イタリア・トスカーナ専門コーディネイターのトスカーナ田舎暮らし

日常生活から仕事、イタリアの笑えない話など、人口1800人のド田舎から日々の生活を綴ります。

散策

「母国が絶対いい」とは限らない

italia

「隣町のウォーキングコースに行くけど、1人じゃつまらなくて」
「そしたら行く時、誘ってよ!」
という訳で、ルーマニア人のママ友 とのウォーキングが始まった。
おらが村の湖 はちょっと飽きたし(爆)、リフレッシュするのにうってつけ。

彼女は在宅ヘルパーをしていた家の息子さんと結婚し、今に至るんやけど、
息子がもう少し大きくなったら、また日に数時間でもヘルパーの仕事したいらしい。
「アンタみたいな子がばーちゃん村におったらいいのに・・・」 
この話題は、仲が良くてもさすがにタブーかと避けていたのに、つい口走ってしまった! 

ばーちゃんの住み込みヘルパー、歴代ルーマニア人でもう6人目やけど
まともな人が少ない・・・本当にいい人だったのは1人目の休み中に1カ月だけ来た人で
仕事も人柄も良かったけど 妊娠を隠してばーちゃん家で子供産んじゃった人や、
酒飲んでたり、とにかくサボる、無駄使いする・・・普通に仕事しようよ!!!

今回の人はイタリア語もまともに分からない(覚えようとする努力も見えない)
ので意志の疎通ができず、勝手に勘違いしてふてくされたり、 権利ばかり主張。
あまりの身勝手さにマンマが飛んで行って解雇したばかりだ。

そんな同郷人の話を嫌がるかと思いきや!
彼女も、おらが村や過去に働いていた町の同郷仲間の狡さ、セコさに嫌気がさして
距離を置き始めたら「イタリアかぶれしやがって」 と悪口は言われるし
実際、母国に帰っても独特の国民性が受け入れられず、
「イタリアのほうがほっとするんよ、実は」 と、
私が話した以上に今までのうっぷん?を晴らすかのように語り始めた ( ゚Д゚) 

私のフィレンツェ大学時代の友人で、日本の大学・大学院を出た韓国人がいるが
彼女も「韓国や韓国人といるより、日本と日本人の友達といるほうが落ち着く」 
と言っていたし・・・

私はといえば16年前、日本の仕事社会が嫌で他の国を見たくなった。
今話題?のブラック企業ではなかったけど、その大企業はサービス残業は当たり前、
上の言うことは絶対、有休も自由にとれない、そのうえ女性にキャリアの可能性はなかった。
転職したところはまた別の問題があり、そこを辞めてイタリアに来たんやけど・・・

でも最初の数年は「ああ、日本てなんていい国なんやろ」 としみじみ思った時期もある。
今は、両方のいい所も悪い所も分かったうえで、私にはイタリアの生活が合ってるなー、と。
住めば都とは言いますが、都とは口が裂けても言えないものの、やっぱり好きなんかな。
かと言って、日本が嫌いとか帰りたくないとかはなく、やっぱりいい国だとも思うし、
夏の1か月半の滞在は、楽しくて仕方ないけど!

だから、今母国にいるけどホント辛いって人は、そこから出るのも1つの手だと思う。
日本だけが、世界じゃない。日本の価値観や生活が、世界スタンダードではない。
逆に日本から出て、初めて日本っていい国だと再認識するかもしれない。

何でも場所のせい・人のせいにする人は、どこへ行っても同じだと思うけど、
旅行にせよ、留学にせよ、移住にせよ、他の国を知ることは自分の国を知り
多様性を受け入れられるようになったり、適応能力が上がったり・・・
迷ってる人、ピンと来た人は、一回出てみるのもいいですよ。

セルフマガジンが完成しました!
selfmagazine
送付依頼は、こちらのお問合せフォームより
題名      ⇒ セルフマガジン送付依頼
メッセージ本文 ⇒ 送付先、依頼部数など
をご記入のうえ、送信ください。
(FBやブログへのコメントやメールではなく、
お問合せフォームでお願いします



トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳ならイタリア情報ブログランキング   

出張で前泊のローマの夜、どこに行く?

本日、朝一からローマで視察通訳の仕事のため、昨晩からローマ入り。
1か月前のリヨン旅行ではローマ発着だったのでローマには行ったけれど
友人宅に宿泊 したため、町には全く出ず・・・そこから考えたら
何気に この時以来 のローマかもしれない。

テルミニ駅も久しぶり。

IMG_1426

ローマ大好きやけど、いかんせん広いので絞らないと・・・
と、迷った末、とある場所に決めました。

IMG_1429

ローマで私の好きな教会の1つ、サンタ・マリア・デッリ・アンジェリ教会。

IMG_1430

その前がレプッブリカ広場。
しかし、ローマは何もかもがデカい(笑)
てくてく歩く中、まともに初めて見たかも?の4つの噴水。

blog-3

交差点の角の4カ所にあるんですよ。
ライトアップされてキレイだったので、せっかくだから4つ撮ってみました。

そして駅から約30分、今回の目的地が見えてきた。
・・・いや、ザーザー音が聞こえてきた!

IMG_1439

トレヴィの泉 

というのも、2年半前の姪っ子と家族とでローマ定番観光の時は修復中。
その前に行ったのは多分、両親が最後に来た5年以上前・・・
いやいや、修復前も美しかったけど更に美しい&夜は何気に初めて見たかも?

そして、その時に同じく、上にある教会が修復中だった
スペイン広場へも足を延ばす・・・

IMG_1443

そしてここまで来たら、大好きなポポロ広場にも。
残念ながら双子教会の1つは修復中でした。

IMG_1448

翌日の仕事もあるので、今回はこの辺で終了!
(しかし、あまりの人の少なさにちょっと拍子抜け(;^ω^) 冬はこんなもんなん?)
ここから地下鉄でテルミニまで行き、ホテルに戻りました。


セルフマガジンが完成しました!

送付依頼は、こちらのお問合せフォームより
題名      ⇒ セルフマガジン送付依頼
メッセージ本文 ⇒ 送付先、依頼部数など
をご記入のうえ、送信ください。
(FBやブログへのコメントやメールではなく、お問合せフォームでお願いします


トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳なら




クリスマスイブは、昼も夜もアッバディア・サン・サルヴァトーレで

リヨンネタは少しお休みして、クリスマスの様子を。
我が家は例年通り、家族でオルチャ渓谷のばーちゃん村で過ごします。

今年は23日の晩に到着し、これも毎年恒例?足りないものを買い出しに
隣町のアッバディア・サン・サルヴァトーレのCOOPへ。
そのついでに大好きな旧市街にも寄ってみたら、
晩のイベント・フィアッコレの準備の真っ最中。

IMG_0782

修道院前の広場、大きな櫓が2つ。そして今年はとたくさん市も出るみたい!

IMG_0791

市役所前のツリー、今年は白が基調。

IMG_0793

そしてあちこちに小さな「フィアッコリーナ」が・・・可愛すぎる💛

IMG_0796

旧市街を外から、この外側の新市街は結構大きくお店やレストランもたくさんあります。

そして夜はまさに本番!のフィアッコレ。

IMG_0884

広場の真ん中には、イルミネーションでのプレゼーペ。

IMG_0882

おそらく初めて、子供たちと修道院のクリプタに入って

IMG_0893

プレゼーペも見てきましたよ。

IMG_0889

今年はイタリア国営放送RAIのニュースでも放映されるほど、年々盛り上がるイベント。
まだまだ世界的に有名ではにないにせよ、「シエナ人のパリオ」くらい
アッバディアの人はフィアッコレに情熱を注いでいます。

IMG_0909

市役所前のフィアッコレは18時点灯なので(一度点灯のシーンにも立ち会ってみたい)
私たちが行った21時はかなり燃え尽きてました。

IMG_0913

それから旧市街に入ると、もうそこは童話の世界!

IMG_0920

石造りの家、石畳だけでもそうなのに、クリスマスの飾りつけと控えめなイルミネーション

IMG_0918

そしてフィアッコレの炎・・・

IMG_0915

ここに来て「ああ、今年もクリスマスがきたんやな~」
としみじみかみ締める、私たち家族にとっても欠かせないイベントです。

IMG_0927

アッバディアは日本ではまだまだ馴染みのない町ですが
オルチャ渓谷に1日以上来られる方には、ぜひぜひ来てほしい町の1つです。
来る価値は絶対ありますよ~と声を大にして言いたいくらい!
おススメはやっぱりこのフィアッコレ~来年は日本の方をアテンドできるかな?

IMG_0903-1

モノクロにしても、雰囲気ありあり♪
 

セルフマガジンが完成しました!

selfmagazine

 私のことを知りたい方、単に見てみたい方、活動内容に興味のある方、
このマガジンを置いてもいいよ!と検討下さるイタリアンレストランや
イタリアに関係するショップの方、イタリアに関係なくても応援して下さる方、
個人・法人の方を問わず、無料で送付させて頂きます。


送付依頼は、こちらのお問合せフォームより
題名      ⇒ セルフマガジン送付依頼
メッセージ本文 ⇒ 送付先、依頼部数など
をご記入のうえ、送信ください。
(FBやブログへのコメントやメールではなく、お問合せフォームでお願いします)


トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳なら


イタリア情報ブログランキング

リヨンは1日で観光可能!私が実際まわった場所とコースをレポート・その2

その1からの続きです。
到着日はテロー広場からブレスト通りを歩いて南へ、ヤコビン広場へ到着しました。

IMG_0428

そこからソーヌ川方向を見ると、フェルヴィエールの丘の大聖堂が美しく✨

IMG_0437

まだ時間があったので、橋を渡って旧市街にも行ってみました。

IMG_0433

あとから気づきましたが、この大聖堂の位置で現在地がどっち側か分かりますね。
フィレレンツェだとドゥオモのクーポラと同じ役割!

IMG_0434

ソーヌ川から見る夕暮れも美しく、1人、テンション上がりまくりの私(笑)

IMG_0435

橋の向こう側にはこんな彫刻も。
ソーヌ川ももう1つのローヌ川も、結構橋の数が多いので橋比べも面白いです。

世界遺産であるリヨンの旧市街は石畳の素敵な路地や広場があって

IMG_0682

散策が楽しい~名物菓子のプラリヌもあちこちに(別の日に訪れた小さな村で食べました)

IMG_0438

別の日に旧市街に来たときは、リヨンの食堂・ブションでランチしました!
これはまた後日(食事は超重要項目なので詳しく別で書きます・笑)

IMG_0440

旧市街の南端にあるサン・ジャン教会も美しいです✨

そこからすぐ先の旧市街駅「Vieux Lyon」駅からケーブルカーに乗って
フェルヴェールの丘まで1駅。

IMG_0719

チケットは地下鉄・トラムと共通です。

IMG_0721

着いて登ったら、すぐにノートルダム大聖堂がドドン!とお出迎え。

IMG_0722

ゴシック建築らしく、ステンドグラスが大きくて精巧で美しい!

IMG_0723

地下礼拝堂もありますが、これもすごく大きいです。

IMG_0730

大聖堂を出た後は、教会裏のビューポイントに寄るのもお忘れなく。

IMG_0734

クロワ・ルースよりも高いので、町全体が見渡せます。

IMG_0737

その後は、大聖堂に背を向けて左へ降り、ローマ劇場跡へ。
なかなか大きく、コンサートなどのイベントもよくやってるそうですよ。

そこから徒歩で旧市街まで戻り、さらにそのまま橋を渡り・・・

IMG_0739

最大の広場であるベルクール広場へ。ほんとでっかい(笑)
私は今回使ってませんが、観光案内所もこの広場(観覧車近くの建物)にあります。

IMG_0427

そこから小さいアーケードを通って北上しながら、
ブレス通り&レピュブリク通りでちょっとショッピング。

IMG_0742

この建物が何かは覚えてませんが💦 ライトアップされてとてもキレイでした。
それからプラデル広場まで戻り、家路へ。

なかなか主要ポイントを押さえて効率よく回ってるののでは?と思いますが
ガイドに載っている場所で行かなかった(行けなかったのは)
※老舗チョコレート専門店・ベルナション(大統領のケーキ!)
※コンフュレンスの開発地域
※テットドール公園

くらいかな。
ま、友人も住んでることだし、また家族で行くことあるかなー?

トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳なら


イタリア情報ブログランキング
 

リヨンは1日で観光可能!私が実際まわった場所とコースをレポート・その1

友人の結婚式で訪れることになったリヨン。
それがなければ、名前知ってるだけで行きたいとは思わなかっただろうけど
せっかくなので、いろいろ調べて楽しんできましたっ! 
町はかなり大きいけれど、美術館に入らなければ丸1日あれば十分周れます!
私は半日づつ×2日かけて観光したので、それを混ぜたコースで紹介していきますね。

到着は昼すぎだったので、フィレンツェ留学中の友人とポール・ボキューズ市場へ。
ランチ&おしゃべり楽しみ過ぎて、市はあまり見てないけど💦

IMG_0382

ランチ後に友人とは別れ、もらった地図と印刷してきた地下鉄路線図を見ながら観光開始。
ラファイエット橋を渡り、「半島」と呼ばれる繁華街エリアへ。

IMG_0390

メインストリートのレピュブリク通りを北上して

IMG_0395

プラデル広場へ~左が市庁舎の裏側、右がオペラ座。

IMG_0399

ここは地下鉄A線とC線(始発駅)の「Hotel de Ville」駅が使え、
私はここからC線に乗りました。

地下鉄・トラムはチケット1枚1.80ユーロで、1時間くらい有効らしいです。
自販機は英語も選択できますが、画面の前でかなり迷ったのが、
画面で言語やチケット種類などを選択する時!
画面タッチでなく、手前にある黒い円柱を回してカーソルを移動します。
紙幣は使えず、コインかクレジットカードのみ使用です。

IMG_0403

この時の目的地はクロワ・ルースの丘で、「Croix-Rousse」駅で下車しましたが
別の日にもう1つ先の「Henon」駅で降りて、念願のこれを見ましたっ (*'▽')

IMG_0649

何気にリヨン観光で一番楽しみにしていたかも~の、「だまし絵」
この面は全部平面の1つの壁なんですよ~。
黒く見えてる小さい窓と、一番左端の上から二番目の窓だけが本物の窓で、あとは全部絵!

IMG_0650

私も混じってみました(笑)。

この坂を下ると、そのままクロワ・ルースに出ます。

IMG_0404

毎日マルシェがやってると聞いてたのだけど、私の行った16時くらいはもう終わってた?
閑散としていたので、そのままビューポイントまで下っていきます。

IMG_0407

夕暮れが始まって、何だかロマンチック💛・・・私1人やけど、ま、エエか。

そのまま地図を見ながら下っていきますが、なんかカワイイお店や街角がいっぱい。

blog-5


IMG_0414

ガイドで見た景色と違うので、軌道修正しながら・・・ガイドで見た坂道に到着。

IMG_0420

この時はそのままテロー広場まで降りましたが、
別の日に、その手前にあるもう1つのだまし絵を見に行きました!

IMG_0661

リヨンの有名人が並ぶこのだまし絵、川に面してない裏側にあります。
ご覧のように、すんごい薄い建物なので、
川沿いの道からカメラを構えてる人が何人も見えたので、すぐに分かりました!

IMG_0664

ポール・ボキューズや、ほら、星の王子様まで💛

もう1つの図書館のだまし絵もも少し下ったところにあったのですが、

IMG_0673

この時は前にあった橋を渡ってしまったので、見るのを忘れてしまいました💦 

到着日はそのままテロー広場に下りました。
正面は市役所の正面玄関、右がリヨン美術館。

IMG_0421

有名なバルトルディの噴水は修復中でした (;・∀・)

ここから南へ行きたかったのですが、広場との位置関係が分からず。
ここは半島地区で2つの川に挟まれているため、川の位置からは向きが確認できない!
地図見て四苦八苦してたら、優しいおじいちゃんが近づいてきて
私のヘボい英語にも親切に対応して教えてくれました💛
だから旅は楽しいんやなー、としみじみ・・・

長くなるので、しばらく続きます(笑)

トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳なら


イタリア情報ブログランキング
Profilo
Blogはリンクフリーですが、掲載記事・写真の無断コピー・転載・加工はお断りいたします。
トスカーナ自由自在

Facebookページも宣伝 にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
Commenti
記事検索
アクセスカウンター

  • ライブドアブログ