送信ください。
(FBやブログへのコメントやメールではなく、
お問合せフォームでお願いします


 
トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳なら

イタリア情報ブログランキング 


やりたいことは、不安でも 「やってみる」 しかない理由

それは、やってみないと分からないから。
それは、やってみないとずっと「やりたい」ままで終わってしまうから。
それは、やってみて失敗したとしても、次に進めるから。

FB copertina

ということで、今年の日本帰省中に、大阪でイベントをやることにしました。

6月30日~第一回・トスカーナ料理ランチとトスカーナを語る会(テーマ:オルチャ渓谷)


ぶっちゃけた話、昨年帰省時もうっすらアイディアはあったんです。
でも・・・

私なんて全然有名でもないし
誰も来ないかもしれんし
まだそんなんやるのは早いんちゃう

って、昨年の私は、そのアイディアを忘れることにしました(爆)

今から考えると、いったいいつ有名になるねん?
いつやったら「早くない」ねん?ですよね。

今有名だったり、第一線の方でも、必ず初めての時がある。
通訳の時は、田丸公美子さんの本を読んで、
今回は、かさこさんの数年前の講義が参加3名だった話しを思い出して、

やりたいから、やる。
やると決めたら、全力を尽くす。

と決めました。

そう決めたら、

来年2回目のテーマは何にしようかな?
来年は滞在中に2回くらいできるかな?
東京でやったら盛り上がるかな?

といきなりポジティブ思考に(笑)
ただ「自分で決める」だけで、こんなに変わるもの。
いや、「自分で決める」から変わるんかな。

そんなこんなで決めたイベントですが・・・
満員御礼となりました!!
もしキャンセル待ちでも申し込んでおきたい方、
あるいは別の日にぜひやって欲しいという方がいれば、
よろしければ申し込みと同じ要領でメッセージ下さいませ。
(ダンナがあとで来るので、仕入れも頼める・・・(〃艸〃)ムフッ)


セルフマガジンが完成しました!

selfmagazine
送付依頼は、こちらのお問合せフォームより
題名      ⇒ セルフマガジン送付依頼
メッセージ本文 ⇒ 送付先、依頼部数など
をご記入のうえ、送信ください。
(FBやブログへのコメントやメールではなく、
お問合せフォームでお願いします


 
トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳なら

イタリア情報ブログランキング   


リミニの大当たりだったレストラン「LUNA ROSSA」

さて、リミニでの食事。
実は5月3日が結婚記念日だったのですが、私の仕事や体調不良で
毎年恒例のお祝い外食ができず・・・この旅行の外食でお祝いしよう!と
調べた末に行ってみたのが、ここ、LUNA ROSSA
リミニ中心街から南へ2キロほど行った Bellarivaゾーン、ビーチの家100番の中にあります。

オーダー後、サービスの「突き出し」が出てきました。

IMG_4565

エスプレッソカップに入った、ひよこ豆のスープにムール貝のフライ。
濃厚で、この時点でついついワインをググッと飲んでしまいました(笑)

IMG_4568

前菜好きな我が家族、長男は「前菜の盛り合わせ」、
ダンナと次男は「ムール貝とボンゴレのワイン蒸し」、私は「イワシのマリネ」
どれもこれも薄味だけど絶妙は味付けで、美味しい~♥

IMG_4570

貝好きの子供たちは、ムール貝を競争のようにガツガツ食べ・・・💦

が、久々に外食で頼んだこのパスタが、絶品中の絶品だったんです!

IMG_4575

ストㇿッツァプレーティというウンブリア、マルケ、ロマーニャなど中部のパスタ。
親指の長さくらいでちょっとねじってありますが、
これがモッチモチで、エビ&ボンゴレの出汁が絡んでいて・・・
これぞ手打ちパスタの醍醐味!というほど、感動ものの美味しさ。
フリットもサクサクでグ~♥

そしておススメのデザートを聞いたら、「ティラミ・スシ!!」と言うので
せっかくだから頼んでみました。

IMG_4589

元祖ティラミスとは全く関係なく、見た目を巻きずし風にしたロールケーキで
ちゃんと?お箸まで添えて出てきました。
中がダークチョコクリーム&オレンジソースと
中がココナッツクリーム&チョコソースのを1つづつ頼みましたが、どちらも美味しい。
ちなみに、日本好きのオーナー?の奥さんの手作りだそうです。

ここはホント、お料理もドルチェもデリケートな味でいくらでも食べれそう(笑)
見た目のポーションはそれほど多くないですが、前菜3、プリモ1、セコンド1、
デザート2、水とワイン2杯を4人でシェアして、結構お腹いっぱいになりました。
お値段も88.50ユーロ、家族4人のお祝いディナーでこの満足度!スバラシイ!!

旧市街からも離れているし、日本から来られる観光客の方にはなかなか行かない場所ですが
ロマーニャ在住の方、イタリア在住でリミニにバカンスに来る方、ぜひ行ってみてくださいね。
人気店のようで、この日も半分が予約で埋まっており、20時過ぎには満席だったので
これからのシーズンは予約がベターかと思います!


セルフマガジンが完成しました!

selfmagazine
送付依頼は、こちらのお問合せフォームより
題名      ⇒ セルフマガジン送付依頼
メッセージ本文 ⇒ 送付先、依頼部数など
をご記入のうえ、送信ください。
(FBやブログへのコメントやメールではなく、
お問合せフォームでお願いします


 

トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳なら

イタリア情報ブログランキング   




「ラ・ヴェルナ」の食堂で、たらふく食べる!

聖フランチェスコが聖痕を受けた巡礼地「ラ・ヴェルナ」。
ここでは何も期待していなかった(考えてもなかった)スゴイことが・・・
それは、REFETTORIO(修道院の食堂)での食事!!

入口で人数をチェックした紙をもらい、席に着くと、
「パスタどうします?ミートソースかトマトソースかビアンコか?」 と聞かれ、
私、ダンナ、長男はミートソースをチョイス。

IMG_3785

ビアンコ(白)の次男は、和えるのはオイルかバターか?でバターをチョイス。

IMG_3786

Fantozziの映画か!ってくらい大盛!!
(多すぎて残しちゃったけど・・・先に言わないとアカンかったね💦)

ここは、プリモ・セコンド・付け合わせ・果物までフルセットメニューのみ。
値段は250mlワインと水入れて、大人1人18ユーロで、お代わりも自由!!
(ワインなしは16・5ユーロ、子供は半額でした)

セコンドは肉のグリルで、鶏肉、鴨肉、豚肉、腸詰ソーセージ。
これもトレイを持ったおばちゃんが周ってくるので、どれが欲しいかを言うのですが

IMG_3789

「1個?2個?(答える前に2個入れられる)、豚も食べとき!」
と、言った以上に盛られてしまう(笑)
付け合わせはサラダ菜にフライドポテト、サラダ菜は各テーブルにボウルが置かれ、
ポテトフライはトレイで周ってくるので、子供たちはたんまり入れてもらってました。
最後は果物が入ったボウルがデデン!と来るので、各自皮をむいて頂きます。

おかげで皆、苦しいって程お腹がいっぱい・・・
でも安くてたくさん食べれるだけでなく、全てがシンプルだけどめちゃ美味しいんです。
長男は私よりも食べてたくらい ( ゚Д゚)

フルコースは無理~と言う方も、パニーノなどを注文して席で食べられ、
バールも併設しているので、お昼に、おやつにいつでも立ち寄ることができますよ。
食堂は門を入ってまっすぐ進み、右の建物にあります。

セルフマガジンが完成しました!
selfmagazine
送付依頼は、こちらのお問合せフォームより
題名      ⇒ セルフマガジン送付依頼
メッセージ本文 ⇒ 送付先、依頼部数など
をご記入のうえ、送信ください。
(FBやブログへのコメントやメールではなく、
お問合せフォームでお願いします

 

トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳なら

イタリア情報ブログランキング  


私が小麦粉にこだわる、その理由。

IMG_0017

イタリア料理と聞いて何を思い浮かべますか?
パスタ、ピッツァ・・・ほとんどの人がこう答えると思います。
そして、日本の白ごはんと同じ役割なのが、パン。
パスタ、ピッツァ、そしてパン、我が家でも欠かせないこの3つに共通する材料が、
ズバリ、小麦粉!だから、小麦粉にはこだわるんです。
数年前から市販品を極力やめて手作りにしてるけど、
原材料がアカンかったら意味ないもんね(添加物はなくなるけど)

今使ってる粉は全部 GAS 経由で、パスタと同じ会社からは有機の全粒粉を
別の会社からは有機の古代小麦の小麦粉・タイプ1を買っています。
(イタリアの小麦粉は00、0、1、全粒粉、と精製度合で分かれてます)

パン、ピッツァ、一部のパスタの他にお菓子も作るので使う量が半端ないのと、
少しでも安く買うために、一番デカい袋を買うのですが・・・

IMG_0165

やっぱ25キロはデカいわ!笑。
(大きさ比較のため、ペンを置いてみました)
そして、ここのメーカーのパッケージイラストがいつもツボ (*'▽')

IMG_0164

昔を振り返ってみたら・・・

パスタ:スーパーブランドの安いパスタ
    → GAS経由で有機の半粒粉のパスタ購入、ラビオリ・ラザニアは手打ち

ピッツァ:冷凍ピッツァ、その後、ピッツァ生地を買って自分たちでトッピング
    → 生地は手作り

パン:市販の袋に入った食パン(今考えると信じられない)
    → パン屋さん又はパンコーナーのフレッシュパン
    → イースト入りパン用の小麦粉を使い家で焼く
    → 天然酵母パンをチャレンジ中

結構スゴイ変わりよう ( ゚Д゚) たった4,5年のことなのに!

食生活に限らず、習慣を変えていくのは大変なこと。
でも ここにも書いた ように、ストレスにならない程度にやれることからやっていくこと。
自分が大事だと思うことは、余計にね。

セルフマガジンが完成しました!

送付依頼は、こちらの お問合せフォーム より
題名      ⇒ セルフマガジン送付依頼
メッセージ本文 ⇒ 送付先、依頼部数など
をご記入のうえ、送信ください。
(FBやブログへのコメントやメールではなく、お問合せフォームでお願いします


トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳なら


イタリア情報ブログランキング  
Profilo
Blogはリンクフリーですが、掲載記事・写真の無断コピー・転載・加工はお断りいたします。
トスカーナ自由自在

Facebookページも宣伝 にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
Commenti
記事検索
アクセスカウンター

  • ライブドアブログ