イタリア・トスカーナ専門コーディネイターのトスカーナ田舎暮らし

日常生活から仕事、イタリアの笑えない話など、人口1800人のド田舎から日々の生活を綴ります。

レシピ

【我が家の食卓】ゴルゴンゾーラのオルゾット&トマトソースのリゾット

リゾットは日本でもお馴染みですが、我が家の近年のお気に入りはオルゾット。
オルゾ=大麦のリゾットバージョンで、2年前にフリウリで食べてからのお気に入り。

IMG_2224
左)大麦      右)米

オルゾットで、我が家で一番合わせるのが多いのがゴルゴンゾーラチーズです。

IMG_2233
こんな感じでうっすくスライスされて売ってます。これで200円くらい
 
息子たちは嫌いなので、彼らにはエビのトマトソースのリゾットを。
ってことで、作り方も基本的に同じなので、Wでレシピ公開しちゃいます。

材料(2人分)
★ ゴルゴンゾーラのオルゾット
 大麦・180g、ゴルゴンゾーラチーズ・100g、ポロネギ・オリーブオイル・適量、 
 ブロード(コンソメキューブ1個に対し1リットル程度)適量
 お好みでクルミやサラミをトッピングに

★ エビのトマトソースリゾット
 お米・180g、エビ・10尾、トマトピューレ200ml、
 ポロネギ・オリーブオイル・白ワイン・イタリアンパセリ・適量、 
 ブロード(コンソメキューブ1個に対し1リットル程度)適量

1)大きな鍋でお湯を沸かし、 コンソメキューブを溶かしてブロードを作っておく

2)ポロネギ(玉ねぎでも可)を粗みじん切りにして、オリーブオイルで炒める

3)2)のポロネギを2等分して別のフライパンに半分入れ、、
  その片方にエビを入れて炒め、白ワインでフランベする

4)2)3)それぞれのフライパンに大麦、お米を入れて炒める
blog

5)4)のそれぞれにブロードを少しづつ入れて混ぜながら煮る
IMG_2231
結構タプタプに入れても大丈夫~

6)5)の半分くらい煮込んだあたりで、エビの方にトマトピューレを
  大麦の方にゴルゴンゾーラを入れて、よく混ぜる(チーズが溶けるように)
IMG_2234

7)6)にブロードを追加しながら更に煮込み、大麦・お米がほど良い固さになったら
  できあがり~オルゾットの方にはお好みでトッピングを。 

IMG_2235
出来上がり~♥

今回、ミラノ風サラミを刻んでトッピングしたけど、した直後に
「フライパンであぶってカリカリにした方がよかったのに!( ゚Д゚)」 
と気付いた・・・これはこれで美味しいけど、食感のコントラストがあった方がグ~。

リゾット難しいと思ってる方が結構いるんですが、私流はとても簡単!
ぜひお試しを★

 
セルフマガジンが完成しました!
selfmagazine
送付依頼は、こちらのお問合せフォームより
題名      ⇒ セルフマガジン送付依頼
メッセージ本文 ⇒ 送付先、依頼部数など
をご記入のうえ、送信ください。
(FBやブログへのコメントやメールではなく、
お問合せフォームでお願いします



トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳ならイタリア情報ブログランキング     

【我が家の食卓】臓物好き家庭の、基本のトリッパの煮込み

人気あるのに、超お久しぶりになってしまったこのシリーズ! 
過去記事 ➡ 

今回は私も子供もダンナも、要は、臓物好き家族(笑)の食卓によく登場する
トリッパ = 牛の第二胃袋、日本語ではハチノスと呼ばれる部位です。 

IMG_1530

こないだ買ったパックは約750g、これで600円くらい。
すでに下茹でしてあります。 

我が家で一番多いのはトマト煮込みなんですが、サイトなんかで見ると
結構さらに茹でて臭みをとったり、材料もハーブ系が多かったりですが
私は所詮(笑)簡単・楽ちんが大好きなので、最低限の材料と最低限の工程だけ。
それでも実はトリッパは苦手なダンナ(ランプレドット大好き)も絶賛するんやから、
めちゃめちゃ美味しいハズ!

【材料】玉ねぎ1個~半分、人参2本、セロリ2本、にんにく2かけ
    トリッパ750~1キロ、白ワイン1カップ、塩、オリーブオイル、
    トマトピューレ300ml、イタリアンパセリ(あれば)、
    好みですりおろしチーズ

【作り方】
野菜をみじん切りにして、たっぷりのオリーブオイルで炒める
トリッパは食べやすい長さの細切りにして、野菜のフライパンに入れる

IMG_1531

ここで結構水分が出るので水分がひくまで待ち、その後、白ワイン投入。
白ワインもひいてきたら、トマトピューレと塩投入、味を整えて・・・

IMG_1534

ハイ、出来上がり!めちゃ簡単でしょ。
この後、すりおろしチーズをかけてモリモリ食べました♪

応用編として、ヴォルテッラで食べた「トリッパのヴォルテッラ風」  は
野菜なしでまずトリッパを少しだけ炒めてから水抜きし、白ワインを入れて、
作っておいた ミートソース を適量絡めるだけ。
肉好きの長男はトマト煮よりもヴォルテッラ風やれ!といつもウルサイ💦

日本でどの程度ハチノスが手に入るかは?ですが、
レシピは簡単ですので、ぜひ、お試しを~!

セルフマガジンが完成しました!

送付依頼は、こちらのお問合せフォームより
題名      ⇒ セルフマガジン送付依頼
メッセージ本文 ⇒ 送付先、依頼部数など
をご記入のうえ、送信ください。
(FBやブログへのコメントやメールではなく、お問合せフォームでお願いします


トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳なら


イタリア情報ブログランキング 

トスカーナで料理教室、どこで?誰とやる?

トスカーナ自由自在では、料理教室を現在5つ紹介しています。
分かりやすいようにまとめまてみましたので、参考にしてみてくださいね。

1)アントネッラのアグリツーリズモ
【場所】フィレンツェ北の山ン中、フィレンツェから直通電車+ハイヤーで合計約1時間
【開催最低人数】 2名~
【先生のタイプ】 典型的イタリアの「オカン」・アントネッラ、雑談、ツッコミ多め(笑)
         もれなく相方の「オトン」・リッカルドもついてきます。

IMG_7451
    
【料理教室の特徴】 アグリで採れる野菜、ハチミツ、オリーブオイル、
         それ以外の食材も地元のこだわった生産者や組合のものを使用。
         だされるシロップジュースや食後酒も、
         敷地内で採れる植物から作った自家製。
         通常、前菜、プリモ、セコンド、ドルチェの4皿。
         こういった食材や自家製ものの作り方、
         食への姿勢などのお話もたっぷりなので日本語通訳必須、
         環境やオーガニック、エコロジーに興味のある方は特におススメ。

IMG_7742

【開催日】平日の昼のみ(土曜日は要相談、日曜日は不可)
【使用言語】イタリア語のみ(イタリア語堪能な方以外は日本語通訳必須)
【料理教室1回の料金】 2名の場合の1名料金:150ユーロ(日本語通訳付)
【他のアクティビティ】 乗馬、トレッキング

参考ブログ記事 →


 2)風車のあるアグリツーリズモ
【場所】フィレンツェ北部、フィレンツェから直通電車+ハイヤーで合計約40分
【開催最低人数】 2名~
【先生のタイプ】 イケメン男性シェフ・ミルコ、聞けば教えてくれるが基本控えめ。

IMG_9414

【料理教室の特徴】 アグリで採れる野菜、オリーブオイルを使用。
         それ以外の食材もレストランで使用する厳選素材。
         レストランの厨房でレッスンなので、
         使用するフライパンやコンロもプロ仕様。
         通常、プリモ、セコンド、ドルチェの3皿。

blog

【開催日】毎週火曜日・木曜日の昼
【使用言語】イタリア語・英語
【料理教室1回の料金】  2名の場合の1名料金:65ユーロ(通訳なしの場合)
【他のアクティビティ】 ワイナリー見学&テイスティング、乗馬など

参考ブログ記事 → 


3)ジュリエッタの隠れ家的B&B
【場所】パンツァーノインキアンティ、フィレンツェより直通バス+車で合計1時間半
【開催最低人数】 1名~(要相談)
【先生のタイプ】 ふくよかな知識豊富な先生・アンナ、丁寧な説明!

DSC_6150

【料理教室の特徴】とにかくB&B自体の雰囲気が最高。
         アンナは料理レッスンの経験豊富で、
         なんでそうしないといけないのか?などの解説がとても丁寧、
         シンプルなレシピでもぐぐっと差の出るコツを押さえてくれます。
         エプロン、レシピ本(英語)プレゼント。
         通常、プリモ、セコンド、ドルチェの3皿。

DSC_6537

【開催日】基本的に何曜日でもランチでも晩でもOK
【使用言語】イタリア語・英語
【料理教室1回の料金】 2名の場合の1名料金:130ユーロ(他グループと一緒、通訳なし)
【他のアクティビティ】 同じパンツァーノの別ワイナリー訪問可能

参考記事 →


4)ステファーニアのクッキングクラス
【場所】グレーヴェインキアンティ上の集落、
    フィレンツェより直通バス+車で合計1時間15分ほど
【開催最低人数】 1名~(要相談)
【先生のタイプ】 テキパキしたキュートな先生・ステファーニア

P1150785

【料理教室の特徴】丘の上の小さな集落・モンテフィオラッレの脇にあり、環境は最高。
         貸しアパート横のキッチンスタジオ(ステファーニア自宅)で行う
         料理教室の雰囲気はアンナと似ています。
         テーブルセッティングやインタリアも胸キュンものなので
         特に女性はたまらんと思います!
         英語もOK、エプロン、レシピ本(英語)プレゼント。
         通常、プリモ、セコンド、ドルチェの3皿。

corso di cucina-6

【開催日】基本的に何曜日でもランチでも晩でもOK
【使用言語】イタリア語・英語
【料理教室1回の料金】  2名の場合の1名料金:130ユーロ(通訳なしの場合)
【他のアクティビティ】 徒歩5分(目の前!)の別ワイナリー訪問可能


5)オルチャ渓谷の可愛いプチB&B
【場所】世界遺産オルチャ渓谷を見下ろす丘にある集落・ロッカドルチャ
    フィレンツェから車で2時間弱、シエナから1時間程度
【開催最低人数】 2名~
【先生のタイプ】 併設レストランのモデルみたいなシェフ・マルタ

IMG_5773

【料理教室の特徴】B&B下にある併設のレストランの厨房でレッスンなので、
         使用するフライパンやコンロもプロ仕様。
         マルタは背が高くて美人でモデルさんみたいだけど、
         とっても親しみやすく、レシピもレストランのシェフだけあって
         ちょっとひとひねりあるレシピも多いです。
         通常、前菜、プリモ、セコンド、ドルチェの4皿。

DSC03968

【開催日】基本的に春~秋の水・木・金のランチ(他の曜日も要相談、レストラン営業時間外)
【使用言語】イタリア語・英語
【料理教室1回の料金】  2名の場合の1名料金:90ユーロ(通訳なしの場合)
【他のアクティビティ】 徒歩圏内に テンテンナーノ要塞 あり

参考ブログ記事 → 


どこがいいのか?はやはり 皆さんの希望の優先順位 です。
場所なのか?先生のタイプなのか?予算なのか?
それぞれのサイトページには詳しい紹介や写真もありますので
そちらもぜひ覗いてみて下さいね★


トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳


イタリア情報ブログランキング  

【レポート】風車のあるアグリ、シェフの料理教室!

先日トスカーナ滞在されたKさん風車のあるアグリツーリズモに3泊されました。
ここは日がそれぞれ決まっているにせよ、アクティビティが充実しており、
Kさんご夫婦も、 ワイナリー見学&テイスティング、乗馬、
そして料理教室に参加されました。

IMG_9414

私がサイトで紹介したときには敷地近くに住むおばあちゃんがやってたのに
現在その方は引退?され、現在は併設レストランのイケメンシェフ・ミルコが担当。

IMG_9354

丁寧に見本を見せてから、お客様にも作業をして頂きます。

IMG_9363

最初にドルチェを仕込んだ後、次は煮込み作業のあるセコンドを、

IMG_9371

ご主人はパスタソースになる香味野菜を炒めてます。

そして最後はパスタづくり!
この黄身の色が濃い~卵はおらが村ゾーン・カゼンティーノからの仕入れ。
野菜はここのアグリの有機を使用してるため、卵もてっきりそうなのかと思ったら
「多い日は1000個使うし、ハイシーズンとオフの差が激しいので
それだけの鶏は飼えないよ~💦」・・・なるほど、納得。

IMG_9395

ここのレストランはお子様向けショートパスタ以外、パスタは全部手作り。
開店前に、ガンガンガンガン仕込むそうで、パスタマシーンも電動!!

IMG_9399

本日のラビオリの中身は、リコッタチーズとすり下ろしたペコリーノチーズ。

IMG_9402

夫婦共同作業(笑)で、ラビオリを1個1個しっかりとめていきます。

IMG_9408

手打ちラビオリの何が可愛いかって、このずらっと並んだ姿💛

そして最後は、もちろん、「いただきまーす!!」
寒かったので室内にしましたが、外のブドウ畑の紅葉がスバラシイ!

blog

パスタソースは野菜のみのラグー~しっかし、このチーズの組み合わせ、いい!
(ってことで、今度うちで真似させていただきます (^_^)/ )
セコンドはタジン風?玉ねぎたっぷりで濃厚なトマトソース、
そしてこのクリームブリュレなんですが、トスカーナ名産のデザートワイン・ヴィンサントが
中身にもたっぷり、上のキャラメルもヴィンサント・・・で、すごく大人の味。
お酒に弱い方は、これ1個食べたら酔っぱらっちゃうかも!

IMG_9429

お腹がいっぱいになった後は、美しい風景を見ながら母屋まで帰り、
分かれを惜しみながらチェックアウト・・・
標高500mあるので朝晩はかなり冷えますが、11月~は値段も下がるし、おススメです!

 風車のあるアグリツーリズモでの料理教室は毎週火・木の10時半~
  英語またはイタリア語、通訳が必要であれば、私が参上します☆

トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳


イタリア情報ブログランキング  

【我が家の食卓】基本中の基本!ミートソース

イタリアのパスタで王道中の王道が「ミートソース」
以前にカルボナーラはイタリア全土で食べられるわけではない
と書きましたが、おそらくどこでも食べられるのが
このミートソースとトマトソースではないでしょうか?

ミートソースはイタリア語で「Sugo di carne(あるいはSugoのみ)」 
または「Ragu」 ラグーは最近日本でも使ってるみたいですね。
有名なのはボロニェーゼ(ボローニャ風)ですが、まぁ他のどんな料理も同じように
家庭ごと、店ごとにレシピも違うと思います。
私のは、マンマのと、料理の師匠!ダンナの元勤め先のシェフのレシピの融合して、
今のレシピに落ち着きました。

【材料】 だいたい10人分、小分けして冷凍します
玉ねぎ2個、にんじん2~3本、セロリ2~3本、合挽肉500g、
赤ワイン200ml、トマトピューレ500ml、
オリーブオイル・塩・イタリアンパセリ適量

【作り方】 
野菜をみじん切りにして、たっぷりのオリーブオイルで炒める 

IMG_8107

野菜がじっくり炒められたら、ひき肉を入れ、よく混ぜて炒める

IMG_8109

ひき肉の色が変わったら、赤ワイン投入
赤ワインが減ってきたら、トマトピューレと水(200mlくらい?)投入 し、
ぐつぐつ中火で煮る・・・時々混ぜて、だいたい30分くらいかな?

IMG_8111

最後に塩とイタリアンパセリのみじん切りを入れ、味を調える

ハイ!出来上がり~💛

IMG_8113

みじん切りしたきのこや野菜の余ったの(キャベツやブロッコリ)を入れてもOK、
野菜食べない子供たちの野菜補給にももってこい!
またサルシッチャをほぐして入れると、味わい濃いソースに仕上がります。
パスタだけでなく、ポレンタやクロスティーニにも使えるので
たくさん作って小分けして、うちは常時冷凍ストック・・・いざ!という時とても便利!

皆さんも、お試しあれ★

トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳


イタリア情報ブログランキング   
Profilo
Blogはリンクフリーですが、掲載記事・写真の無断コピー・転載・加工はお断りいたします。
トスカーナ自由自在

Facebookページも宣伝 にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
Commenti
記事検索
アクセスカウンター

  • ライブドアブログ