イタリア・トスカーナ専門コーディネイターのトスカーナ田舎暮らし

日常生活から仕事、イタリアの笑えない話など、人口1800人のド田舎から日々の生活を綴ります。

レシピ

トスカーナで料理教室、どこで?誰とやる?

トスカーナ自由自在で紹介している料理レッスンは、を現在6つになりました。
分かりやすいようにまとめまてみましたので、参考にしてみてくださいね。

1) おらが村の休暇の家 → ダニエーラの森の家
【場所】 フィレンツェ北の山ン中、フィレンツェから直通電車+車で合計約1時間15分、
     休暇の家からダニエーラ宅までは30分程度のトレッキング(帰りは車送迎)
【開催最低人数】  2名~
【先生のタイプ】 三児の肝っ玉母さん・ダニエーラに、朗らかなフランチェスコ、
           もれなく?イオランダおばあちゃんもついてきます。
        
21733698_392580867811659_1480417486_o

【料理教室の特徴】  10年以上、自分たちで改築した家族代々の石造りの家に住む大家族。
             動物や菜園と暮らし、そこで採れる食材を中心に
             普段イタリアの家庭で食べられる料理を家族と一緒に作ります。
             食事も家族と一緒に、昔ながらの古き良きイタリアの暮らしが体感できます。

IMG_8475

【開催日】 平日の夕方のみ(週末の昼・夜は要相談)
【使用言語】 イタリア語のみ、日本語通訳必須
【料理教室1回の料金】  2名の場合の1名料金:120ユーロ(日本語通訳付)
【他のアクティビティ】  おらが村にてトレッキング、絵付け教室
              ワイナリー訪問(例年11月)オリーブオイル搾油所見学

参考ブログ記事 → 

) アントネッラのアグリツーリズモ

【場所】 フィレンツェ北の山ン中、フィレンツェから直通電車+ハイヤーで合計約1時間
【開催最低人数】  2名~
【先生のタイプ】  典型的イタリアの「オカン」・アントネッラ、雑談、ツッコミ多め(笑)
            もれなく相方の「オトン」・リッカルドもついてきます。

IMG_7451
    
【料理教室の特徴】  アグリで採れる野菜、ハチミツ、オリーブオイル、
             それ以外の食材も地元のこだわった生産者や組合のものを使用。
             だされるシロップジュースや食後酒も、
             敷地内で採れる植物から作った自家製。
             通常、前菜、プリモ、セコンド、ドルチェの4皿。
             こういった食材や自家製ものの作り方、
             食への姿勢などのお話もたっぷりなので日本語通訳必須、
             環境やオーガニック、エコロジーに興味のある方は特におススメ。

IMG_7742

【開催日】 平日の昼のみ(土曜日は要相談、日曜日は不可)
【使用言語】 イタリア語のみ(イタリア語堪能な方以外は日本語通訳必須)
【料理教室1回の料金】  2名の場合の1名料金:150ユーロ(日本語通訳付)
【他のアクティビティ】  乗馬、トレッキング

参考ブログ記事 →

3) オルチャ渓谷の可愛いプチB&B
【場所】 世界遺産オルチャ渓谷を見下ろす丘にある集落・ロッカドルチャ
     フィレンツェから車で2時間弱、シエナから1時間程度
【開催最低人数】  2名~
【先生のタイプ】  併設レストランのモデルみたいなシェフ・マルタ

IMG_5773

【料理教室の特徴】 B&B下にある併設のレストランの厨房でレッスンなので、
            使用するフライパンやコンロもプロ仕様。
            マルタは背が高くて美人でモデルさんみたいだけど、
            とっても親しみやすく、レシピもレストランのシェフだけあって
            ちょっとひとひねりあるレシピも多いです。
            通常、前菜、プリモ、セコンド、ドルチェの4皿。

DSC03968

【開催日】 基本的に春~秋の水・木・金のランチ(他の曜日も要相談、レストラン営業時間外)
【使用言語】 イタリア語・英語
【料理教室1回の料金】   2名の場合の1名料金:90ユーロ(通訳なしの場合)
【他のアクティビティ】  徒歩圏内に テンテンナーノ要塞 あり

参考ブログ記事 → 


 4) 風車のあるアグリツーリズモ
【場所】 フィレンツェ北部、フィレンツェから直通電車+ハイヤーで合計約40分
【開催最低人数】  2名~
【先生のタイプ】  イケメン男性シェフ・ミルコ、聞けば教えてくれるが基本控えめ。

IMG_9414

【料理教室の特徴】  アグリで採れる野菜、オリーブオイルを使用。
             それ以外の食材もレストランで使用する厳選素材。
             レストランの厨房でレッスンなので、
             使用するフライパンやコンロもプロ仕様。
             通常、プリモ、セコンド、ドルチェの3皿。

blog

【開催日】 毎週火曜日・木曜日の昼
【使用言語】 イタリア語・英語
【料理教室1回の料金】   2名の場合の1名料金:65ユーロ(通訳なしの場合)
【他のアクティビティ】  ワイナリー見学&テイスティング、乗馬など

参考ブログ記事 → 


) ジュリエッタの隠れ家的B&B
【場所】 パンツァーノインキアンティ、フィレンツェより直通バス+車で合計1時間半
【開催最低人数】  1名~(要相談)
【先生のタイプ】  ふくよかな知識豊富な先生・アンナ、丁寧な説明!

DSC_6150

【料理教室の特徴】 とにかくB&B自体の雰囲気が最高。
             アンナは料理レッスンの経験豊富で、
             なんでそうしないといけないのか?などの解説がとても丁寧、
             シンプルなレシピでもぐぐっと差の出るコツを押さえてくれます。
             エプロン、レシピ本(英語)プレゼント。
             通常、プリモ、セコンド、ドルチェの3皿。

DSC_6537

【開催日】 基本的に何曜日でもランチでも晩でもOK
【使用言語】 イタリア語・英語
【料理教室1回の料金】  2名の場合の1名料金:130ユーロ(他グループと一緒、通訳なし)
【他のアクティビティ】  同じパンツァーノの別ワイナリー訪問可能

参考記事 →


6) ステファーニアのクッキングクラス

【場所】 グレーヴェインキアンティ上の集落、
      フィレンツェより直通バス+車で合計1時間15分ほど
【開催最低人数】  1名~(要相談)
【先生のタイプ】  テキパキしたキュートな先生・ステファーニア

P1150785

【料理教室の特徴】 丘の上の小さな集落・モンテフィオラッレの脇にあり、環境は最高。
             貸しアパート横のキッチンスタジオ(ステファーニア自宅)で行う
             料理教室の雰囲気はアンナと似ています。
             テーブルセッティングやインタリアも胸キュンものなので
             特に女性はたまらんと思います!
             英語もOK、エプロン、レシピ本(英語)プレゼント。
             通常、プリモ、セコンド、ドルチェの3皿。

corso di cucina-6

【開催日】 基本的に何曜日でもランチでも晩でもOK
【使用言語】 イタリア語・英語
【料理教室1回の料金】   2名の場合の1名料金:130ユーロ(通訳なしの場合)
【他のアクティビティ】  徒歩5分(目の前!)の別ワイナリー訪問可能


どこがいいのか?はやはり 皆さんの希望の優先順位 です。
場所なのか?先生のタイプなのか?予算なのか?
それぞれのサイトページには詳しい紹介や写真もありますので
そちらもぜひ覗いてみて下さいね★


トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳


イタリア情報ブログランキング  

我が家の「市販ルゥなし&超簡単手作りカレー」!

2年前に日本の市販カレールゥを買ってくるのをやめ、
自分で作ろうと思ってたものの・・・なんかハードル高いイメージがあり
・・・というか、私は簡単料理好きなので、
手間暇かかりそうやなぁ💦と遠のいておりました・・・
が!適当でも美味しく作れることを実証しました!!

今年こそはと日本でカレー粉を買ってきて・・・

blog-1

タイムリーにいろんな人のブログやらで手作りカレーの投稿を見たり
コメントを頂いたり・・・皆さんのを参考にしながら、
簡単な部分だけをつなぎ合わせただけ(笑)
めちゃめちゃ適当でも美味しいので、気になってるけど
「手作りカレーなんて難しいんでしょ」と思ってる方は、ぜひ真似して下さい。

野菜は薄切りで、玉ねぎ、にんじん、今回はズッキーニ、を
オリーブオイルとバターでじっくり炒めます。
(弱火なら放っておいても焦げないので、たまに混ぜに行くだけでOK)
別途で小さめに切ったジャガイモも下茹でしておきます。
肉も薄切り、小さめの角切りとやってみましたが、薄切りの方が私好み・・・
野菜が炒められたら、その中に入れて更に炒めます。

IMG_8831

ここにカレー粉をとりあえずカレースプーン2杯くらい入れて、混ぜます。
そこに水適当、牛乳適当、トマトピューレ適当、コンソメを砕き、塩を少し入れます。
小麦粉もとりあえずカレースプーン2杯くらい入れて、とろみをつけます。
甘みを足したい人は、リンゴのすりおろしを。
そこに下茹でしたジャガイモを入れて、あとは煮込むだけ!
時々味見して、上記の足りないかなー?ってものを適当に足しながら味を整えるだけ。

IMG_8859

なんか見た目、普通のカレールウのカレーみたいでしょ。
味も基本、ほとんど同じ・・・それでいて訳分からん素材は入ってないし。

このカレー粉は結構辛目だったので、長男は食べるにしても大喜びではないですが、
辛いのも結構平気は次男はいつもおかわり💛

IMG_8699

しばらくカレーがヘビロテしそうな我が家です(笑)
だってめちゃ簡単なんやもーん。


セルフマガジンが完成しました!
selfmagazine
送付依頼は、こちらのお問合せフォームより
題名      ⇒ セルフマガジン送付依頼
メッセージ本文 ⇒ 送付先、依頼部数など
をご記入のうえ、送信ください。
(FBやブログへのコメントやメールではなく、
お問合せフォームでお願いします


 
トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳なら

ロゴ最終




大量の「セージ」、どう料理する?

4月に植えたハーブ、夏に日本帰省中は水をやれなかったにもかかわらず、
ティモは若干枯れてしまったものの、イタリアンパセリ、セージ、ミントは元気!
イタリアンパセリは使うことが多いものの、
セージやミントは意識して使って行かないと、わさわさ増える一方。

IMG_8824

我が家の場合、何にセージを使うかと言うと
ほうれん草とリコッタのラビオリの定番ソース、バターとセージのソースか・・・

IMG_8494
(あまりセージが見えてないけど💦 ダニエーラの料理レッスンにて)

ローズマリーとイタリアンパセリとともに、万能ハーブ塩か・・・

IMG_9807

アンチョビを挟んだフリットか・・・

IMG_7093

絶品ポテトフライか(あまりセージ見えてませんけど💦一緒に揚げてます)

IMG_8104

そして、昔よく行ってた(今もあるけど経営者もコックも変わった)お店のレシピ、
鶏肉とニンジンのソテー、セージ風味!

IMG_8825

とりあえず、これだけ摘んできて

IMG_8826

一部は、塩と一緒に葉をそのまま鶏肉と和えておき、
残りは葉の部分だけをメッザルーナ(半月型包丁)でみじん切り。

それをみじん切りしたニンジンとニンニクと一緒に炒め、
白ワインを入れてアルコールを飛ばした後、塩で味を調えて出来上がり~!

IMG_8827

野菜食べない次男も、これだとニンジンも一緒に食べるのだけど
生ニンジンだけが好きな長男は火の通ったニンジンがあるせいで一切食べない、
という、なんとも微妙な我が家の定番メニュー(私とダンナは大好き)。

他にも何かないかなー!?と悩むほど、セージが余りまくってますので
何かセージを使ったメニューや利用方法をご存じの方は、ぜひ教えて下さい💛


セルフマガジンが完成しました!
selfmagazine
送付依頼は、こちらのお問合せフォームより
題名      ⇒ セルフマガジン送付依頼
メッセージ本文 ⇒ 送付先、依頼部数など
をご記入のうえ、送信ください。
(FBやブログへのコメントやメールではなく、
お問合せフォームでお願いします


 
トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳なら

ロゴ最終




トマト!トマト!トマト!~トマトを食べる毎日です

イタリアの夏はやっぱりトマトですねぇ~。
我が家も例にもれず、毎日のように何かしらの形でトマトを食べています。

暑くて火を使いたくない時には

IMG_7558

カプレーゼか
⇒トマトとモッツァレッラチーズをスライスして、オリーブオイル、バジル、塩で味付け

IMG_7559

ブルスケッタが一番(笑)
⇒トマト、ニンニク、バジルをみじん切りにして、塩とオリーブオイルで和えたものを
 トーストしたパンにのせたもの

IMG_7563

そして古いパンがたまっていたので、

IMG_7564

次男も大好き(長男は大嫌い 😱)、パッパ・アル・ポモドーロ
⇒トスカーナの郷土料理、レシピはこちらをどうぞ

スーパーでの値段はこの丸いグラッポロ種で1キロ180円くらい、
長細いサンマルツァーノならもっと安く、特価でケースだと100円くらいの時も。
まだまだガシガシ、食べまっせ~(^^♪


セルフマガジンが完成しました!
selfmagazine
送付依頼は、こちらのお問合せフォームより
題名      ⇒ セルフマガジン送付依頼
メッセージ本文 ⇒ 送付先、依頼部数など
をご記入のうえ、送信ください。
(FBやブログへのコメントやメールではなく、
お問合せフォームでお願いします


 
トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳なら

イタリア情報ブログランキング


余ったパスタを美味しく食べる方法

先日作ったタリアテッレのトリュフソース、元々余ってしまった
+次男が食べなかった(その代わりパッパ・アル・ポモドーロ完食したけど)ため
2~3人分が残ってしまった・・・今回に限らずパスタが余った時、やるのが
オーブン料理にしてしまう方法(この時にヒントをもらいました!)!

今回は、バターとモッツァレッラチーズを混ぜて、上に粉チーズを振りかけてみた。

IMG_7595

これが、大正解!!
・・・暑くなければ(爆)汗かきながら、ハフハフ食べましたよ。

最近はやってないけど、溶き卵と残ったパスタを混ぜて、オムレツにする方法も。
ソースの種類によるけど、大半はオーブン焼きかオムレツで美味しく全部食べ切れると思います。
パスタを作りすぎて余った場合、ぜひお試しを ♪


セルフマガジンが完成しました!
selfmagazine
送付依頼は、こちらのお問合せフォームより
題名      ⇒ セルフマガジン送付依頼
メッセージ本文 ⇒ 送付先、依頼部数など
をご記入のうえ、送信ください。
(FBやブログへのコメントやメールではなく、
お問合せフォームでお願いします


 
トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳なら

イタリア情報ブログランキング


Profilo
Blogはリンクフリーですが、掲載記事・写真の無断コピー・転載・加工はお断りいたします。
トスカーナ自由自在

Facebookページも宣伝 にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
Commenti
記事検索
アクセスカウンター

  • ライブドアブログ