イタリア・トスカーナ専門コーディネイターのトスカーナ田舎暮らし

日常生活から仕事、イタリアの笑えない話など、人口1800人のド田舎から日々の生活を綴ります。

フライト

エールフランス機内での美味しい食べ物

アリタリアがローマ⇔関空線を撤廃してから(号泣)、帰省フライトは安いエア
この3年はエールフランス、ルフトハンザ、そして今年はエールフランスとなりました。 

20170725_161812

私は機内サービスが~とかシートが~とかあまり差を感じないのですが
今回、これ、美味しいわーと思ったのが2つ。

IMG_6983

このバゲット!
トレイとは別に、これが山盛りの籠から別で配布されます~う~ん、おフランス💛
もちろん、外はカリッカリで中は柔らか・・・
機内食自体は別にどうってことないのですが、このバゲットで満足度 ⤴

あと、地味に嬉しいのがこのおしぼり。

IMG_6984

紙なんでしょうけど、厚みがあって柔らかく、限りなくタオルっぽい!

それから、もう1つ美味しかったのが食前にでてきたこのスナック。

IMG_7016

これまたバゲットなんだけど(笑)、
食べなかった息子たちの分も持って帰ってきたくらい美味しい!

その他、ルフトよりエアフラが良いと思ったのは何よりも
パスポートチェックが早い&ペラペラの滞在許可証も余裕でスルー
(というか、今回は提示さえも聞かれなかった!!)
シャルル・ド・ゴール空港内も改装されてターミナル間の移動も楽になり、
1時間ちょっとの乗り換え時間でも余裕!!
機内のTVがリモコンでなくタッチパネルになってたのに昨年の悪夢がよみがえったけど
息子たちも気を付けて遊んでいたので何事もなく、快適なフライトでした。

来年はどの会社で帰るかは未定だけど、エアフラが楽やな~。


セルフマガジンが完成しました!
selfmagazine
送付依頼は、こちらのお問合せフォームより
題名      ⇒ セルフマガジン送付依頼
メッセージ本文 ⇒ 送付先、依頼部数など
をご記入のうえ、送信ください。
(FBやブログへのコメントやメールではなく、
お問合せフォームでお願いします


 
トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳なら

イタリア情報ブログランキング


日本からイタリアに帰ってきて、一番大変なこと

昨晩の21時半、無事に我が家へ到着しました。

20170725_203836


フィレンツェで私たちを迎えてくれた夕陽💛
いつものように車窓から携帯で撮影し、角度調整とトリミングしています

長いフライトでの疲れと、若干の寂しさもあるけれど、
すっかり現実に引き戻されています。
まずやらねばいけないこと、何気に一番しんどいこと、
それは・・・スーツケース解体!!

つい2日前に必死こいて詰めた23キロ×4のスーツケースを、
今度は解体ってなんか儚いですますが・・・ちなみに合計92キロ制限のところ、
91.2キロでクリア!!・・・達成感が半端ない(笑)

昨日の更新では、「お菓子ばっかりやないかい」とのコメントも頂きましたが
それ以上に多いのが、和食の為の食料品。

IMG_6991

しょうゆは4リットル、ゴマ油は1.6リットル、乾うどん4キロ、
他に乾燥のしいたけ、切干大根、わかめ、ひじき、ゴボウなどなど・・・

そして便利な100均グッズ。

IMG_6992

ペットボトルに入る小さな氷トレイ、フライを置くトレイ、足りなかった中皿、
菜箸やラップ、ポチ袋や小さな便せんなどなど・・・

今の夏服を片付けるのはいいんですが、
問題は帰省前までネットで購入していた来冬以降の服とかストックの靴下とか、
どこに入れよ・・・((+_+))・・・て感じです。

ま、疲れもまだ残ってるので、ボチボチ片づけて行きたいと思います💦

セルフマガジンが完成しました!
selfmagazine
送付依頼は、こちらのお問合せフォームより
題名      ⇒ セルフマガジン送付依頼
メッセージ本文 ⇒ 送付先、依頼部数など
をご記入のうえ、送信ください。
(FBやブログへのコメントやメールではなく、
お問合せフォームでお願いします


 
トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳なら

イタリア情報ブログランキング


大きさの違うスーツケースに23キロ、どう詰める?

イタリアから日本へより、断然大変なのが日本からイタリアへ帰る時の荷造り。
しかもここ数年、荷物の重量に対して厳しくなって、

 -1キロ未満のオーバーでも認めてくれない(超過料金)
 -合計重量はクリアしてても、1個のじ重量がオーバーしててもダメ

IMG_6980


という訳で、形や素材が違う、私たちのスーツケース4つ(各人1つ)、
それぞれの制限は23キロを守るには

 ー小さいスーツケースには本や液体、乾麺などの小さくても重いものを入れる
 ー大きいスーツケースには、靴やせんべいなどのかさ高くても軽いものを入れる

IMG_6909

毎度毎度、せんべいの量が半端ない(笑)

こんな風にして23キロきっちりのスーツケース4個を完成させ、今朝、日本を発ちました。
これがUPされているころには、もうロシアの上を飛んでいます・・・

まだまだ日本ネタはありますが、次はトスカーナからの更新です!

セルフマガジンが完成しました!
selfmagazine
送付依頼は、こちらのお問合せフォームより
題名      ⇒ セルフマガジン送付依頼
メッセージ本文 ⇒ 送付先、依頼部数など
をご記入のうえ、送信ください。
(FBやブログへのコメントやメールではなく、
お問合せフォームでお願いします


 
トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳なら

イタリア情報ブログランキング


「てるみくらぶ」破産 ~ 格安ツアーはやっぱりアカンやろ、と思う訳

IMG_5320

先日、日本のニュースでバンバン出てた「てるみくらぶ」破産。
そんな会社すら知らんかったけど、どうやら格安ツアーの旅行代理店で
現在、それを利用した人が旅先で二重支払いを請求されたり、出発できなかったりしている。

旅行代理店のツアーに参加することは、メリット・デメリット両方あると思うし
個人がどう考えて利用するか、だけど、私は俄然、個人旅行派です。
ネットも何もない20年以上前の、初海外旅行も個人旅行でした

そんな私の、団体ツアーで行く意味あるの?なんですが

1)仲介が多すぎる
   今回みたいな倒産とかのリスクを考えたとしても、
  間に業者が入れば入るほどそのリスクは高まる訳で。。。
  私の知りうる限りでは、
  顧客~旅行代理店~現地のツアーオペレーター~ 各施設・交通機関
  (実際はこれより多いかも。少ないことはないはず)
  特に間の2つがダメになっちゃうと、旅行全部がおじゃんになってしまう。
  それを全部個人で直接やると、各施設が全部一斉にダメにならない限り
  リスクは最小限で抑えられる~ホテルが×なら別のホテルを探せばいいだけの話。
  最近はBOOKING.COMなど、直前までキャンセル無料の宿もかなりあるしね。

2)何でもオンラインでほとんどが英語(あるいは日本語も)で予約できるのに?

  私の英語力は日本の中学生レベル(か、以下)ですが💦
  それでも英語サイトでホテルや鉄道くらいの予約はできます。
  口コミや現地在住の日本人ブログやサイトなんかもいっぱいあるし
  言葉の問題も、手配に関してはそんなに問題にならないかも?

3)自分の好きなところに、好きなだけいられない
  
IMG_0615

この行程の全部、さら~っとでエエから行きたかったんよ!って人は別として・・・
え、こんな忙しないの💦💦フィレンツェなんて正味半日??
そしてこのツアーでは書いてないけど、前に日本で見たツアーの食事内容見ても
「フィレンツェでボンゴレパスタ」とか、その土地の料理ではないことにビックリ ( ゚Д゚)
安い分、縛りがめちゃめちゃ多いんですよね。
ま、50人の好みとか希望をまとめることなんて不可能なんだけどね。

他にもこんな、団体ツアーで困った&びっくりした話はこちら

旅は個人の好みですから、自分が納得して楽しめれば何でもいいんですけどね。
私も夏のバカンスのこと考えよ~もちろん、AirBnBグーグルマップ屈指して。
私の場合、旅を作ること自体が趣味なので(笑)  


【個人旅行・お役立ち過去記事 ↓ よろしければどうぞ♪】 
本土からフェリーで1時間の「ジッリオ島」、イタリアの島リゾートを気軽に楽しもう!
【イタリア旅行を楽しむ為の予備知識】スラれる&騙されるパターン集
イタリア旅行で「アパート滞在」を強くおススメ理由
フィレンツェから簡単に行ける、「小さな村」5選
シエナから簡単に行ける、「小さな村」4選
オルチャ渓谷ハイヤー周遊、どこをどうやって周る?
トスカーナで料理教室、どこで?誰とやる?
中部4州横断!「ピエロ・デッラ・フランチェスカ」の名画を巡る旅
ロマネスク様式の教会が熱い?~テーマのある旅
「田舎でゆっくり滞在派」が増えてきた?
アグリツーリズモって何?その定義と楽しみ方、教えます!
現地人が仕事中にランチに行く店を、簡単に見分ける方法
ローマ・フィウミチーノ空港へ鈍行で行くメリット


セルフマガジンが完成しました!
selfmagazine
送付依頼は、こちらのお問合せフォームより
題名      ⇒ セルフマガジン送付依頼
メッセージ本文 ⇒ 送付先、依頼部数など
をご記入のうえ、送信ください。
(FBやブログへのコメントやメールではなく、
お問合せフォームでお願いします




トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳なら

イタリア情報ブログランキング   

ローマ・フィウミチーノ空港へ鈍行で行くメリット

ローマ・フィウミチーノ空港⇔市内への公共機関での移動方法は3つあります。

1)テルミニ駅からレオナルド・エキスプレスに乗る 
2)ティブルティーナ駅などから鈍行に乗る
3)テルミニ駅から空港バスに乗る


 私が思う、それぞれのメリット・デメリットを書きたいと思います!

1)テルミニ駅からレオナルド・エキスプレスに乗る 
これが一番無難な方法ですが、何より高い!片道14ユーロです。
所要時間は直通で30分と、 早いのはメリット。
でもテルミニ駅の専用ホームは普通のホームのさらに先にあるので、
駅の中で10分くらい歩くというオマケ?もついています。
大きな駅なので、人混みもありますし、スリが多いので要注意!!

2)ティブルティーナ駅などから鈍行に乗る
1)のデメリット理由から検索の結果この方法を知り、今回はこれで空港へ行きました。
ティブルティーナ駅はユーロスターも停車する大きな駅で、
私は今回テルミニ駅まで行かずにここでフィレンツェから・行きの乗り換えでした。
ショップやバールもあるのでちょっとした食事や時間つぶしもできるし、
テルミニほどは大きくないので移動もやや楽になります。

IMG_0758

何より空港までは8ユーロと1)に比べると6ユーロも安いのに、所要時間は48分と、
1)でホームを歩いてる時間も入れたら、それほど変わらない。
ただ通勤時間帯に当たると車内が混むのが難点でしょうか。
この線ではトラステヴェレ駅も通るので、トラステヴェレ界隈に宿がある人も便利です。

1)2)の各駅名はRoma Termini、Roma Tiburtina、Fiumicino Aeroporto、
時刻表やオンライン購入はTrenitaliaのホームページをどうぞ(右上で言語が選べます)
刻印や各表示パネルの見方はこちらのページも参考にしてみて下さいね。

3)テルミニ駅から空港バスに乗る
これも今回、検索していろいろ出てきたのですが、一番安いのはなんと4ユーロ!
ほとんどがテルミニ駅発着でした。
ただ、所要時間は1時間前後で、かつローマの渋滞を知っている身としては
特に空港へ向かう場合はちょっと遅延が怖かったのでやめました。
実際使ったわけではないので、ホントに時間通りに着くのか?乗り心地は?
などは分かりませんが、安さを追求すればこれが一番です!

トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳なら


イタリア情報ブログランキング
Profilo
Blogはリンクフリーですが、掲載記事・写真の無断コピー・転載・加工はお断りいたします。
トスカーナ自由自在

Facebookページも宣伝 にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
Commenti
記事検索
アクセスカウンター

  • ライブドアブログ