イタリア・トスカーナ専門コーディネイターのトスカーナ田舎暮らし

日常生活から仕事、イタリアの笑えない話など、人口1800人のド田舎から日々の生活を綴ります。

イタリアの美しい村の1つ、「ポッピ」~ グイード伯爵の城

週末は日本語教室&サッカー試合&宿題で、なかなかお出かけのできない我が家。
唯一のチャンスは祝日・・・ということで!
先週のことですが、11月1日の諸聖人の日にお出かけしてきました。
(過去のお出かけ記事:おらが村トレッキングアンギアーリコルトーナ

IMG_9602
お天気も最高!

行先はアレッツォ県の北部・カゼンティーノと呼ばれる地方です。

IMG_9625_LI

今回は赤で囲ったポッピとカマルドリ。
茶色で囲っているのは春に行ったラ・ヴェルナ()で、同地方にあります。
カゼンティーノ地方とおらが村は隣接しており、
それで カゼンティネージ国立公園 のフィレンツェ側の玄関口として
おらが村にビジターセンターがあったりするのです(管理人は休暇の家のお2人!

まず最初に向かったのはポッピ。
この界隈を通ると、丘のてっぺんに見えるお城が目印であり、最大の見所です。
なので、車を城に行く遊歩道の下に駐車して、まずはここへ~。

IMG_9615

このお城は、12世紀末~14世紀初頭にグイード伯爵家によって建てられたもの。
ファサードは塔を挟んで対称的で、2つアーチを擁する窓がとても美しい設計です。
設計者の1人とされているアルノルフォ・ディ・カンビオは
フィレンツェのヴェッキオ宮殿の塔を設計するためのプロトタイプとして
この塔を設計したとも言われているそうです。

IMG_9623

そして中に入ると、数々の貴族の紋章と中庭の内側を渦巻くように設置された階段が。

IMG_9629

入り口近くの地下は、牢獄だったよう!

IMG_9635

そこから階段を上がって各部屋を見て行ったのですが、
1階には昔の貴重な文献が2万5千冊も保管してある図書館が。
内装も本も美しかったのですが、残念ながら、中は撮影禁止でした。

それから一番大きな、「祝典の間」、現在は会議やイベントにも使用されています。

IMG_9636

壁面の幾何学的模様やガラス窓も美しい部屋ですが、
後ろの壁面には、中世に釉薬テラコッタの工房として名声を得た
ロッビア工房の作品もあります。

IMG_9640

そして最上階は、グイーディ伯爵の住まいだった場所ですが
どの部屋にも美しいフレスコ画が施されています。

IMG_9650

こちらは暖炉の間。

IMG_9645

家族用の礼拝堂は、ジョットの弟子であるタッデオ・ガッディのフレスコ画が美しく。

そして一番大きな部屋には、1289年6月11日に行われたカンパルディーノの戦いの模型が。

IMG_9654

教皇派と皇帝派による戦いですが、写真右奥に当時のポッピの町が描かれています。

IMG_9657

そしてミニチュア兵士たちがなかなか精巧にできていて可愛い(笑)

最上階のもう1つの部屋には、ダンテの「神曲」にまつわる展示が。

IMG_9658

というのも、フィレンツェ政庁から追放されたダンテが1310年から1年間、
グイーディ伯爵の保護のもとにこの城に滞在し、
「神曲」の地獄編、第33歌を書いたとされています。

そして最後は、塔へ!

IMG_9664

木製の104段の階段を昇って行きます。

IMG_9666

入口に注意書きがありますが、30分ごとに鐘が鳴るのでその時間は避けた方がいいかと💦

そこからは旧市街の全景と、カゼンティーノの美しい自然が堪能できます。

IMG_9634
(頂上からの写真はボケボケだったので、この写真途中からのものです)

歴史好きの私としては、当時の様子がしのばれる建物そのもの、
そして展示に、もうゾワゾワもののお城の見学でした。
その後、村の散策に向かいます =3=3=3


セルフマガジンが完成しました!
selfmagazine
送付依頼は、こちらのお問合せフォームより
題名      ⇒ セルフマガジン送付依頼
メッセージ本文 ⇒ 送付先、依頼部数など
をご記入のうえ、送信ください。
(FBやブログへのコメントやメールではなく、
お問合せフォームでお願いします


 
トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳なら

ロゴ最終




サンマリーノ共和国の「3つの塔」

サンマリーノ共和国は、予想以上に観光地でした(笑)
町はキレイで散策も楽しいですが、お土産屋さんとファストフード的なお店がいっぱい。
そういう場所はあまり好きではない私ですが、これらがあるから、良いのです・・・それは!

IMG_4456

要塞!!
・・・しつこいくらい書いてますが、要塞フェチなんです、私。
ここサンマリーノは旧市街が城壁に囲まれているだけでなく、
なんと3つも!3つも!!要塞があり、要塞好きにはたまらない国です(笑)

IMG_4461

まずは、「第一の塔」と呼ばれる要塞へ・・・一番古く、11世紀の建設です。

IMG_4465

外周をまず周りますが、霧が濃くて真っ白・・・絶景パノラマは見えず💦

それでも塔の上にとりあえず上ってみる。

IMG_4474

一番最初の階段が急で最後はハシゴ状態。
あとが心配になりましたが、その後はなだらかな普通の木製の階段でした。

IMG_4477

IMG_4479

霧がありつつも、それが逆に神秘的な感じ!

IMG_4501

その次は、「魔女の細道」という散策路で「第二の塔」へ。
(写真は後ろを振り返り、第一の塔を見たところ)

IMG_4504

第二の塔は旧市街のあるティターノ山の頂上750mにあり、13世紀の建設。

IMG_4509

そこからまた、今度は森の中の散策路を行き、第三の塔へ。

IMG_4512

第一・ニの塔は要塞になっていたけれど、これはホントに塔だけで外部からしか見られません。
元々の建設は1320年ですが、1930年に一部再建されています。

IMG_4516

それからテクテク来た道を戻り、第二の塔からは城壁沿いを歩いて旧市街へ戻りました。

第一・ニの塔は入場でき、それぞれ4.5ユーロの単独チケットか、
2つの塔とその他3つのミュージアム5つの共通入場券10.50ユーロがあります。
私たちはミュージアムには入らないので、入場は第一の塔だけにしました。

ここで要注意!は、チケットはプラスチックの電磁式で、使用後に返却すると
1枚1.5ユーロ返金されます・・・が!窓口では購入時に案内がありませんでした。
たまたま帰り際聞いたら、「記念に持って帰ってもいいわよ?」と言わましたが、
返金のことは言わず!いらないから返したら、お金が戻ってきたという💦
当たった人が悪かったとはいえ、なんでそういうセコイことするかなー(;^ω^)

それはさておき、その他サンマリーノ共和国の観光案内はこちら
リミニからバスが出ているので、割合簡単に行けそうですよ。


セルフマガジンが完成しました!

selfmagazine
送付依頼は、こちらのお問合せフォームより
題名      ⇒ セルフマガジン送付依頼
メッセージ本文 ⇒ 送付先、依頼部数など
をご記入のうえ、送信ください。
(FBやブログへのコメントやメールではなく、
お問合せフォームでお願いします


 

トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳なら

イタリア情報ブログランキング  




どんな小さな場所にも、歴史は脈々と流れている

先日のおらが村トレッキングネタが続きます。

トレッキングのテーマは「遺跡」、ということで、今回は考古学ガイド付き!
ガイドのマルタさんは、おらが村の隣町出身ですが
悪魔の橋のあるボルゴ・ア・モッツァーノ在住でガルファニャーナのガイドが多いそうですが
故郷であるこの地域にもかなり詳しい模様。

IMG_3941

おらが村の名前の由来は「波」、というのも、この地域は水が豊富で、
水車を利用して山で捕れる栗を粉にしたり、多くの力を生み出してきたそうです。

休暇の家」を通り越し、更に山へ登る途中にある、樹齢300年のコルクの木。

IMG_3947


この辺りは皆、農業をしており、ここにいたワインやオイルの生産者が
この木からコルクを作っていたそう。
しかし、近年の都会への流出で人は離れ、この木もそのまま放置されたまま・・・

コルクになる木は温度も必要だそうで、こんな高地では珍しいこともあり
保護自然物に指定されているそうです。

IMG_3949

ここは記憶があいまいなのですが、この土地の歴史を編纂するために赴いた
古文書編纂家がこのヴィラに住んでいた時に、かつてのゴシック様式の窓を作らせた
・・・とか、建築様式や、時代によって内面・外面のどちらに重きを置くかなど
歴史の観点が違うお話・・・ウーン、メモを持って行っておけばよかった!

IMG_3955

カテリーナの家系であるゴーリ家は、近年この辺りの領主であり
1900年代には2人が市長になるという、おらが村では有名な一家です。
そのヴィラも、昔は豚小屋やら、作業工房、領主家の人々の娯楽とな小劇場などを兼ねていました。

IMG_4000

現在のおらが村ができるまで、この地域の中心的な地区だったサン・レオリーノ。
中に入ることはできませんでしたが、特徴的な3つの後陣がかわいかったです♥

そして今回のハイライトは、サン・レオリーノの城跡。
ほとんどが存在しないのですが、森の奥に、城の主門があった壁が残っています。

IMG_4011

1100年頃の記録には、すでに城の存在は記載さえていたほど古いもの。
1367年にフィレンツェ共和国からグイーディ家の領地として割り当てられます。
しかしその後グイーディ家の謀反により、フィレンツェ共和国の監視下に置かれた後、
ポッピ(お城が残り、イタリアの最も美しい村にも選ばれています)小教区に割り当てられ・・・
この時代の貴族・有力商人家系などの力関係やイタリアの小国乱立期のお話、
一応それを卒論のテーマとした私としては、プチ興奮状態=3=3=3
つい最近TVドラマで見たメディチやアルビッツィの名前が出てくると
ハマっていた長男も目をキラキラさせて聞いていました。

IMG_4013

その後は、地下に続く井戸や

IMG_4033

所々に残る城壁を見ては、この城があったころに思いを馳せ・・・

でも一番感動したのは、今はこの土地の所有者のおじさんが見せてくれた地図!

IMG_4016

ぱっと見、子供が書いた絵みたいですが、1200年代の地図なんですって!
そこにもしっかり、サン・レオリーノの名前と、当時の重要地の名前と城の絵が。
そして、さっき見た教会だけど、正式認可された教会なんですか?と参加者が聞くと
「もちろん、僕はあそこで結婚したんだよ」とおじさん。
今は扉を閉ざされて誰も入れない教会ですが、そんな時代があったなんて・・・
快く私有地を解放して、お話しをしてくれたおじさんにも感謝!

おらが村は超マイナーな小さな村、しかし、その領域にかつて名をはせた城があったとは・・・
おらが村を深く知り、まだまだ発見をしたくなる、そんなトレッキングイベントでした。


セルフマガジンが完成しました!
selfmagazine
送付依頼は、こちらのお問合せフォームより
題名      ⇒ セルフマガジン送付依頼
メッセージ本文 ⇒ 送付先、依頼部数など
をご記入のうえ、送信ください。
(FBやブログへのコメントやメールではなく、
お問合せフォームでお願いします

 

トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳なら

イタリア情報ブログランキング  



遂にこの目で見た!「サンメッザーノ城」~その3

この前の様子はこちらをどうぞ ⇒ その1その2

そして、サンメッザーノを代表する間が続々と・・・
前半、違う部屋のドアから垣間見た「百合の間」ですが、中央はテープが貼られています。

IMG_8447

というのも、 この日の明け方までの大雨で、雨漏りして漆喰が剥がれ落ちていたそうで
アルカンジェロはじめ保護委員の人が早朝にかけつけた時、
「見学はムリかも・・・」 と思ったほどだったそうですが、掃除をして、
一部立ち入り禁止にすることで、なんとか見学ができるようにしてくれました。

IMG_8455

この天井・・・甲乙つけがたいけど、私は好きな部屋NO.1はここ♥
ちなみに「百合」はフィレンツェの市章。
一番最初の「柱の間」 の壁にも描かれていましたよ

その後は、「宣誓の間」 ~ この2つの間の動画はこちら

IMG_8458

IMG_8460

IMG_8461

そして、おそらく一番有名な部屋に入ります・・・動画はこちら

IMG_8463

「クジャクの間」 ・・・自分の語彙のなさに呆れますが、すごっ!!の一言。

IMG_8476

子供が触りたくて?両手を必死にのばしている・・・その心境はすごく分かる!
私も口を開けたまま(爆)、必死で見入ってしまいました。
そこへ、アルカンジェロが来て教えてくれたことは、

IMG_8485

ここはダイニングとして使わせていたんですって!
この扉は、隣部屋だか1Fだかから、料理が運ばれてくる扉。
こんな部屋で食事・・・落ち着くのかな?苦笑
どんな質素なものを食べても、なんかすごいもん食べてる気分になれそう!?

最後の動画!クジャクの間を更にじっくりと!

名残惜しくこの部屋を去り、続いては、「スペイン皿の間」

IMG_8493

IMG_8491

天井いっぱいに埋め尽くされたスペインのお皿・・・この部屋もかなりツボです♥

そして、「愛の部屋」

IMG_8508
IMG_8503

こちらも真っ白・・・相変わらず装飾の細やかさがスゴイ。

そして、見学の最後は礼拝堂。

IMG_8518

IMG_8516

洗礼盤もあったのですが、ここで一家の子孫が洗礼を受けたのでしょうか?
侯爵はここで祈りを捧げたり、懺悔をしたのでしょうか?

IMG_8525

入った時の興奮は落ち着き、各部屋のすばらしさにただただ感動する一方、
どうしてこれほどまでの作品が、こんな状態になるまで放置され、
崩壊する危機に直面しなければならないのか?
やるせなさ、はかなさの残る、特別見学でした。

IMG_8528

このお城を、また訪問できる日は来るのでしょうか・・・?

【現在の見学申し込み方法】
以前の見学日決定後のネット申し込みでなく、常時申し込みが行われ、
申し込みされた方は待機リストに登録されます。
見学日が決まったら、各人に保護委員会からメールが来るので
その用紙を印刷し、再度見学時間の連絡が来るので、当日は用紙を持って行ってください。
申し込みフォームはこちら
ただし、イタリア語のみです。
(上から、名前、苗字、電話番号、在住の町の名前、メールアドレス)

【イタリア環境財団のコンクールへ投票する方法】
イタリア環境財団の第8回目の「i luoghi del cuore」:修復が必要な重要建築物、
モニュメントのコンクールに参加しており、現在2位となっています。
コンクールの締め切りは11月末、順位や得票数によっては、
財団とパートナーであるサンパオロ銀行より修復や保全のための
資金提供を受けることができます。
もし私の記事やブログをご覧になって、この城を救いたい、と思われた方は、
ここから投票をぜひ!お願いします!!

右端のVOTA QUESTA LUOGO!をクリックします
ログイン画面になりますがFACEBOOKにとうろくしている方は
LOGIN CON FACEBOOK をクリックすれば簡単に登録&ログインできますので
再度、VOTA を押すと、投票完了となります。

トスカーナ・こだわりの個人旅行はオマカセ!~トスカーナ自由自在


イタリア情報ブログランキング 
 

遂にこの目で見た!「サンメッザーノ城」~その2

その1はこちらです。

IMG_8539

城の中央下で、日を指定したメールを印刷したものとチケットを交換します。
右端に立っているのが、ダンナの職場の同僚でもあるリゼッタ。
同じく元同僚で定年退職した彼女のご主人・アルカンジェロもあとで挨拶に来てくれ、
私たちのグループのサポートもしていたので、個人的な質問もいろいろできました。

IMG_8540

こちらがサンメッザーノ城の企画・施工・家主でもあった
フェルディナンド・パンチャーティキ侯爵。
唯一残ってる写真?肖像画?がこれだそうです(1800年代ですからね)

IMG_8541

そこから1Fホールへ、左手前が見学の入り口となる階段、右はトイレ。
1Fは右奥のバールスペースで、これらの場所以外は立ち入り禁止となっています。 

そして時間となり、入場。皆固まって入り、最後はスタッフ3名ほどが続きます。

IMG_8354

見学する部屋は全て2階、最初の部屋は「柱の大広間」 。

IMG_8364

1部屋目にして・・・上も下も横も・・・

20161015_101714

あまりのスゴさに心臓がドキドキするほど。

IMG_8362

しかし、この保護委員会の会長さん・マッシモの分かりやすい説明に
どんどん引き込まれていきます・・・
でも、もう目に焼き付けよう、写真も撮らないと!動画も撮っておこう!
とまだ始まったばっかりやのに、勝手に1人で動揺気味の私💦

柱の間の動画はこちらをどうぞ。

ここからは3部屋、白い部屋が続きます。
まずは「星の間」

IMG_8374

「白の間」

IMG_8379
IMG_8386

「蝶の間」

IMG_8399
IMG_8404

白いので分かりにくいですが、その装飾の細かさといったら!
蝶の間はあらゆる場所に鏡の部分があり、キラキラと華やかで幻想的・・・ウットリ♥

写真は必死で撮影してもこの程度・・・というのは
建物内はほぼ電気が通っていないため、自然光だけで部屋によってはかなり薄暗いんです。
かつ狭い部屋では人も押し気味で自由に動けないし、広角に撮れないので、
あんなに迫力のあった蝶の間もこんな写真だけ💦
キレイな写真はぜひ、この記事でご覧くださいね。

そして「鍾乳石の廊下」などの通路を通りますが、

IMG_8408

やはり電気がないので、説明中も小型懐中電灯で説明の箇所を映し出しながら。

IMG_8410


IMG_8423


窓際は光があるので、比較的写真が撮りやすいですが、反射もあるのでむつかしい。

名前を聞き逃した?調べても名前が分からなかった小間をいくつか通り、

IMG_8430

IMG_8443

よく写真で見た、有名な部屋にたどり着きました・・・続く。

トスカーナ・こだわりの個人旅行はオマカセ!~トスカーナ自由自在


イタリア情報ブログランキング 
Profilo
Blogはリンクフリーですが、掲載記事・写真の無断コピー・転載・加工はお断りいたします。
トスカーナ自由自在

Facebookページも宣伝 にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
Commenti
記事検索
アクセスカウンター

  • ライブドアブログ