イタリア・トスカーナ専門コーディネイターのトスカーナ田舎暮らし

日常生活から仕事、イタリアの笑えない話など、人口1800人のド田舎から日々の生活を綴ります。

ローマ

姪っ子の欧州旅行で思い出す、私の初めての海外旅行

大学2年生の姪っ子が、友人とイギリスに行っている。
母である姉が、どこ町のどこへ泊っているのかはっきり知らないらしく
(同行の友人の元ホームステイ先らしいが)、FBでイラついていた ⚡
私がコメントすると「この度胸は叔母譲り(=やな!)」 やって  (;^ω^) 

というのも、私も22才の秋、大学の友人と2人の初めての海外旅行が 
格安・大韓航空(最安のアエロフロートか迷ったけどよ堕ちてると聞いて却下) で
夜到着のパリ1泊目だけ予約してあとは現地調達、地球の歩き方だけが頼りの
バックパッカー旅行・・・親には詳細は伝えずに💦、だったから。
(東京の大学で1人暮らし、ネットもないので電話で伝えただけ) 

P1110056

友人はフランス好きだったので、パリとヴェルサイユ。
地球の歩き方を見て、何とか安ホテルに宿泊でき、大きなハプニングはなかったけれど
モンマルトルで似顔絵を描いてあげる~と言われ、
後で料金請求されるとも知らず「芸術の町だからだよ!」と信じていた Σ( ̄ロ ̄lll)ガーン

そしてイタリア・ローマに飛び、テルミニ駅に降り立つと・・・
ホーム先には、ホテルの客引きがドドッと押し寄せ、急に怖くなる2人・・・
警官だったか忘れたけど、客引きに囲まれた私たちを保護してくれて
彼の友人であるBBに電話して予約してくれた・・・これが手だったかもしれないけど
値段も良心的でオーナーも優しく、まさに地獄から救われた気持ちでローマを楽しむ。

CIMG7368

・・・が、スペイン広場前で海軍?の制服を来たイケメンに夢中になった友人は
その彼に誘われるまま別行動となり(携帯もないし、ホテル待ち合わせ)
私は1人でヴァチカンに行き感動に酔いしれていたが、係員のおっさんにナンパされ
(そのおかげで普段鍵がかかっている場所が見られたけど・・・エエんかい、おっさん!)
なんとか振り切った、という思い出も(笑)

そして最後の地はフィレンツェ。
テルミニ駅の悪夢が忘れられず、ローマの宿のお兄さん友人のBBを紹介してもらう。
はっきり覚えていないけど、駅近くの小さな宿のお姉さんも優しく
ホントに無謀な旅行だったにも関わらず、運に恵まれたと思う。
予定外に生理が来て、紙ナプキンを買うのにどうしたらいいか?
お姉さんに必死に説明したのを鮮明に覚えている(それかい!)

いやいや、一番の思い出はやはり・・・

P1030732

ミケランジェロ広場・・・このパノラマを見て、「ここに住んでみたい」と思って
その6年後に留学に来た(そして結婚した)という、まさに今の私があるのもここのおかげ。
当時はバス乗るのも分からんし~と徒歩で行ったという・・・若いってスバラシイ!

それから20年以上経った今、日本語でブッキングコムなどでホテルの予約もできるし
ネットさえあればグーグルマップですーいすい
こんな便利な時代に、旅行しないなんてもったいない!
団体でサラ~っと有名どころだけ周るのはもったいない!
・・・と、卒業旅行でフィレンツェに来ている若者の団体さんを見て思う、
おせっかいオバはんなのでした (;^ω^)

※その後、グループチャットで姪っ子から「今ロンドン~!」と写真が送られてきました。
 ネットさえあれば、タイムリーに写真もコメントもできるなんて、スゴイなぁ。
 姪っ子よ、楽しんでおいで~♥


セルフマガジンが完成しました!
selfmagazine
送付依頼は、こちらのお問合せフォームより
題名      ⇒ セルフマガジン送付依頼
メッセージ本文 ⇒ 送付先、依頼部数など
をご記入のうえ、送信ください。
(FBやブログへのコメントやメールではなく、
お問合せフォームでお願いします



トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳ならイタリア情報ブログランキング   

出張で前泊のローマの夜、どこに行く?

本日、朝一からローマで視察通訳の仕事のため、昨晩からローマ入り。
1か月前のリヨン旅行ではローマ発着だったのでローマには行ったけれど
友人宅に宿泊 したため、町には全く出ず・・・そこから考えたら
何気に この時以来 のローマかもしれない。

テルミニ駅も久しぶり。

IMG_1426

ローマ大好きやけど、いかんせん広いので絞らないと・・・
と、迷った末、とある場所に決めました。

IMG_1429

ローマで私の好きな教会の1つ、サンタ・マリア・デッリ・アンジェリ教会。

IMG_1430

その前がレプッブリカ広場。
しかし、ローマは何もかもがデカい(笑)
てくてく歩く中、まともに初めて見たかも?の4つの噴水。

blog-3

交差点の角の4カ所にあるんですよ。
ライトアップされてキレイだったので、せっかくだから4つ撮ってみました。

そして駅から約30分、今回の目的地が見えてきた。
・・・いや、ザーザー音が聞こえてきた!

IMG_1439

トレヴィの泉 

というのも、2年半前の姪っ子と家族とでローマ定番観光の時は修復中。
その前に行ったのは多分、両親が最後に来た5年以上前・・・
いやいや、修復前も美しかったけど更に美しい&夜は何気に初めて見たかも?

そして、その時に同じく、上にある教会が修復中だった
スペイン広場へも足を延ばす・・・

IMG_1443

そしてここまで来たら、大好きなポポロ広場にも。
残念ながら双子教会の1つは修復中でした。

IMG_1448

翌日の仕事もあるので、今回はこの辺で終了!
(しかし、あまりの人の少なさにちょっと拍子抜け(;^ω^) 冬はこんなもんなん?)
ここから地下鉄でテルミニまで行き、ホテルに戻りました。


セルフマガジンが完成しました!

送付依頼は、こちらのお問合せフォームより
題名      ⇒ セルフマガジン送付依頼
メッセージ本文 ⇒ 送付先、依頼部数など
をご記入のうえ、送信ください。
(FBやブログへのコメントやメールではなく、お問合せフォームでお願いします


トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳なら




ローマ・フィウミチーノ空港へ鈍行で行くメリット

ローマ・フィウミチーノ空港⇔市内への公共機関での移動方法は3つあります。

1)テルミニ駅からレオナルド・エキスプレスに乗る 
2)ティブルティーナ駅などから鈍行に乗る
3)テルミニ駅から空港バスに乗る


 私が思う、それぞれのメリット・デメリットを書きたいと思います!

1)テルミニ駅からレオナルド・エキスプレスに乗る 
これが一番無難な方法ですが、何より高い!片道14ユーロです。
所要時間は直通で30分と、 早いのはメリット。
でもテルミニ駅の専用ホームは普通のホームのさらに先にあるので、
駅の中で10分くらい歩くというオマケ?もついています。
大きな駅なので、人混みもありますし、スリが多いので要注意!!

2)ティブルティーナ駅などから鈍行に乗る
1)のデメリット理由から検索の結果この方法を知り、今回はこれで空港へ行きました。
ティブルティーナ駅はユーロスターも停車する大きな駅で、
私は今回テルミニ駅まで行かずにここでフィレンツェから・行きの乗り換えでした。
ショップやバールもあるのでちょっとした食事や時間つぶしもできるし、
テルミニほどは大きくないので移動もやや楽になります。

IMG_0758

何より空港までは8ユーロと1)に比べると6ユーロも安いのに、所要時間は48分と、
1)でホームを歩いてる時間も入れたら、それほど変わらない。
ただ通勤時間帯に当たると車内が混むのが難点でしょうか。
この線ではトラステヴェレ駅も通るので、トラステヴェレ界隈に宿がある人も便利です。

1)2)の各駅名はRoma Termini、Roma Tiburtina、Fiumicino Aeroporto、
時刻表やオンライン購入はTrenitaliaのホームページをどうぞ(右上で言語が選べます)
刻印や各表示パネルの見方はこちらのページも参考にしてみて下さいね。

3)テルミニ駅から空港バスに乗る
これも今回、検索していろいろ出てきたのですが、一番安いのはなんと4ユーロ!
ほとんどがテルミニ駅発着でした。
ただ、所要時間は1時間前後で、かつローマの渋滞を知っている身としては
特に空港へ向かう場合はちょっと遅延が怖かったのでやめました。
実際使ったわけではないので、ホントに時間通りに着くのか?乗り心地は?
などは分かりませんが、安さを追求すればこれが一番です!

トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳なら


イタリア情報ブログランキング

世界のあちこちに友人がいる喜び (*'▽')

今回のリヨンへのフライトはローマ・フィウミチーノ空港発着。
おらが村からでは当日間に合わないので、ローマに前泊。

テルミニ駅前の安いB&Bを押さえて、日本からローマに移住した友人に
「ローマ行くから夕飯でも一緒に食べへん?」とメールすると
「うちに泊まったらエエやん!ダンナもおいでって言ってるし!」 
てことで、お言葉に甘えて泊めてもらうことになりました。 

彼女とはもう10年近く前にブログで知り合い、実家と近いこともあって
結婚してローマからご主人が日本に来てからは、帰省時に会う仲。
今度はローマに越してきたので、ローマでまた会えるとは嬉しい限り。

おうち晩御飯はパスタにローストビーフ、そして付け合わせが・・・

IMG_0376

ローマ野菜のプンタレッラ!
初めてたべたけど、生もやし?水菜のようなシャキシャキ感!
あまりフィレンツェでは見ないけど、めちゃ美味しい~。
和えてあるアンチョビにも本当にぴったんこで、おかわりまで(笑) 

そしてリヨン到着時、結婚する友人はパーティ会場の準備だったので
リヨンに留学中の別の友人がパールデュー駅の空港トラム到着駅で待っててくれました。
彼とはフィレンツェ大学付属語学学校の上級クラスのクラスメイト。
大学2年生だった彼は弟みたいだったけど、サッカースタジアムに通い、
イタリア人サッカーチームにも入り、イタリア社会溶け込みまくりの頼もしい子でした。
それから夢を叶え、新聞記者としてワールドカップに取材に行ったり、
今回はパリ支局に移動前に、語学研修でリヨンに滞在中ということで
なんと10年ぶり?もっとぶり?に再会!
2児の父にもなり、すっかりおっさん、いやいやイイ男になってました。

彼にはポール・ボキューズ市場に一緒に行ってもらい、魚屋さんのレストランでランチ。 

IMG_0386

しかし市場とはいえ?いや高級市場だから?
このワンプレートで20ユーロくらい・・・ま、再会を祝ってだから、エエか! 

アメリカ旅行では当時友人が留学やインターンシップしていたNYとラスベガスを渡り、 
イギリス旅行ではフィレンツェ大学で一緒だったケンブリッジ大の子の学生寮に泊まったり
彼女のウェールズの実家に泊まったり、ロンドン留学中の別の友人を訪ねたり。
イタリア国内でも旅行先で会ったり、出張でもヴェネツィアの友人にお世話になったり。

世界中というのは大げさやけど、こうして 距離や時間を越えて各地で再会できる嬉しさ。
次は、誰がいるどこに行こうかな~?
次は、どこにいる誰がフィレンツェやおらが村に遊びに来てくれるかな~? 
と、いろいろ楽しみです♪

トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳なら


イタリア情報ブログランキング

イタリア縦断出張、北から南へ

milano

そして、ミラノ・・・年4回の出張のうち2回はミラノ(展示会)なので、本当に嫌っちゅうほど来てます。これがローマだったら嬉しいけど、正直、ミラノは私的にはもう見るところないし、町並みも素敵!と思うところがほとんどありません ミラノ好きの方、すいません! さすがに日曜はアポを受けてくれる会社が1社しかなかったので、朝2時間はフリータイム・・・何したかって?子供たちのボロボロのズボンと靴下の買い出し(笑)自分の茶のロングブーツも欲しいけど、小市民は私は、ついつい“バーゲンまで待とう”と思ってしまい・・・で結局、いつものように子供のものしか買えず、でした。

それから一路東へ・・・ヴェネツィア近郊のミラーノという町、本当に小さいんだけどいい町です。しかもレストランなどのレベルがマジ高し!今回はホテルに教えてもらったレストランが見つからなかったので中心の広場近辺をうろうろして、たまたま見つけたところに入ったらのに、雰囲気もおっしゃれ&カメリエーレの物腰も柔らかく、お料理は盛り付けも味も繊細・・・

mirano-blog

最初はメイン一品頼むはずが、お待ちの時間に前菜はいかがですか?と勧められと頼んだタコのサラダ、定番の組みわせであるジャガイモをはじめ、生のセロリ&トレヴィーゾの赤チコリが入っていました。柔らかいタコ&ジャガイモと、セロリと赤チコリのシャキシャキ感が絶妙。この前にもサービスで豆のスープも出してくれましたが、これも美味しかったです。そして、私が選んだメインは牛のホホ肉のワイン煮込み、これがも~うホロホロ溶けるような口当たり!付け合わせはまたしても赤チコリ、というのもイタリアではその地方にしか食べられないものも多いので、地元に来たら地元のものを食べる!が私のルール・・・ていうか、この赤チコリ、大好物なんですけどトスカーナではあまり見つからない&見つかっても高いんですよね~。
昨年ランチした違うレストランもよかったですが、ここも大・大・大満足。次回はどっちに行くか?悩むところです。

そしてまた南下、パドヴァ、フォルリの会社の後、フィレンツェで夕食会・・・のはずが、フォルリの会社に向かう途中から胸がムカムカして気持ち悪い・・・嘔吐するほどではないけど気分悪く、座ったまま通訳し、移動の車でも寝させてもらったけど夕食なんてとんでもない&とにかく横になって寝たい!という状況で、夕食会は辞退させてもらいました・・・幸いうちのボスとイタリアメーカーの社長は30年来の親友で、お互い片言の日本語とイタリア語は話せるので、逆に男同士の会話でも盛り上がったようです(笑)残念なのはフィレンツェのイルミネーション見ようと思ってたのに、何も食べずに21時から朝まで汗かきながら爆睡でした ちょっと熱あったんかなぁ~

翌日はややマシになったものの朝はカモミールティーにフルーツ、昼夜は中華でご飯とスープのみ。その翌日少しマシになったのと、 先日コルトーナに行った時 に気になってた町に宿泊だったので朝散歩はしてきました。

cs-blog

小さいからすぐだよ!とホテルの人が言ってたけど、勾配あり、それなりに大きいので40分しか時間のなかった私は、ホテルのある国道から入った側の町の半分しか
見られず・・・ま、次回のお楽しみってことにしておこう!

最終日はマルケ州&アブルッツォ州 しかし、殺人的なスケジュール ・・・この出張中、ほとんどが雨か曇り&霧ばかりでしたが・・・

marche

マルケ州を横断中、太陽が出てきたっ!!と思ったのもつかの間でしたが、気持ちいいのどかな風景を見て、なんとか2アポを終え、全27アポを無事に終了(感涙)、そして、またローマへ戻ってきました。

今度のホテルはヴァチカン近く。狙いは夜のこのスポット・・・

CIMG0006

ローマはどこもかしかも大好きですが、一番は?と聞かれたら、ここ、サンタンジェロ城。実は私、昔は世界史オタク→イタリア史好きからイタリア好きになったんです。そう言うと皆さん、じゃあ美術に詳しいんだよね?とおっしゃるのですが、美術は嫌いでないにせよ、私はやっぱり人物だったり事件だったりが好きなので、教会や美術館よりも政治の場や事件があった場所に来るとぞわぞわ~と興奮じてしまいます。ここサンタンジェロ城は見た目でも分かるように、監獄でもあり、また教皇の身が危なくなった時の籠城の場であり、幽閉の場でもあったというドロドロとした歴史がたまらない・・・そして、ここからの眺めも最高です!

もちろんホテルに帰る道すがら、他の場所でも写真撮影。最高裁判所に、サンピエトロ広場に・・・広場にはクリスマスツリーが立てられていました。

roma-blog2

12月の夜なのに全然寒くなく、歩いていると暖かいくらいだったので、そこで、ピーン!!ちょうど差し掛かったリソルジメント広場にある有名なジェラテリア、昔ローマの友人に連れてきてもらい、この夏に姪っ子と観光してた時にも行こうとしたのですが、長蛇の列で断念したんです。開いていれば・・・と祈りながら行くと・・・開いてた~(喜)これでも一番小さいコーン・2ユーロ。フィレンツェだと有料ですが、ローマではサービスで生クリームを乗せてくれる!ただここのは甘くなく、ジェラートを一緒に食べると美味しんです~ちなみにフレーバーはリコッタチーズ&ピスタキオとオレンジ。0時過ぎてるのにこんなものを食べてしまった…とはっと我に帰ったけど、ま、これも自分へのお疲れ様ってことで。

というわけで、無事に2週間の出張も終了~!家に帰ったら、ゆっくり休んで、今度は荒れた家の片付けに、そしてクリスマス準備に忙しくなるんやろな・・・\(゜ロ\)(/ロ゜)/
Profilo
Blogはリンクフリーですが、掲載記事・写真の無断コピー・転載・加工はお断りいたします。
トスカーナ自由自在

Facebookページも宣伝 にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
Commenti
記事検索
アクセスカウンター

  • ライブドアブログ