イタリア・トスカーナ専門コーディネイターのトスカーナ田舎暮らし

日常生活から仕事、イタリアの笑えない話など、人口1800人のド田舎から日々の生活を綴ります。

フィレンツェ

フィレンツェの新しい「おしゃれな中華」~PINE&APPLE

バロネッサとの面会の後は、Chihoさんとのお楽しみランチ。
前の週、前日には別の友人とコテコテトスカーナ料理だったので、中華!
しかもいつも行くような「コテコテギラギラ中華」でなく
新しくできた「おしゃれな中華」だと言うので、かなり期待♪

IMG_2627

店構えもコテコテな看板や提灯はない、スタイリッシュな感じ。

IMG_2630

中もこんなだし、フロアはイタリア人の男性が一人。
Chihoさんの話だと、奥さんが中国人だとか?

10ユーロメニューも選べたのですが、
2人で餃子、チャーハン、豆腐の肉あんかけ、チンゲン菜をシェア。

IMG_2633

しゃべりに夢中で、写真は餃子だけ~エビとホタテがプリプリのイカ墨生地の餃子♪

IMG_2634

最後は抹茶ティラミスで〆・・・これも美味し!

店の名前はPINE&APPLE・・・なんかこの歌を思い出しちゃうけど
トスカーナ料理に飽きたけど、コテコテ中華はちょっとなぁ~て人にオススメです!
ちなみに値段は、2人で38ユーロでした。


セルフマガジンが完成しました!
selfmagazine
送付依頼は、こちらのお問合せフォームより
題名      ⇒ セルフマガジン送付依頼
メッセージ本文 ⇒ 送付先、依頼部数など
をご記入のうえ、送信ください。
(FBやブログへのコメントやメールではなく、
お問合せフォームでお願いします




トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳なら

イタリア情報ブログランキング   


フィレンツェは何百年もほぼ変わらない町、と実感できる1枚の絵

IMG_2617

おととい、「バロネッサ」のお屋敷を訪問してきました。
取材の内容は記事に書くとして・・・実は我が家にもあるこの1枚の絵がここにもありました。

IMG_2596

この絵はフランチェスコ・ロッセッリ作の通称「鎖の地図」
オリジナルは鎖のような模様で枠があるため、そう呼ばれているそうです)、
フィレンツェを描いた作品は多く残されていますが、その中で一番古く、1470年頃に描かれたもの。

IMG_2597

この「リカーゾリ宮」もこの通り存在し、しかも名前までくっきり入っています。
(カメラ目線でばっちり笑顔のバロネッサ、かわいい♪)
ドゥオモはもちろん、ヴェッキオ宮殿、ヴェッキオ橋、サンタ・マリア・ノウ゛ェッラ教会など、
今でも現存し、フィレンツェ観光の見どころとなっているものは、すでに存在しています。
そう考えると、ほんと、フィレンツェの町って中世からほとんど変わってない!と改めて驚き、
歴史好きの私は、バロネッサが語ってくれたリカーゾリの歴史にもゾワゾワしっぱなし。

IMG_2598

中を拝見しながら、最後は天井が7mもあるサロンでお茶を頂き、
予定時間の2時間いっぱい、ず~っとおしゃべりをしていました。

IMG_2588

この地上階の中庭も、建てられた1400年代半ばそのまま。
フィレンツェを散策してよく見る、「PALAZZO ◯◯」の立看板、これらは皆、
リカーゾリ宮のような歴史的建物で、それぞれの建物や家族の長い歴史が刻まれている・‥
フィレンツェ観光では、急ぎ足で有名美術館や教会を回ることが多いですが、
少し気をつけて、看板や紋章が掲げられた建物を見つけてみてくださいね。


セルフマガジンが完成しました!
selfmagazine
送付依頼は、こちらのお問合せフォームより
題名      ⇒ セルフマガジン送付依頼
メッセージ本文 ⇒ 送付先、依頼部数など
をご記入のうえ、送信ください。
(FBやブログへのコメントやメールではなく、
お問合せフォームでお願いします




トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳なら

イタリア情報ブログランキング   


現地人が仕事中にランチに行く店を、簡単に見分ける方法

有名レストランやガイドに載ってるお店もいいですが、
フィレンツェみたいな観光地では、それらの店に現地の人が行く事はあまりありません。
普段、働いている現地人がランチに行く場所ってどこでしょう?

IMG_2621

それが簡単に分かる方法は、お店の入り口に貼ってある、これらのマーク!

その名もBUONI PASTO、会社から従業員に配られる「食券」です。
BUONI PASTOを発行している会社は数社あり、使えるBUONI PASTOがお店に貼ってあるんです。
つまり、会社でもらった食券を使って、現地の人がランチに来るってこと!

IMG_2637

うちのダンナの勤め先では、「Day」、1枚7ユーロ。
会社ごとに1枚の金額は決まっていますが、まわりに聞いてもだいたい7ユーロ前後。
なので、皆この金額程度のランチセットや、1皿+水+カッフェでそれくらいになる金額設定。
つまり、安くてボリュームも割とあって、それなりに美味しい。
観光客仕様でなく、普段イタリア人はこんなもの食べてるんや~ってのも分かります。
回転が早いのでゆっくりはできないけど、気軽にぱぱっと食べたい人にもオススメです。

先週はこのBUONI PASTOを使えるお店、PALLE D'OROへ。

IMG_2243

普段はダンナとランプレドットのパニーノを食べてばっかりですが、
今回はトラットリアでテーブル席へ。

IMG_2246

飲み助のアキエちゃんとチヨンは1リットル!と言ったけど、
感じよいおっちゃんに「まぁまぁまずハーフ持ってくるから、足りなかったら言って」とセーブされ、

IMG_2247

まずは皆でコッコリ(生ハム、揚げパン、ストラッキーノチーズ)をシェアし

IMG_2248

私は好物のうさぎ肉のリピエーノ=ここのは、中にアンティチョークが入ってて最高!

IMG_2250

そして私だけデザートも(笑)最後は〆のカッフェで20ユーロ。

ボリュームはもちろん多めで、仕事のランチの人は水とパスタをカウンター席で、
あるいはパニーノやお持ち帰りで済ませる人が多いです。
なのでテーブル席ではやや値段は高くなりますが、ゆっくり食べられます。

観光客の方でBUONI PASTOを持ってる人はいないと思いますが、
BUONI PASTOマークのあるお店で、現地人に混じって気軽なトスカーナ料理をお楽しみ下さい★


セルフマガジンが完成しました!
selfmagazine
送付依頼は、こちらのお問合せフォームより
題名      ⇒ セルフマガジン送付依頼
メッセージ本文 ⇒ 送付先、依頼部数など
をご記入のうえ、送信ください。
(FBやブログへのコメントやメールではなく、
お問合せフォームでお願いします




トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳なら

イタリア情報ブログランキング   


姪っ子の欧州旅行で思い出す、私の初めての海外旅行

大学2年生の姪っ子が、友人とイギリスに行っている。
母である姉が、どこ町のどこへ泊っているのかはっきり知らないらしく
(同行の友人の元ホームステイ先らしいが)、FBでイラついていた ⚡
私がコメントすると「この度胸は叔母譲り(=やな!)」 やって  (;^ω^) 

というのも、私も22才の秋、大学の友人と2人の初めての海外旅行が 
格安・大韓航空(最安のアエロフロートか迷ったけどよ堕ちてると聞いて却下) で
夜到着のパリ1泊目だけ予約してあとは現地調達、地球の歩き方だけが頼りの
バックパッカー旅行・・・親には詳細は伝えずに💦、だったから。
(東京の大学で1人暮らし、ネットもないので電話で伝えただけ) 

P1110056

友人はフランス好きだったので、パリとヴェルサイユ。
地球の歩き方を見て、何とか安ホテルに宿泊でき、大きなハプニングはなかったけれど
モンマルトルで似顔絵を描いてあげる~と言われ、
後で料金請求されるとも知らず「芸術の町だからだよ!」と信じていた Σ( ̄ロ ̄lll)ガーン

そしてイタリア・ローマに飛び、テルミニ駅に降り立つと・・・
ホーム先には、ホテルの客引きがドドッと押し寄せ、急に怖くなる2人・・・
警官だったか忘れたけど、客引きに囲まれた私たちを保護してくれて
彼の友人であるBBに電話して予約してくれた・・・これが手だったかもしれないけど
値段も良心的でオーナーも優しく、まさに地獄から救われた気持ちでローマを楽しむ。

CIMG7368

・・・が、スペイン広場前で海軍?の制服を来たイケメンに夢中になった友人は
その彼に誘われるまま別行動となり(携帯もないし、ホテル待ち合わせ)
私は1人でヴァチカンに行き感動に酔いしれていたが、係員のおっさんにナンパされ
(そのおかげで普段鍵がかかっている場所が見られたけど・・・エエんかい、おっさん!)
なんとか振り切った、という思い出も(笑)

そして最後の地はフィレンツェ。
テルミニ駅の悪夢が忘れられず、ローマの宿のお兄さん友人のBBを紹介してもらう。
はっきり覚えていないけど、駅近くの小さな宿のお姉さんも優しく
ホントに無謀な旅行だったにも関わらず、運に恵まれたと思う。
予定外に生理が来て、紙ナプキンを買うのにどうしたらいいか?
お姉さんに必死に説明したのを鮮明に覚えている(それかい!)

いやいや、一番の思い出はやはり・・・

P1030732

ミケランジェロ広場・・・このパノラマを見て、「ここに住んでみたい」と思って
その6年後に留学に来た(そして結婚した)という、まさに今の私があるのもここのおかげ。
当時はバス乗るのも分からんし~と徒歩で行ったという・・・若いってスバラシイ!

それから20年以上経った今、日本語でブッキングコムなどでホテルの予約もできるし
ネットさえあればグーグルマップですーいすい
こんな便利な時代に、旅行しないなんてもったいない!
団体でサラ~っと有名どころだけ周るのはもったいない!
・・・と、卒業旅行でフィレンツェに来ている若者の団体さんを見て思う、
おせっかいオバはんなのでした (;^ω^)

※その後、グループチャットで姪っ子から「今ロンドン~!」と写真が送られてきました。
 ネットさえあれば、タイムリーに写真もコメントもできるなんて、スゴイなぁ。
 姪っ子よ、楽しんでおいで~♥


セルフマガジンが完成しました!
selfmagazine
送付依頼は、こちらのお問合せフォームより
題名      ⇒ セルフマガジン送付依頼
メッセージ本文 ⇒ 送付先、依頼部数など
をご記入のうえ、送信ください。
(FBやブログへのコメントやメールではなく、
お問合せフォームでお願いします



トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳ならイタリア情報ブログランキング   

イタリア旅行で「アパート滞在」を強くおススメする理由

私自身のバカンスでも、可能であればアパート滞在にしています。
イタリア(おそらく他のヨーロッパの国でも)に旅行で来られる方にも
数日(だいたい3泊以上)&複数人で滞在する場合は、強くおススメしたい!
・・・その理由は。

1)節約できる
  アパート1泊につきいくら、なので、頭数で割れば各人ホテル1室取るより安い。
  毎食を外で食べなくて良いので節約できる。
  
2)プチ・海外在住体験ができる!
  キッチンや、ソファーのあるリビングがあるケースが多いので
  数日でも、まさにそこは自分の家?
  スーパーで買い物して自炊すれば、まさに海外旅行なのに日常気分!
  
3)洗濯できる!
  洗濯機のあるアパートの場合、洗面台でパンツや靴下を洗わなくてもいい!
  私は2週間バカンスの際、ちょうど半ば滞在の町では洗濯機付きアパートに滞在し
  そこで半分ごっそり洗濯することができました!
  トリエステでは ここ 、アンコーナでは ここ に滞在しました。

4)子連れにはめっちゃ楽!
  特に夜外食しないのは、1)の節約だけでなく、お子さん連れにはほんっと楽!
  疲れて外に出たくない、グズグズで外食どころじゃないって時も
  アパートなら自炊や、お惣菜やインスタントで温めるだけでOK!!
  1回は夜豪華に外食とか、ランチを充実させるとかメリハリがつきますよ。

今回、3泊4日でフィレンツェ滞在された視察通訳のクライアントさんは
La Casa Miaさんで、こんなアパートを借りて滞在したのですが・・・

この広いリビングを見よ!!

IMG_2009

そのテラスからは、ヴェッキオ橋が~!!

IMG_2007

最初はホテル滞在予定だったけど、お子さん含め5人の滞在、
ちょうどオフシーズンなのでホテルより安いかもしれませんよ? と
Chihoさんに提案してもらったら・・・余裕で予算より下!
クライアントさんも、ほんっとアパートにしてよかった!と超満足されてました。 

皆さんもぜひ、アパート滞在を体験してみて下さい!
2度とホテル滞在には戻れなくなるかもしれませんよ? ( ̄▽ ̄)

トスカーナ自由自在でご案内できるアパートはこちら
フィレンツェの他、おらが村、キアンティ、アレッツォ、各アグリツーリズモがあります。
 

セルフマガジンが完成しました!
selfmagazine
送付依頼は、こちらのお問合せフォームより
題名      ⇒ セルフマガジン送付依頼
メッセージ本文 ⇒ 送付先、依頼部数など
をご記入のうえ、送信ください。
(FBやブログへのコメントやメールではなく、
お問合せフォームでお願いします



トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳ならイタリア情報ブログランキング   
Profilo
Blogはリンクフリーですが、掲載記事・写真の無断コピー・転載・加工はお断りいたします。
トスカーナ自由自在

Facebookページも宣伝 にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
Commenti
記事検索
アクセスカウンター

  • ライブドアブログ