イタリア・トスカーナ専門コーディネイターのトスカーナ田舎暮らし

日常生活から仕事、イタリアの笑えない話など、人口1800人のド田舎から日々の生活を綴ります。

ワイン

フィレンツェ旧市街のスーパーを賢く利用しよう!

私が留学した当初は、フィレンツェ旧市街にはほとんどスーパーがありませんでした。
しかし!今では空き店舗が出るとスーパー、というくらい多くなり、本当に便利!
旧市街そとの大型スーパーよりは価格は若干高いですが、
特にアパート滞在の方には強い味方。アパート滞在でなくても、
早く安く食事を済ませたり、お土産も買えたり・・・

IMG_2542

ここでは、旧市街で店舗数もおそらく一番多い、CONAD グループ
SAPORI & DINTORNI を例に利用方法を書き出してみますね。

1) お土産・ワインの調達に
SAPORI & DINTORNI の Via Borgo San Lorenzo 店は、入ってすぐの棚が
トスカーナの名産品コーナーになっています。

IMG_2546

ハチミツ、ジャム、ペースト、パスタソースなどなど。
パスタソースなどは、滞在中の食事にも便利ですね。

IMG_2550

もちろんワインもこの量!!!
その日に宿で飲むワインや、お土産のワインを買ってみてください。
(高級ワインはケースに入っているので、スタッフに声をかけましょう)

2) 軽く早く済ませたいときは、パニーノ&お惣菜
この店舗は入ってほぼすぐ、左側にパンコーナーがあります。

IMG_2545

が!パンはもちろん、切り売りピッツァ、ミニピッツァ、

IMG_3686

いろんなバリエーションの2.5ユーロ均一パニーノ!

IMG_8819

ここで1つづつ包んで価格シールをつけてくれますので、お会計は最後のレジで。

あと、おやつもここで♪

IMG_8820

シュークリームやドーナッツ、そしてスフォリアテッラやカンノ―ロなどのシチリア菓子も。
8月末~10月頭くらいまでは、カウンター上で
ぶどうのスキアッチャータ」やそのイチジクバージョンなんかも売っていますので
そういう季節もののお菓子も見逃さないようにしてくださいね。

そして店舗の中ほどには、ハム&チーズ&お惣菜カウンターが。

IMG_2553

夏は冷製パスタやファッロのサラダ、パッパ・アル・ポモドーロなど、
他にもイワシのマリネやシーフードサラダなど、すぐに食べれるお惣菜がいっぱい。

大半が量り売りです。
好きなものを指さしか名前をいれば、「どれくらい?」と聞かれますので、
言葉が分からなくても手で大きさやボリュームを伝えて下さいね。

sIMG_2553

価格の近くに「al kg」とあればキロあたり、「al pz」とあれば1つあたりの価格です。
(写真がちっちゃくてゴメンナサイ!)

3) 野菜や果物を欲しいだけ買う

IMG_2548

この店舗の場合、パンカウンターのすぐ先が野菜と果物売り場。
こちらもパックになっているもの以外は量り売りで、キロ当たりの価格表示です。

IMG_2547 (2)

赤で囲んだように価格はキロあたり、青は量り上での番号になっていますので
まずはコーナーの端にあるビニール袋と手袋を使って
1種類を1袋に欲しいだけ欲しいものをとり

IMG_2549

こちらの量りに置いて、番号を押します(絵も描いてあるから分かりやすい)
すると価格シールがビビ―っと出てくるので、それを袋に貼って完了!

4) 水や飲料もここで買いだめ

IMG_2555

結構バンバン購入してしまうのが、水。
バール(カフェ)やお土産屋さんにも売ってますが、だいたい500mlで1ユーロ。
これもスーパーで買えば30セント前後で売っています。
6本でまとまっていますが、びりびりビニールを破いてほしいだけ買えますし、
宿泊先が近い人はいったん丸ごと買って買い置きしましょう。
コーラなどの飲料も、バール(カフェなら)たいだい500mlで2~2.5ユーロ。
これもスーパーなら1ユーロかそれ以下・・・ちりも積もれば節約になります。

IMG_2556

夏、今ここで冷たいものが飲みたい!という方には、冷蔵庫に入ったものも売ってます。

SAPORI & DINTORNI は他にも、駅近くの Via Largo Fratelli Alinari 店
ヴェッキオ橋近くの Via de' Bardi 店 と便利な場所にありますよ~。
・・・決して CONAD の回しもんではございません(笑)

 地元民の方、旧市街のスーパーはほとんどが BUONI PASTI が使えます!
  ただし食料品のみ限定です。


セルフマガジンが完成しました!
selfmagazine
送付依頼は、こちらのお問合せフォームより
題名      ⇒ セルフマガジン送付依頼
メッセージ本文 ⇒ 送付先、依頼部数など
をご記入のうえ、送信ください。
(FBやブログへのコメントやメールではなく、
お問合せフォームでお願いします


 
トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳なら

ロゴ最終




【チンクエテッレ】世界一のプレゼーペでも有名!マナローラ

チンクエテッレの5つの村は、果たして1日で周れるのか!?」、
モンテロッソヴェルナッツァコルニリアに続く、
4つ目の村の紹介はマナローラです。

IMG_8354

まずはやはり、あの絶景を見にひたすら海方向へ向かいます。

海の前のテラスに着くと、左右から下に下りられるようになっていますが
石で滑りやすい&濡れているので十分な注意が必要です。

IMG_8355

今回はすでに4つ目の村とあり、ここまでしか行かなかったですが
テラスから下りずに右側の海沿いの道を行くと、岩壁にマナローラの全景が見られます。

IMG_8360

テラス右下の海から見上げたマナローラ
(ちなみに下りたのは私だけ、ダンナと子供たちはテラスで待機・苦笑)

私たちはそのまま駅まで戻りましたが、他にもマナローラの見所はあります。

チンクエテッレの山側は、斜面一体がブドウ畑になっていて、
その様子が村の中の写真パネルでも見てとれます。

IMG_8366

そのワインの中でも希少な高級ワインが「シャケトラ」というデザートワイン。
このシャケトラワインの博物館が、海と反対側のメインストリート、
ディスコヴォーロ通りにあるそうです・・・どこを調べても番地がないのですが
興味のある方は、この坂を上って探してみてください!
(か、駅のインフォポイントやお店の人に聞いてみて下さい)
チンクエテッレカードがあれば入場は無料、と書いてあるサイトもありますが
チンクエテッレカードのサイトには記載がないので、要確認です。

そしてもう1つはギネス認定の大物(笑)、12月8日~1月末限定なので
私は行ったことがないのですが、一度見てみたい!
世界最大とギネス認定もされているプレゼーぺ(キリスト誕生シーンのジオラマ)
これは地元の鉄道員だったマリオさんが30年かけてコツコツ製作し、
2007年から点灯が始まったそうです。

そして今は閉鎖中(2018年春に再オープンを目指しているとか・・・)ですが
マナローラとその東横のリオマッジョーレ間の海沿いには
「愛の小道」と呼ばれる遊歩道があります。
整備された短い遊歩道なので、ゆっくり歩いても30分ほど。
中間にはバールもあるので、ゆったりと絶景を楽しむことができますよ。
こちらもチンクエテッレカードがあれば無料です。

まとめますと・・・
※ チンクエテッレならではの断崖絶壁にたつ様子が間近で見られる
※ アップダウンがある(特に海に下りるとき、山側のメインストリート)
※ 海沿いの遊歩道「愛の小道」の発着点
※ シャケトラワインの博物館がある(らしい)
※ 12月8日~1月末までは世界最大のプレゼーペが見られる

実は来月後半、マナローラのワイナリーに行ってきます!
またレポートしますので、楽しみにしていてくださいね。

そして最後の目的地は、リオマッジョーレです。


セルフマガジンが完成しました!
selfmagazine
送付依頼は、こちらのお問合せフォームより
題名      ⇒ セルフマガジン送付依頼
メッセージ本文 ⇒ 送付先、依頼部数など
をご記入のうえ、送信ください。
(FBやブログへのコメントやメールではなく、
お問合せフォームでお願いします


 
トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳なら

ロゴ最終




【レポ】モンタルチーノ・ブルネッロのワイナリー訪問

先日、リピーターのお客様とモンタルチーノへ行ってきました!

IMG_8572

とはいえ、前回ご一緒した時にモンタルチーノの町は行ってるので
今回は郊外のブルネッロのワイナリー訪問が目的です。

予約した時、オーナーのリッカルドに
「ちょうど収穫してる時だね」
て言われたので、収穫の様子が見れる!と楽しみにしてたのですが
お、終わってた~収穫はタイミングが大事なので仕方ないけど、残念!!

と、まずはブドウがないブドウ畑から、説明を開始。
ブドウは見られなかったけど、収穫直後だかれこそ!の機械が見られました。

IMG_8586

この段階で、粒のセレクトも全て手で行うそうです。

そしてこれも、収穫直後だから見られたもの

IMG_8592

ピストンを使って中を混ぜ、一次発酵するステンレスタンク。
ちょうど皮が上に浮いている状態です。

それから地下へ・・・

IMG_8598

ここにある樽で、2014、2015、2016年のブルネッロが熟成中・・・
温度調整は行わず、部屋の端にある石からしたたる雨で湿度を与えています。

IMG_8573

さ、続いては、待ちに待ったテイスティグタイム💛

2011年からできた新しいテイスティングルームには、
何十年前ものお宝ブルネッロも・・・ワイン好きにはヤバい空間です。

IMG_8578

今回のテイスティングはここで生産されている5種のワインより3種。

ロッソ・ディ・モンタルチーノ、
ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ、
IGT(地域特性表示ワイン)のトレフォーロ


リセルヴァは毎年作ってるわけではないので、今回のテイスティングではなし、
その代わり、今まで売り切れで飲んだことなかったIGTが!

IMG_8612

オリーブオイルの試飲も。
今年のブドウはこれだけ暑く雨が降らなかった割にはまずまず、
ただし量は例年より少ないそう。
オリーブの方がやや深刻で、質は悪くなさそうだけど、
かなり量が減る予想だそうです。

私はワインははっきり言ってそんなに詳しくないし、
どのブルネッロを飲んでも、ロッソと比べて芳香が違うな!やっぱ美味しいな!
くらいの感想だったのですが、今回頂いた2012年のはすごい好みでした。
熟成期間が長いブルネッロはどっしりと重く(あくまで私のイメージ)
あまり飲めないのですが、今回のはほのかな甘みがあり、とてもまろやか。

そして、私はどこのIGTワインもあまり好きになることはないのですが
他で飲むIGTよりクセが少なく飲みやすかったです。

IMG_8577

ブルネッロがやはり格別だった、とお客様もかなり気に入って頂き、
がっつり大人買いして日本に送ることに・・・こちらでも高いワインですが
日本ではブルネッロはやはり、とて~もとても高級らしいです。

生産者の元を訪れると、直接ワインを購入できるだけでなく
ワインの裏側にある生産の過程や、ワイナリーの歴史を知ることもできます。
そして何より、生産したその環境でワインを味わえること、
そして日本に帰ってからも、そのワインを飲むたびに
モンタルチーノの大地、ブドウ畑、生産者の顔が思い浮かんだり、
訪問した日のことがよみがえり、思い出にどっぷり浸る・・・
ただただお店で購入したのとは、全然違う味、全然違う楽しみ方になりますよ。

IMG_8614

そして、こんな絶景を見ながら次の場所へ移動です。


セルフマガジンが完成しました!
selfmagazine
送付依頼は、こちらのお問合せフォームより
題名      ⇒ セルフマガジン送付依頼
メッセージ本文 ⇒ 送付先、依頼部数など
をご記入のうえ、送信ください。
(FBやブログへのコメントやメールではなく、
お問合せフォームでお願いします


 
トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳なら

ロゴ最終




オルチャ渓谷で超おススメ!の、マルタのレストラン

IMG_7206
オルチャ渓谷のばーちゃん村に到着した、最初の夜は外食。

ローマのダンナの幼馴染家族と一緒に、同じく幼馴染のマルタの店へ。

トスカーナ自由自在でも紹介しているBBのレストランで、

この10日前に、お客様が2泊&料理教室をされたばかりです。

ロッカ・ドルチャに散策がてら寄ることはあっても、週末以外は夜だけなので

何気に食事に来るのは初めて!!


IMG_7243

やはり例年よりは暑いので、テラス席(最後の1席をギリギリ予約でGET!)

IMG_7245


BBやレストランの内装も可愛いですが、メニューも可愛い💛


IMG_7249

注文した料理を待っている間、豆ペーストのカナッペとサラミのおつまみサービス。


IMG_7255

せっかくなので、オルチャの赤も1本注文。


IMG_7257

メニュー以外にあるこの日の料理が口頭で説明されたけど、数も多いし、迷う!

しかも、「ザ・トスカーナ郷土料理」というのは少なく、

他ではなかなかないようなものが多くて、どれもこれも食べて見たかったのですが・・・

私はシエナ特産高級豚・チンタのフィレにポロ葱・バジル・はちみつのソース添え。


IMG_7260


このフィレが超~柔らかい上、ソースが抜群に美味しい!!


IMG_7263

更にダンナが注文した、イノシシのキイチゴソースがまたウマい!!


チンタ豚にしてもイノシシにしても、

普通ならシンプルにグリルかトマトやワイン煮込みばかりだけど、

合わせるソースが斬新でかつ、本当にそれぞれのお肉に合うんです。


IMG_7258

私の付け合わせ、ナスのリコッタチーズクリーム添えも、

子供たちの手打ちパスタ(マルタの手作り)も、デザートも全て絶品。


IMG_7264

ボリュームはそれほど多くもなく少なすぎず、

凝った料理が適正価格(プリモが8ユーロ~、セコンドが11ユーロ~)で、

ゆったりと素敵な夜を過ごすにはもってこい。

車でしか行けないところですが、レンタカー派の方でオルチャで食事する方、

そしてもちろん、一番のおススメは宿泊をして、夜はここで食べて、料理教室!

ここ数年のお客様のパターンだと


1日目:フィレンツェまたはシエナ発でハイヤーでオルチャを観光、BB

2~3日目:料理教室、テンテンナーノ要塞に上り、

      徒歩でカスティリオーネとロッカの村を散策

4日目:ハイヤーでフィレンツェへ


お2人で2泊3日、料理教室、ハイヤー(2日)でお1人680ユーロ~。

たっぷりとオルチャの見所を周り、食を堪能できるおススメの滞在プログラム、

ハイヤーで周る場所は、ご要望に合わせてコーディネイトしますので お問合せ下さい !


Cisterna nel Borgo

ロッカドルチャの中心の井戸のある広場、迷うことはありません(笑)

下から上ってくる人は駐車場に停め、村の門を入って直進すれば広場に着きます。

要塞の駐車場から来る人は、下って行けば広場に着きます。



セルフマガジンが完成しました!

selfmagazine
送付依頼は、こちらのお問合せフォームより
題名      ⇒ セルフマガジン送付依頼
メッセージ本文 ⇒ 送付先、依頼部数など
をご記入のうえ、送信ください。
(FBやブログへのコメントやメールではなく、
お問合せフォームでお願いします


 
トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳なら

イタリア情報ブログランキング


これらがあれば何もいらない・・・て気分です

IMG_3670

美しい景色

IMG_3656

美味しいお酒

IMG_3660

美味しい食べ物

IMG_3657

そして、素のまんまで一緒にアホなこともできる友人。

至福の1日やったぁ~♡

 
セルフマガジンが完成しました!
selfmagazine
送付依頼は、こちらのお問合せフォームより
題名      ⇒ セルフマガジン送付依頼
メッセージ本文 ⇒ 送付先、依頼部数など
をご記入のうえ、送信ください。
(FBやブログへのコメントやメールではなく、
お問合せフォームでお願いします

 

トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳なら

イタリア情報ブログランキング     
Profilo
Blogはリンクフリーですが、掲載記事・写真の無断コピー・転載・加工はお断りいたします。
トスカーナ自由自在

Facebookページも宣伝 にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
Commenti
記事検索
アクセスカウンター

  • ライブドアブログ