イタリア・トスカーナ専門コーディネイターのトスカーナ田舎暮らし

日常生活から仕事、イタリアの笑えない話など、人口1800人のド田舎から日々の生活を綴ります。

フリウリ

夏とは違う美しさ~冬のルッサーリ山とその集落

今回スキー旅行に行ったタルヴィージオには、2011年の夏のバカンスでも行きました。
B&B Klement に3泊して周辺の湖や高原を周り、どこも本当によかったんですが
その中でも印象に残っているのが、このルッサーリ山。

P1230083

ノープランで行ったのですが、超優秀な観光デスクのお姉ちゃんに教えてもらい
子連れでも楽々、ゴンドラで頂上まで一直線!

そして5年半後の冬・・・

IMG_1207

本当はこんなのが見たかったけど・・・

P1230079

いかんせん雪不足💦
それでも、夏とはまだ違う風景にやっぱり感動~💛

この集落ができたのは、おそらくこの教会ができたから。
いや、正式には教会ではなく、サントゥアーリオ=至聖所、と呼ばれる巡礼地です。

IMG_1246

このサントゥアーリオは第一次世界大戦の爆撃による火事で焼失したため
建て直されたのは近年ですが、650年以上前に遡る伝説が残っています。

1360年、カンポロッソの羊飼いの羊がルッサーリ山で行方不明になった時、
茂みの中の聖母とキリストの像がある場所でひざまづいているのが発見されました。
その様子を描いた絵が、中にありました!
(ていうか、たまたま撮影していて、あとで調べて「コレやー!」と一人感動)

IMG_1250

羊飼いはその像をカンポロッソの牧師に預けたが、翌日、また同じ場所で見つかり
羊たちもその場所で同じくひざまづいていた。
また持って帰るものの、その翌日も同じことが起こったので、
神様のお告げとして、この場所に礼拝堂が建てられ、
これがこのサントゥアーリオの起源とされています。

巡礼者も訪れるので、ホテルや飲食店・お土産店が周辺に数軒。
建物がいかにも北イタリアの山~って感じでカワイイ💛

IMG_1229

ルッサーリ山はタルヴィージオのスクールゲレンデとつながっていますが、
スキーで行くには遠い&中級以上のゲレンデしかないので、
子供たちのスクールが終わった最後の2日間、車でルッサーリに行きました。

初日のランチは、夏にも行った集落一番奥のレストラン。

IMG_1234

天気もよかったので夏と同じようにテラス席へ。

IMG_1239

だってこの絶景やもん!!・・・ただやっぱり寒かった💦

子供たちがスクールの時はすぐ近くのバールでパニーノだったので、
フリウリらしい暖かいものをセレクト!
ダンナはグラーシュ(牛肉の煮込み)のポレンタ添え。

blog-1

私は好物のキノコスープ・・・トスカーナのとは違ってミルク仕立て、
そしてパンは入っていない!
同じメニューでも、やっぱり州によって違うのが面白いところ♪

この日は時間もなかったし、寒すぎたのでデザートは食べなかったけど

P1230093

夏はストゥルーデル(アップルパイ)とミックスベリーのケーキも食べた。
これもとっても美味しかったので、おススメです★

翌日のランチは、集落に入ってすぐのリフージョ(山小屋・避難所、の意)で。

IMG_1270

ダンナはフリーコというチーズが入ったジャガイモを焼いたものと、
付け合わせは、やっぱりポレンタ(笑)
このフリーコがもっちり&こってりで、癖になる美味しさ!

blog-2

私はその前のゾンコランのチェノ―ネで出て好物になった、オルゾット、
赤チコリとサルシッチャという、やはりこの地ならではの組み合わせで。
オルゾットは、リゾットのお米の代わりに大麦を使っています。

それからここから見る絶景も最高!

IMG_1284

後ろ側は2000m級の山があるので白いですが

IMG_1285

向こう側は緑の山&ゲレンデはほとんど人工雪でした💦

IMG_1268

またいつか来られるかな?
今度は雪化粧をまとったサントゥアーリオを見てみたい!


selfmagazine

 私のことを知りたい方、単に見てみたい方、活動内容に興味のある方、
このマガジンを置いてもいいよ!と検討下さるイタリアンレストランや
イタリアに関係するショップの方、イタリアに関係なくても応援して下さる方、
個人・法人の方を問わず、無料で送付させて頂きます。

送付依頼は、こちらのお問合せフォームより
題名      ⇒ セルフマガジン送付依頼
メッセージ本文 ⇒ 送付先、依頼部数など
をご記入のうえ、送信ください。
(FBやブログへのコメントやメールではなく、お問合せフォームでお願いします)

※次回送付は、1月半ばとなりますので、ご了承くださいませ。

トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳なら


雪山で迎える2016年の大晦日、そしてチェノ―ネ

IMG_1068

昨年の大晦日は、フリウリ・ヴェネツィア・ジュリア州のタルヴィージオで迎えました。
大晦日前日の初日に私が風邪をひいたので、夕食前に町へ下りると・・・

IMG_1072

教会のある広場ではツリーが、そして教会のファサートは可愛らしいマッピング💛

IMG_1071

せっかくやから、2016年最後の家族写真を。

今回のスキー旅行の宿泊先はダンナの保養所でしたが、
節約のためにもアパートタイプで自炊でした。
しかし、大晦日の晩のチェノ―ネ(年越し大夕食会)があるというので
せっかくだから行ってきました~町から戻って、20時前に夕食会開始です!

IMG_1079

まずは前菜盛り合わせ、海鮮マリネにサラミ&チーズ、ロシアンサラダのクロスティーニ。

IMG_1090

プリモは3種と聞いていて、絶対無理!と思っていたら、幸い、1皿にちょっとづつ。 
とはいえ、セコンドも3種あるので、唯一 トスカーナではあまり食べない
赤ラディッキオのラザニアは完食し、あとは半分づつ残しました。
結婚式のパーティとチェノ―ネは最初から飛ばし過ぎない事、配分が大事です(笑)

メイン一皿目は魚介のフライ、これは好物&揚げたてで美味しく完食♪
2皿目は鶏肉と青菜のソテー(半分、写真なし)、しかし・・・

IMG_1097-1

三皿目にして豚のすね肉とポテトのグリルはかなりキツく、味見程度でダウン💦

大晦日定番のコテキ―ノとレンズマメはメニューになかったのに
この後に「食べますか?」と回ってきた・・・( ゚Д゚)
それ知ってたら2皿目・3皿目はお断りしてたのにぃ~。
年越しにはずせないメニューやけど、もう入る隙間もないから断念。
デザートはレストランでなく別会場のディスコで年明けシャンパンとともに振舞われる、
とのことだったので、私たちはここで終了~!
スキーで疲れてもいたので、年明けを待つことなく、23時半には夢の中でした・・・

※ちなみに今回はキッズメニューもあり、子供たちはプリモはトマトソースのパスタ、
メインはハンバーグにポテトフライ、と鉄壁のメニュー。 


selfmagazine

 私のことを知りたい方、単に見てみたい方、活動内容に興味のある方、
このマガジンを置いてもいいよ!と検討下さるイタリアンレストランや
イタリアに関係するショップの方、イタリアに関係なくても応援して下さる方、
個人・法人の方を問わず、無料で送付させて頂きます。

送付依頼は、こちらのお問合せフォームより
題名      ⇒ セルフマガジン送付依頼
メッセージ本文 ⇒ 送付先、依頼部数など
をご記入のうえ、送信ください。
(FBやブログへのコメントやメールではなく、お問合せフォームでお願いします)

※次回送付は、1月半ばとなりますので、ご了承くださいませ。

トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳なら


イタリア情報ブログランキング  

2016年の年越しはアルプススキー!

家族でアルプススキーという夢を実現したのは2014年
そして雪不足でアミアータ山では全くスキーできなかった昨年を踏まえ、
今年はアルプス行くぞ!と夏のバカンスも控えめにしたほど
満を持してのアルプススキー(ダンナの保養所が当たってよかった💦)

29

宿泊先にネットがないのでスキーネタは帰宅後になります。
まずは久しぶりのスキー、楽しんできます=3=3=3 

セルフマガジンが完成しました!

selfmagazine

 私のことを知りたい方、単に見てみたい方、活動内容に興味のある方、
このマガジンを置いてもいいよ!と検討下さるイタリアンレストランや
イタリアに関係するショップの方、イタリアに関係なくても応援して下さる方、
個人・法人の方を問わず、無料で送付させて頂きます。


送付依頼は、こちらのお問合せフォームより
題名      ⇒ セルフマガジン送付依頼
メッセージ本文 ⇒ 送付先、依頼部数など
をご記入のうえ、送信ください。
(FBやブログへのコメントやメールではなく、お問合せフォームでお願いします)

※次回送付は、1月半ばとなりますので、ご了承くださいませ。


トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳なら


イタリア情報ブログランキング  

フリウリの郷土料理

まだまだ年末年始の旅行話をひっぱってますが・・・ 旅行の楽しみの1つは料理!イタリアはほんの150年前までバラバラな国だったこともあり、方言、料理、習慣などが各州、同じ州でさえ違うことも多々。フリウリ・ヴェネツィア・ジュリア州が完全にイタリアになったのは再一次世界大戦後、そして現在でも特別自治州なので、イタリアというよりオーストリアやスロヴェニア文化も色濃く残っています。

980

ビールを頼んだら、オーストリアのでいい?って(笑)

また同じ州でも海側と山側で違ってきたり・・・私たちが滞在したのは山側、カルニア地方と呼ばれる所で、ホテルでの食事もいろんな郷土料理が出てきました。
最初の晩のプリモに選んだのはこの2つ(ダンナと私と半分こ)。

852

右は見た目思いっきり餃子ですが(笑)、名前はCjarsons(チャルソンス)。これはもっと皮が分厚くてもちもち、中の具は香草、上に熟成リコッタの削ったものがかかってます。左は・・・左は、名前が思い出せない!泣 聞いたことある名前だったので特にチェックはせず、聞いたことなかったCjarsonsのみ紙に書いてきたってのに・・・ 香草が入ってますが、見た目も味も食感もヨモギ餅!香草はマジでヨモギかもしれない・・・ 両方ともソースはバターソースです。

このCjarsonsをオーダーした時に、" Salato o dolece? (しょっぱいのか甘いのかどっち?)" プリモですから、もちろんしょっぱいのをオーダーしたのですが、このdolceがどうしても気になり、別の日にデザートとしてオーダーしてみました!

981

これが、ウ~ンまい!!皮は同じで、中はクルミと干しブドウが刻んだものをカカオでまぶしたもの。ソースはバターソース・・・すんごいカロリー高いですが、寒くて疲れた日にこれを食べると一気に元気が出そう(笑)

それから、こんな大胆?な料理も

CIMG0380

チーズスライスを焼いただけ~メニューに何のチーズか書いてなかったけど、フリウリ北部のモンタージオチーズかと思われます。ホント焼いただけだけどチーズ自体が美味しいので、これで十分美味しいんです!パンがすすむ、すすむ・・・ 危険! カテゴリー的にはセコンド(メイン)になってました。

他のメインは有名なグーラッシュ(牛肉の煮込み) 何回か食べたけど写真忘れた 、肉ときのこの炒め物など基本は肉メイン。付け合わせはフリウリ、ヴェネトやロンバルディアなど北部でおなじみの・・・

914

ポレンタ(トウモロコシの粉)!トスカーナだとトロトロのものにラグーを添えて食べるか、固まったものを焼いてキノコソースやレバーパテをのせてクロスティーニにして食べるのがほとんどですが、北部ではこうしてスライスしたものが、いろんなメインの横に“これでもかっ!”ってほどついてきます。

それは肉だけでなく、イカの煮込みの場合でも同じ。

1048

別皿の付け合わせは、これもフリウリや北部イタリア料理のクラウティ=すっぱいキャベツ。ジャガイモなんかもよく食べるし、バターも多用するし、逆に一般的にイタリア料理として思い浮かべるトマトを使った料理はかなり少なく、イタリア料理よりドイツ語圏、中央ヨーロッパの料理にかなり近い・・・

そして最後は・・・グバーナ。

CIMG0631

以前に同僚のフリウリ土産でもらったダンナが、自分と今回ソリを貸してくれた友人に買って帰る!と帰路にわざわざ買いに寄ったお菓子。パンの中に、グルグルと渦巻いて挟まってるのはクルミ、レーズンなどのドライフルーツやナッツ類、そしてグラッパ。私はリキュール類のはいったお菓子は苦手なので食べてませんが、毎日ダンナが仕事から帰宅したら嬉しそうにほおばってます(笑)

こんな風に、イタリアは場所によって料理も全然違う!旅行に来られたら、各地方で食べる料理にもぜひ注目&その土地のものを食べると楽しいですよ~。

2011年夏のフリウリ旅行記

大晦日のチェノーネ

今回の滞在先は、ゾンコランスキー場から車で10分ほど下った、コメリアンス村にある小さなホテル。フリウリ・ヴェネツィア・ジュリア州が指定する LOCALE STORICO = 歴史的スポットにも指定されていました。

CIMG0435

とはいえ堅苦しい雰囲気は全くなく、併設されているバールは地元民の集いの場所で、朝の朝食から夕食前のアぺリティーボの時間まで、いつも賑やかでした。
インテリアは、やっぱりドイツ語圏風カントリーって感じで可愛らしかったです。

blog2

スキー以外はスーパーに水を買いに行くだけでしたが、可愛い一角がちょろちょろと。

blog3

雪がたくさん降る所なので、屋根のこう配がトスカーナとは全然違いますね。

さて、旅行の中日は大晦日。朝食の時に、“今日の晩は普通の晩御飯にする?チェノーネにする?”、とホテルのスタッフに聞かれました。イタリア語で晩御飯は CENA 、CENONEは最後に拡大辞の -ONE がついたもので、大晦日の年越し夕食のことを言います。子供たちが起きてられないよな~と思いつつ、チェノーネなんてここ数年やってないし、せっかくだからチェノーネに参加することにしました。

幸い、スキーからの10分の車で次男は疲れ果て爆睡でそのまま3時間ほどチャージ(笑)、長男は結局寝られずにそのまま、21時からチェノーネに向うことに。

CIMG0440

ツリー型に折られたナフキンが可愛い♡

まずは前菜!

CIMG0443

生ハム(フリウリ名産のサンダニエーレのはず!)、パルミジャーノカップに入った赤キャベツ+サラミノサラダ、スフォルマートは何のか不明でしたがチーズソースがかかっています。

プリモは2種、クルミが中に入ったラビオリのバターソースと、麦ときのこのリゾット!これが美味しくって あとからまだまだ出てくると知りつつ 私もダンナもお代わりしてしまいました。・・・ここで、すでに時計は22時半を周り、全く寝てない長男はギブアップ、部屋に戻って爆睡(苦笑)

blog4

そしてお口直しにレモンのシャーベットが出てきて・・・セコンド3種(!!)最初のがお肉のグリーンペッパーソースとじゃがいもの付け合わせ、これで私はもうお腹いっぱい・・・で、長男の様子を見に行くついでに部屋で休憩、その間に1皿運ばれていたそうですが、もちろん食べなくて結構です~!状態。
そして0時が近づき・・・ほとんどがおとなしい目のカップルだったのですが、後にいたフィオレンティーニ3家族が大盛り上がり イタリアは方言がはっきりしているのですぐに分かります 、フィオレンティーナの応援歌歌い出す始末 おいおい 。そしてレストランにいる皆でカウントダウンして年が明けたら、出た!最後の締めくくり?は日本の年越しそばならぬ、コテキーノとレンズ豆。レンズ豆は硬貨の形に似ているので、お金が溜まるように願かけしながら食べるんです。なので、お腹パンパンでしたけど、私もこれは食べておきました(笑)! しかし夜中0時にコテキーノはきっついわ~

そしてデザート・・・

CIMG0448

クリームベースのブッシュ・ド・ノエルにクルミのケーキ。もちろん一口づつでもう勘弁してください、状態でした。チェノーネ前に3時間も寝たとはいえ、ここで次男も限界、私たちももう限界・・・ 年を感じる(爆) 元気な方々は生演奏にのってダンスしてましたが、私たちは皆におめでとうの挨拶をして部屋へ戻りました。
久々のチェノーネは楽しくもあり、やっぱり普段通りでええわ~と思ったり、ちょっと複雑な年越しでした。
Profilo
Blogはリンクフリーですが、掲載記事・写真の無断コピー・転載・加工はお断りいたします。
トスカーナ自由自在

Facebookページも宣伝 にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
Commenti
記事検索
アクセスカウンター

  • ライブドアブログ