イタリア・トスカーナ専門コーディネイターのトスカーナ田舎暮らし

日常生活から仕事、イタリアの笑えない話など、人口1800人のド田舎から日々の生活を綴ります。

フィレンツェ

10年以上ぶりに食べた「ビステッカ・アッラ・フィオレンティーナ」

フィレンツェの名物料理と言えば、

「ビステッカ・アッラ・フォオレンティーナ」
=フィレンツェ風Tボーンステーキ


ですが、住んでるからと言って、いや住んでるからこそ
めったに食べるものはありません。
私も記憶をたどっても、10年は食べてないような・・・

先日、かさこさんがビステッカ食べたいということで
講義後の晩に打ち上げ&卓球前のエネルギー補給として食べてきました!

20170607_183528

1切れは3cmほどの厚みがあるので、これだけで1キロ強。
それを炭火で、今回はミディアムで焼いて頂きました。

IMG_5344

ほれっ!!!

IMG_5348

給士係のお兄ちゃんが切り分けてくれ・・・

IMG_5350

この絶妙な焼き加減!!
私は血がしたたるのは好きではないので、ほんと、完璧!
これ以外はサラダしか頼まなかったけど、まぁもう「肉を楽しむ」に徹して正解。
頻繁には無理やけど、これからはたまに食べるようにしたいなぁ~ホント美味しかったです。

お腹いっぱい&お店もスタッフが感じ良く当たりでした♪
詳細はまた サイト に更新しますが、便利な立地で行きやすく、
昼からずっと開いているので、遅くにランチ&早くに夕食したい人にも便利な1軒です。

Ristorante il Paiolo


セルフマガジンが完成しました!

selfmagazine
送付依頼は、こちらのお問合せフォームより
題名      ⇒ セルフマガジン送付依頼
メッセージ本文 ⇒ 送付先、依頼部数など
をご記入のうえ、送信ください。
(FBやブログへのコメントやメールではなく、
お問合せフォームでお願いします


 
トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳なら

イタリア情報ブログランキング 


【フィレンツェの通り】トスカネッラ通りはレベル高い落書きがいっぱい

フィレンツェで半日仕事で時間もあったので、ふだんあまり行かない界隈をふらり。

IMG_4886

トスカネッラ通り。
左下の一方通行の標識は、お馴染み?CLETのもの。
フィレンツェでは交換せずにそのままになっているので、あっちこっちで見られます。

20170529_113739

たまたま、なんでか分からんけど赤い風船が舞っていたのもあり入ったんですが
この写真のように、レベルの高い落書きでいっぱいの通りでした!
この左の人物は、ドゥオモのクーポラ持ってるから、ブルネッレスキ?
この右の人物は、地図持ってるからアメリゴ・ヴェスプッチ?

現代風のPOPなものが多かったですが

IMG_4878

blog-1


IMG_4880

この最後のは、左右のいろんな人物のデッサンが面白かった。

排水管のため?に開けられた穴の中にも♥

blog-2

この名画に水中メガネ、っていうのはいろんなパターンがあちこちにあるので
きっと同じ人物が描いているんやと思う。

落書きの是非はおいといて、イタリアではレベルの高い落書きも多いので
旅行に来られた際は、ちょっと注意して壁や標識を見てみてくださいね。


セルフマガジンが完成しました!

selfmagazine
送付依頼は、こちらのお問合せフォームより
題名      ⇒ セルフマガジン送付依頼
メッセージ本文 ⇒ 送付先、依頼部数など
をご記入のうえ、送信ください。
(FBやブログへのコメントやメールではなく、
お問合せフォームでお願いします


 

トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳なら

イタリア情報ブログランキング   

フィレンツェの新しい「おしゃれな中華」~PINE&APPLE

バロネッサとの面会の後は、Chihoさんとのお楽しみランチ。
前の週、前日には別の友人とコテコテトスカーナ料理だったので、中華!
しかもいつも行くような「コテコテギラギラ中華」でなく
新しくできた「おしゃれな中華」だと言うので、かなり期待♪

IMG_2627

店構えもコテコテな看板や提灯はない、スタイリッシュな感じ。

IMG_2630

中もこんなだし、フロアはイタリア人の男性が一人。
Chihoさんの話だと、奥さんが中国人だとか?

10ユーロメニューも選べたのですが、
2人で餃子、チャーハン、豆腐の肉あんかけ、チンゲン菜をシェア。

IMG_2633

しゃべりに夢中で、写真は餃子だけ~エビとホタテがプリプリのイカ墨生地の餃子♪

IMG_2634

最後は抹茶ティラミスで〆・・・これも美味し!

店の名前はPINE&APPLE・・・なんかこの歌を思い出しちゃうけど
トスカーナ料理に飽きたけど、コテコテ中華はちょっとなぁ~て人にオススメです!
ちなみに値段は、2人で38ユーロでした。


セルフマガジンが完成しました!
selfmagazine
送付依頼は、こちらのお問合せフォームより
題名      ⇒ セルフマガジン送付依頼
メッセージ本文 ⇒ 送付先、依頼部数など
をご記入のうえ、送信ください。
(FBやブログへのコメントやメールではなく、
お問合せフォームでお願いします




トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳なら

イタリア情報ブログランキング   


フィレンツェは何百年もほぼ変わらない町、と実感できる1枚の絵

IMG_2617

おととい、「バロネッサ」のお屋敷を訪問してきました。
取材の内容は記事に書くとして・・・実は我が家にもあるこの1枚の絵がここにもありました。

IMG_2596

この絵はフランチェスコ・ロッセッリ作の通称「鎖の地図」
オリジナルは鎖のような模様で枠があるため、そう呼ばれているそうです)、
フィレンツェを描いた作品は多く残されていますが、その中で一番古く、1470年頃に描かれたもの。

IMG_2597

この「リカーゾリ宮」もこの通り存在し、しかも名前までくっきり入っています。
(カメラ目線でばっちり笑顔のバロネッサ、かわいい♪)
ドゥオモはもちろん、ヴェッキオ宮殿、ヴェッキオ橋、サンタ・マリア・ノウ゛ェッラ教会など、
今でも現存し、フィレンツェ観光の見どころとなっているものは、すでに存在しています。
そう考えると、ほんと、フィレンツェの町って中世からほとんど変わってない!と改めて驚き、
歴史好きの私は、バロネッサが語ってくれたリカーゾリの歴史にもゾワゾワしっぱなし。

IMG_2598

中を拝見しながら、最後は天井が7mもあるサロンでお茶を頂き、
予定時間の2時間いっぱい、ず~っとおしゃべりをしていました。

IMG_2588

この地上階の中庭も、建てられた1400年代半ばそのまま。
フィレンツェを散策してよく見る、「PALAZZO ◯◯」の立看板、これらは皆、
リカーゾリ宮のような歴史的建物で、それぞれの建物や家族の長い歴史が刻まれている・‥
フィレンツェ観光では、急ぎ足で有名美術館や教会を回ることが多いですが、
少し気をつけて、看板や紋章が掲げられた建物を見つけてみてくださいね。


セルフマガジンが完成しました!
selfmagazine
送付依頼は、こちらのお問合せフォームより
題名      ⇒ セルフマガジン送付依頼
メッセージ本文 ⇒ 送付先、依頼部数など
をご記入のうえ、送信ください。
(FBやブログへのコメントやメールではなく、
お問合せフォームでお願いします




トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳なら

イタリア情報ブログランキング   


現地人が仕事中にランチに行く店を、簡単に見分ける方法

有名レストランやガイドに載ってるお店もいいですが、
フィレンツェみたいな観光地では、それらの店に現地の人が行く事はあまりありません。
普段、働いている現地人がランチに行く場所ってどこでしょう?

IMG_2621

それが簡単に分かる方法は、お店の入り口に貼ってある、これらのマーク!

その名もBUONI PASTO、会社から従業員に配られる「食券」です。
BUONI PASTOを発行している会社は数社あり、使えるBUONI PASTOがお店に貼ってあるんです。
つまり、会社でもらった食券を使って、現地の人がランチに来るってこと!

IMG_2637

うちのダンナの勤め先では、「Day」、1枚7ユーロ。
会社ごとに1枚の金額は決まっていますが、まわりに聞いてもだいたい7ユーロ前後。
なので、皆この金額程度のランチセットや、1皿+水+カッフェでそれくらいになる金額設定。
つまり、安くてボリュームも割とあって、それなりに美味しい。
観光客仕様でなく、普段イタリア人はこんなもの食べてるんや~ってのも分かります。
回転が早いのでゆっくりはできないけど、気軽にぱぱっと食べたい人にもオススメです。

先週はこのBUONI PASTOを使えるお店、PALLE D'OROへ。

IMG_2243

普段はダンナとランプレドットのパニーノを食べてばっかりですが、
今回はトラットリアでテーブル席へ。

IMG_2246

飲み助のアキエちゃんとチヨンは1リットル!と言ったけど、
感じよいおっちゃんに「まぁまぁまずハーフ持ってくるから、足りなかったら言って」とセーブされ、

IMG_2247

まずは皆でコッコリ(生ハム、揚げパン、ストラッキーノチーズ)をシェアし

IMG_2248

私は好物のうさぎ肉のリピエーノ=ここのは、中にアンティチョークが入ってて最高!

IMG_2250

そして私だけデザートも(笑)最後は〆のカッフェで20ユーロ。

ボリュームはもちろん多めで、仕事のランチの人は水とパスタをカウンター席で、
あるいはパニーノやお持ち帰りで済ませる人が多いです。
なのでテーブル席ではやや値段は高くなりますが、ゆっくり食べられます。

観光客の方でBUONI PASTOを持ってる人はいないと思いますが、
BUONI PASTOマークのあるお店で、現地人に混じって気軽なトスカーナ料理をお楽しみ下さい★


セルフマガジンが完成しました!
selfmagazine
送付依頼は、こちらのお問合せフォームより
題名      ⇒ セルフマガジン送付依頼
メッセージ本文 ⇒ 送付先、依頼部数など
をご記入のうえ、送信ください。
(FBやブログへのコメントやメールではなく、
お問合せフォームでお願いします




トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳なら

イタリア情報ブログランキング   


Profilo
Blogはリンクフリーですが、掲載記事・写真の無断コピー・転載・加工はお断りいたします。
トスカーナ自由自在

Facebookページも宣伝 にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
Commenti
記事検索
アクセスカウンター

  • ライブドアブログ