イタリア・トスカーナ専門コーディネイターのトスカーナ田舎暮らし

日常生活から仕事、イタリアの笑えない話など、人口1800人のド田舎から日々の生活を綴ります。

プレゼーぺ

【チンクエテッレ】世界一のプレゼーペでも有名!マナローラ

チンクエテッレの5つの村は、果たして1日で周れるのか!?」、
モンテロッソヴェルナッツァコルニリアに続く、
4つ目の村の紹介はマナローラです。

IMG_8354

まずはやはり、あの絶景を見にひたすら海方向へ向かいます。

海の前のテラスに着くと、左右から下に下りられるようになっていますが
石で滑りやすい&濡れているので十分な注意が必要です。

IMG_8355

今回はすでに4つ目の村とあり、ここまでしか行かなかったですが
テラスから下りずに右側の海沿いの道を行くと、岩壁にマナローラの全景が見られます。

IMG_8360

テラス右下の海から見上げたマナローラ
(ちなみに下りたのは私だけ、ダンナと子供たちはテラスで待機・苦笑)

私たちはそのまま駅まで戻りましたが、他にもマナローラの見所はあります。

チンクエテッレの山側は、斜面一体がブドウ畑になっていて、
その様子が村の中の写真パネルでも見てとれます。

IMG_8366

そのワインの中でも希少な高級ワインが「シャケトラ」というデザートワイン。
このシャケトラワインの博物館が、海と反対側のメインストリート、
ディスコヴォーロ通りにあるそうです・・・どこを調べても番地がないのですが
興味のある方は、この坂を上って探してみてください!
(か、駅のインフォポイントやお店の人に聞いてみて下さい)
チンクエテッレカードがあれば入場は無料、と書いてあるサイトもありますが
チンクエテッレカードのサイトには記載がないので、要確認です。

そしてもう1つはギネス認定の大物(笑)、12月8日~1月末限定なので
私は行ったことがないのですが、一度見てみたい!
世界最大とギネス認定もされているプレゼーぺ(キリスト誕生シーンのジオラマ)
これは地元の鉄道員だったマリオさんが30年かけてコツコツ製作し、
2007年から点灯が始まったそうです。

そして今は閉鎖中(2018年春に再オープンを目指しているとか・・・)ですが
マナローラとその東横のリオマッジョーレ間の海沿いには
「愛の小道」と呼ばれる遊歩道があります。
整備された短い遊歩道なので、ゆっくり歩いても30分ほど。
中間にはバールもあるので、ゆったりと絶景を楽しむことができますよ。
こちらもチンクエテッレカードがあれば無料です。

まとめますと・・・
※ チンクエテッレならではの断崖絶壁にたつ様子が間近で見られる
※ アップダウンがある(特に海に下りるとき、山側のメインストリート)
※ 海沿いの遊歩道「愛の小道」の発着点
※ シャケトラワインの博物館がある(らしい)
※ 12月8日~1月末までは世界最大のプレゼーペが見られる

実は来月後半、マナローラのワイナリーに行ってきます!
またレポートしますので、楽しみにしていてくださいね。

そして最後の目的地は、リオマッジョーレです。


セルフマガジンが完成しました!
selfmagazine
送付依頼は、こちらのお問合せフォームより
題名      ⇒ セルフマガジン送付依頼
メッセージ本文 ⇒ 送付先、依頼部数など
をご記入のうえ、送信ください。
(FBやブログへのコメントやメールではなく、
お問合せフォームでお願いします


 
トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳なら

ロゴ最終




クリスマスイブは、昼も夜もアッバディア・サン・サルヴァトーレで

リヨンネタは少しお休みして、クリスマスの様子を。
我が家は例年通り、家族でオルチャ渓谷のばーちゃん村で過ごします。

今年は23日の晩に到着し、これも毎年恒例?足りないものを買い出しに
隣町のアッバディア・サン・サルヴァトーレのCOOPへ。
そのついでに大好きな旧市街にも寄ってみたら、
晩のイベント・フィアッコレの準備の真っ最中。

IMG_0782

修道院前の広場、大きな櫓が2つ。そして今年はとたくさん市も出るみたい!

IMG_0791

市役所前のツリー、今年は白が基調。

IMG_0793

そしてあちこちに小さな「フィアッコリーナ」が・・・可愛すぎる💛

IMG_0796

旧市街を外から、この外側の新市街は結構大きくお店やレストランもたくさんあります。

そして夜はまさに本番!のフィアッコレ。

IMG_0884

広場の真ん中には、イルミネーションでのプレゼーペ。

IMG_0882

おそらく初めて、子供たちと修道院のクリプタに入って

IMG_0893

プレゼーペも見てきましたよ。

IMG_0889

今年はイタリア国営放送RAIのニュースでも放映されるほど、年々盛り上がるイベント。
まだまだ世界的に有名ではにないにせよ、「シエナ人のパリオ」くらい
アッバディアの人はフィアッコレに情熱を注いでいます。

IMG_0909

市役所前のフィアッコレは18時点灯なので(一度点灯のシーンにも立ち会ってみたい)
私たちが行った21時はかなり燃え尽きてました。

IMG_0913

それから旧市街に入ると、もうそこは童話の世界!

IMG_0920

石造りの家、石畳だけでもそうなのに、クリスマスの飾りつけと控えめなイルミネーション

IMG_0918

そしてフィアッコレの炎・・・

IMG_0915

ここに来て「ああ、今年もクリスマスがきたんやな~」
としみじみかみ締める、私たち家族にとっても欠かせないイベントです。

IMG_0927

アッバディアは日本ではまだまだ馴染みのない町ですが
オルチャ渓谷に1日以上来られる方には、ぜひぜひ来てほしい町の1つです。
来る価値は絶対ありますよ~と声を大にして言いたいくらい!
おススメはやっぱりこのフィアッコレ~来年は日本の方をアテンドできるかな?

IMG_0903-1

モノクロにしても、雰囲気ありあり♪
 

セルフマガジンが完成しました!

selfmagazine

 私のことを知りたい方、単に見てみたい方、活動内容に興味のある方、
このマガジンを置いてもいいよ!と検討下さるイタリアンレストランや
イタリアに関係するショップの方、イタリアに関係なくても応援して下さる方、
個人・法人の方を問わず、無料で送付させて頂きます。


送付依頼は、こちらのお問合せフォームより
題名      ⇒ セルフマガジン送付依頼
メッセージ本文 ⇒ 送付先、依頼部数など
をご記入のうえ、送信ください。
(FBやブログへのコメントやメールではなく、お問合せフォームでお願いします)


トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳なら


イタリア情報ブログランキング

師走はホンマに忙しない

バッタバタのうちに、もう明日はクリスマス・イヴです・・・(苦笑)
なんとかアマゾンさまさまでオーダーした商品も届きました。今年の子供へのメインプレゼントは、長男がもう2年くらい前から欲しがっていたWII・・・でもUとか言う最新版でなく、日本未発売のミニ。

wii-mini

ネット接続などできず、ディスクを入れてそのゲームを楽しむだけの必要最低限バージョン これで十分!! マリオカート付。こちらでは、両親のサンタ、おばあちゃんのサンタ、おばさんのサンタ・・・といっぱいいるので、この他に2つちょっとしたものも 子供はいっぱい買ってもらえてええのぉ 。大人はそれぞれリクエスト制ですが、うちの家族は皆物欲がないのか、実用性のある質素なものが多くて助かります。

子供たちのクリスマス前イベントも目白押し。日本語学校でもちょっとしたパーティや発表会がありました。次男は相変わらず、歌も振りも完全無視(--〆) ・・・しかし、食べる時とプレゼントもらう時だけ大喜び 母は恥ずかしいわっ
 
CIMG0040-JO

CIMG0087 YURI

一方長男は、“お手紙”のカンぺ付のセリフ朗読と、“スイミー”&“どうぶつ園のじゅうい”の作品発表。みんな、上手にできました!
フィレンツェもクリスマス気分いっぱい。ツリーもあちこちに立てられてますが、まずはお馴染 毎年一緒とも言う のドゥオモ前のツリー、飾りは市章であるジッリオ(ユリ)。

CIMG0071

駅の構内にも、メッセージやイラストがついたツリー。

albero-sta

でも何気によかったのが、ヴェッキオ宮殿内にあったツリー。 

vecchio

昨年 も素敵だったけど、今年ツリーの下にあったフィレンツェの切り絵は、ドゥオモ、ヴェッキオ橋、サンタマリアノヴェッラ教会、ヴェッキオ宮殿。

一方おらが村では、恒例となりつつある Presepe Vivente が21日に行われました。プレゼーぺとは、キリスト誕生のシーンを人形や小物で再現するものなんですが、Presepe Vivente=生きたプレゼーぺ、は、そのシーンを人が演じるもの。毎年、今までの経験やその時の諸事情によって場所が変わり、昨年は広場でやった為に見られない人が多かったから?今年は両サイドの道と橋から見ることのできる、川のたもとにて。もちろん、登場人物は皆、町の有志です。

CIMG0094

マリアとジュゼッペが、キリストを出産する場所を探しているシーン。そして、小屋にたどり着き、キリストを出産。輝く光に吸い寄せられるように、羊飼いや農民が小屋に集まってきます。

presepe vivente

東方三賢士も貢物を持ってやってきました。そして、キリストを亡き者にするため、ベツレヘムの全ての新生児の殺害を企て、ユダヤの王ヘロデが同地へ放った兵士から逃れるために、聖ヨセフと聖母マリア、幼児キリストがエジプトへ逃避するところで終了。1時間もない短い寸劇ですが、学校や教会でキリストのストーリーを勉強した長男はへばりついて見ていたのに対し、次男は半分あたりから、寒い、疲れた、お腹すいたを連呼・・・泣。何とか最後まで見届けてすぐ帰宅。

そして22日、クリスマス前の最後の行事が小学校の発表会、おらが村の映画館で行われました。小さい学校なので、1年生~5年生まで皆一緒の劇・“MAGICO NATALE(魔法のかかったクリスマス)”。いや~毎回思いますが、出し物の完成度はかなり低い(爆)

たとえばオープニングは全生徒による歌なんだけど、段もな~んにもないので後(多分全部で3~4列にぐちゃぐちゃになってる)の子は全く見えず~!うちの子は2列目にいたけれど、写真には全く写らなかった・・・

CIMG0115

そして場面が代わったり人が入れ替わったりするときも、カーテンを閉めたり閉めなかったり、そしてマイクを切らないので、舞台裏の声もぜーんぶ聞こえてるし。セリフ間違い、超早口、完全にド忘れ、まぁこれは子供なのでご愛敬だけど~♡ そういう時、近くの子供や先生が思いっきり教えてあげてるのも、またご愛敬~・・・ってことで。でも、そういう時に観客の親たちのナイスリアクション、やっと言えた時には、“ブラーボ~!”と拍手喝采、さすがイタリアって感じです。

CIMG0120

そして、地声でなくセリフ言う子にたった一本のマイクを回しまくり。劇と言うか、ただ読んでるだけ?って言うか・・・苦笑。
お話は、クリスマス前だけいい子ぶる子供、戦争や争いごとばかりの大人に憤慨したサンタさんがストライキして、世界は大騒ぎ・・・、で、長男の役は、ニュース中の“北極特派員”(笑)。ともあれ、小一時間の劇は、笑いあり、無事に終了~!

さ、今日は子供たちも半日で帰ってくるし、明日からクリスマスを過ごしにばーちゃん家に行くので、その荷造りです。
皆さんも、良いクリスマスをお過ごしください~ BUON NATALE!!
Profilo

くみこ

フィレンツェ郊外の田舎にダンナ&息子2人で暮らす。通訳・翻訳、トスカーナ専門のコーディネイター・ライターの仕事をしつつ、愛着を持つトスカーナの田舎や小さな村、イベント、郷土料理レシピなどを発信・個人旅行の提案を行うサイト・トスカーナ自由自在を運営。
デカい・黒い・よくしゃべるので、日本人には見られないコテコテ関西人。

Blogはリンクフリーですが、掲載記事・写真の無断コピー・転載・加工はお断りいたします。
トスカーナ自由自在

Facebookページも宣伝 にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
Commenti
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ