イタリア・トスカーナ専門コーディネイターのトスカーナ田舎暮らし

日常生活から仕事、イタリアの笑えない話など、人口1800人のド田舎から日々の生活を綴ります。

教会

出張で前泊のローマの夜、どこに行く?

本日、朝一からローマで視察通訳の仕事のため、昨晩からローマ入り。
1か月前のリヨン旅行ではローマ発着だったのでローマには行ったけれど
友人宅に宿泊 したため、町には全く出ず・・・そこから考えたら
何気に この時以来 のローマかもしれない。

テルミニ駅も久しぶり。

IMG_1426

ローマ大好きやけど、いかんせん広いので絞らないと・・・
と、迷った末、とある場所に決めました。

IMG_1429

ローマで私の好きな教会の1つ、サンタ・マリア・デッリ・アンジェリ教会。

IMG_1430

その前がレプッブリカ広場。
しかし、ローマは何もかもがデカい(笑)
てくてく歩く中、まともに初めて見たかも?の4つの噴水。

blog-3

交差点の角の4カ所にあるんですよ。
ライトアップされてキレイだったので、せっかくだから4つ撮ってみました。

そして駅から約30分、今回の目的地が見えてきた。
・・・いや、ザーザー音が聞こえてきた!

IMG_1439

トレヴィの泉 

というのも、2年半前の姪っ子と家族とでローマ定番観光の時は修復中。
その前に行ったのは多分、両親が最後に来た5年以上前・・・
いやいや、修復前も美しかったけど更に美しい&夜は何気に初めて見たかも?

そして、その時に同じく、上にある教会が修復中だった
スペイン広場へも足を延ばす・・・

IMG_1443

そしてここまで来たら、大好きなポポロ広場にも。
残念ながら双子教会の1つは修復中でした。

IMG_1448

翌日の仕事もあるので、今回はこの辺で終了!
(しかし、あまりの人の少なさにちょっと拍子抜け(;^ω^) 冬はこんなもんなん?)
ここから地下鉄でテルミニまで行き、ホテルに戻りました。


セルフマガジンが完成しました!

送付依頼は、こちらのお問合せフォームより
題名      ⇒ セルフマガジン送付依頼
メッセージ本文 ⇒ 送付先、依頼部数など
をご記入のうえ、送信ください。
(FBやブログへのコメントやメールではなく、お問合せフォームでお願いします


トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳なら




夏とは違う美しさ~冬のルッサーリ山とその集落

今回スキー旅行に行ったタルヴィージオには、2011年の夏のバカンスでも行きました。
B&B Klement に3泊して周辺の湖や高原を周り、どこも本当によかったんですが
その中でも印象に残っているのが、このルッサーリ山。

P1230083

ノープランで行ったのですが、超優秀な観光デスクのお姉ちゃんに教えてもらい
子連れでも楽々、ゴンドラで頂上まで一直線!

そして5年半後の冬・・・

IMG_1207

本当はこんなのが見たかったけど・・・

P1230079

いかんせん雪不足💦
それでも、夏とはまだ違う風景にやっぱり感動~💛

この集落ができたのは、おそらくこの教会ができたから。
いや、正式には教会ではなく、サントゥアーリオ=至聖所、と呼ばれる巡礼地です。

IMG_1246

このサントゥアーリオは第一次世界大戦の爆撃による火事で焼失したため
建て直されたのは近年ですが、650年以上前に遡る伝説が残っています。

1360年、カンポロッソの羊飼いの羊がルッサーリ山で行方不明になった時、
茂みの中の聖母とキリストの像がある場所でひざまづいているのが発見されました。
その様子を描いた絵が、中にありました!
(ていうか、たまたま撮影していて、あとで調べて「コレやー!」と一人感動)

IMG_1250

羊飼いはその像をカンポロッソの牧師に預けたが、翌日、また同じ場所で見つかり
羊たちもその場所で同じくひざまづいていた。
また持って帰るものの、その翌日も同じことが起こったので、
神様のお告げとして、この場所に礼拝堂が建てられ、
これがこのサントゥアーリオの起源とされています。

巡礼者も訪れるので、ホテルや飲食店・お土産店が周辺に数軒。
建物がいかにも北イタリアの山~って感じでカワイイ💛

IMG_1229

ルッサーリ山はタルヴィージオのスクールゲレンデとつながっていますが、
スキーで行くには遠い&中級以上のゲレンデしかないので、
子供たちのスクールが終わった最後の2日間、車でルッサーリに行きました。

初日のランチは、夏にも行った集落一番奥のレストラン。

IMG_1234

天気もよかったので夏と同じようにテラス席へ。

IMG_1239

だってこの絶景やもん!!・・・ただやっぱり寒かった💦

子供たちがスクールの時はすぐ近くのバールでパニーノだったので、
フリウリらしい暖かいものをセレクト!
ダンナはグラーシュ(牛肉の煮込み)のポレンタ添え。

blog-1

私は好物のキノコスープ・・・トスカーナのとは違ってミルク仕立て、
そしてパンは入っていない!
同じメニューでも、やっぱり州によって違うのが面白いところ♪

この日は時間もなかったし、寒すぎたのでデザートは食べなかったけど

P1230093

夏はストゥルーデル(アップルパイ)とミックスベリーのケーキも食べた。
これもとっても美味しかったので、おススメです★

翌日のランチは、集落に入ってすぐのリフージョ(山小屋・避難所、の意)で。

IMG_1270

ダンナはフリーコというチーズが入ったジャガイモを焼いたものと、
付け合わせは、やっぱりポレンタ(笑)
このフリーコがもっちり&こってりで、癖になる美味しさ!

blog-2

私はその前のゾンコランのチェノ―ネで出て好物になった、オルゾット、
赤チコリとサルシッチャという、やはりこの地ならではの組み合わせで。
オルゾットは、リゾットのお米の代わりに大麦を使っています。

それからここから見る絶景も最高!

IMG_1284

後ろ側は2000m級の山があるので白いですが

IMG_1285

向こう側は緑の山&ゲレンデはほとんど人工雪でした💦

IMG_1268

またいつか来られるかな?
今度は雪化粧をまとったサントゥアーリオを見てみたい!


selfmagazine

 私のことを知りたい方、単に見てみたい方、活動内容に興味のある方、
このマガジンを置いてもいいよ!と検討下さるイタリアンレストランや
イタリアに関係するショップの方、イタリアに関係なくても応援して下さる方、
個人・法人の方を問わず、無料で送付させて頂きます。

送付依頼は、こちらのお問合せフォームより
題名      ⇒ セルフマガジン送付依頼
メッセージ本文 ⇒ 送付先、依頼部数など
をご記入のうえ、送信ください。
(FBやブログへのコメントやメールではなく、お問合せフォームでお願いします)

※次回送付は、1月半ばとなりますので、ご了承くださいませ。

トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳なら


リヨンは1日で観光可能!私が実際まわった場所とコースをレポート・その2

その1からの続きです。
到着日はテロー広場からブレスト通りを歩いて南へ、ヤコビン広場へ到着しました。

IMG_0428

そこからソーヌ川方向を見ると、フェルヴィエールの丘の大聖堂が美しく✨

IMG_0437

まだ時間があったので、橋を渡って旧市街にも行ってみました。

IMG_0433

あとから気づきましたが、この大聖堂の位置で現在地がどっち側か分かりますね。
フィレレンツェだとドゥオモのクーポラと同じ役割!

IMG_0434

ソーヌ川から見る夕暮れも美しく、1人、テンション上がりまくりの私(笑)

IMG_0435

橋の向こう側にはこんな彫刻も。
ソーヌ川ももう1つのローヌ川も、結構橋の数が多いので橋比べも面白いです。

世界遺産であるリヨンの旧市街は石畳の素敵な路地や広場があって

IMG_0682

散策が楽しい~名物菓子のプラリヌもあちこちに(別の日に訪れた小さな村で食べました)

IMG_0438

別の日に旧市街に来たときは、リヨンの食堂・ブションでランチしました!
これはまた後日(食事は超重要項目なので詳しく別で書きます・笑)

IMG_0440

旧市街の南端にあるサン・ジャン教会も美しいです✨

そこからすぐ先の旧市街駅「Vieux Lyon」駅からケーブルカーに乗って
フェルヴェールの丘まで1駅。

IMG_0719

チケットは地下鉄・トラムと共通です。

IMG_0721

着いて登ったら、すぐにノートルダム大聖堂がドドン!とお出迎え。

IMG_0722

ゴシック建築らしく、ステンドグラスが大きくて精巧で美しい!

IMG_0723

地下礼拝堂もありますが、これもすごく大きいです。

IMG_0730

大聖堂を出た後は、教会裏のビューポイントに寄るのもお忘れなく。

IMG_0734

クロワ・ルースよりも高いので、町全体が見渡せます。

IMG_0737

その後は、大聖堂に背を向けて左へ降り、ローマ劇場跡へ。
なかなか大きく、コンサートなどのイベントもよくやってるそうですよ。

そこから徒歩で旧市街まで戻り、さらにそのまま橋を渡り・・・

IMG_0739

最大の広場であるベルクール広場へ。ほんとでっかい(笑)
私は今回使ってませんが、観光案内所もこの広場(観覧車近くの建物)にあります。

IMG_0427

そこから小さいアーケードを通って北上しながら、
ブレス通り&レピュブリク通りでちょっとショッピング。

IMG_0742

この建物が何かは覚えてませんが💦 ライトアップされてとてもキレイでした。
それからプラデル広場まで戻り、家路へ。

なかなか主要ポイントを押さえて効率よく回ってるののでは?と思いますが
ガイドに載っている場所で行かなかった(行けなかったのは)
※老舗チョコレート専門店・ベルナション(大統領のケーキ!)
※コンフュレンスの開発地域
※テットドール公園

くらいかな。
ま、友人も住んでることだし、また家族で行くことあるかなー?

トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳なら


イタリア情報ブログランキング
 

ロマネスク様式の教会が熱い?~テーマのある旅

昨年、そしてつい最近、ロマネスク様式の教会を見ることを目的に
トスカーナへいらっしゃるお客様がいらっしゃいます。
両者が行かれた(行かれる)のがモンタルチーノ近郊のサンタンティモ修道院。 

sP1080974

私も大好きな修道院、キリスト教徒でなくとも心が洗われるよう。
ミサでは、修道僧さんたちのグレゴリオ聖歌も拝聴できるし、
後ろの原っぱではま~ったりと典型的トスカーナの風景を見ることもできる!
昨年の方は敬虔なカトリック教徒の方で、その前にもここに宿泊もされました。

旅行の目的って人それぞれですが、
「とにかく有名な観光ポイントを見て回りたい」
「あの美術館に行きたい」
「買い物!」
などが一般的かもしれませんが、最近はもっと具体的な方が多い気がします。

今回のロマネスク様式の教会を巡る旅から、
陶器絵付け学校に行って陶器の町を巡る旅、
オルチャ渓谷の「あの景色」を巡る旅、
キアニーナ牛、チンタ豚、ポルチーニ茸、白トリュフを食べる旅、
などなど。

私もこういう依頼を受けて、ほ~そんな需要が!
と新しい発見をさせてもらってます。
今回も、サンタンティモ修道院と合わせて行けそうな
シエナ県のロマネスク教会をリサーチしてみました。

アイキャッチ

サン・クイーリコ・ドルチャ のコレッジャータ

CIMG0217

アッバディア・サン・サルヴァトーレ の サン・サルヴァトーレ修道院

sP1180436

サンガルガーノ修道院はゴシックやけど、
その上にあるモンテシエーピ教会はロマネスク・・・まん丸でカワイイ♡

回廊付き中庭が美しいシエナ近郊のトッリ修道院は、
私もまだ行ったことなく、サンガルガーノ&モンテシエーピ再訪時に寄りたい!
そしてピエンツァ近郊のサンティ・ヴィート教会も前から行きたいところ。
・・・私も行きたいので、プラン組もうかな?
何だか1人で妄想して、楽しくなってきてもうた(笑)

トスカーナ・こだわりの個人旅行はオマカセ!~トスカーナ自由自在


イタリア情報ブログランキング  

ボタ餅式に?初めての島へ行ってみたら!

水上バス乗り場でブラーノから帰りの時刻表をチェックしてると・・・

IMG_3770

なんや、この5分で行ける「トルチェッロ島」 って?

ブラーノ島散策時にLINEで泊めてくれた友人に聞くと、「ヴェネツィア最古の教会があるよ、ちっこいけど」 !!なんか、魅かれる~!それから「あと悪魔の橋ってのもあるらしいよ」・・・これは行くしかないんちゃう~? ルッカ近郊の悪魔の橋 と絡めてウェブマガジンのネタになるかも?とライター魂が(笑)

ブラーノも満喫したし、11時11分の水上バスでふらり、初のトルチェッロ島へ。

IMG_3834

・・・え?何もないやん ( ゚Д゚)

と言ってもこの道しかないし、皆ここを行くので私もひたすらこの運河沿いを歩くことに。 5分ほどしてお店らしきものと、橋が見えてきました。これが悪魔の橋か~ルッカ近郊のとはエライ違いでしょぼい!(爆)

IMG_3866

名前の由来ははっきりせず、当時のある一族のあだ名からきたとか、伝説があるはず、とか。せっかくだから渡ってみたけど、手すりも何もないからこれ以上長かったら怖いかも?うちの次男なら絶対運河に落ちてるな(;^ω^)

それからほどなく、サンタ・マリア・アッスンタ大聖堂に到着。

IMG_3839

遠足かと思われる女学生が遺跡の石に座ってはタブレットで撮影・・・イマドキの子やな~と横目に見つつ、まずは併設されているサンタ・フォスカ教会(写真右側の丸い教会)へ。十字の真ん中に丸いドームがあり、その周りは八角形の柱廊で囲まれているというちょっと変わった建築。

IMG_3843

内部の撮影禁止だったので扉からちょろっとだけ。11世紀建立のプリイティブな感じは私好みでした。

大聖堂は有料だったので、どうしようかな~と思いながら向こう側へ行ってみるも。

IMG_3848

運河があるだけで、なーんにもない(爆)

が、振り向いて戻ると、何やろ?この跡地は・・・この時は分からなかったのですが、元々あった洗礼堂跡だそうです。

IMG_3851

そして、せっかく来たんやから!とチケットを買って大聖堂の中に入ると・・・

あ~、入っといてよかった!!!

入口側の壁面一面にある、最後の審判のビザンチン風モザイク。そして床一面の大理石の幾何学模様のモザイク。これを見ずして帰ってたら、ホンマにアホやったな、てくらいの見ごたえで1人軽く興奮sてました(笑)。こちらも写真は撮影禁止だったので、気になる方は こちらのリンク でどうぞ!

そして帰りの水上バスが近づいてきたので、えっちらおっちら来た道を帰りまたブラーノ島まで。ブラーノ到着時からキラリン★と目をつけていた水上バス乗り場前のフリット屋さんでランチは・・・

IMG_3880

もちろん白ワインもね!あ~お腹いっぱい、胸いっぱい♥

それから本島に着き、家路への電車まで1時間半。パスもあるから水上バスに乗ってもいいけど、やっぱり本島の見どころも一目見とこ、とテクテクテク・・・迷わないようにメジャーな場所が書いてある黄色い標識に沿って行くも、こんな細い道でホンマにエエの?っていう路地にも入り・・・

blog-9

何とか見覚えのある場所、観光客も半端なく多いので間違いなく着いた模様。

IMG_3915

ドゥカーレ広場に

IMG_3916

サルーテ教会に

IMG_3919

そしてサンマルコ寺院。

1時間半あったら余裕!と思ってたら、リアルト橋から駅まで思った以上に時間がかかり、汗だくになりがら速足で歩き、駅近くでグラニータを買って何とか乗車!ふ~。そしてグラニータの液体を飲み切り余った氷に、ランチで余って持っていた白ワインを注ぎ、グビグビ。携帯で目覚まし時計をかけてその後は爆 睡(笑)こうしておシゴト&友人再会&島散策と充実した1泊2日でした♪


人気ブログランキングへ
イタリア情報ブログランキング


 
Profilo
Blogはリンクフリーですが、掲載記事・写真の無断コピー・転載・加工はお断りいたします。
トスカーナ自由自在

Facebookページも宣伝 にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
Commenti
記事検索
アクセスカウンター

  • ライブドアブログ