イタリア・トスカーナ専門コーディネイターのトスカーナ田舎暮らし

日常生活から仕事、イタリアの笑えない話など、人口1800人のド田舎から日々の生活を綴ります。

旅スタイル

フィレンツェ&近郊、地元民が行くスーパーにも行ってみよう

昨日はフィレンツェ旧市街のスーパーの利用方法を書きました
が、やはり旧市街の観光地にあるスーパーなので、観光客が8割(私調べ)。
せっかく外国のスーパーに来たんだから、地元民が行くスーパーにも行ってみたい!
という方には、これらをお薦めします =3=3=3

1) エッセルンガ、Via del Gignoro 店

旧市街から20番の市バスで20分くらい、終点なので分かりやすい。
フィレンツェで普及しているスーパーの中で、品ぞろえの良さでも人気のエッセルンガ、
そのエッセルンガのフィレンツェで一番デカい店舗だと思います。

IMG_2841

ハム・チーズ、どーーん!!

IMG_2843

パスタ、ずらーーーーっ!!

IMG_2842

ワインの種類も豊富で、ソムリエさんがいる時もあります。

IMG_2844

ここは食料品以外の家庭雑貨も豊富なので、雑貨好きさんにもグ~💛

帰りは、降りた終点でなく、まさに店の入り口から横断歩道を渡ったところに
終点から次のバス停があるので、そこから旧市街へ戻ってくださいね。

2) COOP 、Gavinana 店
旧市街からは、31番23番(いずれもサンマルコにバス停あり)で20分くらい。
ここはコープだけでなく、ファッション系、雑貨、コスメなどの専門店も充実しており、
道向こうにあるジェラーテリア Sorriso も美味しいのでおススメです!

3) COOP 、Pontassieve 店

こちらはフィレンツェから電車で20分の町、ポンタッシエーヴェ駅前にあります。
このスーパーに行くためだけにポンタッシエーヴェに行かなくても良いとは思いますが、
風車のアグリツーリズモの最寄り駅なので、ここへご宿泊の際の行き帰りや
おらが村アントネッラのアグリツーリズモへ来られる電車、
またアレッツォやペルージャ方面の電車で通る駅ですので、
途中下車して買い物して帰る、って感じで利用してみてください。
(鈍行電車は刻印から目的地までの路線で4時間有効です。
刻印からフィレンツェまで4時間で収まるように買い物すれば、
このために切符を買い直す必要はありません)

ホームに下りたら、まずは地下への階段へ、1番ホームとは逆方向に歩いてください。
すると道に出るので、そこを左に行くと、左側に店舗が見えてきます。

IMG_3623-1

だいたいのスーパーが同じ構成で、入口からすぐが野菜売り場。
やはりイタリア!を実感できるのが、いろんな種類の山積みのトマト。

IMG_3637

そしてアーティチョークなど、日本ではあまり見ない野菜も!

IMG_3627

・・・隣にダイコンがあるのは笑えるけど!

こちらも量り売りなので、ビニール袋&手袋を使用して、価格を貼ってくださいね。
(イタリア人でも量り忘れが多く、レジ近くにも量りがあります)

IMG_3631 (2)

ここにもお総菜コーナー(量り売り)、レンジに入れるだけのピッツァもあるので便利!

これらのスーパーは旧市街のスーパーと比べ
◎ 価格が安い
◎ 店舗がとにかく大きいので品ぞろえが豊富
◎ 地元民の活気が感じられる
◎ 食料品以外の専門店などもある

混む時間は朝回転同時と昼前(11時~)、夕方16時以降~。
地元民がごった返す様子を感じたければこの時間帯に、
買い物しやすさを優先するなら、ランチの時間帯とその直後の時間帯にどうぞ!


セルフマガジンが完成しました!
selfmagazine
送付依頼は、こちらのお問合せフォームより
題名      ⇒ セルフマガジン送付依頼
メッセージ本文 ⇒ 送付先、依頼部数など
をご記入のうえ、送信ください。
(FBやブログへのコメントやメールではなく、
お問合せフォームでお願いします


 
トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳なら

ロゴ最終




フィレンツェ旧市街のスーパーを賢く利用しよう!

私が留学した当初は、フィレンツェ旧市街にはほとんどスーパーがありませんでした。
しかし!今では空き店舗が出るとスーパー、というくらい多くなり、本当に便利!
旧市街そとの大型スーパーよりは価格は若干高いですが、
特にアパート滞在の方には強い味方。アパート滞在でなくても、
早く安く食事を済ませたり、お土産も買えたり・・・

IMG_2542

ここでは、旧市街で店舗数もおそらく一番多い、CONAD グループ
SAPORI & DINTORNI を例に利用方法を書き出してみますね。

1) お土産・ワインの調達に
SAPORI & DINTORNI の Via Borgo San Lorenzo 店は、入ってすぐの棚が
トスカーナの名産品コーナーになっています。

IMG_2546

ハチミツ、ジャム、ペースト、パスタソースなどなど。
パスタソースなどは、滞在中の食事にも便利ですね。

IMG_2550

もちろんワインもこの量!!!
その日に宿で飲むワインや、お土産のワインを買ってみてください。
(高級ワインはケースに入っているので、スタッフに声をかけましょう)

2) 軽く早く済ませたいときは、パニーノ&お惣菜
この店舗は入ってほぼすぐ、左側にパンコーナーがあります。

IMG_2545

が!パンはもちろん、切り売りピッツァ、ミニピッツァ、

IMG_3686

いろんなバリエーションの2.5ユーロ均一パニーノ!

IMG_8819

ここで1つづつ包んで価格シールをつけてくれますので、お会計は最後のレジで。

あと、おやつもここで♪

IMG_8820

シュークリームやドーナッツ、そしてスフォリアテッラやカンノ―ロなどのシチリア菓子も。
8月末~10月頭くらいまでは、カウンター上で
ぶどうのスキアッチャータ」やそのイチジクバージョンなんかも売っていますので
そういう季節もののお菓子も見逃さないようにしてくださいね。

そして店舗の中ほどには、ハム&チーズ&お惣菜カウンターが。

IMG_2553

夏は冷製パスタやファッロのサラダ、パッパ・アル・ポモドーロなど、
他にもイワシのマリネやシーフードサラダなど、すぐに食べれるお惣菜がいっぱい。

大半が量り売りです。
好きなものを指さしか名前をいれば、「どれくらい?」と聞かれますので、
言葉が分からなくても手で大きさやボリュームを伝えて下さいね。

sIMG_2553

価格の近くに「al kg」とあればキロあたり、「al pz」とあれば1つあたりの価格です。
(写真がちっちゃくてゴメンナサイ!)

3) 野菜や果物を欲しいだけ買う

IMG_2548

この店舗の場合、パンカウンターのすぐ先が野菜と果物売り場。
こちらもパックになっているもの以外は量り売りで、キロ当たりの価格表示です。

IMG_2547 (2)

赤で囲んだように価格はキロあたり、青は量り上での番号になっていますので
まずはコーナーの端にあるビニール袋と手袋を使って
1種類を1袋に欲しいだけ欲しいものをとり

IMG_2549

こちらの量りに置いて、番号を押します(絵も描いてあるから分かりやすい)
すると価格シールがビビ―っと出てくるので、それを袋に貼って完了!

4) 水や飲料もここで買いだめ

IMG_2555

結構バンバン購入してしまうのが、水。
バール(カフェ)やお土産屋さんにも売ってますが、だいたい500mlで1ユーロ。
これもスーパーで買えば30セント前後で売っています。
6本でまとまっていますが、びりびりビニールを破いてほしいだけ買えますし、
宿泊先が近い人はいったん丸ごと買って買い置きしましょう。
コーラなどの飲料も、バール(カフェなら)たいだい500mlで2~2.5ユーロ。
これもスーパーなら1ユーロかそれ以下・・・ちりも積もれば節約になります。

IMG_2556

夏、今ここで冷たいものが飲みたい!という方には、冷蔵庫に入ったものも売ってます。

SAPORI & DINTORNI は他にも、駅近くの Via Largo Fratelli Alinari 店
ヴェッキオ橋近くの Via de' Bardi 店 と便利な場所にありますよ~。
・・・決して CONAD の回しもんではございません(笑)

 地元民の方、旧市街のスーパーはほとんどが BUONI PASTI が使えます!
  ただし食料品のみ限定です。


セルフマガジンが完成しました!
selfmagazine
送付依頼は、こちらのお問合せフォームより
題名      ⇒ セルフマガジン送付依頼
メッセージ本文 ⇒ 送付先、依頼部数など
をご記入のうえ、送信ください。
(FBやブログへのコメントやメールではなく、
お問合せフォームでお願いします


 
トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳なら

ロゴ最終




チンクエテッレの5つの村は、果たして1日で周れるのか!?

この夏のバカンスは、最終日の朝にパルマリア島を出て家路につく前、
せっかくなのでチンクエテッレに行ってきました。
(チンクエテッレ=リグーリア州の岩壁沿いにたつ5つの村、世界遺産)
私は通算5回目、子供たちは姪っ子が来た時に行ったので2回目です。

行くと決めた時、長男が言った言葉

「1日で5つ全部周ってみたい!」

いつも多くて3つなので、無理ちゃうかなーと思いつつ
私はモンテロッソ以外は全部言ってるし、
それが可能なのか?ネタになるなーと思って、チャレンジしてみましたよ。

IMG_8283

まずはラ・スペツィア駅のチンクエテッレポイントで、チンクエテッレカードを購入。
駅の表側でなく、1番線ホーム内にあります。
私たちは大人2人&子供2人のファミリーカード1日券を購入。

ラ・スペッツイア~チンクエテッレの5つの駅~レヴァントの電車乗り降り自由、
チンクエテッレ内のバス、駅構内のトイレやWIFIなどが含まれています。
カードはその日のうち、でなく、刻印から24時間なので
昼からスタートなら翌日の午前も使用可能!

IMG_8287

同時に地図と時刻表を渡してくれ、その時点での次の列車に丸をしてくれたり、
また、9月7日時点では、閉鎖になっているトレッキングコース
=リオマッジョーレ⇔マナローラ間(愛の小道)、マナローラ⇔コルニリア、
にもバツ印をつけてくれたり、テキパキ、分かりやすいです。

IMG_8289

電車は海の絶景とトンネルの繰り返し、
私たちは奥のモンテロッソに行き、1つづつ下りてリオマッジョーレまで。
ラ・スペッツィアから12時15分の電車に乗り、帰ってきたのは19時頃=7時間

結論 = 5つ全部周れることは周れましたが
       ・・・正直、かなり疲れました。

IMG_8361
・・・4カ所めのマナローラ、ダンナと次男はかなりお疲れ(苦笑)

1駅1駅は近いんです。
でもまず、このシーズンは観光客が多すぎて、乗り降り&歩くだけでも疲れる。
駅から絶景ポイントまでそれなりに歩く&アップダウンあり。
時間もないからどーしても1日で周りたい、サラっと写真撮るだけでいい、
など以外の方は、1日で5村はおススメできません。

5つ周るなら、
※ 1日カードでも、せめて宿泊を入れて日をまたがせ、体力キープ
※ 1泊以上(複数日のカード)でゆっくり周る

1日しかないなら
※ 優先順位を決めて、2~3村周る


が良いと思います。

明日以降、写真や私の感想など入れた各村の記事を更新しますので
どこを周るか悩まれている方、参考にしてみてくださいね。


セルフマガジンが完成しました!
selfmagazine
送付依頼は、こちらのお問合せフォームより
題名      ⇒ セルフマガジン送付依頼
メッセージ本文 ⇒ 送付先、依頼部数など
をご記入のうえ、送信ください。
(FBやブログへのコメントやメールではなく、
お問合せフォームでお願いします


 
トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳なら

ロゴ最終




リグーリア州・パルマリア島の楽しみ方~トレッキング編

海はあれば何もいらない、と書いたばかりですが、

海が荒れていたり、涼しくて海に入れない日が続くと何すんの?

その場合は、トレッキングです!

IMG_8106


地図のように島中にトレッキングコースが整備されていて、1日あれば島一周もできます。

私たちはポッツァーレに滞在していたので、ある日はそこからVETTA(頂上)へ。


IMG_8106-1


オレンジの➡が行きに通ったコース、Cと書いてある、採石場を左に見ながら、

IMG_8142


そしてティーノ島を背にしながら進みます。


IMG_8147

11と書いてある箇所には、環境関連の施設があり、ここにもヤギがいっぱい。

IMG_8149


あとで聞いた話だと、これらのヤギは皆、野生のヤギだそうで

実際にトレッキング最中にもヤギに遭遇したり、フンがあちこちに散らばっていました。


帰りは黄色の➡で・・・点線になっているところがやや難しい箇所で岩場の急斜面。

IMG_8162

でも息子たちもアスレチック気分でひょいひょい・・・

よほど体力や運動神経に難がなく、高所恐怖症っでない限りは、

誰でもクリアできる思います。

片道は約30分で、休憩含め往復で2時間弱でした。


    


そして別の日は、島の逆側のTERRIZZOまでのやや長めのコース。

IMG_20170905_093303

1時間と書いてますが、実際は
それほどかからず、片道45分くらい。


IMG_8106-2

今回は行きも帰りも同じコースを行きました。

こちらも点線で記されている岩場の急斜面が数カ所にありつつも、

IMG_20170905_093313


大半は平坦で歩きやすいコースです。

IMG_20170905_120209

しっかりとした
石の階段もあり、滑らなければ大丈夫。


IMG_20170905_094739


今度は右側に海を見ながら、北に進みます。

だんたんと、ラ・スペッツィアが、そしてポルトヴェーネレも見えてきました。


IMG_20170905_100422

そして、ポルトヴェーネレからの船が発着するテッリッツォに到着。
(地図写真の赤で下↓で記したところです)
そこから海沿いを進んで、ポルトヴェーネレの正面のビーチへ。
絶景を前に泳ぐのは、本当に至福の時です!!


IMG_20170905_104721

このビーチは石ですが、少し入ると砂があります。

その奥には海藻が広がりますが、ここにすごい数の魚が!

ダンナはヒトデも見つけました。


このビーチにはパラソルなどの貸し出し&レストランもあるので、1日過ごせます。

見た限り一般の宿泊施設はないかと思ってましたが、4つありました!
のんびりとトレッキングと海を堪能したい方は、参考にしてみてください。


海とトレッキング、自然を愛する方にはおススメの島!

この島への行き方は、一昨日のブログを参照してくださいね。



セルフマガジンが完成しました!
selfmagazine
送付依頼は、こちらのお問合せフォームより
題名      ⇒ セルフマガジン送付依頼
メッセージ本文 ⇒ 送付先、依頼部数など
をご記入のうえ、送信ください。
(FBやブログへのコメントやメールではなく、
お問合せフォームでお願いします


 
トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳なら

ロゴ最終




リグーリア州・パルマリア島の楽しみ方~海編

パルマリア島に何があるか?・・・それは、美しい海!!


IMG_8120

おそらく、それを目指してわざわざ本土からやってくるのだと思うくらい、

本当に美しい美しい海が広がります。


IMG_8090

リグーリアの海は砂のビーチが少なく、石や岩場ばかり。

皆、思い思いに岩場に寝っ転がっています(笑)


IMG_20170829_164635

そのぶん浅瀬でも、魚や小動物をたくさん見ることができます。

網を新調した長男は、まさに狩人。

IMG_8069

ドでかい貝も素潜りで採ってきました!(@ ̄□ ̄@;)!!


IMG_20170830_102018


そして息子たちはもちろん、私もダンナも水中メガネやマスクをつけて

潜っては魚鑑賞・・・まるで天然の水族館!

そーーっと泳いで、100匹近くの小魚の群れを真下に見たこと、

長男と一緒にもぐってキレイな魚を探しあいっこしたこと、

そしてエメラルドブルーに黄色のラインが入った魚を見つけたこと、

マジ、感動です!!


IMG_20170829_172532

若い子たちは、岩場に上っては飛び込み、ほんとに楽しそう・・・


他には何もないけれど、この海があれば何もいらない!!って感じです!

この島について、また行き方などは、昨日のブログを参照してくださいね。



セルフマガジンが完成しました!
selfmagazine
送付依頼は、こちらのお問合せフォームより
題名      ⇒ セルフマガジン送付依頼
メッセージ本文 ⇒ 送付先、依頼部数など
をご記入のうえ、送信ください。
(FBやブログへのコメントやメールではなく、
お問合せフォームでお願いします


 
トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳なら

ロゴ最終





Profilo
Blogはリンクフリーですが、掲載記事・写真の無断コピー・転載・加工はお断りいたします。
トスカーナ自由自在

Facebookページも宣伝 にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
Commenti
記事検索
アクセスカウンター

  • ライブドアブログ