イタリア・トスカーナ専門コーディネイターのトスカーナ田舎暮らし

日常生活から仕事、イタリアの笑えない話など、人口1800人のド田舎から日々の生活を綴ります。

帰省

イタリア帰国前カウントダウン時に渦巻く気持ちは・・・

IMG_6594

寂しいような、嬉しいような。
1か月半は長いようで、短いようで。

毎年毎年、イタリアへ帰国の日が近づくと、ちょっと複雑です。

マイホームはもはやトスカーナのド田舎の、あの家。
ちょっと懐かしい。

でも家族との別れや、次来るのが11か月後だと思うと、
ちょっと寂しい。

でも夏休みで息子たちもずっと家にいて
しかも1か月半ほとんどサボっていた家事を再開するかと思うと
ちょっと辛い(爆)

こんな気持ちを抱えながら、今日から1泊2日の家族旅行。
あと5日、楽しみます。

【オマケ】

IMG_6596

大阪の交差点で、みな日陰で信号待ちしている中
日に当たりまくるイタリア人(ダンナ)・笑


 セルフマガジンが完成しました!
selfmagazine
送付依頼は、こちらのお問合せフォームより
題名      ⇒ セルフマガジン送付依頼
メッセージ本文 ⇒ 送付先、依頼部数など
をご記入のうえ、送信ください。
(FBやブログへのコメントやメールではなく、
お問合せフォームでお願いします


 
トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳なら

イタリア情報ブログランキング

夏に日本に帰省しても、食べておきたいもの

長男が小学校に入ってから、帰省はずっと夏。
普通は夏に食べんもんでも、食べたときたいものがあるですよ!!

IMG_6603

おでん!!

食材はたんまり持って帰ってきてるし、高くても最悪買えるし、
野菜類は最近フィレンツェの市場まで行けばほとんど手に入る時代。
それでもやっぱり練り物とかこんにゃくは手に入らない・・・
実家でも1回やってもらったけど、今日は美味しいお店に里香さんが連れてってくれました♥

こないだ里香さんが同期会に来られなかったので、密会!のはずが
マーサも来てくれた・・・美女2人に囲まれて、エエな~!
(オマエは美女に入らん!というツッコミはなしでお願いします<m(__)m>)

IMG_6605

ハモまで頂いちゃったし!

IMG_6606

〆はおでんつゆをかけたご飯!!
そして何よりも、楽しい時間をありがとう💛

今回の滞在では鰻丼食べられなかったのが心残り?だけど、
もうええちゅうくらい、日本食、超~満喫した!


セルフマガジンが完成しました!
selfmagazine
送付依頼は、こちらのお問合せフォームより
題名      ⇒ セルフマガジン送付依頼
メッセージ本文 ⇒ 送付先、依頼部数など
をご記入のうえ、送信ください。
(FBやブログへのコメントやメールではなく、
お問合せフォームでお願いします


 
トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳なら

イタリア情報ブログランキング

1か月ぶりの対面!ダンナが日本にやってきた

2年ぶり、もう10回目くらい?
ダンナが昨日、無事に来日しました。
てな訳で昨晩はすき焼き!

IMG_6205

スカイプでほぼ毎日しゃべってたとはいえ、やっぱり懐かしい(笑)
子供たちも大喜び(スカイプでは全然しゃべってへんかったけど)
家族もなんかテンション高い⤴⤴⤴です。

IMG_6212

誕生日当日は家族でユニバ行くので、前夜の昨日、お祝い。
これで滞在もあと2週間切りました・・・しみじみ。

セルフマガジンが完成しました!
selfmagazine
送付依頼は、こちらのお問合せフォームより
題名      ⇒ セルフマガジン送付依頼
メッセージ本文 ⇒ 送付先、依頼部数など
をご記入のうえ、送信ください。
(FBやブログへのコメントやメールではなく、
お問合せフォームでお願いします


 
トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳なら

イタリア情報ブログランキング



いつでも会える、と思うと会わないけれど・・・

日本に帰省すると、たくさんの友達とごはん行ったり、お茶したりします。
高校のツレ、会社同期、アブ会仲間、そして先週はかさこ塾大阪一期の同期・・・
そこで「皆は会ってたん?」と聞くと、だいたいが
「いや~なかなか会えてないねん。昨年の同期会ぶり?」
そういう昨年の同期会も、私が海外から年に1回帰省してるから!
という理由で集まってくれたんやけど?(笑)

19756819_1401622899917840_8856884487864548763_n

私のような海外在住者の帰省は、日本におるけど普段会わない友人たちに会う
ちょうどよい理由になってるような感じがします。
いつでも会えると会わない、いつでも会えないからいるうちに会っておく!
という意識の違いからきてるのかな。

19884059_1401622803251183_6339414414990305091_n

てな訳で、かさこ塾大阪同期会・・・私はリアルでは2回しか会ってないんやけど
ま~違和感ないこと!ま~しゃべること!
しかも、なんか子供(特に次男)も馴染んでるし(;^ω^)

19884489_1401623056584491_3556018920989278662_n
なんでアンタがそこにおんの?笑

てな訳で、来年も「私の一時帰国」を理由に、皆でガシガシ集まりましょう!
私だけでなく、ふだん日本にいても会ってない人にも会えるから(笑)



セルフマガジンが完成しました!
selfmagazine
送付依頼は、こちらのお問合せフォームより
題名      ⇒ セルフマガジン送付依頼
メッセージ本文 ⇒ 送付先、依頼部数など
をご記入のうえ、送信ください。
(FBやブログへのコメントやメールではなく、
お問合せフォームでお願いします


 
トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳なら

イタリア情報ブログランキング



海外在住の子供を、帰省時に日本の学校に通わせるための手続き方法

日本滞在中、うちの子供たちは日本の市立小学校に通っています。
フィレンツェ在住のハーフの子供たちの大半はそうしてるのですが
まだ通わせたことのない方、まだ乳幼児だけれど将来通わせたいと思ってる方の
参考になるかと思い、どのような手続きをしたか書いておきます。
ただし、市町村でかなり違うようですので、あくまで私の実家の市の場合です。

1)初年度はまず市役所に聞いてみる
  編入は6月半ばだったので、その2か月くらい前の4月に
  母から市の教育委員会へ問い合わせてもらいました。
  受け入れてくれるか否か、受け入れOKの場合どうしたらよいか?
  うちの場合は受け入れOKで、帰国したら母親だけで教育委員会へ来るように言われました。

2)教育委員会へ行く
  うちの市の場合は、住民票があってもなくても受け入れOK。
  (市によっては住民票を移さないといけない場合も)
  ただし、住民票がない=国民健康保険がない場合、何かしらの保健が必要でした。
  (海外傷害保険でもOK)
  それ以外は親子の名前と住居(実家)、子供の生年月日、
  元々通ってた学校(イタリア現地校)などを伝えて編入学通知書をもらい、
  学校登校初日に学校へ提出します。

3)学校へ電話する
  市の教育委員会から学校には連絡がいっているので、
  挨拶も兼ねて、いつから通学するかなど直接学校の校長先生に電話連絡。

4)学校へ通学する
  初日は職員室にて校長先生から担任の紹介などを受け、担任の先生とともにクラスへ
  必要なものなどは、子供がしっかり聞けない場合は親が先生に聞いておく
  初日の朝の会や1時間目などは後ろで見学させてもらえます。
  (終業式後のクラスでのお別れの様子も見学させてもらえ、写真なども撮影)

5)学校終了後に清算する 
  うちの学校は全ての費用を終了後に事務所で清算します。
  給食費、PTA会費、スポーツ振興会費などなど。
  例年約1か月、1人7000円くらいです。

6)市役所に行く
  今度は転校届を提出します。

ざっとこんな感じです。
なので、まずは管轄の市の教育委員会へ聞いてみてください。
教科書は在住の日本大使館に申し込めば、大使館から現地自宅までの切手代だけで
無料で送ってもらえますので、各国の大使館に問い合わせてみてくださいね。

あと持ち物などもいろいろあり(これもうちの場合ですが)

IMG_5627

水泳の用意、給食袋、水筒、ぞうきん、お道具箱、絵具道具、書道道具、ハーモニカ・縦笛など
道具類は買うこともできますが、私は姪っ子のお古があったので助かりました!

うちの子たちは今日初日!

IMG_5630

長男は日本の学校が毎年楽しみだし、もう5年目なので慣れっこ。

IMG_5663-1

あとで先生に聞いたら、一時間目が古典「徒然草」で、
全く分からず顔面蒼白だったららしいですが💦
昔の言葉だから分からなくて当たり前!と説明を受けて、ほっとしたようです(笑)

問題は次男で、日が近づくたびに不安を漏らし半泣き状態でしたが Σ( ̄ロ ̄lll)ガーン

IMG_5635-1

昨年と同じ明るい男性の先生のクラスにしてもらい、行ったら大丈夫そう (;^ω^)
なので、私は少しだけ見て、ささっと抜けて帰ってきました。

長男はプールもあって初日から大いに楽しみ、
次男も迎えに行ったら「泣けへんかった!(当たり前やろっ!)」と
クラスメイトにサポートされて笑顔で出てきた!
これで私もちょっとゆっくり、自分のことができるかな (*'▽')


セルフマガジンが完成しました!

selfmagazine
送付依頼は、こちらのお問合せフォームより
題名      ⇒ セルフマガジン送付依頼
メッセージ本文 ⇒ 送付先、依頼部数など
をご記入のうえ、送信ください。
(FBやブログへのコメントやメールではなく、
お問合せフォームでお願いします


 
トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳なら

イタリア情報ブログランキング 

Profilo
Blogはリンクフリーですが、掲載記事・写真の無断コピー・転載・加工はお断りいたします。
トスカーナ自由自在

Facebookページも宣伝 にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
Commenti
記事検索
アクセスカウンター

  • ライブドアブログ