イタリア・トスカーナ専門コーディネイターのトスカーナ田舎暮らし

日常生活から仕事、イタリアの笑えない話など、人口1800人のド田舎から日々の生活を綴ります。

料理レッスンプログラム

「てるみくらぶ」破産 ~ 格安ツアーはやっぱりアカンやろ、と思う訳

IMG_5320

先日、日本のニュースでバンバン出てた「てるみくらぶ」破産。
そんな会社すら知らんかったけど、どうやら格安ツアーの旅行代理店で
現在、それを利用した人が旅先で二重支払いを請求されたり、出発できなかったりしている。

旅行代理店のツアーに参加することは、メリット・デメリット両方あると思うし
個人がどう考えて利用するか、だけど、私は俄然、個人旅行派です。
ネットも何もない20年以上前の、初海外旅行も個人旅行でした

そんな私の、団体ツアーで行く意味あるの?なんですが

1)仲介が多すぎる
   今回みたいな倒産とかのリスクを考えたとしても、
  間に業者が入れば入るほどそのリスクは高まる訳で。。。
  私の知りうる限りでは、
  顧客~旅行代理店~現地のツアーオペレーター~ 各施設・交通機関
  (実際はこれより多いかも。少ないことはないはず)
  特に間の2つがダメになっちゃうと、旅行全部がおじゃんになってしまう。
  それを全部個人で直接やると、各施設が全部一斉にダメにならない限り
  リスクは最小限で抑えられる~ホテルが×なら別のホテルを探せばいいだけの話。
  最近はBOOKING.COMなど、直前までキャンセル無料の宿もかなりあるしね。

2)何でもオンラインでほとんどが英語(あるいは日本語も)で予約できるのに?

  私の英語力は日本の中学生レベル(か、以下)ですが💦
  それでも英語サイトでホテルや鉄道くらいの予約はできます。
  口コミや現地在住の日本人ブログやサイトなんかもいっぱいあるし
  言葉の問題も、手配に関してはそんなに問題にならないかも?

3)自分の好きなところに、好きなだけいられない
  
IMG_0615

この行程の全部、さら~っとでエエから行きたかったんよ!って人は別として・・・
え、こんな忙しないの💦💦フィレンツェなんて正味半日??
そしてこのツアーでは書いてないけど、前に日本で見たツアーの食事内容見ても
「フィレンツェでボンゴレパスタ」とか、その土地の料理ではないことにビックリ ( ゚Д゚)
安い分、縛りがめちゃめちゃ多いんですよね。
ま、50人の好みとか希望をまとめることなんて不可能なんだけどね。

他にもこんな、団体ツアーで困った&びっくりした話はこちら

旅は個人の好みですから、自分が納得して楽しめれば何でもいいんですけどね。
私も夏のバカンスのこと考えよ~もちろん、AirBnBグーグルマップ屈指して。
私の場合、旅を作ること自体が趣味なので(笑)  


【個人旅行・お役立ち過去記事 ↓ よろしければどうぞ♪】 
本土からフェリーで1時間の「ジッリオ島」、イタリアの島リゾートを気軽に楽しもう!
【イタリア旅行を楽しむ為の予備知識】スラれる&騙されるパターン集
イタリア旅行で「アパート滞在」を強くおススメ理由
フィレンツェから簡単に行ける、「小さな村」4選
シエナから簡単に行ける、「小さな村」5選
オルチャ渓谷ハイヤー周遊、どこをどうやって周る?
トスカーナで料理教室、どこで?誰とやる?
中部4州横断!「ピエロ・デッラ・フランチェスカ」の名画を巡る旅
ロマネスク様式の教会が熱い?~テーマのある旅
「田舎でゆっくり滞在派」が増えてきた?
アグリツーリズモって何?その定義と楽しみ方、教えます!
現地人が仕事中にランチに行く店を、簡単に見分ける方法
ローマ・フィウミチーノ空港へ鈍行で行くメリット


セルフマガジンが完成しました!
selfmagazine
送付依頼は、こちらのお問合せフォームより
題名      ⇒ セルフマガジン送付依頼
メッセージ本文 ⇒ 送付先、依頼部数など
をご記入のうえ、送信ください。
(FBやブログへのコメントやメールではなく、
お問合せフォームでお願いします




トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳なら

イタリア情報ブログランキング   

2016年、私の5大ニュース

大晦日ってことで、2016年を振り返り!

5位:天然酵母パン

IMG_0159

前からやりたかったことの1つ、天然酵母のパン。
ファブちゃんのもらった酵母から始まり、 それを全部焼いてしまったことで
半強制的に(苦笑)自分で酵母を起こしてみることができました。
せっかくできた酵母やもらった酵母も立て続けに焼いてしまったので
スキーから帰ったら、まず酵母仕込みから!
来年はパン以外でも天然酵母を使ったり、他の発酵食品にチャレンジしてみたい! 

4位:TV制作現場での、初通訳 !
以前より縁があった方より、緊急で代役をつとめることになりました。
通訳自体には問題なしだったけど、何より初めての経験なので
その業界とか場の漢字とかつかむのに緊張~~したけれど、
でも楽しかった &良い経験をさせて頂きました。
TV局が第一志望だった自分が20年後にこんな形で仕事するなんてね(笑)

3位:長男のコムニオ―ネ

IMG_2601

キリスト教徒として洗礼の次にある節目を迎えた長男。
私自身がキリスト教徒でもないし、無信教なので何だか不思議な気分、
というか、長男が少し遠く感じましたが(笑)
将来、宗教とどう関わっていけは自分で決めたらいいし、
この国で生きていくには無いよりあった方がいい「知識」なので、
それがない母にまた教えてくれたら、と思います。

2位:セルフマガジン

selfmagazine

つい5日ほど前の話ですが、「会社案内の個人版・セルフマガジン」を作ったこと、
作るにあたっての過程全てがためにもなったし、優秀賞を頂いた嬉しさ、 
その影響もあり、この5日で送付依頼は約100冊 \(◎o◎)/! 
これを武器?に、来年は・・・ウッシッシ。

1位:かさこ塾

13775602_10206563867270671_3880929022367091249_n

2位もここに入るっちゃ入るんですが、やっぱりコレです。
人生、タイミングとか縁とかありますが、これはホンマに私のタイミングにピタッときて
それまでセミナーなどには全く無縁だったのに、
速攻申し込んで、行って、オンラインでプレゼンまで参加して・・・
押し付け感がなく、自分で考えて動かないといけなかったことや、
これからすべき具体的なことか網羅されていたこと、
自分自身をしっかり見つめ直すことができたことが
私に合っていたんだと思います。
副産物的なものかと思っていた人とのつながりも、
この情報が氾濫している中で、自分と合う人をフィルターかけてもらったような?
しばらく新しい交友がなかったので、かなり新鮮でした。
リアルでは私は実際は塾もリアルでは半分しか参加してないし、フェスタや交流会も不参加やけど
来年帰省時の楽しみもまた増えた感じです!



セルフマガジンが完成しました!

 私のことを知りたい方、単に見てみたい方、活動内容に興味のある方、
このマガジンを置いてもいいよ!と検討下さるイタリアンレストランや
イタリアに関係するショップの方、イタリアに関係なくても応援して下さる方、
個人・法人の方を問わず、無料で送付させて頂きます。


送付依頼は、こちらのお問合せフォームより
題名      ⇒ セルフマガジン送付依頼
メッセージ本文 ⇒ 送付先、依頼部数など
をご記入のうえ、送信ください。
(FBやブログへのコメントやメールではなく、お問合せフォームでお願いします)

※次回送付は、1月半ばとなりますので、ご了承くださいませ。

トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳なら


イタリア情報ブログランキング

トスカーナで料理教室、どこで?誰とやる?

トスカーナ自由自在では、料理教室を現在5つ紹介しています。
分かりやすいようにまとめまてみましたので、参考にしてみてくださいね。

1)アントネッラのアグリツーリズモ
【場所】フィレンツェ北の山ン中、フィレンツェから直通電車+ハイヤーで合計約1時間
【開催最低人数】 2名~
【先生のタイプ】 典型的イタリアの「オカン」・アントネッラ、雑談、ツッコミ多め(笑)
         もれなく相方の「オトン」・リッカルドもついてきます。

IMG_7451
    
【料理教室の特徴】 アグリで採れる野菜、ハチミツ、オリーブオイル、
         それ以外の食材も地元のこだわった生産者や組合のものを使用。
         だされるシロップジュースや食後酒も、
         敷地内で採れる植物から作った自家製。
         通常、前菜、プリモ、セコンド、ドルチェの4皿。
         こういった食材や自家製ものの作り方、
         食への姿勢などのお話もたっぷりなので日本語通訳必須、
         環境やオーガニック、エコロジーに興味のある方は特におススメ。

IMG_7742

【開催日】平日の昼のみ(土曜日は要相談、日曜日は不可)
【使用言語】イタリア語のみ(イタリア語堪能な方以外は日本語通訳必須)
【料理教室1回の料金】 2名の場合の1名料金:150ユーロ(日本語通訳付)
【他のアクティビティ】 乗馬、トレッキング

参考ブログ記事 →


 2)風車のあるアグリツーリズモ
【場所】フィレンツェ北部、フィレンツェから直通電車+ハイヤーで合計約40分
【開催最低人数】 2名~
【先生のタイプ】 イケメン男性シェフ・ミルコ、聞けば教えてくれるが基本控えめ。

IMG_9414

【料理教室の特徴】 アグリで採れる野菜、オリーブオイルを使用。
         それ以外の食材もレストランで使用する厳選素材。
         レストランの厨房でレッスンなので、
         使用するフライパンやコンロもプロ仕様。
         通常、プリモ、セコンド、ドルチェの3皿。

blog

【開催日】毎週火曜日・木曜日の昼
【使用言語】イタリア語・英語
【料理教室1回の料金】  2名の場合の1名料金:65ユーロ(通訳なしの場合)
【他のアクティビティ】 ワイナリー見学&テイスティング、乗馬など

参考ブログ記事 → 


3)ジュリエッタの隠れ家的B&B
【場所】パンツァーノインキアンティ、フィレンツェより直通バス+車で合計1時間半
【開催最低人数】 1名~(要相談)
【先生のタイプ】 ふくよかな知識豊富な先生・アンナ、丁寧な説明!

DSC_6150

【料理教室の特徴】とにかくB&B自体の雰囲気が最高。
         アンナは料理レッスンの経験豊富で、
         なんでそうしないといけないのか?などの解説がとても丁寧、
         シンプルなレシピでもぐぐっと差の出るコツを押さえてくれます。
         エプロン、レシピ本(英語)プレゼント。
         通常、プリモ、セコンド、ドルチェの3皿。

DSC_6537

【開催日】基本的に何曜日でもランチでも晩でもOK
【使用言語】イタリア語・英語
【料理教室1回の料金】 2名の場合の1名料金:130ユーロ(他グループと一緒、通訳なし)
【他のアクティビティ】 同じパンツァーノの別ワイナリー訪問可能

参考記事 →


4)ステファーニアのクッキングクラス
【場所】グレーヴェインキアンティ上の集落、
    フィレンツェより直通バス+車で合計1時間15分ほど
【開催最低人数】 1名~(要相談)
【先生のタイプ】 テキパキしたキュートな先生・ステファーニア

P1150785

【料理教室の特徴】丘の上の小さな集落・モンテフィオラッレの脇にあり、環境は最高。
         貸しアパート横のキッチンスタジオ(ステファーニア自宅)で行う
         料理教室の雰囲気はアンナと似ています。
         テーブルセッティングやインタリアも胸キュンものなので
         特に女性はたまらんと思います!
         英語もOK、エプロン、レシピ本(英語)プレゼント。
         通常、プリモ、セコンド、ドルチェの3皿。

corso di cucina-6

【開催日】基本的に何曜日でもランチでも晩でもOK
【使用言語】イタリア語・英語
【料理教室1回の料金】  2名の場合の1名料金:130ユーロ(通訳なしの場合)
【他のアクティビティ】 徒歩5分(目の前!)の別ワイナリー訪問可能


5)オルチャ渓谷の可愛いプチB&B
【場所】世界遺産オルチャ渓谷を見下ろす丘にある集落・ロッカドルチャ
    フィレンツェから車で2時間弱、シエナから1時間程度
【開催最低人数】 2名~
【先生のタイプ】 併設レストランのモデルみたいなシェフ・マルタ

IMG_5773

【料理教室の特徴】B&B下にある併設のレストランの厨房でレッスンなので、
         使用するフライパンやコンロもプロ仕様。
         マルタは背が高くて美人でモデルさんみたいだけど、
         とっても親しみやすく、レシピもレストランのシェフだけあって
         ちょっとひとひねりあるレシピも多いです。
         通常、前菜、プリモ、セコンド、ドルチェの4皿。

DSC03968

【開催日】基本的に春~秋の水・木・金のランチ(他の曜日も要相談、レストラン営業時間外)
【使用言語】イタリア語・英語
【料理教室1回の料金】  2名の場合の1名料金:90ユーロ(通訳なしの場合)
【他のアクティビティ】 徒歩圏内に テンテンナーノ要塞 あり

参考ブログ記事 → 


どこがいいのか?はやはり 皆さんの希望の優先順位 です。
場所なのか?先生のタイプなのか?予算なのか?
それぞれのサイトページには詳しい紹介や写真もありますので
そちらもぜひ覗いてみて下さいね★


トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳


イタリア情報ブログランキング  

【レポート】風車のあるアグリ、シェフの料理教室!

先日トスカーナ滞在されたKさん風車のあるアグリツーリズモに3泊されました。
ここは日がそれぞれ決まっているにせよ、アクティビティが充実しており、
Kさんご夫婦も、 ワイナリー見学&テイスティング、乗馬、
そして料理教室に参加されました。

IMG_9414

私がサイトで紹介したときには敷地近くに住むおばあちゃんがやってたのに
現在その方は引退?され、現在は併設レストランのイケメンシェフ・ミルコが担当。

IMG_9354

丁寧に見本を見せてから、お客様にも作業をして頂きます。

IMG_9363

最初にドルチェを仕込んだ後、次は煮込み作業のあるセコンドを、

IMG_9371

ご主人はパスタソースになる香味野菜を炒めてます。

そして最後はパスタづくり!
この黄身の色が濃い~卵はおらが村ゾーン・カゼンティーノからの仕入れ。
野菜はここのアグリの有機を使用してるため、卵もてっきりそうなのかと思ったら
「多い日は1000個使うし、ハイシーズンとオフの差が激しいので
それだけの鶏は飼えないよ~💦」・・・なるほど、納得。

IMG_9395

ここのレストランはお子様向けショートパスタ以外、パスタは全部手作り。
開店前に、ガンガンガンガン仕込むそうで、パスタマシーンも電動!!

IMG_9399

本日のラビオリの中身は、リコッタチーズとすり下ろしたペコリーノチーズ。

IMG_9402

夫婦共同作業(笑)で、ラビオリを1個1個しっかりとめていきます。

IMG_9408

手打ちラビオリの何が可愛いかって、このずらっと並んだ姿💛

そして最後は、もちろん、「いただきまーす!!」
寒かったので室内にしましたが、外のブドウ畑の紅葉がスバラシイ!

blog

パスタソースは野菜のみのラグー~しっかし、このチーズの組み合わせ、いい!
(ってことで、今度うちで真似させていただきます (^_^)/ )
セコンドはタジン風?玉ねぎたっぷりで濃厚なトマトソース、
そしてこのクリームブリュレなんですが、トスカーナ名産のデザートワイン・ヴィンサントが
中身にもたっぷり、上のキャラメルもヴィンサント・・・で、すごく大人の味。
お酒に弱い方は、これ1個食べたら酔っぱらっちゃうかも!

IMG_9429

お腹がいっぱいになった後は、美しい風景を見ながら母屋まで帰り、
分かれを惜しみながらチェックアウト・・・
標高500mあるので朝晩はかなり冷えますが、11月~は値段も下がるし、おススメです!

 風車のあるアグリツーリズモでの料理教室は毎週火・木の10時半~
  英語またはイタリア語、通訳が必要であれば、私が参上します☆

トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳


イタリア情報ブログランキング  

「田舎でゆっくり滞在派」が増えてきた?

ジュリエッタのB&Bは、ブドウ畑の間にある砂利道を下った果てにあります。

DSCN9485
(こないだは天気悪かったので以前の写真で)

もう8年ほどコラボしてますが、今までのお客様で多かったのは、
日帰りか1泊しての料理教室目当ての滞在の方です。

DSC_5994

それが今月にいらっしゃる方は、3泊4日いらっしゃるのに料理教室もなし。
かと言ってレンタカーなどもされず、「ひたすら美味しいものを食べてのんびり」 
が目的だそうで・・・

IMG_8246

確かにここは、いるだけに幸せになるような空間。
料理もホントに美味しいし、その目的でここを選ばれたのなら大正解!

blog-1

オリーブと糸杉に囲まれた石造りの建物、そして雑誌のようなインテリア・・・

blog-2

しかし、昨年からこういう「ゆっくり滞在」 の方が増えています。
昔はフィレンツェから日帰りでオルチャへ、日帰りや1泊で料理教室だったが多く、
数泊しても「やること」がないと飽きてしまってダメ!という方が多かったので
アグリツーリズモにしてもアクティビティが充実していることが
私の選択基準でもあったのですが、それほどこだわらなくてもいいかな?
と思えてきました。

IMG_8233

なので、今は「風車のあるアグリツーリズモ」「アントネッラのアグリツーリズモ」
タイプが真逆な2つのアグリツーリズモだけをご紹介してるのですが
ちょっと新しいアグリ探ししてみようかな?と思います。

ちょっとこういう滞在に興味持たれた方は、昨年からのお客様の滞在例をご覧ください。

昨年秋、「おらが村の休暇の家」で3泊4日トレッキングなどで過ごしたカップルの方
5月、「おらが村の休暇の家」5泊6日の世界一周中の大学生の方

DSC05189

7月に「オルチャのB&B」で料理教室と要塞と村巡りを堪能した3泊4日の方
8月に「おらが村で3泊4日」 でトレッキング絵付けでおらが村堪能したリピーターさん

IMG_5583

それから来月の11月は、「風車のあるアグリツーリズモ」3泊4日他、
モンタルチーノ、キアンティクラッシコキアンティルフィナ3ワイナリー訪問のご夫婦

P1150742

来年は「風車のあるアグリツーリズモ」に5泊6日のご夫婦3組にすでにご予約が
そして昨日、「アントネッラのアグリツーリスモ」に2泊3日でご家族の問合せ、他、
すでに来年のお問合せも・・・これは早く新しいアグリ調査開始しないと!
(厳選して私が訪問しないと話にならないので、ご紹介するのは少し先になりそうです💦)

ちなみに、ジュリエッタのB&Bは11月初旬~4月初旬まではクローズになります。

IMG_8254

何気に初めての、ジュリエッタとの2ショット♥

もちろん、日帰りや1泊のショートステイも大歓迎です!!

トスカーナ・こだわりの個人旅行はオマカセ!~トスカーナ自由自在


イタリア情報ブログランキング 
Profilo
Blogはリンクフリーですが、掲載記事・写真の無断コピー・転載・加工はお断りいたします。
トスカーナ自由自在

Facebookページも宣伝 にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
Commenti
記事検索
アクセスカウンター

  • ライブドアブログ