イタリア・トスカーナ専門コーディネイターのトスカーナ田舎暮らし

日常生活から仕事、イタリアの笑えない話など、人口1800人のド田舎から日々の生活を綴ります。

ヴェネツィア

これぞホンモノ!ヴェネツィアのガラス職人、ブルーノ・アマディ

ムラーノ島()から本島に戻った後は、ゴンドラに乗り、

IMG_0043

サン・マルコ寺院を見て

IMG_0048

リアルト橋を渡って、駅へ向かいながら町を散策。
その時、なんてことない路地の小さな店のウィンドウに目を引き付けられました。

IMG_0053

ホンモノかと思うくらい、生々しい魚や貝、海藻。
顔をあげると、おじさんがスンゴイ集中力で作業していたのです。

IMG_0052

中に入りたかったけど、半開きのドアには棒がわたしてあり、入れない。
お客さんも「これはスゴイーーー!!」と見入っていたので待っていると
奥から「テンミニ―――ッツ!!!」と、一瞬たりとも顔も目も上げずに、一言。
お客さんも何かヴェネツィアン・ガラスを買いたいから、これ値段が気になる!と
しばし待つことに・・・結局この亀を作り終わるまで待ちました。

頑固なオヤジなのかな~と思いつつ、しゃべってみたい!というのもあり、
まずは後ろに貼ってあった北野武のサイン色紙について聞いてみたら、
NHKの番組のため1週間密着取材があったそうです。
(後で調べると、「たけしアート☆ビート」、2011年11月16日放送でした)
思ったよりも気さくだったので、こわごわ「写真撮っていい?」と聞くと
「うーん、ちょっとだけだよ・・・3、3枚!!」と言われ、
下記の3つを撮影しました(上記2つは、実は待ってる最中に撮影💦)

IMG_0054

IMG_0055

IMG_0056

虫の足なんか折れそうなほど細いし、羽の筋とかもそのまんまだし
果物のみずみずしさ、そして微妙な色、全てがホンモノと錯覚するほど。
ちなみに虫1匹のお値段は確か70ユーロだったかな(書いてないので口頭で)

ブルーノさんはブラーノ島生まれ、ガラス職人のお父さんとともにムラーノ島に移住し、
彼を含めた5人の子供たちもお父さんから技を習いますが、職人になったのは彼1人。
11才で工房に入り、その職歴はなんと60年以上\(◎o◎)/!
自然をモチーフにした作品は全てガラス棒から・・・図鑑を参考に製作しているそう。
工房だけでなく、イタリア、世界のミュージアムで展示会などもありますが、
今は自分の好きな作品だけを、ひたすらこの工房で作り続ける毎日・・・
「好きを仕事にする」をそのまま体現している、ホンモノの職人、いや、アーチスト!

ヴェネツィアは見所も多いですが、それを削ってでも
この作品と作業は見る価値があると思えるほどでした。
住所はサン・ポーロ近くのCalle dei Saoneri、小さなお店なので見逃しなく~!






セルフマガジンが完成しました!
selfmagazine
送付依頼は、こちらのお問合せフォームより
題名      ⇒ セルフマガジン送付依頼
メッセージ本文 ⇒ 送付先、依頼部数など
をご記入のうえ、送信ください。
(FBやブログへのコメントやメールではなく、
お問合せフォームでお願いします


 
トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳なら

ロゴ最終




ヴェネツィア・ムラーノ島のガラス博物館で、いちばん興奮したもの

IMG_9982

ここでランチする前に、まずはご希望だったガラス博物館に行ってきました。
ムラーノ島は2006年に両親と来たけれど、ささっと散策しただけだったので
私も初めて入る博物館にワクワク💛

大き目の荷物がある人は、ロッカーに荷物を預けて。
1階フロアには簡単なムラーノのガラスの歴史や製作過程のビデオが上映されています。
それを見て2階の展示室へ・・・中央にあるのが、この部屋。

IMG_9986

ムラーノガラスのシャンデリアにフレスコ画、
ああ、もうこの雰囲気だけでウットリしちゃいますね・・・
最盛期だった1300~1600年代の作品が展示されています。

でも私が一番興奮したのは・・・コレなんです。

IMG_9990

こんなのがズラ――――――っと並んだ、ビーズの部屋。

IMG_9992

IMG_9994

番号が振ってあるってことは、品番?
これだけ緻密で、少しの違いで別品番があるというのに驚き、
それを忠実に製作できると思うとそれも驚きです。

IMG_9995

いかにもっていうのが、この花模様を寄せ集めた柄。
先に1階でこの柄の製作の様子が出てきたので、それを思い出しながら。

IMG_9991

ちょっと大きめのビーズもあります。
そのまんま使っても、存在感あるネックレスになりそう。

IMG_9996

もちろん、他にも年代ごとの展示室が続いています。

IMG_9999

近代(1970年代)のモダンな作品もカッコいい・・・
お店でムラーノガラスを見ると、つい「いくらかな~高いんやろな~」と
そういう目で見てしまいますが、博物館だと単に芸術作品として見られていいですね(笑)

最後には・・・

IMG_9998

タコが上からぶら~んと!

ムラーノ島に来られたら、おススメの博物館です。



セルフマガジンが完成しました!
selfmagazine
送付依頼は、こちらのお問合せフォームより
題名      ⇒ セルフマガジン送付依頼
メッセージ本文 ⇒ 送付先、依頼部数など
をご記入のうえ、送信ください。
(FBやブログへのコメントやメールではなく、
お問合せフォームでお願いします


 
トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳なら

ロゴ最終




ムラーノ島で食べた、スペシャルパスタ

11月にローマに同行したお客様とは、ヴェネツィアにも行きました。
ローマと同じく、基本さらっと、なんですが、ここだけには行きたい、
とおっしゃったのが・・・ガラスで有名なムラーノ島。

IMG_0010

ガラスのことはいったんおいておいて、ここで食べたパスタが凄かったんです!

IMG_0008

白いお皿は小皿でなく、1人前のパスタが出てくる大き目のお皿、
それと比較して頂ければ、このデカさ&盛り盛り具合が分かって頂けるかと!
名前は Taglioini allo Scoglio、タリオリーニは細めの平たいパスタで、
スコーリオは、直訳すると「断崖」なのですが、パスタで言う場合は海の幸ミックス。
通常の allo scoglioは、ムール貝、ボンゴレ、小エビ程度なのですが、
これはホタテ、ロブスター、大エビなども入った超スペシャルバージョンで
最低2人前から・・・私たちは3人で、この写真は2人前ですが、
3人で分けても超十分の量、特に具沢山で、替え玉パスタが欲しかったほど。
もちろん出汁がまた超~美味で、一滴残らず平らげました。
これで料金は60ユーロ、1人20ユーロのパスタいうと普通高いですが
具はメイン料理に匹敵する内容と量と考えると、安いと言っても良いと思います。

お店は、ムラーノ島のドゥオモ後ろの橋を渡り

IMG_0011

すぐ正面、名前も Osteria al Duomo

IMG_0009

この黒板に、このパスタが書かれていて即決!
このパスタが凄かったのもあるんですが、ここの他のおススメは

IMG_0006

中庭席、何とも落ち着ける雰囲気・・・11月だったのでかもしれませんが
(あと水上バスがストライキで不定期運行だったせいもある💦)
人もまばらで、日向ぼっこしながらまったり~。

IMG_0007

そして、スタッフの人もとても感じ良い。
美味しく、気持ちよく食事できました。
ムラーノ島にまた行くことがあれば、ここを再訪したいと思います!

ヴェネツィアの他の島 → ブラーノ島トルチェッロ島もおススメです


セルフマガジンが完成しました!
selfmagazine
送付依頼は、こちらのお問合せフォームより
題名      ⇒ セルフマガジン送付依頼
メッセージ本文 ⇒ 送付先、依頼部数など
をご記入のうえ、送信ください。
(FBやブログへのコメントやメールではなく、
お問合せフォームでお願いします


 
トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳なら

ロゴ最終




創業175年の老舗・ブサッティで一生モノのフキンを手に入れる

IMG_0939

12月に訪れたアンギアーリ()は、BUSATTIという会社を訪問するためでした。
グーグルマップで場所はチェックしていたものの、
バスから下りたらホントに目の前にあったのでびっくり(笑)

IMG_0940

最初に担当のミケランジェロさんが来るまで、本店内を見学し
到着の後、打ち合わせルームへ・・・「必死で村の写真撮ってたね」と言われて照れる(爆)
(車で到着した時に、まさにTOPの写真を壁に上って撮影してたのを見られていた💦)

IMG_1005

途中から社長のリヴィオさんまで来ていただき、超恐縮~!!
リヴィオさんは8代目の若社長で、打ち合わせルームには一族の写真もありました。

ブサッティ社の創業はなんと1842年。
その前は小さな町に1軒はある「何でも屋さん」でしたが、
ナポレオンの時代、現在本社のある一族の建物はナポレオン軍が占領し
ナポレオン軍が使用する毛布を生産する工場として使用されました。

IMG_0982

今ある羊毛機は1900年代のもの。
ナポレオン撤退の後、その残された機会や機織り機を使用して、
現在のブサッティ社が誕生、その後、仕立て屋としても名を馳せ、
修道士や神父の服や、世界大戦時は軍隊の制服などにも製品を送り込みます。

IMG_0980

それからなんと、工場や工房まで案内して頂きました。

IMG_0997

初めて見る機織り機とその仕組みにビックリ!
上の写真右にあるプラスチックパネルが模様のパターンだそうで、

IMG_0995

こんな緻密で美しい柄が織られていきます・・・プリントでなく
糸を染めるところから、織り、製品づくりまで一貫して全てここで行われているそう。

IMG_1001

この生地の種類の数々に圧倒されるーーー!
ここで女性社員が製品1つ1つにアイロンをかけたり、オーダーメイドのアレンジをしたり。
他、昔から女性が家で働けるように、今でもこれらの作業を近郊の女性に委託しているそう。

そして最後は、やっぱりお買い物も・・・♪
自分と義妹のクリスマスプレゼントとして購入したのは、これ。

IMG_1019

CANOVACCIO=台所用のフキン。
口語ではフキンはASCIUGINOというので、初めて聞く単語・・・
(和伊辞典ではSTROFINACCIOとありますが、私は聞いたことがありません)
いつも自分が家で使ってるASCIUGINOとは全然違うもの。

「すぐにボロボロになる、その辺に売ってるのとは違うよ。
 どれだけ使ってもへこたれないし、何十年も使えるよ」
とミケランジェロさんが言うのも納得のしっかり、がっしりとした作りの生地。
そして何よりもオリーブ刺繍が可愛い・・・ホントはお揃いか、
以前に見た糸杉柄のエプロンも欲しかったのだけど
店内も、倉庫の在庫にもなかったので今回は断念。

この会社を知ったのは、実は昨年6月、この記事の取材の帰り
サン・ニッコロ地区にふらっと寄った時のある偶然から。
その時に知ったエピソード+今回の会社訪問で、記事を書きました。




セルフマガジンが完成しました!
selfmagazine
送付依頼は、こちらのお問合せフォームより
題名      ⇒ セルフマガジン送付依頼
メッセージ本文 ⇒ 送付先、依頼部数など
をご記入のうえ、送信ください。
(FBやブログへのコメントやメールではなく、
お問合せフォームでお願いします


 
トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳なら

ロゴ最終




初★カーニヴァルシーズン中のヴェネツィア

こんなことがあった後も、気分を切り替えてしばしのヴェネツィア散策へ。
クライアントさんは初ヴェネツィアだったので、最初から大興奮!
在住の友人からは、夜は仮装した人はあまりいないと聞いていたのだけど
サンマルコ広場に近づくにつれて、ちらほらと・・・

IMG_1970

三銃士!?
広場でやっていたイベントの照明で青い3人(笑)

blog

そしてサンマルコ広場、特にポルティコでは次々と!

ポルティコにある、歴史的カフェ・フローリアンは、もう別世界♥

20170222_193319

外からカメラを向ける人々にこたえるおじさん!

20170222_193130

ただヴェネツィアに来るだけで本当に別世界なのに、カーニヴァル時期は更に格別!
プライベートではなかなか来られないので、出張で来られて本当にラッキー、
しばしの夢心地を味わわせて頂きました♥


セルフマガジンが完成しました!
selfmagazine
送付依頼は、こちらのお問合せフォームより
題名      ⇒ セルフマガジン送付依頼
メッセージ本文 ⇒ 送付先、依頼部数など
をご記入のうえ、送信ください。
(FBやブログへのコメントやメールではなく、
お問合せフォームでお願いします



トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳ならイタリア情報ブログランキング   
Profilo

くみこ

フィレンツェ郊外の田舎にダンナ&息子2人で暮らす。通訳・翻訳、トスカーナ専門のコーディネイター・ライターの仕事をしつつ、愛着を持つトスカーナの田舎や小さな村、イベント、郷土料理レシピなどを発信・個人旅行の提案を行うサイト・トスカーナ自由自在を運営。
デカい・黒い・よくしゃべるので、日本人には見られないコテコテ関西人。

Blogはリンクフリーですが、掲載記事・写真の無断コピー・転載・加工はお断りいたします。
トスカーナ自由自在

Facebookページも宣伝 にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
Commenti
記事検索
アクセスカウンター

  • ライブドアブログ