イタリア・トスカーナ専門コーディネイターのトスカーナ田舎暮らし

日常生活から仕事、イタリアの笑えない話など、人口1800人のド田舎から日々の生活を綴ります。

ブレーシャ

イタリアの中規模の町に行ったら、市役所にちょっと潜入してみよう

それは、だいたいが歴史的な建物を使っているから。
先日のピストイアでもふらっと入ってマリーノ・マリーニの作品が見られた
古い扉や古いフレスコ画が見られたりしましたが
今回のブレーシャでも、ちょっと潜入してみました。

IMG_4394


建物は、新ドゥオモの左横の建物で、県庁と市役所が両方入っています。
市役所はそのまま中庭を越えて、向こう側の柱廊右。

IMG_4392

こんな階段見たら、入りたくなるでしょう?

2階は市役所の戸籍課が昔からあったようで、
ARCHIVIOと書かれた大理石のドア周りも健在。


IMG_4393


棚や番号札システムなどはもちろん思いっきり現代モノですが
イタリアって、基本、古いものを壊すことはせず、残せるものはそのまま残し、生かす。

新しくするにしても、かたくななまでに(笑)前のままを再現したり。
なので、こうして今でも普通~に市役所として使ってるんですね。
美術館に行かずとも、こうやって脈々と受け継がれるものがいっぱいありますよ。

セルフマガジンが完成しました!

selfmagazine
送付依頼は、こちらのお問合せフォームより
題名      ⇒ セルフマガジン送付依頼
メッセージ本文 ⇒ 送付先、依頼部数など
をご記入のうえ、送信ください。
(FBやブログへのコメントやメールではなく、
お問合せフォームでお願いします


 

トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳なら

イタリア情報ブログランキング   


ブレーシャで馬肉を食す

商談通訳はディナーまで続いたので、翌日は半日ブレーシャ観光。
観光はいったんさておき、10年前に来た時に結局食べなかったもの、
せっかくやから今回は思い切って食べてみました・・・それは、馬肉!!
トスカーナでは見たことないのですが、調べてみると結構あちこちで食べられてるよう。
(ブレーシャの伝統かと思ってたら、そうでもないようです)

メニューには2種類あって、
タリアータ(中が半生なグリルをカットしたもの)
タルタル3種盛り合わせ
か迷った末、
もし癖があったら生はきついかな💦と思い、無難に?タリアータに。


IMG_4403

トマト入りカラシソースだったんだけど、ソース自体はお上品で、肉の味がよく分かる?
と思いきや、馬肉も言われなければ牛か?と思うほど癖は全くなく
牛より淡白な感じ・・・・なんか拍子抜け?笑。美味しかったですよー。


IMG_4405

お店はドゥオモ広場の一番奥、左斜め前の道を行き、日本食レストランの横。
(ブレーシャの日本食レストランの多さにビックリ!)
LOCANDA DEL GUASCONIです。


IMG_4397

中世の建物をそのまま利用しているので、中世にタイムスリップしたような気分になります。

旅行ではもちろん、出張でも地方でしか食べられないものを食べるのがまた楽しみ!
普段は1人でレストランに入ることなんてないけれど、出張時は別。
全泊の時は翌日のエネルギーのため、後泊の時はご褒美として、
ちょっとだけ贅沢・・・ささやかな楽しみです♥



セルフマガジンが完成しました!

selfmagazine
送付依頼は、こちらのお問合せフォームより
題名      ⇒ セルフマガジン送付依頼
メッセージ本文 ⇒ 送付先、依頼部数など
をご記入のうえ、送信ください。
(FBやブログへのコメントやメールではなく、
お問合せフォームでお願いします


 

トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳なら

イタリア情報ブログランキング   


Profilo
Blogはリンクフリーですが、掲載記事・写真の無断コピー・転載・加工はお断りいたします。
トスカーナ自由自在

Facebookページも宣伝 にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
Commenti
記事検索
アクセスカウンター

  • ライブドアブログ