イタリア・トスカーナ専門コーディネイターのトスカーナ田舎暮らし

日常生活から仕事、イタリアの笑えない話など、人口1800人のド田舎から日々の生活を綴ります。

小さな村

キアンティ・ワイン&オリーブオイル農家の、3月の仕事

IMG_2663

先週末は、グレーヴェ・イン・キアンティで次男のサッカーの試合でした。
3戦全勝と気分よく(^^♪、せっかくなので挨拶しにいつものワイナリーへ

IMG_2677

アレッシアはアメリカ人とテイスティング中、おそらくマニーラの姑さんかな?
子どもを見てるおばさんに誰かいるか聞くと、フェルナンドがセラーにいるとのこと。

IMG_2678

いた(笑)
今、ワインの入れ替え中で、このタンクの蓋を閉めている所でした。

IMG_2679

樽に入っていた2015年収穫分のクラッシコと、2014年収穫分のリセルヴァ、
翌日に瓶詰ですが、2016年収穫分を樽に入れるため、いったんタンクに移動中。
「場所がないから、こうやって空いてる場所を使いまわしてるの」だそうです。

IMG_2691

ワインを抜いた樽は外に出し、沸騰したお湯を入れて洗浄中・・・
「まだまだ働かせられてるよ、はっはっは」 と言いながらも、
ワインづくりが大好きなフェルナンドは嬉しそう・・・きっと死ぬまで現役だと思う。

IMG_2676

オリーブの木も、今が剪定シーズン。
ここだけでなく、道中でも、剪定して地面に積まれた枝の山をたくさん見ました。
こうしてケアをして、また秋にたくさん実がなるんやなー。

ブドウの収穫は9月、オリーブの収穫は11月、それ以外の時期って何してるの?
って思いますが、こうして1年のサイクルの中で、いろいろな作業があるんですね。
年間1万本のこのワイナリーでは、全くの家族経営+収穫時のみ、友人が手伝うだけ。
木の手入れやタンク、樽、瓶への移し替えの他、ここは1年中、
ワイナリー見学とテイスティングを受け付けており、そのお客さんの購入だけで
ほとんどのワインが売れてしまうほど、たくさんの人が訪れます。
ただし、1グループごとにしっかり人がついて、
決して他のグループとまとめてやっちゃうことがないのがスゴイところ。

そしてワイナリーの素晴らしさはもちろんですが・・・

IMG_2681

やっぱりこの村が大好きすぎて・・・家族写真を撮りました。
転がってた樽の上にカメラ置いて、セルフタイマーで(笑)樽よ、外に出ててくれてありがとう)

更に帰りの車で、こんな可愛い写真も撮れて自己満足⤴

IMG_2694

信号待ちのヴェスパに載ったカップル♥
この道は狭いので、信号で片方づつ通るように設定されてるんです。
ちなみにこの建物はステファーニアのアパート&キッチンスタジオ
こないだのお客様の話聞きついでに会いたかったのに、残念ながら不在でした。

しかし、キアンティはいつ来てもいいなぁ~♪を実感!
皆さんも、ぜひぜひワイナリーや料理教室&宿泊で遊びに来てください。
お問合せはこちら。

行きの車窓からの動画はこちらをご覧ください。 

 セルフマガジンが完成しました!
selfmagazine
送付依頼は、こちらのお問合せフォームより
題名      ⇒ セルフマガジン送付依頼
メッセージ本文 ⇒ 送付先、依頼部数など
をご記入のうえ、送信ください。
(FBやブログへのコメントやメールではなく、
お問合せフォームでお願いします




トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳なら

イタリア情報ブログランキング   

シエナから簡単に行ける、「初めての小さな村」4選

フィレンツェから簡単に行ける、「初めての小さな村」5選 が評判良かったので
今回はシエナを拠点にして簡単に行ける、小さな村のご紹介です♪
大半は トスカーナ自由自在のサイト に掲載されているので、リンクを参照くださいね。


1)ブォンコンヴェント

P1160082

シエナ駅から電車で25分(シエナ旧市街からはバスで1時間ほど)、
イタリアの最も美しい小さな村」にも選ばれています。
周りは新市街(住宅)が広がる平地にあるので、上からのパノラマありませんが
鉄道駅の斜め右前に旧市街の外壁が見えるほど、駅から近いので
まさに初心者にうってつけの小さな村でもあります。


2) モンタルチーノ

sP1010378

ワイン好きの方には外すことができない、イタリア屈指のワインの産地。
要塞からオルチャ渓谷を見下ろし 、路地も楽しめ(アップダウンが結構あります)
ブルネッロやロッソ・ディ・モンタルチーノなどのワインに酔いしれて下さい!
ワイナリー訪問したい方は、こちら(ここは車でしか行けません)


3)サン・クイーリコ・ドルチャ
オルチャ渓谷の町の1つ、庭園やコレッジャータ教会が見どころ。
小さな村ですが、B&Bやレストランも割合充実しています。

IMG_1788


4)ピエンツァ
言わずもがな、オルチャ渓谷よりも先に世界遺産登録された観光地。
ドゥオモや城壁上のパノラマなど、小さい中に見どころがギュッと詰まっています。 

CIMG4801-1

1)3)4)はシエナから112番のバスを使います。
ここは終点がモンテプルチャーノで、本数はそれほど多くないものの、めちゃ使える路線。
時刻表:シエナ→モンテプルチャーノ 、 モンテプルチャーノ→シエナ
トスカーナ自由自在でのお客様も、この路線でサンクイーリコ、ピエンツァ、
モンテプルチャーノに1~2泊しながら周遊した方もいます。
(ただ、高台からオルチャを見下ろすのに テンテンナーノ要塞 に行きたい、というのと
 写真スポットに止まりながら行きたい、とのことで、
 サンクイーリコとピエンツァの移動はバスを使わずに ハイヤー をご利用いただきました)

ちなみにサンジミニャーノ、 チェルタルド 、 コッレ・ヴァル・デルザ は
シエナとフィレンツェの間にありますので、どちらからでもOKですし、
フィレンツェ⇔シエナ移動の時に寄るのがおススメです。 

サンジミニャーノはバスあるいは鉄道でポッジボンシ乗り換え(または直通)で、
ポッジボンシからはバスで25分~時刻表は下記リンクを参照ください。
ポッジボンシ(シエナ)→サンジミニャーノサンジミニャーノ→ポッジボンシ (シエナ)

フィレンツェ編でも書きましたが、ツアーや大都市しか旅行したことのない方には
ハードルが高いかもしれません・・・しかし!小さな村オタクの私としては
観光地から一歩出て、また一味違うトスカーナを感じて頂きたいと思います。
どーしても無理!でも行きたい!行ってみたい!という方は、
ハイヤーアテンドのご依頼をお待ちしています♪


関連記事:「フィレンツェから簡単に行ける、「初めての小さな村」5選


 セルフマガジンが完成しました!
selfmagazine
送付依頼は、こちらのお問合せフォームより
題名      ⇒ セルフマガジン送付依頼
メッセージ本文 ⇒ 送付先、依頼部数など
をご記入のうえ、送信ください。
(FBやブログへのコメントやメールではなく、
お問合せフォームでお願いします



トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳ならイタリア情報ブログランキング   

フィレンツェから簡単に行ける、「初めての小さな村」5選

こないだFBの「イタリア旅行情報交換ボード」グループで、
「フィレンツェから行ける小さな町でおススメはどこですか?」 
という質問があったので、そこで私がコメントしたものを書きますね。
ほとんどが トスカーナ自由自在のサイト かブログに書いてますので
詳しくはリンクをクリックしてください♪

1) ヴィンチ

P1000858

言わずもがな、ルネサンスの巨匠、レオナルド・ダ・ヴィンチの故郷
ミュージアムもあり、村歩きもなかなか楽しいです。
フィレンツェから直通でエンポリ駅に行き、駅前からバスに乗ります。
ただ終点ではないので、運転手さんに行先を伝えて近くに座っておくと安心です。
(新市街でなく旧市街=チェントロ・ストーリコと伝えましょう)
小さな村なので、エンポリ駅からシエナ行きの電車で
2)のチェルタルドに行って2カ所日帰りもおススメです。

2) チェルタルド

IMG_2937-1

一方こちらは、「デカメロン」で有名なボッカチオの故郷。
フィレンツェから直通あるいはエンポリ乗り換えシエナ駅行きに乗り、
駅から少し歩いた広場から、ケーブルカーで旧市街へ。
蔦の絡まったホテル、花や雑貨が美しいバールなど、写真映えするポイントもいっぱい。

3) コッレ・ヴァル・デルザ

IMG_7565

こちらはフィレンツェからバスでシエナ行き(鈍行)で一本。
新市街を少し歩き、エレベーターで旧市街に行けます。
縦に長い旧市街の奥には要塞、新市街には特産であるガラスのミュージアムもありますよ。

4) グレーヴェ・イン・キアンティ

CIMG1734

ワイン好きにはたまらないキアンティ・クラッシコの里は、フィレンツェからバスで1本。
大きな広場の両脇の柱廊にはレストランや雑貨・ジュエリーショップ、
サラミなどをつまんで飲める肉屋など、いろいろ楽しい。
バスが通る道を挟んで向こう側には、大きなエノテカがあるので
ワイン好きはパスを購入してお気に入りをグラスで飲みまくるのも!
エノテカでなく、ワイナリー訪問希望の方は こちら がおススメ。
グレーヴェから車で5分の小さな村にあるんですが、
グレーヴェのバス停まで車送迎してくれますし、
ワイナリー訪問&テイスティングだけでなく、絶景と小さな村歩きが楽しめますよ。

5) フィエーゾレ

CIMG7358

フィレンツェ市バス7番で終点まで(サンマルコ広場が乗り場です)
フィレンツェの町全体の眺望あり、教会2つとローマ劇場跡が見どころ。

ツアーでしか旅行したことない方や
あるいは大都市一カ所だけの旅行しかしたことない方には
きっと「小さな町・村」に個人でバスや電車で行くのは、
ハードルが高く思えると思います・・・が!
困ってる時に教えてくれる人がいて思い出に残る出会いがあったり、
ちょっとした冒険気分で旅の醍醐味を味わえることも間違いなし!
電車の乗り方はこちら、バスの乗り方はこちらにも紹介していますので
ちょっと勇気を出して、ぜひ「小さな村デビュー」してみて下さいね💛

どーしても無理!という方はハイヤーか、アテンドの依頼をお待ちしてます。

セルフマガジンが完成しました!

送付依頼は、こちらのお問合せフォームより
題名      ⇒ セルフマガジン送付依頼
メッセージ本文 ⇒ 送付先、依頼部数など
をご記入のうえ、送信ください。
(FBやブログへのコメントやメールではなく、お問合せフォームでお願いします


トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳なら


イタリア情報ブログランキング  

リヨン近郊の「フランスで最も美しい村」・ペルージュで心ときめく♪

IMG_0470

坂道を上っての、ペルージュ村の入口は、コレ。
もう、小さな村好きの私は、この入口だけでテンション激高です⤴
 
IMG_0468

現在地を念の為に確認するけど、まぁ何も見なくても迷うことないホントに小さな村です。 

IMG_0481

この門を入ってすぐの道が、もうすごく可愛くて💛 

perugue-1

最初っからかっ飛ばして写真を撮りまくりましたが、選ぶのにも苦労💦
とにかく、窓とか看板とか全てのディティールがみんな素敵なんやもん。 

IMG_0494

まずはこの道を通って、反対側の入り口まで行ってみました。
この塔の横に教会がくっついてましたが、塔も教会も残念ながら入ることはできず💦

IMG_0492

確かそのあたりで見つけた、この手描き風の地図がまた可愛くって。 

そこから、まずは真ん中の広場に入って

IMG_0527

路地に入っては写真を撮り、何かを覗いてはニヤニヤし、怪しい日本人(笑)

IMG_0505

誰もいないし、お気に入りの場所は思い切りセルフィーやり放題 (^_^)/

会った人は、たまに出てくるお店の人か、私みたいに写真目的で来たおじさん1人と
観光客カップルが1組だけで、ぐるぐる回ってると何回会ったことか!
思わず、皆、笑顔で会釈したりするのが、また楽しい💛
 
perugue-2

この鳥モチーフの着いた看板、そしてこんなランプも素敵・・・今見ても溜息でるくらい。 

そんなこんなしてるうちに、お腹がすいたので(笑)、レストランチェック開始。
フランス語がイマイチ分からんのと、それほどお金かけずささっと食べたいな、
でもサラダとかパニーノは嫌やなぁ~と思ってたら見つけた、テイクアウトOKの文字。

IMG_0543

で、スープをクアウト。
クルトンやチーズも入ってたので、コップ1杯でも小腹を満たすのにはちょうど良い。

お昼ガッツリ食べたくなかったのは、おやつをガッツリ食べたかったこともあり(笑)
隣のおじさんがやってるパン屋さんで、2種類も買ったで~💛 

IMG_0549

上がペルージュのおかし「ペルージュのガレット」 、
下がリヨンのおかし「プラリネ」が入ったクッキー。

このペルージュのガレットがね~もうね~
もう1切れ買っておけばよかったってくらい 美味しかったんです!!
下のは甘すぎたけど、おなかがすいてたのでどちらも完食。

IMG_0533

最後に名残惜しく、TOP写真の道を違う場所から。 

お友達でフランスの小さな村を紹介している木蓮さんの「ペルージュ」記事をご紹介。
もっと素敵で違う季節の写真がいっぱい&もっと詳しい情報も載ってますよ。
、 、 

リヨンから電車での行き方は、こちら

セルフマガジンが完成しました!

送付依頼は、こちらのお問合せフォームより
題名      ⇒ セルフマガジン送付依頼
メッセージ本文 ⇒ 送付先、依頼部数など
をご記入のうえ、送信ください。
(FBやブログへのコメントやメールではなく、お問合せフォームでお願いします

トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳なら


リヨン近郊の小さな町・「ペルージュ」に1人で電車で行ってみた!

1か月前のことですが(;^ω^)、 リヨン ネタの続きです。
リヨンを1人で半日観光したので、翌日は友人とその友人とは別行動。
小さな村好きな私としては、せっかくだから行っておきたい 「ペルージュ」
まずは、その電車での行き方を紹介しますね。

ネットで調べると、バスで行く方がメジャー?なよう(バス停より近いので)ですが、
乗り場がイマイチ分かりづらいのと、電車の方が乗車時間が短いこと、
歩くのは全然平気だったので、私は電車にしました。

1人行動も多少のハプニングも基本的にOKな私(それも旅の醍醐味!)
一番の心配は言葉があまり通じない (;^ω^) くらいですが
下調べは完璧だったので、何とかなるやろーと張り切って出かけました。 

IMG_0566

まずは友人宅からトラムに乗り、パール・デュー駅へ。
切符購入は機械で言葉が選べるタイプがイタリアでもリヨンの地下鉄でもあったので
全く問題なし!とと高をくくっていたのに・・・Σ( ̄ロ ̄lll)ガーン 
どうもフランス語しかない模様💦なんでやねんフランス国鉄!!
しかも、2台違う種類があり、どっちが自動券売機なのか分からない💦💦 
で、ここで関西オバちゃん?の本領発揮~笑、

分からんかったら?きいたらエエやん!! 

後ろにいた優しそうな同年代の男性に、つたない英語で聞いてみたら、
ボタンを押して代行してくれるよう・・・ペルージュ、だけが駅名でないので
(最寄り駅正式名は MEXIMIEUX-PEROUGE です)
時刻と駅名を書いてきた紙を見せ、帰りのことも考え、
往復分買いたい!と厚かましくお願いしたら、
カード入れて?ハイハイ、暗証番号押して?ハイハイ・・・ウィーン・・・
無事に往復切符、購入できました!(やってもらっただけやけど) 

あとは数あるホームから何番線で出るのか?掲示板を見に行くと、
同じ時刻に発車の電車はないやろ~と思ってたのに、2つある💦💦

IMG_0456

写真右が、ざくっとした出発予定列車案内。
ここに私が乗車する10時12分発が2本あります。
写真左の掲示板が、どうやら発車が近い電車の詳細、停車駅まで出るのを発見!
そこで目を皿にして、この2本の停車駅を見ていくと、出た、MEXIMIEUX-PEROUGE!

IMG_0457

イタリアと同じシステムやろな、と想像していたので、刻印機もすぐに発見し刻印。

IMG_0458

そこで出てきたホームへ行き、再度 MEXIMIEUX-PEROUGE があるのを確認。
ここに来るまで、発車2分前・・・ちょっとドキドキしたわ。

IMG_0460

安心して電車に乗車~💛

念の為にホームで停車駅を書き写し、停車ごとにチェックも忘れずに・・・
イタリアではアナウンスない場合もあるからですが、
この列車はアナウンスも車内の掲示板にも出たので安心でした。

確か次の駅だったとおもうけど、こんな可愛いアートも!

IMG_0564

2つ目か3つ目過ぎたころから田舎に突入し・・・

IMG_0462

ただただ、耕地?がダーーーーッと。

IMG_0463

そして30分ちょっとで、パールデューから6つ目・MEXIMIEUX-PEROUGE に到着!
観光客はほっとんどおらず、皆、駅前の町・メクシミューに行きました。

私は前日、友人彼氏が調べてくれた 地図 を携帯に保存し、それを見ながらテクテク。
地図には2種類の行き方:
メクシミューを通っての40分コース(緑)と近道の20分コース(青)
がありますが、私は後者の20分コースで行きました。
私はトイレに行きかったのでまずはスーパーのカルフールへ。
夏なら水などの補給に便利かも!(上記地図にマークがあります)

その後、曲がる道を迷ったので、分からんかったら?きいたらエエやん!! 
ルールに従うも、さすがに田舎のおばちゃんには通じなかった・・・
でも、ペルージュ!?と聞いたら、指さしてフランス語で何か言うてたので
とりあえず指さした道と、地図を頼りに更に歩くと・・・

IMG_0466

きたっ!「フランスの最も美しい村」の看板。

IMG_0467

その上にペルージュの村が~テンション激上がりです!!

村の様子は次に更新するとして・・・

【ペルージュに電車で行く方法のおさらいっ】
リヨン・パールデュー駅からSNCF電車で直通30分強。
行先はAmbericu、ペルージュの最寄り駅は6つ目のMEXIMIEUX-PEROUGE。
私が知る限り、券売機はフランス語のみ、カード使用可。
リヨン・パールデュー駅か往復で15.80ユーロ(2016年12月現在)

IMG_0563

リヨン・パールデュー駅から往復で15.80ユーロ(2016年12月現在)
刻印を忘れずに~往復切符なんで、行きと帰り、左右別の場所に刻印しときました。
そこから徒歩での行き方はこの地図参照。

セルフマガジンが完成しました!

送付依頼は、こちらのお問合せフォームより
題名      ⇒ セルフマガジン送付依頼
メッセージ本文 ⇒ 送付先、依頼部数など
をご記入のうえ、送信ください。
(FBやブログへのコメントやメールではなく、お問合せフォームでお願いします


トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳なら


 
Profilo
Blogはリンクフリーですが、掲載記事・写真の無断コピー・転載・加工はお断りいたします。
トスカーナ自由自在

Facebookページも宣伝 にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
Commenti
記事検索
アクセスカウンター

  • ライブドアブログ