イタリア・トスカーナ専門コーディネイターのトスカーナ田舎暮らし

日常生活から仕事、イタリアの笑えない話など、人口1800人のド田舎から日々の生活を綴ります。

外食

フィレンツェの新しい「おしゃれな中華」~PINE&APPLE

バロネッサとの面会の後は、Chihoさんとのお楽しみランチ。
前の週、前日には別の友人とコテコテトスカーナ料理だったので、中華!
しかもいつも行くような「コテコテギラギラ中華」でなく
新しくできた「おしゃれな中華」だと言うので、かなり期待♪

IMG_2627

店構えもコテコテな看板や提灯はない、スタイリッシュな感じ。

IMG_2630

中もこんなだし、フロアはイタリア人の男性が一人。
Chihoさんの話だと、奥さんが中国人だとか?

10ユーロメニューも選べたのですが、
2人で餃子、チャーハン、豆腐の肉あんかけ、チンゲン菜をシェア。

IMG_2633

しゃべりに夢中で、写真は餃子だけ~エビとホタテがプリプリのイカ墨生地の餃子♪

IMG_2634

最後は抹茶ティラミスで〆・・・これも美味し!

店の名前はPINE&APPLE・・・なんかこの歌を思い出しちゃうけど
トスカーナ料理に飽きたけど、コテコテ中華はちょっとなぁ~て人にオススメです!
ちなみに値段は、2人で38ユーロでした。


セルフマガジンが完成しました!
selfmagazine
送付依頼は、こちらのお問合せフォームより
題名      ⇒ セルフマガジン送付依頼
メッセージ本文 ⇒ 送付先、依頼部数など
をご記入のうえ、送信ください。
(FBやブログへのコメントやメールではなく、
お問合せフォームでお願いします




トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳なら

イタリア情報ブログランキング   


セルフマガジンを新たに置いて頂いたお店は「マレンマ料理レストラン」!

友人Mちゃんの紹介で、私のセルフマガジン を置いて頂ける場所が1つ増えました!
それはなんと、イタリア料理でもなく、トスカーナ料理でもなく・・・
マレンマ料理のレストラン、その名も ピティリアーノ ! 

P1160267-1

サイトではちょうど、マレンマ地方の更新中 なので、すごいタイムリーな!
※マレンマ地方とはトスカーナ西南の地方です。

オーナーシェフである小林さんは、この ピティリアーノ で修行されたそうで、
「人生を変えた町」であるこの町の名前で、大阪の心斎橋にお店を構えています。

16832988_388778988166141_1081572169_o

こんな風に素敵に置いてくださって、感無量!

16931004_391021287941911_2142558533_o

今回のピティリアーノさん、他に設置して頂いているお店リストは こちら をどうぞ★
どのお店もオーナーがこだわりとイタリア・トスカーナに愛を持ったお店ばかり。
ここで美味しいイタリアンに舌鼓をうち、イタリアを語り、思いを馳せ
そして私のセルフマガジンを手に取って頂いて(笑)
いつかぜひ、トスカーナに来て頂きたいです。

セルフマガジンは個人の方、イタリア関係の仕事をされている法人の方、
ネタを探しているメディアの方、また設置くださるイタリア関係の方、
まだまだ無料で発送しております。下記リンクより、ぜひご連絡下さいね。

セルフマガジンが完成しました!
selfmagazine
送付依頼は、こちらのお問合せフォームより
題名      ⇒ セルフマガジン送付依頼
メッセージ本文 ⇒ 送付先、依頼部数など
をご記入のうえ、送信ください。
(FBやブログへのコメントやメールではなく、
お問合せフォームでお願いします



トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳ならイタリア情報ブログランキング    

リヨンの大衆食堂・「ブション」に行ってみた!

リヨンネタ、もうちょっと続けます。
滞在中は友人やその家族宅などでの「おうちごはん」 も多かったので、
ここだけは行きたい!と市内観光中のランチに行ってきたのは・・・

IMG_0688

ブション!
ブションとはフランス語で「コルク栓」の意味だそうですが
リヨンではリヨンの郷土料理が食べられる大衆食堂 のこと。
美食の街・リヨンでは超高級有名レストランも数多くあるそうですが
私には、美味しくてリヨンならではの料理が食べれられる、庶民の店の方が魅力的★ 

認定店などもあるそうですが、私たちはあまり下調べはせず、
旧市街散策中に気ままに 入ってみました。

IMG_0690

なかなか可愛らしい店内&感じ良いウェイターさんに期待も膨らむ~ 。

私の目をつけていたリヨン郷土料理が全てあったので、
前菜+メイン+デザートをリストから選ぶセット、19.90ユーロにしました。

まずは前菜、私はポーチドエッグとベーコンの赤ワイン煮。
(これはチェックしてなかったものやけど、これしか魅かれるものがなかった)
これが美味しいんやけど、酔っぱらうかと思ったくらい(笑)赤ワインたっぷり! 

IMG_0693

友人2人は、オニオンスープと
リヨン風サラダ(でも普通のサラダにタルタルソースついてただけやけど) 。

そしてメインは、まさに私が食べたかったハチノスのフライ(タブリエ・ド・サプール)!
私、臓物大好きなんですが、イタリアでは煮込みがメインでフライは食べたことがないので。
これをそのまま、あるいは添えられた豆系のソースかタルタルソースで食べるんですが
ウマいっ!いつか家で真似したいな、と思うくらい。

友人のうち1人は、私が最後まで迷ったもう1つの郷土料理・クネルを。
クネルは白身魚をすりつぶしたものに卵・バター・小麦粉を混ぜてラグビーボール状にし、
甘くてコクのあるソースと一緒にオーブンで焼いています。
私は2口ほど食べて気に入りましたが、友人は「いっぱいは食べれん」と残していました。
こってり系がダメな人はキツイのかも。

blog

というのも、フランス全体がそうなのかは?ですが、サラダでも何でも
とにかく、タルタルソースは必須&他のソースで食べることが多く、
付け合わせもジャガイモのスライスに生クリームが挟んだものをオーブンで焼いたもの。
これも美味しかったのですが、いかんせん、全部がこってり系になってしまう(笑)
牛ステーキにもなんかソースたっぷりかかってるし。
イタリアだと、塩コショウ、好みでレモンとオリーブオイルなのにね。

ちなみにデザートもこってり?
でもこのチョコムースも甘すぎず、ふんわりでめちゃめちゃ美味しかった!
こってりはもう仕方ないとして、レストランとしてはまぁまぁ満足です。

A LA TRABOULE
3,Place du  Gouvernement 69005 Lyon

IMG_0698

こんなマスコット?猫もいます~お客さんからいろいろもらってました💛 

セルフマガジンが完成しました!

送付依頼は、こちらのお問合せフォームより
題名      ⇒ セルフマガジン送付依頼
メッセージ本文 ⇒ 送付先、依頼部数など
をご記入のうえ、送信ください。
(FBやブログへのコメントやメールではなく、お問合せフォームでお願いします

トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳なら


雪山で迎える2016年の大晦日、そしてチェノ―ネ

IMG_1068

昨年の大晦日は、フリウリ・ヴェネツィア・ジュリア州のタルヴィージオで迎えました。
大晦日前日の初日に私が風邪をひいたので、夕食前に町へ下りると・・・

IMG_1072

教会のある広場ではツリーが、そして教会のファサートは可愛らしいマッピング💛

IMG_1071

せっかくやから、2016年最後の家族写真を。

今回のスキー旅行の宿泊先はダンナの保養所でしたが、
節約のためにもアパートタイプで自炊でした。
しかし、大晦日の晩のチェノ―ネ(年越し大夕食会)があるというので
せっかくだから行ってきました~町から戻って、20時前に夕食会開始です!

IMG_1079

まずは前菜盛り合わせ、海鮮マリネにサラミ&チーズ、ロシアンサラダのクロスティーニ。

IMG_1090

プリモは3種と聞いていて、絶対無理!と思っていたら、幸い、1皿にちょっとづつ。 
とはいえ、セコンドも3種あるので、唯一 トスカーナではあまり食べない
赤ラディッキオのラザニアは完食し、あとは半分づつ残しました。
結婚式のパーティとチェノ―ネは最初から飛ばし過ぎない事、配分が大事です(笑)

メイン一皿目は魚介のフライ、これは好物&揚げたてで美味しく完食♪
2皿目は鶏肉と青菜のソテー(半分、写真なし)、しかし・・・

IMG_1097-1

三皿目にして豚のすね肉とポテトのグリルはかなりキツく、味見程度でダウン💦

大晦日定番のコテキ―ノとレンズマメはメニューになかったのに
この後に「食べますか?」と回ってきた・・・( ゚Д゚)
それ知ってたら2皿目・3皿目はお断りしてたのにぃ~。
年越しにはずせないメニューやけど、もう入る隙間もないから断念。
デザートはレストランでなく別会場のディスコで年明けシャンパンとともに振舞われる、
とのことだったので、私たちはここで終了~!
スキーで疲れてもいたので、年明けを待つことなく、23時半には夢の中でした・・・

※ちなみに今回はキッズメニューもあり、子供たちはプリモはトマトソースのパスタ、
メインはハンバーグにポテトフライ、と鉄壁のメニュー。 


selfmagazine

 私のことを知りたい方、単に見てみたい方、活動内容に興味のある方、
このマガジンを置いてもいいよ!と検討下さるイタリアンレストランや
イタリアに関係するショップの方、イタリアに関係なくても応援して下さる方、
個人・法人の方を問わず、無料で送付させて頂きます。

送付依頼は、こちらのお問合せフォームより
題名      ⇒ セルフマガジン送付依頼
メッセージ本文 ⇒ 送付先、依頼部数など
をご記入のうえ、送信ください。
(FBやブログへのコメントやメールではなく、お問合せフォームでお願いします)

※次回送付は、1月半ばとなりますので、ご了承くださいませ。

トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳なら


イタリア情報ブログランキング  

世界のあちこちに友人がいる喜び (*'▽')

今回のリヨンへのフライトはローマ・フィウミチーノ空港発着。
おらが村からでは当日間に合わないので、ローマに前泊。

テルミニ駅前の安いB&Bを押さえて、日本からローマに移住した友人に
「ローマ行くから夕飯でも一緒に食べへん?」とメールすると
「うちに泊まったらエエやん!ダンナもおいでって言ってるし!」 
てことで、お言葉に甘えて泊めてもらうことになりました。 

彼女とはもう10年近く前にブログで知り合い、実家と近いこともあって
結婚してローマからご主人が日本に来てからは、帰省時に会う仲。
今度はローマに越してきたので、ローマでまた会えるとは嬉しい限り。

おうち晩御飯はパスタにローストビーフ、そして付け合わせが・・・

IMG_0376

ローマ野菜のプンタレッラ!
初めてたべたけど、生もやし?水菜のようなシャキシャキ感!
あまりフィレンツェでは見ないけど、めちゃ美味しい~。
和えてあるアンチョビにも本当にぴったんこで、おかわりまで(笑) 

そしてリヨン到着時、結婚する友人はパーティ会場の準備だったので
リヨンに留学中の別の友人がパールデュー駅の空港トラム到着駅で待っててくれました。
彼とはフィレンツェ大学付属語学学校の上級クラスのクラスメイト。
大学2年生だった彼は弟みたいだったけど、サッカースタジアムに通い、
イタリア人サッカーチームにも入り、イタリア社会溶け込みまくりの頼もしい子でした。
それから夢を叶え、新聞記者としてワールドカップに取材に行ったり、
今回はパリ支局に移動前に、語学研修でリヨンに滞在中ということで
なんと10年ぶり?もっとぶり?に再会!
2児の父にもなり、すっかりおっさん、いやいやイイ男になってました。

彼にはポール・ボキューズ市場に一緒に行ってもらい、魚屋さんのレストランでランチ。 

IMG_0386

しかし市場とはいえ?いや高級市場だから?
このワンプレートで20ユーロくらい・・・ま、再会を祝ってだから、エエか! 

アメリカ旅行では当時友人が留学やインターンシップしていたNYとラスベガスを渡り、 
イギリス旅行ではフィレンツェ大学で一緒だったケンブリッジ大の子の学生寮に泊まったり
彼女のウェールズの実家に泊まったり、ロンドン留学中の別の友人を訪ねたり。
イタリア国内でも旅行先で会ったり、出張でもヴェネツィアの友人にお世話になったり。

世界中というのは大げさやけど、こうして 距離や時間を越えて各地で再会できる嬉しさ。
次は、誰がいるどこに行こうかな~?
次は、どこにいる誰がフィレンツェやおらが村に遊びに来てくれるかな~? 
と、いろいろ楽しみです♪

トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳なら


イタリア情報ブログランキング
Profilo
Blogはリンクフリーですが、掲載記事・写真の無断コピー・転載・加工はお断りいたします。
トスカーナ自由自在

Facebookページも宣伝 にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
Commenti
記事検索
アクセスカウンター

  • ライブドアブログ