イタリア・トスカーナ専門コーディネイターのトスカーナ田舎暮らし

日常生活から仕事、イタリアの笑えない話など、人口1800人のド田舎から日々の生活を綴ります。

ワイン

これらがあれば何もいらない・・・て気分です

IMG_3670

美しい景色

IMG_3656

美味しいお酒

IMG_3660

美味しい食べ物

IMG_3657

そして、素のまんまで一緒にアホなこともできる友人。

至福の1日やったぁ~♡

 
セルフマガジンが完成しました!
selfmagazine
送付依頼は、こちらのお問合せフォームより
題名      ⇒ セルフマガジン送付依頼
メッセージ本文 ⇒ 送付先、依頼部数など
をご記入のうえ、送信ください。
(FBやブログへのコメントやメールではなく、
お問合せフォームでお願いします

 

トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳なら

イタリア情報ブログランキング     

スーパーの無料冊子はネタの宝庫

IMG_2887

毎月やってくる、COOPの無料会員紙。
(たまたま表紙が特集記事、戦中に日本にいて捕虜になったイタリア人女性インタビュー)
これが、なかなか使えるんです! 

IMG_2892

もちろん主婦的に外せないのが、特価商品の情報!

IMG_2891

それからレシピ、基本、旬の野菜やシーズンものの料理が載ってます。 
今号は「おそとランチ特集」なので、手で食べれるものや冷たい料理ばかり。
ここでもアンティチョークのサラダが~ミントが入ってるので、今度真似してみよう!

そしてプライベートだけでなく、仕事につながるヒントもいっぱい。

IMG_2890

うちから北に車で10分ほどの町がジョットの故郷で、そこにあるジョット生家の記事。
・・・歴史に興味いっぱいの長男を連れて行きたいってのと
トスカーナ自由自在サイトや、旅関係の記事ネタにもいいかも。

トスカーナでの羊の飼育や、ペコリーノチーズの数の推移などの記事。

IMG_2888

これも何かネタに使えそう。

イースタ―休み中のミュージアムでの子供向けプログラム記事や

IMG_2889

自閉症の子供たちの施設が企画したイベントの記事は

IMG_2893

うちの子連れお出かけにも良いし、ちょうど教育関係のコーディネイトをしているので
情報として提供できるかも・・・障がい者教育に関心のある方なので視察先候補。

有名なワインガイドで「新進のワイナリー」賞を受賞した女性ワイン醸造家の記事は

IMG_2894

単品でウェブマガジンの記事にも良いし、他の女性オーナーのワイナリーと合わせて
女性とワイン造りを絡めて書いてもいいかも・・・と構想が駆け巡る(笑)

とまぁ、無料誌とはいえ、ネタがわんさかの私にはかけがえのない一冊!
こうしてブログネタにもなってくれたしね (*'▽')) 


セルフマガジンが完成しました!
selfmagazine
送付依頼は、こちらのお問合せフォームより
題名      ⇒ セルフマガジン送付依頼
メッセージ本文 ⇒ 送付先、依頼部数など
をご記入のうえ、送信ください。
(FBやブログへのコメントやメールではなく、
お問合せフォームでお願いします

 

トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳なら

イタリア情報ブログランキング    


 

トスカーナ北部のすんごい山奥で、日本人女子ランチ会!(オチ付き)

2月の上旬に 千穂さん からお誘いを受けて、すんごい楽しみにしていたのは・・・
同じくトスカーナ北部のド田舎に住む SAWAKOちゃん のお宅でランチ!
SAWAKOちゃんは GNAMO GNAMO という 名前で
B&B、お家レストラン、ケータリング、お漬物販売などを行ってるのですが
今回はリクエストで、拉麺会なるものを体験させてもらいました💛

IMG_1827

トスカーナド田舎暮らし・日本人女子に乾杯!(と無理くり?)と
昼間っから白ワインで乾杯!

IMG_1833

この玄関先のテラスがもう気持ちよくって最高!!
愛犬NANAちゃんも参加して、千穂さんと私の膝を行ったり来たり・・・(*'▽')

IMG_1832

おつまみは、SAWAKOちゃん特製のお漬物6種!
これがワインとなかなか合うのです♪

おしゃべりは延々と続くのですが、お時間がきたのでダイニングへ移動し・・・

IMG_1834

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
今回は特別に、海老レンコン春巻き!しかもこんなにデカいの3つも!!

IMG_1836

そして・・・キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
手打ち緬、煮卵とチャーシューも全てお手製の極上拉麺!!
ヒヨコ豆豆腐も私が作るナンチャッテとはえらい違い💦

IMG_1837

そして最後に・・・キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
抹茶アイス&白玉&アンコ・・・ココロも胃袋も満たされまくり・・・

IMG_1840

犬好きの私は、この2匹にも癒されまくり💛

何をしゃべったのか忘れるほど、いろんなことをめいっぱい喋って笑って
残念ながらお時間がきてしまい、「また次回ねー」と千穂さんの車に乗って出ると
すぐにSAWAKOちゃんから着信が・・・

「前輪がパンクしてますよ!」Σ( ̄ロ ̄lll)ガーン

慌てて車を停めて、降りて、そこへSAWAKO隊員も急行してきて作業開始!
(誰にも助けを求めないところがたくましすぎる・・・誰もいないけど💦)

IMG_1843

四苦八苦しながらも、なんとか自力でタイヤ交換完了!!
トスカーナの山ン中で、日本人女子が何してんねん!?状態でしたが
いやー、あの達成感~最後は頭の中、ロッキーのテーマも流れてたし🔥

・・・というオチつきではありましたが、楽しい楽しい日本人友達との幸せなひと時
今月は来週から怒涛の出張×2ではありますが、
来月も楽しい予定をたくさん入れられるように頑張ってきます( `ー´)ノ

セルフマガジンが完成しました!
selfmagazine
送付依頼は、こちらのお問合せフォームより
題名      ⇒ セルフマガジン送付依頼
メッセージ本文 ⇒ 送付先、依頼部数など
をご記入のうえ、送信ください。
(FBやブログへのコメントやメールではなく、
お問合せフォームでお願いします



トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳ならイタリア情報ブログランキング   

シエナから簡単に行ける、「初めての小さな村」4選

フィレンツェから簡単に行ける、「初めての小さな村」5選 が評判良かったので
今回はシエナを拠点にして簡単に行ける、小さな村のご紹介です♪
大半は トスカーナ自由自在のサイト に掲載されているので、リンクを参照くださいね。


1)ブォンコンヴェント

P1160082

シエナ駅から電車で25分(シエナ旧市街からはバスで1時間ほど)、
イタリアの最も美しい小さな村」にも選ばれています。
周りは新市街(住宅)が広がる平地にあるので、上からのパノラマありませんが
鉄道駅の斜め右前に旧市街の外壁が見えるほど、駅から近いので
まさに初心者にうってつけの小さな村でもあります。


2) モンタルチーノ

sP1010378

ワイン好きの方には外すことができない、イタリア屈指のワインの産地。
要塞からオルチャ渓谷を見下ろし 、路地も楽しめ(アップダウンが結構あります)
ブルネッロやロッソ・ディ・モンタルチーノなどのワインに酔いしれて下さい!
ワイナリー訪問したい方は、こちら(ここは車でしか行けません)


3)サン・クイーリコ・ドルチャ
オルチャ渓谷の町の1つ、庭園やコレッジャータ教会が見どころ。
小さな村ですが、B&Bやレストランも割合充実しています。

IMG_1788


4)ピエンツァ
言わずもがな、オルチャ渓谷よりも先に世界遺産登録された観光地。
ドゥオモや城壁上のパノラマなど、小さい中に見どころがギュッと詰まっています。 

CIMG4801-1

1)3)4)はシエナから112番のバスを使います。
ここは終点がモンテプルチャーノで、本数はそれほど多くないものの、めちゃ使える路線。
時刻表:シエナ→モンテプルチャーノ 、 モンテプルチャーノ→シエナ
トスカーナ自由自在でのお客様も、この路線でサンクイーリコ、ピエンツァ、
モンテプルチャーノに1~2泊しながら周遊した方もいます。
(ただ、高台からオルチャを見下ろすのに テンテンナーノ要塞 に行きたい、というのと
 写真スポットに止まりながら行きたい、とのことで、
 サンクイーリコとピエンツァの移動はバスを使わずに ハイヤー をご利用いただきました)

ちなみにサンジミニャーノ、 チェルタルド 、 コッレ・ヴァル・デルザ は
シエナとフィレンツェの間にありますので、どちらからでもOKですし、
フィレンツェ⇔シエナ移動の時に寄るのがおススメです。 

サンジミニャーノはバスあるいは鉄道でポッジボンシ乗り換え(または直通)で、
ポッジボンシからはバスで25分~時刻表は下記リンクを参照ください。
ポッジボンシ(シエナ)→サンジミニャーノサンジミニャーノ→ポッジボンシ (シエナ)

フィレンツェ編でも書きましたが、ツアーや大都市しか旅行したことのない方には
ハードルが高いかもしれません・・・しかし!小さな村オタクの私としては
観光地から一歩出て、また一味違うトスカーナを感じて頂きたいと思います。
どーしても無理!でも行きたい!行ってみたい!という方は、
ハイヤーアテンドのご依頼をお待ちしています♪


関連記事:「フィレンツェから簡単に行ける、「初めての小さな村」5選


 セルフマガジンが完成しました!
selfmagazine
送付依頼は、こちらのお問合せフォームより
題名      ⇒ セルフマガジン送付依頼
メッセージ本文 ⇒ 送付先、依頼部数など
をご記入のうえ、送信ください。
(FBやブログへのコメントやメールではなく、
お問合せフォームでお願いします



トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳ならイタリア情報ブログランキング   

フィレンツェから簡単に行ける、「初めての小さな村」5選

こないだFBの「イタリア旅行情報交換ボード」グループで、
「フィレンツェから行ける小さな町でおススメはどこですか?」 
という質問があったので、そこで私がコメントしたものを書きますね。
ほとんどが トスカーナ自由自在のサイト かブログに書いてますので
詳しくはリンクをクリックしてください♪

1) ヴィンチ

P1000858

言わずもがな、ルネサンスの巨匠、レオナルド・ダ・ヴィンチの故郷
ミュージアムもあり、村歩きもなかなか楽しいです。
フィレンツェから直通でエンポリ駅に行き、駅前からバスに乗ります。
ただ終点ではないので、運転手さんに行先を伝えて近くに座っておくと安心です。
(新市街でなく旧市街=チェントロ・ストーリコと伝えましょう)
小さな村なので、エンポリ駅からシエナ行きの電車で
2)のチェルタルドに行って2カ所日帰りもおススメです。

2) チェルタルド

IMG_2937-1

一方こちらは、「デカメロン」で有名なボッカチオの故郷。
フィレンツェから直通あるいはエンポリ乗り換えシエナ駅行きに乗り、
駅から少し歩いた広場から、ケーブルカーで旧市街へ。
蔦の絡まったホテル、花や雑貨が美しいバールなど、写真映えするポイントもいっぱい。

3) コッレ・ヴァル・デルザ

IMG_7565

こちらはフィレンツェからバスでシエナ行き(鈍行)で一本。
新市街を少し歩き、エレベーターで旧市街に行けます。
縦に長い旧市街の奥には要塞、新市街には特産であるガラスのミュージアムもありますよ。

4) グレーヴェ・イン・キアンティ

CIMG1734

ワイン好きにはたまらないキアンティ・クラッシコの里は、フィレンツェからバスで1本。
大きな広場の両脇の柱廊にはレストランや雑貨・ジュエリーショップ、
サラミなどをつまんで飲める肉屋など、いろいろ楽しい。
バスが通る道を挟んで向こう側には、大きなエノテカがあるので
ワイン好きはパスを購入してお気に入りをグラスで飲みまくるのも!
エノテカでなく、ワイナリー訪問希望の方は こちら がおススメ。
グレーヴェから車で5分の小さな村にあるんですが、
グレーヴェのバス停まで車送迎してくれますし、
ワイナリー訪問&テイスティングだけでなく、絶景と小さな村歩きが楽しめますよ。

5) フィエーゾレ

CIMG7358

フィレンツェ市バス7番で終点まで(サンマルコ広場が乗り場です)
フィレンツェの町全体の眺望あり、教会2つとローマ劇場跡が見どころ。

ツアーでしか旅行したことない方や
あるいは大都市一カ所だけの旅行しかしたことない方には
きっと「小さな町・村」に個人でバスや電車で行くのは、
ハードルが高く思えると思います・・・が!
困ってる時に教えてくれる人がいて思い出に残る出会いがあったり、
ちょっとした冒険気分で旅の醍醐味を味わえることも間違いなし!
電車の乗り方はこちら、バスの乗り方はこちらにも紹介していますので
ちょっと勇気を出して、ぜひ「小さな村デビュー」してみて下さいね💛

どーしても無理!という方はハイヤーか、アテンドの依頼をお待ちしてます。

セルフマガジンが完成しました!

送付依頼は、こちらのお問合せフォームより
題名      ⇒ セルフマガジン送付依頼
メッセージ本文 ⇒ 送付先、依頼部数など
をご記入のうえ、送信ください。
(FBやブログへのコメントやメールではなく、お問合せフォームでお願いします


トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳なら


イタリア情報ブログランキング  
Profilo
Blogはリンクフリーですが、掲載記事・写真の無断コピー・転載・加工はお断りいたします。
トスカーナ自由自在

Facebookページも宣伝 にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
Commenti
記事検索
アクセスカウンター

  • ライブドアブログ